林 洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/07 10:22
 
アバター
研究者氏名
林 洋
 
ハヤシ ヒロシ
所属
東京有明医療大学
部署
看護学部看護学科
職名
教授
学位
医学博士(東京医科歯科大学)

研究分野

 
 
  • 内科系臨床医学 / 代謝学 / 脂質代謝学

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 副学長
 
2017年4月
 - 
現在
東京有明医療大学大学院看護学研究科 研究科長
 
2015年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 看護学部 学部長
 
2013年4月
 - 
現在
東京有明医療大学大学院 看護学研究科 教授
 
2011年8月
 - 
現在
東京有明医療大学附属クリニック 院長
 
2009年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 保健管理センター センター長
 
2009年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 看護学部看護学科・教授
 
2009年4月
 - 
2017年3月
東京有明医療大学 学長補佐
 
2014年10月
 - 
2015年3月
東京有明医療大学 看護学部看護学科 学科長
 
2006年4月
 - 
2009年3月
国際医療福祉大学熱海病院 内科 教授
 
2005年4月
 - 
2006年3月
横浜市立みなと赤十字病院 第二内科、検査部 部長
 
1997年8月
 - 
2005年3月
横浜赤十字病院 第二内科 部長
 
1995年7月
 - 
1997年7月
横浜赤十字病院 医療社会事業部 部長
 
1992年7月
 - 
1995年6月
横浜赤十字病院 検査部 副部長
 
1992年1月
 - 
1992年6月
横浜赤十字病院 内科 医師
 
1990年6月
 - 
1991年12月
東京医科歯科大学 医学部公衆衛生学講座 講師
 
1989年11月
 - 
1990年5月
国立公衆衛生院 生理衛生学部 主任研究官
 
1989年4月
 - 
1989年10月
東京逓信病院 内科 医師
 
1987年8月
 - 
1989年3月
ルイジアナ州立大学 医学部生理学教室 研究員
 
1979年7月
 - 
1987年7月
東京逓信病院 内科 医師
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1978年3月
東京医科歯科大学 医学部 
 

論文

 
Enhancement of Rat Lymphatic Lipid Transport by Glucose or Amino Acids Ingestion
林 洋
Physiol Rep   7(8) e14079   2019年4月   [査読有り]
Enhancement of Rat Lymphatic Lipid Transport by Glucose or Amino Acids Ingestion
林 洋
Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol.   38(suppl_1) 552   2019年3月   [査読有り]
東京有明医療大学附属クリニック、7年間の活動
林 洋
東京有明医療大学雑誌   10 57-59   2018年12月   [査読有り]
Enhancement of Rat Lymphatic Lipid Transport by Glucose Ingestion
林 洋
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   36 A543   2016年5月   [査読有り]
代謝異常が、わかる!
林 洋
産業保健と看護   7(5) 414-415   2015年9月   [招待有り]
健診の意味をわかってもらうために
林 洋
産業保健と看護   7(5) 404-405   2015年9月   [招待有り]
コレステロールと動脈硬化
林 洋
動脈硬化予防   13(1) 20-26   2014年4月   [招待有り]
Hiroshi Hayashi, Mitsunobu Kawamura
J Clin Lipidol   7(6) 632-636   2013年11月   [査読有り]
トランス脂肪酸
林 洋
ホルモンと臨床   61(7) 525-530   2013年7月   [招待有り]
腸管におけるコレステロール吸収のメカニズム
林 洋
日本臨床   71(増刊号3) 75-78   2013年6月   [招待有り]
脂質異常症
木下誠、林 洋
medicina   50(1) 116-120   2013年1月   [招待有り]
Lowering LDL cholesterol, but not raising LDL receptor activity, by ezetimibe
Hiroshi Hayashi, Mitsunobu Kawamura
Circulation   126 A9703   2012年11月   [査読有り]
エゼチミブはLDLコレステロールを低下させるが、LDL受容体活性は増加させない
高トリグリセライド血症治療の実際
林 洋
medicina   48 833-836   2011年   [招待有り]
対談:“嘘をつくコレステロール”の話
林 洋、飯野靖彦
成人病と生活習慣病   41 1261-1269   2011年   [招待有り]
Yasuhiko Homma, Ichiro Michishita, Hiroshi Hayashi, and Hiroshi Shigematsu
J. Atheroscler. Thromb.   17 1049-1053   2010年   [査読有り]
超遠心法にて分画された三つのLDL亜分画における血漿コレステロールと酸化LDLの分布に対する低用量シンバスタチンの影響:12ヶ月、オープンラベル試験
看護学生の自覚的精神身体状況把握の試み-ベースラインとしての入学時の様相
山下雅子、金井Pak雅子、林さとみ、前田樹海、梶原祥子、島田将夫、林 洋、北島泰子、平田美和、山本かほる、高橋雪子、金井一薫
東京有明医療大学雑誌   1 133-144   2010年   [査読有り]
2型糖尿病モデルラット(OLETFラット)の腸管脂質代謝の変化
関目綾子、金井節子、太田 稔、林 洋、船越顕博、宮坂京子
消化と吸収   29 55-59   2007年   [査読有り]
蔗糖摂取後のラット小腸リンパ脂肪酸組成の変化
林 洋、山田佳彦、都島基夫
日本臨床栄養学会雑誌   28 307-311   2007年   [査読有り]
糖尿病合併高脂血症患者の薬物療法におけるシンバスタチンの有用性
林 洋
Prog Med   27 651-656   2007年   [査読有り]
中性脂肪とRLP-C
林 洋
The Lipid   18 434-439   2007年   [招待有り]
高尿酸血症に関する検討課題
築山久一郎,林 洋
血圧   14 641-645   2007年   [招待有り]
糖尿病患者の脂質管理
林 洋
診断と治療   95, Suppl 262-269   2007年   [招待有り]
Hiroshi Hayashi, Setsuko Kanai, Yoshihiko Yamada, Motoo Tsushima, and Kyoko Miyasaka
J. Atheroscler. Thromb.   13 240-246   2006年   [査読有り]
Carboxylester lipase gene polymorphism as a risk of alcohol-induced pancreatitis
Kyoko Miyasaka, Minoru Ohta, Saeko Takano, Hiroshi Hayashi, Susumu Higuchi, Katsuya Maruyama, Yusuke Tando, Teruo Nakamura, Yutaka Takata, and Akihiro Funakoshi
Pancreas   30 e87-e91   2005年   [査読有り]
神奈川県内科医学会員を対象とした生活習慣病診療の実態調査
林 洋、重松 洋、中島 淳、羽鳥 裕、松葉育郎、塩田善朗、関原久彦、中山脩郎
神奈川医学会雑誌   31 1-8   2004年   [査読有り]
中下彩子、小野沢祐輔、林 洋、川満久恵、天川孝則
日内会誌   92 2415-2416   2003年   [査読有り]
Pleiotropic effects of fluvastatin on diabetic patients with hypercholesterolemia
H. Hayashi, N. Kasahata, H. Kawamitsu, T. Amakawa, E. Murakami, and G. Yoshino
Atherosclerosis Supple   4 166   2003年   [査読有り]
Keiko Ashidate, Mitsunobu Kawamura, Hisako Tohda, Shigeru Miyazaki, Hiroshi Hayashi, Tamio Teramoto, and Yukio Hirata
J. Atheroscler. Thromb.   10 7-12   2003年   [査読有り]
糖尿病による大血管合併症の診断と治療
林 洋
Vita   20(5) 50-55   2003年   [招待有り]
仁多寅彦、小野澤祐輔、林 洋、川満久恵、天川孝則、河内 洋、中村恭一
日内会誌   91 3040-3041   2002年   [査読有り]
当院の人間ドックにおける複数の生活習慣病の合併について
川満久恵、林 洋、天川孝則、服部恵子、白崎正彦
健康医学   16 549   2002年   [査読有り]
当院ドック男性受診者の過去3年間における血清脂質値の変化
林 洋、川満久恵、床井伸介、綿引友美、和久井里佳、服部恵子、白崎正彦、天川孝則
健康医学   16 543   2002年   [査読有り]
Increased lymphatic lipid transport in genetically diabetic obese rats
Hiroshi Hayashi, Yuko Sato, Setsuko Kanai, Mineko Ichikawa, Akihiro Funakoshi, and Kyoko Miyasaka
Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol   282 G69-G76   2002年   [査読有り]
フィブラートを用いた初発予防試験
林 洋
臨床医   28 2390-2393   2002年   [招待有り]
Diabetic state enhanced intestinal lymphatic lipid transport in genetically diabetic obese rats
84. M. Ohta, H. Hayashi, Y. Sato, S. Kanai, M. Ichikawa, K. Miyasaka, and A. Funakoshi
Gastroenterology   120(5) A681   2001年5月   [査読有り]
検診におけるHCV抗体検査導入に関する一考察
床井伸介、藤本秀明、白崎正彦、服部恵子、川満久恵、林 洋、小野澤祐輔、天川孝則
健康医学   16 367   2001年   [査読有り]
中枢性めまい症例における脳循環代謝改善薬の臨床効果
新井基洋、伊藤能成、持松泰彦、川崎 隆、林 洋、伊藤邦泰
新薬と臨床   50 1269-1280   2001年   [査読有り]
新井基洋、樋口彰宏、伊藤能成、持松泰彦、林 洋、伊藤邦泰
Equilibrium Res   60 169-176   2001年   [査読有り]
めまいを初発症状とした椎骨動脈解離性動脈瘤の1症例
新井基洋、樋口彰宏、伊藤能成、持松泰彦、川崎 隆、伊藤邦泰、林 洋
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   73 496-501   2001年   [査読有り]
めまい患者における椎骨脳底動脈系のMRA所見と動脈硬化
新井基洋、樋口彰宏、伊藤能成、林 洋、持松泰彦、伊藤邦泰
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   73 157-162   2001年   [査読有り]
Inhibitory action of gemfibrozil on cholesterol absorption in rat intestine
Y. Umeda, Y. Kako, K. Mizutani, Y. Iikura, M. Kawamura, M. Seishima, and H. Hayashi
J. Lipid Res   42 1214-1219   2001年   [査読有り]
甲状腺機能低下症における脂質代謝異常
林 洋
日本臨床   59(Suppl 3) 172-176   2001年   [招待有り]
小腸における脂質代謝調節
林 洋
日本臨床   59(Suppl 2) 442-446   2001年   [招待有り]
レプチンと食事・運動療法
林 洋
臨床看護   27 341-345   2001年   [招待有り]
Lymphatic lipid transport is not impaired in aging rat intestine
H. Hayashi, Y. Sato, S. Kanai, M. Masuda, M. Ohta, A. Funakoshi, K. Nagao, K. Imaizumi, and K. Miyasaka
FASEB J   14 A115   2000年   [査読有り]
H. Hayashi, Y. Sato, S. Kanai, M. Masuda, M. Ohta, A. Funakoshi, K. Nagao, K. Imaizumi, and K. Miyasak
Mech. Age. Dev   113 219-225   2000年   [査読有り]
人間ドックの便潜血検査におけるトランスフェリン測定の有用性
林 洋、酒井雄一郎、川満久恵、床井伸介、藤本秀明、天川孝則
健康医学   14 450   1999年   [査読有り]
NIDDM自然発生肥満(OLETF)ラットの脂質の腸管リンパへの輸送の増加とそれに対する食餌制限・運動の効果
佐藤裕子、宮坂京子、林 洋、船越顕博
消化と吸収   22 99-103   1999年   [査読有り]
Beneficial effect of salmon roe phosphatidylcholine in chronic liver disease
H. Hayashi, Y. Tanaka, H. Hibino, Y. Umeda, H. Kawamitsu, H. Fujimoto, and T. Amakawa
Curr. Med. Res. Opin   15 177-184   1999年   [査読有り]
Enhanced lymphatic lipid transport in genetically diabetic obese rats, and beneficial effect of weight control by food restriction or exercise
K. Miyasaka, H. Hayashi, Y. Sato, M. Ichikawa, M. Ohta, K. Imaizumi, and A. Funakoshi
Gastroenterology   116 G2485   1999年   [査読有り]
高齢高脂血症患者に対するゲムフィブロジルの臨床効果
井藤英喜、五島雄一郎、市川秀一、中村芳郎、広瀬信義、井上潤一郎、中野忠澄、貴田岡正史、稲澤健志、小泉和正、林 洋、西川哲男、大村昌夫、佐古伊康、井上達秀、紀田康雄、荒川規矩男、朔啓二郎、宇都宮京子、朔 錦
臨床医薬   13 3891-3933   1997年   [査読有り]
A case of hemichorea-hemiballism associated with parietal lobe infarction
N. Mizushima, Y.C. Park-Matsumoto, T. Amakawa and H. Hayashi
Eur. Neurol   37 65-66   1997年   [査読有り]
The experience of a community hospital in providing medical relief services in a national disaster
Hiroshi Hayashi
Japan Hospitals   15 73-76   1996年   [査読有り]
The relationship between lipoprotein(a) and low density lipoprotein receptors during the treatment of hyperthyroidism
H.Hayashi, N.Mizushima, H.Yoshinaga, H.Kawamitsu, S.Matsuda, M.Tanoue, H.Kurosawa, H.Fujimoto and T.Amakawa
Horm. Metab. Res.   28 384-387   1996年   [査読有り]
“香港”学会印象記
林 洋
日本病院会雑誌   43 1465-1466   1996年   [招待有り]
コレステロールの代謝 小腸:コレステロールの吸収機構
林 洋
現代医療   28 77-82   1996年   [招待有り]
A case of recurrent Guillain-Barre syndrome produced by different infections
Hiroshi Hayashi, Yong-Choo Park-Matsumoto, Nobuhiro Yuki, Takeshi Itoh, Takanori Amakawa and Takeshi Muneyuki
J. Neurol.   240 196-197   1993年   [査読有り]
林 洋
検査と技術   21 928-931   1993年   [招待有り]
Acute inhibition of lipid transport in rat intestinal lymph by ethanol administration
H.Hayashi, K.Nakata, Y.Motohashi and T.Takano
Alcohol Alcohol.   27 627-632   1992年   [査読有り]
ラット腸管リンパのアポリポタンパクB輸送に対する食事性脂質及びPluronic L-81の影響
林 洋,高野健人,内藤周幸,Patrick Tso
脂質生化学研究   32 158-161   1990年   [査読有り]
Fat feeding is associated with an increase in the size, but not the number, of chylomicrons produced by the small intestine.
Hiroshi Hayashi, Kazuma Fujimoto, James A. Cardelli, David F. Nutting, Scott Bergstedt and Patrick Tso
Am. J. Physiol.   259 G709-G719   1990年   [査読有り]
Transport of lipid, and apolipoprotein A-I and A-IV in intestinal lymph of the rat.
Hiroshi Hayashi, David F. Nutting, Kazuma Fujimoto, James A. Cardelli, Dennis Black and Patrick Tso
J. Lipid Res.   31 1613-1625   1990年   [査読有り]
A comparison of absorption of glycerol tristearate and glycerol trioleate by rat small intestine
Scott E. Bergstedt, Hiroshi Hayashi, David Kritchevsky and Patrick Tso
Am. J. Physiol.   259 G386-G393   1990年   [査読有り]
The effect of pravastatin in relation to low density lipoprotein receptor activity
H.Hayashi, C.Naito, H.Ito, M.Kawamura and S.Miyazaki
Curr. Med. Res. Opin.   12 100-107   1990年   [査読有り]
Selective removal of triglyceride-rich lipoproteins by plasmapheresis in diabetic patients with severe hypertriglyceridemia.
Hiroo Ito, Chikayuki Naito, Hiroshi Hayashi, Mitsunobu Kawamura and Shigeru Miyazaki
Artif. Organs   13 190-196   1989年   [査読有り]
Chylomicron apolipoprotein in rat bile
M.R.Khouri, H.Hayashi, P.Tso and Y-F Shiau
Gastroenterology   96 A613   1989年   [査読有り]
Relationship between apolipoprotein A-IV and lipid transport in mesenteric lymph
Patrick Tso, David F. Nutting and Hiroshi Hayashi
Gastroenterology   96 A516   1989年   [査読有り]
肢端紅痛症と腹部大動脈瘤を合併した本態性血小板血症の1例
川村光信,林 洋,他5名
動脈硬化症研究の進歩   9 21-27   1988年   [査読有り]
プラズマフェレーシスにおける抗凝固薬としてのFUT-175の使用経験ーヘパリン非適応例に対する使用についてー
伊藤博夫,内藤周幸、林 洋,川村光信、宮崎滋、生野重明
透析会誌   21 919-923   1988年   [査読有り]
伊藤博夫,内藤周幸,林 洋,川村光信,宮崎 滋
動脈硬化   16 117-124   1988年   [査読有り]
Dose-dependent hypolipidemic effect of an inhibitor of HMG-CoA reductase, pravastatin (CS-514), in hypercholesterolemic subjects. A double blind test.
Yasushi Saito, Yuichiro Goto, Noriaki Nakaya, Yishiya Hata, Yasuhiko Homma, Chikayuki Naito, Hiroshi Hayashi, Hiroo Ito, Minoru Yamamoto, Ichiro Takeuchi, Kohsuke Mori, Tsutomu Hara, Sho Yoshida, Kohji Shirai, Norihiko Sasaki, Masaki Shinomiya, Shunichi Murano, Nobuhiro Morisaki, Toshio Nishiide, Tetsuo Kanzaki, Naoko Watanabe andToshitsugu Ishikawa
Atherosclerosis   72 205-211   1988年   [査読有り]
Activity of low-density lipoprotein receptors as estimated from concentration of apolipoprotein B and C-II in serum
Hiroo Ito, Chikayuki Naito, Hiroshi Hayashi and Mitsunobu Kawamura
Clin. Chem.   34 2224-2227   1988年   [査読有り]
Effect of Pluronic L-81 (L-81) on the secretion of lymph apolipoprotein B (apo B)
H.Hayashi, S.M.Gollamudi, D.F.Nutting and P.Tso
FASEB J.   2 A1216   1988年   [査読有り]
血清脂質,リポ蛋白,アポ蛋白の正常値・異常値の判定と解釈
林 洋,内藤周幸
Medical Practice   4 750-755   1987年   [招待有り]
抗脂血薬の選択と使用上の注意
林 洋,内藤周幸
治療学   18 599-604   1987年   [招待有り]
Enhanced degradation of low density lipoprotein in human monocyte-derived macrophages associated with an increase in its free fatty acid content.
Hiroshi Hayashi, Chikayuki Naito, Hiroo Ito, Mitsunobu Kawamura,Shigeru Miyazaki and Mikio Kumai
Atherosclerosis   66 139-144   1987年   [査読有り]
伊藤博夫,林 洋,内藤周幸
動脈硬化   15 1145-1148   1987年   [査読有り]
血清アポリポ蛋白濃度からのLDLレセプター活性の推定
伊藤博夫,内藤周幸,林 洋,川杉和夫,川村光信,宮崎 滋
脂質生化学   29 137-140   1987年   [査読有り]
リウマチ性多発筋痛症とマクロアミラーゼ血症を合併した1例
中村俊博,内藤周幸,小早川裕之,熊井幹夫,伊藤博夫,川村光信,林 洋,安藤矩子,宮崎 滋,長井仁美
日内会誌   76 409-413   1987年   [査読有り]
肥満の判定におけるケトレー指数の有用性ー厚生省発表「日本人の肥満とやせの判定表」の検討ー
内藤周幸,宮崎 滋,林 洋,川村光信,伊藤博夫
医学のあゆみ   140 105-106   1987年   [査読有り]
高脂血症に対するCS-514の臨床効果ー二重盲検三群比較法による用量設定試験ー
斉藤 康,五島雄一郎,中谷矩章,秦 葭哉,本間康彦,内藤周幸,林 洋,伊藤博夫,山本 実,竹内一郎,森 皎祐,原 勉,吉田 尚,白井厚冶,佐々木憲裕,篠宮正樹,村野俊一,森崎信尋,西出敏雄,神崎哲人,渡辺直子,石川俊次
臨床医薬   3 1445-1472   1987年   [査読有り]
脳血栓症における血漿遊離脂肪酸中のエイコサペンタエン酸/アラキドン酸比
川村光信,林 洋,他4名
逓信医学   39 540-541   1987年   [査読有り]
CTで発見されエコーガイド下経皮生検により診断された扁平上皮癌の1例
佐伯周子,林 洋,他6名
逓信医学   39 550   1987年   [査読有り]
過去4年間の外来通院糖尿病患者調査結果の検討
宮崎 滋,林 洋,他4名
逓信医学   39 552-553   1987年   [査読有り]
アポリポ蛋白異常症
林 洋
臨床病理   35 853-859   1987年   [招待有り]
コレスチラミン
林 洋,内藤周幸
現代医療   19 405-407   1987年   [招待有り]
家族性高トリグリセリド血症(IV型)
林 洋
日本臨牀   45 801   1987年   [招待有り]
抗高脂血症薬の適応と禁忌
林 洋,内藤周幸
循環科学   6 748-753   1986年   [招待有り]
リンパ球および単球を用いた,LDL(低比重リポ蛋白)レセプター活性に関する臨床的研究.特に血漿コレステロール濃度とLDLレセプター活性との相関について
林 洋
東京医科歯科大学、お茶の水医学雑誌   34 119-127   1986年   [査読有り]
林 洋,内藤周幸,伊藤博夫,熊井幹夫,川村光信,宮崎 滋
動脈硬化   14 473-477   1986年   [査読有り]
川村光信,内藤周幸,熊井幹夫,伊藤博夫,林 洋,宮崎 滋
動脈硬化   14 789-794   1986年   [査読有り]
川村光信,内藤周幸,熊井幹夫,伊藤博夫,林 洋,宮崎 滋
動脈硬化   14 1083-1086   1986年   [査読有り]
脂肪組織の酸素消費量に対するアドレナリン作動薬の効果と肥満の発症,適応の発現との関連について
宮崎 滋,内藤周幸,伊藤博夫,川村光信,林 洋,安藤矩子
肥満   6 283-285   1986年   [査読有り]
ラット遊離脂肪細胞の酸素消費および脂肪分解に対するアドレナリン作動薬の影響
宮崎 滋,内藤周幸,伊藤博夫,川村光信,林 洋,安藤矩子
肥満   7 143-145   1986年   [査読有り]
イレウスの原因が血管炎によると思われたSLEの1症例
辻彼南雄,木村 聡,伊藤博夫,川村光信,林 洋,宮崎 滋,安藤矩子,内藤周幸
逓信医学   38 525-527   1986年   [査読有り]
LDLレセプター異常による高脂血症
林 洋,内藤周幸
臨床医学   21 989-995   1985年   [招待有り]
Receptor-mediated endocytosis と膜レセプターの構造
林 洋,内藤周幸
日本臨牀   43 741-747   1985年   [招待有り]
動脈硬化
林 洋,内藤周幸
最新医学   40 339-344   1985年   [招待有り]
アポ蛋白異常症
林 洋,内藤周幸
綜合臨牀   34 2227-2228   1985年   [招待有り]
Yoshiaki Hashimoto, Chikayuki Naito, Tamio Teramoto, Hirokazu Kato, Makoto Kinoshita, Mitsunobu Kawamura, Hiroshi Hayashi and Hiroshi Oka
Biochem. Biophys. Res. Commun.   130 781-785   1985年   [査読有り]

書籍等出版物

 
はじめの一歩の病態・疾患学
林 洋 (担当:編者)
羊土社   2018年1月   
初めの一歩は絵で学ぶ解剖生理学
林 洋 (担当:監修)
じほう   2014年5月   
脂質異常症診療ガイドQ&A
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:トリグリセライドが高い(家族性IV型高脂血症)、トリグリセライドが高い(家族性III型高脂血症))
南山堂   2014年4月   
食と健康の話はなぜ嘘が多いのか
林 洋
日本経済新聞出版社   2013年6月   
コレステロール吸収阻害から見る脂質異常症治療
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:脂質代謝ーコレステロール代謝を中心にー)
朝日メディコム   2012年12月   
糖尿病と言われたら
林 洋
保健同人社   2012年2月   
栄養科学イラストレイテッド演習版 臨床医学ノート 疾病の成り立ち
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:診断のための検査)
羊土社   2011年   
栄養科学イラストレイテッド 臨床医学 疾病の成り立ち
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:診断のための検査)
羊土社   2011年   
嘘をつくコレステロール
林 洋
日本経済新聞出版社   2010年   
コレステロール-基礎から臨床へ‐
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:コレステロールの吸収と血清コレステロール)
ライフサイエンス出版   2009年   
メタボリックシンドロームと循環器合併症
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:人間ドック)
中外医学社   2007年   
トリグリセライドと動脈硬化 メタボリックシンドロームの観点から
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:食事のトリグリセライドはどのように吸収されるのですか?)
医薬ジャーナル社   2006年   
慢性疾患薬物療法のツボ 高脂血症
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:薬剤変更のポイント.薬剤減量・中止の判断.小児の高脂血症の治療方針.女性の高脂血症の治療方針)
日本医事新報社   2003年   
高脂血症診療ガイダンス
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:陰イオン交換樹脂の適応とその効果.家族性高コレステロール血症(ヘテロ型)の治療)
2002年   
臨床検査診断マニュアル
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:脂質)
永井書店   2001年   
Alcohol and the gastrointestinal tract
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:Lipid metabolism in the intestinal tract and its modification by ethanol)
CRC Press   1995年   
Advances in prostaglandin, thromboxane, and leukotriene research. Vol.19
Patrick Tso, 林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:The physiology and regulation of the intestinal absorption and transport of omega-3 and omega-6 fatty acids)
Raven Press   1989年   
検査診断ポケットブック
林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:コレステロール,中性脂肪,リン脂質,過酸化脂質,リポタンパク分画,アポリポタンパク)
金原出版   1989年   
厚生省特定疾患原発性高脂血症調査研究班昭和62年度研究報告書
内藤周幸,林 洋,川村光信 (担当:分担執筆, 範囲:リンパ球及び単球/マクロファージにおけるFFA-rich LDLの代謝)
1988年   
厚生省特定疾患原発性高脂血症調査研究班昭和61年度研究報告書
内藤周幸,林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:リンパ球におけるプロブコール含有LDLの代謝)
1987年   
厚生省特定疾患原発性高脂血症調査研究班昭和60年度研究報告書
内藤周幸,林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:LDLレセプターに対するプロブコールの影響ーFHヘテロ接合体における観察ー)
1986年   
昭和60年度健康情報調査報告書
内藤周幸,林 洋,他4名 (担当:分担執筆, 範囲:レシチン)
1986年   
厚生省特定疾患原発性高脂血症調査研究班昭和59年度研究報告書
内藤周幸,林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:家族性高コレステロール血症患者のLDLレセプター活性とそれに対する薬物療法の影響)
1985年   
臨床病態セミナー〔3-III〕消化器II
内藤周幸,林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:脂質代謝と異常)
1984年   
厚生省特定疾患原発性高脂血症調査研究班昭和58年度研究報告書
内藤周幸,林 洋 (担当:分担執筆, 範囲:家族性高コレステロール血症ヘテロの薬物療法)
1984年   

講演・口頭発表等

 
GPIHBP1自己抗体陽性の高TG血症女児の1例
梅田 陽、中嶋克行、宮下かずや、村上正巳、曽我恭司、阿部祥英、矢島秀起、平野 勉、林 洋
第122回日本小児科学会学術集会   2019年4月21日   
GPIHBP1自己抗体陽性の高TG血症女児の1例
梅田 陽、中嶋克行、宮下かずや、村上正巳、武城英明、山口 崇、平野 勉、林 洋、曽我恭司、阿部祥英、矢島秀起、村野武義
第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会   2018年7月13日   
Effect of glucose and amino acids feeding on lymphatic lipid transport in rat intestine
林 洋
FASEB SRC "Molecular, Physiolgical and Therapeutic Studies of Intesinal Lipid Transport and Metabolism   2017年7月24日   
エゼチミブはLDL受容体活性を亢進させるか
林 洋、川村光信
第2回神奈川脂質・動脈硬化研究会学術集会(第34回神奈川脂質研究会学術集会)   2015年11月14日   
コレステロール摂取と動脈硬化 [招待有り]
林 洋
平成27年度第4回大宮内科医会学術講演会   2015年11月13日   
人間ドック受診者における非アルコール性脂肪肝を有する非肥満者の耐糖能障害発症リスクの検討
丹羽有紗、古畑総一郎、浅川雅博、新津吉博、関根哲生、三宅敦子、川村光信、東田寿子、林 洋、坂口正高、小川佳宏
第58回日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月22日   
Hiroshi Hayashi
FASEB SRC "Molecular Mechanisms of Intestinal Lipid Transport and Metabolism   2014年7月7日   FASEB
林 洋、木下 誠
第45回日本動脈硬化学会   2013年7月18日   
Hiroshi Hayashi and Mitsunobu Kawamura
AHA Scientic Sessions 2012   2012年11月7日   
エゼチミブはLDLコレステロールを低下させるが、LDL受容体活性は増加させない
林 洋
第8回統合医療展   2012年2月21日   
林 洋
薬力学研究会学術講演会   2012年2月6日   
林 洋
第15回三島市市民講座   2011年10月29日   
コレステロール吸収と動脈硬化 [招待有り]
林 洋
エゼチミブ研究会   2010年2月17日   
林 洋、宮坂京子
第44回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会   2010年1月9日   
上田亜紀、永田 亮、山田佳彦、林 洋
第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会   2009年1月24日   
経口糖負荷が腸管脂肪酸代謝に与える影響について
林 洋、山田佳彦、上田亜紀
第27回神奈川脂質研究会学術集会   2008年11月22日   
脂質異常症に対する新しい治療戦略―プラーク退縮のためにー
林 洋
三島市医師会内科学術部会   2008年8月20日   
脂質代謝に対するアクトスの作用
林 洋
第4回静岡東部代謝研究会   2008年7月25日   
高コレステロール血症の治療
林 洋
小笠医師会学術講演会   2008年3月14日   
動脈硬化-予防する時代から治療する時代へ-
林 洋
島田薬剤師会学術講演会   2008年2月15日   
コレステロール代謝から見た高脂血症薬の使い分け
林 洋
第5回熱海・伊東地区薬剤師勉強会   2007年11月8日   
Homma Y, Michishita I, Hayashi H, and Shigematsu H
XVI International Symposium on Drugs Affecting Lipid Metabolism   2007年10月   
Homma Y, Michishita I, Hayashi H, and Shigematsu H
XVI International Symposium on Drugs Affecting Lipid Metabolism   2007年10月   
脂質の吸収-最近の話題-
林 洋
第3回大江戸食事療法研究会   2007年8月25日   
Yokohama Multicenter Crestor Anti-atherosclerosis (YMCA) Trial-2: HNG-CoA RIロスバスタチンの有用性の検討
山川 正、木村一雄、重松 洋、寺内康夫、遠山愼一、林 洋、道下一朗、安田 元
第39回日本動脈硬化学会総会   2007年7月13日   
動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007
林 洋
第11回横浜代謝フォーラム   2007年6月21日   
糖尿病と脂質吸収
林 洋
第2回伊豆糖尿病懇話会   2007年2月17日   
高齢者の脂質管理
林 洋
第5回神奈川高齢者医学セミナー   2006年12月7日   
家族性高コレステロール血症と思われた一卵性双生児の症例
山田佳彦、林 洋、都島基夫
第25回神奈川脂質研究会学術集会   2006年10月14日   
代謝内科に外来通院する高齢患者の特徴について
林 洋、山田佳彦、都島基夫
第44回日本老年医学会関東甲信越地方会   2006年9月30日   
リポ蛋白リパーゼの臨床:微小循環とLPL―AVシャント?―
都島基夫、林 洋、山田佳彦、原納 優、池田康行、石田良雄、角田 裕
第39回脂質代謝異常症例検討会   2006年9月9日   
蔗糖摂取後の小腸リンパ脂肪酸組成の変化
林 洋、山田佳彦、都島基夫
第28回日本臨床栄養学会総会   2006年9月1日   
糖尿病に合併した高脂血症の管理
林 洋
三島市医師会内科部会学術講演会   2006年8月23日   
Fatty acids composition of intestinal lymph in diabetic rat
Hayashi H, Kanai K, Yamada Y, Tsushima M, and Miyasaka K
FASEB Summer Research Conferences “Molecular Biology of Intestinal Lipid Transport and Metabolism.”   2006年7月15日   
Yokohama Multicenter Crestor Anti-atherosclerosis (YMCA) Trial 1: 新規HNG-CoA RIロスバスタチンの有用性の検討
山川 正、木村一雄、重松 洋、遠山愼一、林 洋、道下一朗、安田 元
第38回日本動脈硬化学会総会   2006年7月14日   
Inhibition of lymphatic cholesterol transport in rat intestine by SCH 58053
Hayashi H, Kanai S, Davis, HR, and Miyasaka K
XV International Symposium on Drugs Affecting Lipid Metabolism   2004年10月   
ドック検査におけるALP単独高値をきっかけに発見された副甲状腺機能亢進症の1例
林 洋、川満久恵、綿引友美、高崎紀子、和久井里佳、白崎正彦、阿部哲夫
第45回日本人間ドック学会   2004年8月26日   
2型糖尿病モデルラットにおける腸管脂質代謝
林 洋
第24回関東Lipid Artery研究会   2003年12月3日   
ドック受診者を対象とした、高脂血症診断基準の検討
林 洋、岩本彩雄、川満久恵
第22回神奈川脂質研究会   2003年10月11日   
Pleiotropic effects of fluvastatin on diabetic patients with hypercholesterolemia
H. Hayashi, N. Kasahata, H. Kawamitsu, T. Amakawa, E. Murakami, and G. Yoshino
XIIIth International Symposium on Atherosclerosis   2003年9月30日   
糖尿病患者のLDL粒子サイズに対するグリクラジドの効果について
林 洋、笠畑尚喜、川満久恵、天川孝則、高橋弘一、久保信雄、芳野 原
第35回日本動脈硬化学会総会   2003年9月27日   
ドック受診者における動脈硬化性疾患診療ガイドラインの検討
林 洋、笠畑尚喜、川満久恵、床井伸介、綿引友美、高崎紀子、和久井里佳、白崎正彦、天川孝則
第44回日本人間ドック学会   2003年8月29日   
失調性振戦いわゆる“hyperkinesie volitionelle”と特徴的な視覚障害を呈した後頭葉外側梗塞の一例
笠畑尚喜、林 洋、川満久恵、立原 蘭、天川孝則
第165回日本神経学会関東地方会   2003年6月7日   
Prevention of increase of intestinal lipid transport in NIDDM rats by antidiabetic drugs
H. Hayashi, S. Kanai, A. Funakoshi, and K. Miyasaka
3rd International Workshop on Insulin Resistance   2003年2月17日   
副甲状腺機能低下症を合併した家族性高コレステロール血症の1例
林 洋
第21回神奈川脂質研究会   2002年10月19日   
高コレステロール血症治療におけるリコペンの有用性について
林 洋、川満久恵、日吉 徹、吉次道泰、藤原睦憲
第38回日本赤十字社医学会総会   2002年9月27日   
糖尿病患者におけるsmall dense LDLの解析
高橋弘一、小林洋子、則千代子、岩崎由美子、鈴木京子、中島英子、久保信雄、林 洋
第38回日本赤十字社医学会総会   2002年9月26日   
Lemierre症候群と考えられたFucobacterium nechrophorum敗血症の一例
中下彩子、小野澤祐輔、林 洋、川満久恵、天川孝則、八巻冬彦、伊藤邦泰
第502回日本内科学会関東地方会   2002年9月21日   
当院ドック男性受診者の血清脂質値の変化と生活習慣病関連因子との相関
林 洋、川満久恵、床井伸介、綿引友美、鈴木直子、和久井里佳、服部恵子、白崎正彦、天川孝則
第43回日本人間ドック学会   2002年8月29日   
OLETFラットにおける腸管脂質過吸収のメカニズムについて
林 洋、天川孝則
第34回日本動脈硬化学会総会   2002年7月18日   
高脂血症と生活習慣
重松 洋、林 洋
第67回神奈川県内科医学会集談会   2002年2月24日   
めまい患者の椎骨脳底動脈におけるMRA所見と頚部超音波検査の比較検討
新井基洋、伊藤能成、持松泰彦、林 洋
第60回日本めまい平衡医学会総会   2001年11月30日   
有棘赤血球症を合併した家族性低リポ蛋白血症ヘテロ接合体と思われる一例
林 洋、小野澤祐輔
第20回神奈川脂質研究会   2001年9月22日   
濾胞樹状細胞肉腫の一例:免疫組織化学・電子顕微鏡観察による病理学的検討
山田哲夫、河内 洋、林 榮一、山村信一、小林洋子、長谷川聡、小尾芳郎、阿部哲夫、小野澤祐輔、林 洋
第37回日本赤十字社医学会総会   2001年9月14日   
当院ドック男性受診者の過去3年間における血清脂質値の変化
林 洋、川満久恵、床井伸介、綿引友美、和久井里佳、服部恵子、白崎正彦、天川孝則
第42回日本人間ドック学会   2001年8月31日   
当院の人間ドックにおける複数の生活習慣病の合併について
川満久恵、林 洋、天川孝則、服部恵子、白崎正彦
第42回日本人間ドック学会   2001年8月31日   
検診におけるHCV抗体検査導入に関する一考察
床井伸介、藤本秀明、白崎正彦、服部恵子、川満久恵、林 洋、小野澤祐輔、天川孝則
第42回日本人間ドック学会   2001年8月31日   
遺伝性糖尿病肥満ラットにおける小腸脂質吸収の増加
林 洋、天川孝則
第33回日本動脈硬化学会総会   2001年6月8日   
甲状腺疾患における高脂血症
林 洋
第4回Endocrine Bay Seminar   2001年3月3日   
プラバスタチンの多角的作用
林 洋
第5回横浜代謝フォーラム   2000年11月16日   
劇症型A群レンサ球菌感染症の一剖検例
仁多寅彦、小野澤祐輔、林 洋、川満久恵、天川孝則、河内 洋
第107回磯子医学会   2000年11月11日   
検診におけるリウマチ因子測定の意義
川満久恵、服部恵子、白崎正彦、林 洋、天川孝則
第41回日本人間ドック学会   2000年8月24日   
人間ドックの便潜血反応による大腸疾患スクリーニングの意義
床井伸介、藤本秀明、川満久恵、白崎正彦、林 洋、天川孝則
第41回日本人間ドック学会   2000年8月24日   
Lymphatic lipid transport is not impaired in aging rat intestine
H. Hayashi, Y. Sato, S. Kanai, M. Masuda, M. Ohta, A. Funakoshi, K. Nagao, K. Imaizumi, and K. Miyasaka
Experimental Biology 2000   2000年4月15日   
老齢ラットにおける小腸脂質吸収について
林 洋、佐藤裕子、金井節子、増田正雄、太田 稔、船越顕博、永尾晃治、今泉勝巳、宮坂京子
平成11年度日本動脈硬化学会冬季大会   1999年11月26日   
めまい患者におけるMRAの有用性-椎骨脳底動脈循環不全を中心に-
新井基洋、樋口彰宏、林 洋、持松泰彦、伊藤邦泰、八巻冬彦、床井伸介
第35回日本赤十字社医学会総会   1999年11月11日   
人間ドックの便潜血検査におけるトランスフェリン測定の有用性
林 洋、酒井雄一郎、川満久恵、床井伸介、藤本秀明、天川孝則
第40回日本人間ドック学会   1999年8月26日   
OLETFラットにみられた脂肪の腸管内腔→リンパ管移送亢進に対する、運動と食餌制限の改善効果
宮坂京子、佐藤裕子、市川みね子、林 洋、今泉勝巳、船越顕博
第5回OLETFラット研究会   1999年8月7日   
NIDDM自然発生肥満(OLETF)ラットの脂質の腸管リンパへの輸送の増加とそれに対する食餌制限・運動の効果
佐藤裕子、林 洋、宮坂京子、船越顕博
第30回日本消化吸収学会総会   1999年7月10日   
うつ病を合併した筋萎縮性側索硬化症の一例
林 洋、重松 洋、小澤道雄
第5回中区神経研究会   1999年5月11日   
Enhanced lymphatic lipid transport in genetically diabetic obese rats, and beneficial effect of weight control by food restriction or exercise
K. Miyasaka, H. Hayashi, Y. Sato, M. Ichikawa, M. Ohta, K. Imaizumi, and A. Funakoshi
100 th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association   1999年5月   
老齢および若齢ラットにおける脂肪の腸管における吸収
佐藤裕子、林 洋、金井節子、増田正雄、太田 稔、船越顕博、今泉勝巳、宮坂京子
第21回日本基礎老化学会   1998年6月17日   
Gemfibrozilのラット腸管における脂肪吸収への影響について
梅田 陽、石井ちぐさ、遠藤 隆、大塚 武、加古結子、飯倉洋治、林 洋
第30回日本動脈硬化学会総会   1998年6月11日   
The effect of gemfibrozil on lipid absorption in rat intestine
Hayashi H, Umeda Y, Kako Y, Abe K, and Kaneko K
XIII International Symposium on Drugs Affecting Lipid Metabolism   1998年6月   
Troglitazoneは酸化LDLの細胞毒性を抑制する
蘆立恵子、川村光信、宮崎滋、松島照彦、林 洋、橋本佳明、寺本民生
第41回日本糖尿病学会   1998年5月21日   
Lp(a)の最近の話題
林 洋
第9回京浜リピッドクラブ   1997年11月20日   
血清脂質異常の食事療法と治療
林 洋
横浜市南区医師会学術講演会   1997年11月18日   
甲状腺機能亢進症におけるLp(a)の代謝
林 洋
第12回神奈川脂質研究会   1997年9月27日   
The effect of gemfibrozil on lipid absorption in rat intestine
Hiroshi Hayashi, Yoh Umeda, Yuko Kako, Kazuhiro Abe, and Kiyohisa Kaneko
FASEB Summer Research Conference “Intestinal Lipid Absorption, Metabolism, and Transport”   1997年7月   
甲状腺機能亢進症におけるLp(a)の代謝
林 洋、天川孝則
第29回日本動脈硬化学会総会   1997年6月5日   
甲状腺機能亢進症とLp(a)について
林 洋
第1回横浜代謝フォーラム   1997年2月13日   
髄膜炎で発症し無脾症が判明、自己抗体陽性を示した一例
川満久恵、林 洋、田ノ上雅彦、藤本秀明、黒沢広之進、天川孝則
第99回磯子医学会   1996年11月9日   
脂質の吸収について
林 洋
第10回神奈川脂質研究会   1996年9月21日   
糖尿病と薬物療法、その処方解説
林 洋
第3回薬剤師のための処方解説セミナー.横浜市中区薬剤師会   1996年5月19日   
His-Purkinje伝達系の”fatigue“現象によるHVブロックをきたした1例
萩山裕之、沖重 薫、畔上幸司、大平洋司、山下勝弘、佐竹修太郎、天川孝則、林 洋
第444回日本内科学会関東地方会   1996年3月9日   
The experience of a community hospital in medical relief in a national disaster
林 洋
International Hospital Federation Pan Regional Conference 1996   1996年3月   
早発動脈硬化症を合併した難治性高脂血症の1例
林 洋、萩山裕之
第5回京浜リピッドクラブ   1995年11月9日   
SIADH様ならびにCushing病様の検査値異常を呈した低Na血症の一例
酒井陽子、林 洋、川満久恵、天川孝則
第7回神奈川内分泌症例検討会   1995年3月4日   
脂肪吸収に及ぼす脂肪酸の種類の影響 [招待有り]
林 洋
第3回日本脂質栄養学会   1994年9月2日   
The role of dietary phosphatidylcholine in intestinal lipoprotein formation referred to its resistance to Pluronic L-81
Hiroshi Hayashi and Patrick Tso
FASEB Summer Research Conferences, “Intestinal Lipid Absorption, Metabolism, and Transport”   1994年   
小腸でのリポ蛋白形成における食事性ホスファチジルコリンの役割-Pluronic L-81に対する抵抗性に関連して
林 洋、天川孝則
第26回日本動脈硬化学会総会   1994年   
急性アルコール摂取によるラット腸管リンパ脂質輸送の抑制
林 洋、天川孝則
平成4年度日本動脈硬化学会冬季大会   1992年   
ラット腸管リンパのアポリポタンパクB輸送に対する食事性脂質及びPluronic L-81の影響
林 洋,高野健人,内藤周幸,Patrick Tso
第32回脂質生化学研究会   1990年   
Relationship between apolipoprotein A-IV and lipid transport in mesenteric lymph
Patrick Tso, David F. Nutting and Hiroshi Hayashi
90th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association   1989年   
Chylomicron apolipoprotein in rat bile
M.R. Khouri, H. Hayashi, P. Tso and Y.-F. Shiau
90th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association   1989年   
Effect of Pluronic L-81 (L-81) on the secretion of lymph apolipoprotein B (apo B)
H.Hayashi, S.M.Gollamudi, D.F.Nutting and P.Tso
72th FASEB   1988年   
Adaptation of plasma cholesterol response to excess milk take
C. Naito, H. Hayashi, M. Kawamura, K. Kawasugi, A. Omoto, S. Miyazaki
VIIIth International Symposium on Atherosclerosis   1988年   
家族性高コレステロール血症患者群および正常者群におけるLDLレセプター活性分布の比較
林 洋、仙頭正四郎、高野健人
第46回日本公衆衛生学会   1987年   
FHが疑われる時はApo蛋白の測定を
伊藤博夫,林 洋,内藤周幸
日本動脈硬化学会冬季大会   1987年   
難治性高トリグリセリド血症に対するプラズマフェレーシス療法の試み
伊藤博夫、内藤周幸、林 洋、川村光信、宮崎 滋
第19回日本動脈硬化学会   1987年