早坂 洋史

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 21:37
 
アバター
研究者氏名
早坂 洋史
 
ハヤサカ ヒロシ
eメール
hhayaeng.hokudai.ac.jp

プロフィール

昭和49 4 日立造船(株)技術研究所(研究員として)入社
昭和55 9 日立造船(株)技術研究所 退社
昭和55 10 北海道大学文部教官助手(工学部機械工学科)就職
昭和58 10 米国商務省標準基準局(現NIST)客員研究員
昭和59 9 米国商務省標準基準局より帰国
昭和61 8 北海道大学文部教官助教授(工学部教養部勤務)
平成9 年4月 北海道大学文部教官助教授(大学院工学研究科)に配置換え
平成22年4月1日 北海道大学大学院工学研究院准教授 
平成27年3月 北海道大学大学 定年退官
平成27年4月 NPO法人 北海道水文気候研究所 研究員
平成27年7月 京都大学 東南アジア研究所 連携教授
平成28年4月 北海道大学 北極域研究センター 研究員
現在に至る

研究分野

 
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2013年3月
北海道立北方建築総合研究所  防火材料性能評価員
 

受賞

 
2009年
日本設計工学会貢献賞
 
2008年
平成20年度日本火災学会賞
 
1997年
日本図学会教育功労賞
 
1987年
昭和62年度全国発明表彰
 
1987年
日本舶用機関学会奨励賞
 

論文

 
2015 Severe Peat Fires and Air Pollution Near the Former Mega Rice Project Area in Central Kalimantan, Indonesia
早坂 洋史
Proceedings (A-421 Oral Presentation), 15TH INTERNATIONAL PEAT CONGRESS 2016   323-326   2016年8月   [査読有り]
早坂 洋史
Polar Science   10(3) 217-226   2016年6月   [査読有り]
Peat Fire Occurrence
早坂 洋史
Tropical Peatland Ecosystems   377-395   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Hiroshi Hayasaka, Izumi Noguchi, Eriant I Putra, Nina Yulianti, Krishna Vadrevu
   2014年11月   [査読有り]
早坂 洋史
14(3) 155-160   2014年9月   [査読有り]
Recent Trends of Fire Occurrence in Sumatra (Analysis Using MODIS Hotspot Data): A Comparison with Fire Occurrence in Kalimantan
Nina Yulianti, Hiroshi Hayasaka, Alpon Sepriand
3(4) 129-137   2013年10月   [査読有り]
Recent Active Fires under El Niño Conditions in Kalimantan, Indonesia
Nina Yulianti, Hiroshi Hayasaka, Alpon Sepriand
4(3A) 685-696   2013年3月   [査読有り]
Recent forest and Peat Fire Trends in Indonesia, the Latest Decade by MODIS Hotspot Data
Nina Yulianti, Hiroshi Hayasaka, Alpon Sepriand
16(1) 105-116   2012年   [査読有り]
Murad Ahmed Farukh, Hiroshi Hayasaka
33(2) 71-84   2012年   [査読有り]
Recent Vegetation Fire Incidence in Russia
早坂 洋史
15(1) 5-13   2011年   [査読有り]

Misc

 
図学用語辞典
森北出版株式会社      2009年
篠原 雅彦, 工藤 一彦, 早坂 洋史
日本機械学会論文集 B編   68(670) 1811-1820   2002年
防災事典<土岐憲三>
築地書館(株)      2002年
Forest Fires in Boreal Forest - FROSTFIRE in Alaska Taiga
Proceedings of the Fourth Asia-Oceania Symposium on Fire Science and Technology   191-201   2001年
Reactions of micro-particles of tropical peat under pyrolysis
Proceedings of International Symposium on Tropical Peatland   163-167   2001年
Forest Fires in Boreal Forest - FROSTFIRE in Alaska Taiga
The Fourth Asia-Oceania Symposium on Fire Science and Technology   191-201   2000年
『 日本機械学会論文集 』   66(648 B) 2215-2221   2000年
『 日本火災学会論文集 』   50(1) 31-39   2000年
「 大型プール火災性状の一考察 」
『 燃焼の科学と技術 』   8 37-44   2000年
「バックドラフト現象の解明と防止に関する調査研究-住宅火災被害低減研究委員会報告-」
『日本建築学会北海道支部研究報告集』   72 613-616   1999年

書籍等出版物

 
Tropical Peatland Ecosystem
早坂 洋史 (担当:共著)
Springer   2016年3月   
例題で学ぶ品質管理
谷口博、佐々木克彦、早坂 洋史、小原伸哉、谷口正行 (担当:共著)
森北出版(株)   2012年   
図学用語辞典
早坂 洋史 (担当:共著)
森北出版(株)   2009年   
Forest Fires: Detection, Suppression and Prevention
NOVA Publishers   2009年   

講演・口頭発表等

 
気候変動下での森林火災について-アラスカ,シベリア,インドネシアなどでの火災動向 [招待有り]
早坂 洋史
日本気象学会2012年度秋季大会 第 13 回統合的陸域圏研究連絡会   2012年10月3日   
世界各地の大規模な森林・泥炭火災の最近の傾向 [招待有り]
早坂 洋史
北九州学術研究都市10周年記念  第103回 産学交流サロン「ひびきのサロン」、森林・泥炭火災の現状を踏まえた防消火活動による国際貢献を目指して   2011年8月23日   
北海道の広域火災の歴史と世界の原野火災の現状 [招待有り]
早坂 洋史
日本火災学平成22年度研究発表会特別記念講演   2010年5月17日   
森林火災及び北海道の産業・生活特性に関連する火災現象に関する一連の研究 [招待有り]
早坂 洋史
日本火災学平成20年度研究発表会   2008年5月21日   

Works

 
講演会:カリマンタン島の現状と将来
2008年
講演会:シベリアの森林火災に関する調査
2008年
北部カリフォルニアでの雷が原因の山火事調査
2008年
九州由布院での野焼き事故調査
2009年

競争的資金等の研究課題

 
炭素循環に及ぼす大規模森林火災の影響に関する研究
日本学術振興会: 二国間交流事業-ロシア
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 早坂 洋史
頻発する大規模森林火災の実態解明とホットスポットを使った火災挙動把握手法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 早坂 洋史
気候変動下の攪乱現象
研究期間: 2006年   
森林火災の抑制技術開発のための高電圧・大電流放電による木材の着火機構の基礎的研究
文部科学省: 科学研究費補助金基盤研究(A)(2)
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 早坂 洋史

その他

 
1999年9月
羽幌町外2町村衛生施設組合、天売島一般廃棄物焼却炉爆発原因調査報告書
1998年9月
豊平区美しが丘電器店火災に関する調査・検討結果書
1998年9月
警察鑑定業務、江別太新築住宅の放火事件について