畑野快

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/06 11:19
 
アバター
研究者氏名
畑野快
所属
大阪府立大学
部署
公私立大学の部局等
職名
准教授
学位
Ph.D.(京都大学)

プロフィール

大阪教育大学教養学科(文化研究専攻社会文化コース)を卒業(2006年3月),神戸大学大学院人間発達環境学研究科の修士課程(心身発達専攻 発達基礎論コース)を修了(2009年3月),京都大学大学院教育学研究科の修士課程(教育科学専攻 高等教育開発論講座)を修了(2011年3月)、2014年3月に同博士課程を修了(教育学)。

日本学術振興会特別研究員(DC2)(2013年4月~2014年3月),同PD(2014年4月~9月),大阪府立大学高等教育推進機構特認助教(2014年10月~2017年3月)を経て同准教授(2017年4月~現在)。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年3月
京都大学大学院 教育学研究科 
 
2007年4月
 - 
2009年3月
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 
 
2002年4月
 - 
2006年3月
大阪教育大学  
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
日本教育心理学会  常任編集委員
 
2015年4月
 - 
現在
日本パーソナリティ心理学会  編集委員
 
2014年10月
 - 
2016年9月
European Association for Research on Adolescence  Student and Early Career Network, National representative
 
2012年4月
 - 
2015年9月
日本青年心理学会  研究委員
 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本パーソナリティ心理学会  経常的交流委員
 

受賞

 
2016年6月
大学教育学会 第11回大学教育学会奨励賞受賞
 

論文

 
Longitudinal Links Between Identity Consolidation and Psychosocial Problems in Adolescence: Using Bi-Factor Latent Change and Cross-Lagged Effect Models
Kai Hatano, Kazumi, Sugimura, and Seth, J, Schwartz
Journal of Youth and Adolescence      [査読有り]
The Factorial Validity and Equivalence of Identity as Measured by the Erikson Psychosocial Stage Inventory in Adolescent Samples from the United States and Japan
Radosveta Dimitrova, Kai Hatano, Kazumi, Sugimura, & Laura Ferrer-Wreder
European Journal of Psychological Assessment      [査読有り]
Is Adolescence a Period of Identity Formation for All Youth? Insights From a Four-Wave Longitudinal Study of Identity Dynamics in Japan.
Kai Hatano, & Kazumi Sugimura.
Developmental Psychology   53 2113-2126   2017年   [査読有り]
Which came first, personality traits or identity processes during early and middle adolescence?
Kai Hatano, Kazumi Sugimura, & Theo A Klimstra
Journal of Research in Personality   67 120-131   2017年   [査読有り]
項目反応理論による主体的な学修態度尺度の特性分析
畑野快、斎藤有吾
教育工学会論文誌   40(4) 379-386   2017年2月   [査読有り]
Working together or separately?: The role of identity and cultural self-construal in well-being among Japanese youth
Kazumi Sugimura, Reiko Nakama, Shinichi Mizokami, Kai Hatano, Manabu Tsuzuki, & Seth J. Schwartz
Asian Journal of Social Psychology   19(4) 362-373   2016年   [査読有り]
青年期の自己形成活動が時間的展望を介してアイデンティティ形成へ及ぼす影響 
溝上慎一、中間玲子、畑野快
発達心理学研究   27(2) 148-157   2016年6月   [査読有り]
Looking at the dark and bright side of identity formation: New insights from adolescents and emerging adults in Japan.
Kai Hatano, Kazumi Sugimura, & Elisabetta Crocetti
Journal of Adolescence   47 156-168   2016年2月   [査読有り]
畑野 快, 原田 新
発達心理学研究   26(2) 98-106   2015年6月   [査読有り]
畑野 快, 上垣 友香理, 高橋 哲也
大学教育学会誌 = Journal of the Liberal and General Education Society of Japan   37(1) 86-94   2015年5月   [査読有り]
田中 一孝, 畑野 快, 田口 真奈
京都大学高等教育研究   20 81-88   2014年12月
In Japan, preparing future faculty (PFF) programs are offered mainly in graduate schools. Recently, they have becomeeven more diverse, depending on their aims, the participants' educational/academic status (e.g. graduate students, unemployed Ph.D....
中間 玲子, 杉村 和美, 畑野 快, 溝上 慎一, 都筑 学
心理学研究      2014年   [査読有り]
The Dimensions of Identity Development Scale (DIDS) provides a new method of researching identity development based on the dual-process model pertaining to lifespan development. This study developed and evaluated the Japanese version of this scale...
畑野 快, 杉村 和美, 中間 玲子, 溝上 慎一, 都筑 学
心理学研究      2014年   [査読有り]
This study aimed to develop a 12-item version of the Erikson Psychosocial Stage Inventory (the 5th stage) (EPSI (5th)) and examine its reliability and validity. University students (N = 545) participated in this study. Confirmatory factor analyses...
畑野 快
日本教育工学会論文誌   37(0) 81-84   2013年12月   [査読有り]
溝上 慎一, 畑野 快
キャリアデザイン研究   9 65-78   2013年10月   [査読有り]
畑野 快, 溝上 慎一
日本教育工学会論文誌   37(1) 13-21   2013年5月   [査読有り]
本研究の目的は,大学生の学習を態度と時間の2側面から捉えた上で主体的な授業態度に着目し,その測定尺度(Active Class Attitude scale;ACA尺度)の妥当性の検討を行い,主体的な授業態度と授業内,外学習時間に基づいて学生タイプを作成することで,大学生の学習を量・質の両方の側面からサポートする視点を検討することであった.そのために大学1年生204名を対象とした質問紙調査を行い,まず主体的な授業態度と学習に対する積極的関与との弁別性を因子分析によって検討したところ,主体的...
畑野 快
青年心理学研究   24(2) 137-148   2013年2月   [査読有り]
This paper aims to reveal the characteristics of autonomous academic motivation in university students and to investigate the relationship between such motivation on the one hand and learning and career on the other. In study 1, 272 university stu...
杉村 和美, 畑野 快, 徳岡 大, 西田 若葉, 佐藤 裕樹, 保木井 啓史
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域   (62) 89-97   2013年
The Utrecht-Management of Identity Commitments Scale (U-MICS) is a tool for assessing three identity processes (commitment, in-depth exploration, and reconsideration of commitment) in one ideological (educational) and one relational domain. For th...
畑野 快
京都大学高等教育研究   17 27-36   2011年12月   [査読有り]
The purpose of the present study was to propose" Class Process Performance (CPP)" and to develop the scale. CPP represents class attitude that university students want to gain through the class." Class Process Performance Scale (CPPS)" is used to ...
畑野 快
教育心理学研究   58(4) 404-413   2010年12月   [査読有り]
本研究の目的は,コミュニケーションに対する自信がアイデンティティと関連していることを実証することである。研究1では,大学生254名に質問調査を行い,「意図伝達への自信」,「意図抑制への自信」,「意図理解への自信」(3下位尺度)からなるコミュニケーションに対する自信尺度(Selfc-confidence in Communication Scale:SCS)を作成した。α係数の値から十分な信頼性が示され,またコミュニケーション・スキル,セルフ・モニタリング,自尊心との相関分析の結果から妥当性...
畑野 快
京都大学高等教育研究   16 61-72   2010年12月   [査読有り]
This article examines the impact and effectiveness of Self-Regulated Learning (SRL) on learning research. Firstly, Students Approaches to Learning (SAL) and SRL are reviewed. Secondly, the effectiveness of self-regulated strategy is shown. The fol...

Misc

 
松下 佳代, 飯吉 透, 田口 真奈, 大山 牧子, 畑野 快
京都大学高等教育叢書   32 348-363   2013年1月
松下 佳代, 大山 牧子, 畑野 快, 蒋 研
京都大学高等教育叢書   33 366-385   2014年3月

書籍等出版物

 
Chapter6: Different Pathway to Adulthood? Relationships between Identity Formation and Positive Psychological Outcomes in Japanese Adolescents and Emerging AdultsChapter6: Different Pathway to Adulthood? Relationships between Identity Formation and Positi
Sugimura, K., & Hatano, K. (担当:分担執筆, 範囲:R. Dimitrova (Eds). Well-Being of Youth and Emerging Adults across Cultures - Novel Approaches and Findings from Europe, Asia, Africa and America.)
Springer   
第6章 達成目標:前向きな目標をもつ子どもを育てるために
畑野快 (担当:分担執筆, 範囲:中間玲子編自尊感情の心理学:理解を深める取扱説明書84-94頁)
金子書房   2016年   
第2章 調査分析からみた高校生の意識の構造 
畑野快 (担当:分担執筆, 範囲:溝上慎一・京都大学高等教育開発センター・河合塾編「どんな高校生が大学、社会で成長するのか:学校と社会をつなぐ調査からわかった伸びる高校生のタイプ」33-46頁)
学事出版   2015年   

講演・口頭発表等

 
日本発達心理学会準備委員会企画「日本人青年のアイデンティティ発達はどこまで明らかになったか-」
企画:杉村和美/話題提供者:溝上慎一・畑野快・松島公望/指定討論:川本哲也
日本発達心理学会第28回大会   2017年3月25日   
日本の大学生のベンチマークデータ―大学IRコンソーシアムの共通学生調査から―
高橋哲也・畑野快
大学教育研究フォーラム   2017年3月20日   
分野別学修成果の策定と測定-哲学思想系分野を事例に-
田中一孝・畑野快
大学教育研究フォーラム   2017年3月19日   
大学生は学士課程教育の経験を通してどのように成長しているのかー大阪府立大学の学生調査の分析結果を事例としてー
畑野快・上垣友香理・高橋哲也
大学教育研究フォーラム   2017年3月19日   
自主シンポジウム 日本の青年期発達をどうとらえるか;自立・アイデンティティ・大人指標の観点から
企画:都筑学/話題提供者:畑野快・杉村和美・中間玲子/指定討論:平石賢二
日本青年心理学会第24回大会   2016年11月27日   
How do perceived parenting behaviors relate to adolescents’ subjective well-being and problem behaviors?
Poster presentation at the 18th the European Association for Research on Adolescence, September, 16-19. Cádiz, Spain.   2016年9月18日   
Developmental changes of exploration and commitment dimensions in Japanese adolescents: A four wave longitudinal study
Poster presentation at the 18th the European Association for Research on Adolescence, September, 16-19. Cádiz, Spain.   2016年9月17日   
How do Japanese youth draw the trajectories of identity development during adolescence and emerging adulthood?
Kai Hatano, & Kazumi Sugimura.
Symposium presentation; Who I am informs How I do: The importance of identity for psychosocial adjustment across very distinct cultural contexts. At the 23rd International Association for Cross-Cultural Psychology, July 30-August 3, Nagoya, Japan.   2016年8月2日   
The cross-sectional study on identity development from late childhood to middle adolescence.
Nakama, R., Sugimura, K., Mizokami, S., Hatano, K., & Tsuzuki, M.
Oral presentation at the 31th International Congress of Psychology, July 24-29, Yokohama, Japan.   2016年7月28日   
Identity developmental trajectories in adolescence and young adulthood: Based on the five dimensional model.
Kai Hatano, & Kazumi Sugimura.
Poster presentation at the 31th International Congress of Psychology, July 24-29, Yokohama, Japan.   2016年7月26日   
How is identity related to internal and external problem behaviors in adolescence.
Kai Hatano, & Kazumi Sugimura.
Poster presentation at the 31th International Congress of Psychology, July 24-29, Yokohama, Japan.   2016年7月25日   
The relationships between separation, connectedness, and identity: A reconsideration with Japanese adolescence.
Sugimura, K., Nakama, R., Mizokami, S., Hatano, K., & Tsuzuki, M.
Poster presentation at the 31th International Congress of Psychology, July 24-29, Yokohama, Japan.   2016年7月25日   
The sense of identity of the twelfth grader in Japan: Its distinctive features and the relationship with parental relationship, ISRI and well-being.
N. Nakama., K. Sugimura, S. Mizokami., K. Hatano., & M. Tsuzuki
he 23th International Society for Research on Identity   2016年3月   
Radical and moderate separation from parents in Japanese emerging adults: The relationship with autonomy, identity, and well-being.
K. Sugimura., N. Nakama., S. Mizokami., K. Hatano., & M. Tsuzuki
the 7th Conference of the Society for the Study of Emerging Adulthood,   2015年10月   
溝上 慎一, 都筑 学, 杉村 和美, 畑野 快, 中間 玲子, 氏家 達夫
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
伊田 勝憲, 鹿毛 雅治, 田中 瑛津子, 畑野 快, 都筑 学
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年8月19日   
Does separation from parents really matter for identity formation?: A reconsideration with Japanese adolescents.
K. Sugimura., N. Nakama., S. Mizokami., K. Hatano., & M. Tsuzuki
he 22th Annual Conference the Society for Research on Identity Formation   2015年3月   
Which comes first, personality traits or identity processes?
K. Hatano., & Y. Takahashi
the 16th the Society for Personality and Social Psychology (Preconference; Life span social psychology)   2015年2月   
畑野 快, 杉村 和美
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   
高坂 康雅, 畑野 快, 高橋 彩, 藤井 恭子
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年10月26日   

競争的資金等の研究課題

 
大学生の学修時間と主体的な学修態度が学修成果に及ぼす複合的影響に関する縦断的研究
若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 畑野快
大学生の主体的な学習態度の形成と促進に関する教育心理学的研究
日本学術振興会特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 畑野快