基本情報

所属
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
東京大学 学際情報学府 博士課程
学位
修士(社会情報学)(東京大学)

J-GLOBAL ID
201701008817533037

外部リンク

経済学・経営学に起因する諸概念がそれぞれの専門領域内にとどまることなく用いられるようになり、一般的な思考形式として定着していくプロセスとその社会的背景を明らかにすることを目的として、研究を行っています。またこれと関連して、私たちの日常生活においてこうした知の形式がいかなる意味で「問題」となるのかについても、現代日本社会における企業文化を題材として、研究を行っています。具体的には以下のような研究テーマに取り組んでいます。


①日本における「消費者」概念の拡散過程と、その社会的意味に関する歴史社会学的研究
②英米圏における現代産業論・都市研究の理論的展開に関する学説史的研究
③現代企業において「ブルシット・ジョブ」的性格を持つ業務が生じるメカニズムについてのエスノグラフィ的研究
④レジスターを基軸とした日本における商品管理・販売システムの変遷に関するメディア史的研究

既往研究については、原則本ページにて共有するよう努めておりますが、ジャーナルの都合上公開されていない論文などについて、抜き刷り希望の方がおられましたら、メールにてご連絡ください。

若手研究者のキャリアラダーをめぐる構造的問題を(長期的に)解決することを目指し、クラウドファンディングを実施いたしました。今後1年ぐらいかけ、関係各社とともに実態調査・周知広報に取り組む予定です。なにとぞご協力よろしくお願いいたします(2019/7/18)。


経歴

  4

書籍等出版物

  2

講演・口頭発表等

  13

担当経験のある科目(授業)

  4

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

社会貢献活動

  1

メディア報道

  1