速水 祐一

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 23:39
 
アバター
研究者氏名
速水 祐一
 
ハヤミ ユウイチ
ハンドル
kerokerocat
URL
http://www.ilt.saga-u.ac.jp/index.html
所属
佐賀大学
部署
低平地沿岸海域研究センター
職名
准教授
学位
博士(農学)(京都大学)

プロフィール

京都出身.京都大学農学研究科博士課程(水産学専攻)修了後,日本学術振興会特別研究員,愛知県職員(愛知県栽培漁業協会),愛媛大学を経て,現在は佐賀大学農学部准教授.専門は沿岸海洋学・陸水学.湖沼・沿岸海域の物質輸送,生態系動態を研究テーマとし,琵琶湖,中海,フブスグル湖(モンゴル),ランプン湾・チラタ湖・ジャカルタ湾(インドネシア),瀬戸内海,伊勢湾,舞鶴湾など,多くの沿岸海域・湖沼でフィールド調査をしてきた.現在は有明海をメインフィールドとして研究を行っている.

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
 - 
1999年
京都大学 農学研究科 日本学術振興会 特別研究員
 
1999年
 - 
1999年
愛知県栽培漁業協会 技師
 
1999年
 - 
2003年
愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 研究機関研究員
 
2003年
 - 
2005年
愛媛大学 工学部 教務職員
 
2005年
 - 
2010年
佐賀大学 有明海総合研究プロジェクト 准教授
 
2010年
 - 
2018年
佐賀大学低平地沿岸海域研究センター 准教授
 
2018年
 - 
現在
佐賀大学 農学部 准教授
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1997年3月
京都大学 農学研究科 水産学専攻
 
1987年4月
 - 
1991年3月
京都大学 農学部 水産学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本海洋学会沿岸海洋研究会  事業部長
 
2018年4月
 - 
現在
水産庁  漁場環境改善推進事業「貧酸素水塊の予察技術、被害軽減手法の開発」検討委員
 
2018年4月
 - 
現在
水産庁  漁場環境改善推進事業「赤潮及び貧酸素水塊の広域自動モニタリング技術の開発」
 
2018年4月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員(環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会)
 
2018年4月
 - 
現在
日本学術会議  環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会Future Earth Coasts小委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本海洋学会 海洋環境問題研究会  幹事
 
2016年4月
 - 
現在
有明海再生機構  調査研究部会委員
 
2016年10月
 - 
2018年2月
AWS:Asian Wetland Symposium  現地実行委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本海洋学会 選考委員  環境科学賞
 
2015年5月
 - 
現在
有明海再生機構  理事
 

受賞

 
2012年3月
日本海洋学会 環境科学賞
 
1999年
日本陸水学会 吉村賞
 

論文

 
The mechanism of bottom water DO variation in summer at the northern mouth of Isahaya Bay, Japan
Sangyeob Kim, Yuichi Hayami, Akira Tai and Akihide Tada
Journal of Oceanography   in press    2018年3月   [査読有り]
Impact of Isahaya dike construction on DO concentration in the Ariake Sea
Soichi Yamaguchi and Yuichi Hayami
Journal of Oceanography   10.1007/s10872-017-0454-9    2018年1月   [査読有り]
Decadal-scale variation in COD and DIN dynamics during the summer in the inner area of the Ariake Sea, Japan
Yuichi Hayami and Naoki Fujii
Journal of Oceanography   10.1007/s10872-017-0447-8    2017年11月   [査読有り]
有明海における冷水ドームのDO濃度変動要因
山口 創一・速水 祐一・濱田 孝治
土木学会論文集B2(海岸工学)   73(2) 1189-1194   2017年10月   [査読有り]
数値シミュレーションによるタイラギ着底稚貝に及ぼす浮泥厚の影響評価
速水 祐一・永尾 謙太郎・岡村 和麿・竹内 一浩
土木学会論文集B2(海岸工学)   73(2) 1309-1314   2017年10月   [査読有り]
有明海における学術的調査の意義及び今後の戦略
速水 祐一
水環境学会誌   40(5) 149-153   2017年5月   [招待有り]
Decadal scale variation in bottom DO and COD dynamics in the inner area of Ariake Sea, Japan
Yuichi Hayami
Proceedings of International Conference "Managing risks to coastal regions and communities in a changing world" (EMECS'11 - SeaCoasts XXVI, St. Petersburg, 22-27.08.2016)   USB Memory DOI: 10.21610/conferencearticl   2016年12月   [査読有り]
内湾浅海域における縣濁物質の応答特性
押川英夫・吉武竜馬・田井明・速水祐一
土木学会論文集B1(水工学)   72(4) 937-942   2016年11月   [査読有り]
Yoshino K, Nagayoshi M, Sato M, Katano T, Ito Y, Fujii N, Hamada T, Hayami Y.
Journal of Marine Biological Associsation of the United Kingdom   96(3) 647-655   2016年5月   [査読有り]
有明海奥部の2定点における底層水の生物学的酸素消費と化学的酸素消費
徳永貴久・速水祐一・木元克則
土木学会論文集B2(海岸工学)   72(1) 12-21   2016年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
豊穣の海・有明海の現状と課題
速水 祐一 (担当:分担執筆, 範囲:魚貝類の生息環境としての有明海とその変動特性)
厚生社厚生閣   2012年9月   ISBN:978-4-7699-1284-2
Chemical pollution and environmental changes
Hayami, Y., K. Yamamoto and T. Hamada (担当:共著, 範囲:Increase of winter diatom bloom in the inner area of the Ariake Sea: Does the sediment property change enhance the phytoplankton production?)
niversal Academy press   2007年   
陸水の辞典
速水 祐一 (担当:分担執筆)
講談社サイエンティフィク   2006年   ISBN:406155221X
The Geology, Biodiversity and Ecology of Lake Hovsgol (Mongolia)
Yuichi HAYAMI, M. Kumagai, M. Maruo, T. Sekino, S. Tsujimura and J. Urabe (担当:共著, 範囲:Review of some physical processes in Lake Hovsgol)
Backhuys Publishers   2006年   ISBN:9057821621
Other Chapters:
Recent rize of water level on Lake Hobsgol in Mongolia (M. Kumagai, J. Urabe, G. Goulden, N. Soninkhishig, D. Hadbaatar, S. Tsujimura, Y. Hayami, T. Sekino and M. Maruo)
Some biological and chemical characteristics of Lake Hovsgol ...
New scope on sustainable watersheds in East Asia
Yuichi HAYAMI (担当:分担執筆, 範囲:Recent warming of deep water in Lake Biwa)
Nauka-Center, Novosibirsk   2002年   
Other Chapters:
Recent rize of water level on Lake Hobsgol in Mongolia (M. Kumagai, J. Urabe, G. Goulden, N. Soninkhishig, D. Hadbaatar, S. Tsujimura, Y. Hayami, T. Sekino and M. Maruo)

講演・口頭発表等

 
有明海奥部における貧酸素化の長期変動機構
速水祐一・藤井直紀・山口創一
JpGU 2018   2018年5月21日   
Future Earth Coasts Japanの開始 -LOICZ から FE Coasrtsへ-
速水祐一・柳哲雄・山室真澄
JpGU 2018   2018年5月20日   
Observation of the hypoxic water mass in Jakarta Bay
Yuichi Hayami, Akihiko Morimoto, Agus Sudaryanto, Suhendar I. Sachoemar, Endro Soeyanto, Mochamad Saleh, Kenji Yoshino, Shinichi Sato and Shota Oda
Scientific Workshop on the Marine Environment of Jakarta Bay   2018年3月6日   
The Dead zone in Jakarta Bay
Yuichi Hayami, Akihiko Morimoto, Agus Sudaryanto, Suhendar I. Sachoemar, Endro Soeyanto, Mochamad Saleh, Kenji Yoshino, Shinichi Sato and Shota Oda
Second CCore-RENSEA Seminar on Coastal Ecosystems in Southeast Asia   2018年2月27日   
有明海奥部における貧酸素化の長期変動機構
速水祐一・山口創一・藤井直紀
島根大学エスチュアリー研究センター第25回新春恒例汽水域研究発表会・汽水域研究会第6回例会 合同研究発表会   2018年1月7日   
Characteristics of the marine environment in Ariake Sea
Yuichi Hayami
8th Asian Wetland Symposium   2017年11月7日   
数値シミュレーションによるタイラギ着底稚貝に及ぼす浮泥厚の影響評価
速水祐一・永尾謙太郎・岡村和麿・竹内一浩
第64回海岸工学講演会   2017年10月26日   
有明海における環境問題と今後の課題-陸域負荷増加によらない富栄養化-
速水祐一
2017年度日本海洋学会秋季大会 シンポジウム「日本の代表的な内湾における環境研究の現状と. 今後の課題」   2017年10月17日   
Yuichi Hayami
PICES-2017 Annual Meeting   2017年9月28日   
インドネシア・ジャカルタ湾における貧酸素水塊
速水祐一, 森本昭彦, Agus Sudaryanto, Suhendar Sachoemar, Endro Soeyanto, Mochamad Saleh, 織田将太
JPGU Meeting 2017   2017年5月20日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
速水祐一・藤井直紀   その他   2018年3月 - 2018年3月
2018年3月3日
佐賀大学低平地沿岸海域研究センター主催
荒牧軍治・速水祐一・逸見泰久   その他   2017年11月 - 2017年11月
環境省, 日本国際湿地保全連合, ラムサールセンター, 日本湿地学会主催
シンポジウム「日本の代表的な内湾における環境研究の現状と今後の課題」
梅澤有・速水祐一・野村英明・筧茂穂   その他   2017年10月 - 2017年10月
日本海洋学会海洋環境問題研究会主催
前海を考えるシンポジウム ~鹿島まえうみの調査研究のいま~
速水祐一・藤井直紀   その他   2016年3月
ナイトセッション 新たな水質基準の導入と海域管理
速水祐一・野村英明   その他   2016年3月
前海を考えるシンポジウム ~ラムサール条約登録について~
速水祐一・藤井直紀   その他   2015年3月
沿岸海洋シンポジウム 沿岸高解像度モデルの現在と未来(2) 物質循環と生態系の解明に向けて
速水祐一・齊藤宏明   その他   2014年9月
2014年度日本海洋学会秋季大会
有明海研究の現状と展望 ~若手研究者からみた有明海~
藤井直紀・速水祐一   その他   2014年9月
2014年度日本海洋学会秋季大会
2013年度九州・沖縄地区合同シンポジウム「九州周辺沿岸域における海洋フロント」
速水祐一・松野健   その他   2013年12月
共同開催:日本海洋学会西南支部,海洋気象学会,水産海洋学

競争的資金等の研究課題

 
有明海奥部における物質循環変動機構の解明と環境再生策に関する研究 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)一般
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 速水 祐一
ジャカルタ湾の貧酸素水塊に関する研究 -底生動物分布への影響解明-
愛媛大学CMES 共同利用・共同研究拠点「化学汚染・沿岸環境研究拠点」: 一般共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 速水 祐一
ジャカルタ湾の貧酸素水塊に関する研究 -長期貧酸素化を起こす酸素消費速度の測定-
愛媛大学CMES 共同利用・共同研究拠点「化学汚染・沿岸環境研究拠点」: 一般共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 速水祐一
ジャカルタ湾のGiant Sea Wall建設が海洋環境に与える影響について
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)海外学術
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 速水祐一
インドネシア・ジャカルタ湾における貧酸素水塊の季節変化に関する研究
愛媛大学CMES 共同利用・共同研究拠点「化学汚染・沿岸環境研究拠点」: 一般共同研究
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 速水祐一
鹿島市沿岸有明海海洋環境調査事業: 受託研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 速水祐一
強混合エスチュアリーにおける貧酸素水塊発生メカニズムの解明
河川整備基金: 助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 速水 祐一
有明海・八代海等再生評価支援(有明海二枚貝類の減少要因解明等調査)業務
環境省: 請負業務
研究期間: 2013年5月 - 2019年3月    代表者: (学内代表)速水祐一、全体代表 岡村和麿(水研センター)
ハブ型ネットワークによる有明海地域共同観測プロジェクト
文部科学省: 特別経費(大学の特性を生かした多様な学術研究機能の充実)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 荒木宏之
干潟域大規模干拓・開門の環境影響に関する研究 -日韓比較の視点から-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 速水 祐一

その他

 
2018年3月   Survey of Jakarta Bay
2018 3.18-31 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B) and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"
2018年3月   Scientific Workshop on the Marine Environment of Jakarta Bay
2018 3.6 BPPT/Jakarta, Indonesia
2018年3月   Survey of Jakarta Bay
2018 3.4-9 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B) and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"
2018年2月   Second CCore-RENSEA Seminar on Coastal Ecosystems in Southeast Asia
2018 2.26-3.2 University of the Philippines Visayas, Iloilo City Campus/ Iloilo City, Philippines
2017年12月   Survey of Jakarta Bay
2017 12.8-12 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B), General collaboration of LaMer, Ehime University and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"
2017年9月   PICES-2017 Annual Meeting
2017 9.24-29 Far Eastern Federal University/ Vladivostok, Russia
2017年9月   Survey of Jakarta Bay
2017 9.4-8 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B), General collaboration of LaMer, Ehime University and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"
2017年6月   Survey of Jakarta Bay
2017 6.2-6 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B), General collaboration of LaMer, Ehime University and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"
2017年3月   Survey of Jakarta Bay
2017 3.27-4.8 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B) and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"
2017年2月   Survey of Jakarta Bay
2017 2.8-13 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B), General collaboration of LaMer, Ehime University and JSPS Cpre-to-Core Program "Research and Education Network on coastal ecosystems in SouthEast Asia"