伊達宏昭

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 11:09
 
アバター
研究者氏名
伊達宏昭
 
ダテ ヒロアキ
URL
http://sdmwww.ssi.ist.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年1月
 - 
現在
北海道大学大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻 准教授
 
2007年
 - 
2009年12月
北海道大学 大学院・情報科学研究科 助教
 

委員歴

 
2017年2月
 - 
現在
精密工学会北海道支部  幹事
 
2016年2月
 - 
2017年1月
精密工学会北海道支部  庶務幹事
 
2015年2月
 - 
現在
精密工学会  代議員
 
2014年2月
 - 
2015年1月
精密工学会北海道支部  幹事
 
2013年9月
 - 
現在
精密工学会 大規模環境の3次元計測と認識・モデル化技術専門委員会  副委員長
 

受賞

 
2017年9月
精密工学会 北海道支部 精密工学会 北海道支部 技術賞 X線CTと光学式計測データを併用した高品質ハイブリッド計測モデル生成技術の開発
受賞者: 杉本光祐,臼井一雅,髙嶋英厳,伊達宏昭,金井理
 
2015年4月
the ICCBEI Organizing Committee ICCBEI 2015 Best Paper Award Optimal setup of a terrestrial laser scanner for capturing piping objects in plants
受賞者: Satoshi Kanai, Shinya Yamanishi, Hiroaki Date
 
2014年7月
The Japan Society for Precision Engineering The 15th International Conference on Precision Engineering Best Paper Award MR-based 3D prototyping for information appliances using random dot markers and fingernaol color detection
受賞者: Satoshi Kanai, Hiroaki Date, and Jiabin Guan
 
2014年5月
International Ergonomic Assosiation (IEA) Technical Committee (TC) on Human Simulation and Virtual Environment DHM2014 Basic Research Award Efficient large-scale as-build environment modeling based on 3D laser-scanning for human walking simulation
受賞者: Tsubasa Maruyama, Satoshi Kanai, and Hiroaki Date
 
2014年2月
Gaheon Sindoh Foundation, Society of CAD/CAM Engineers The Gaheon Award 2013 An Efficient Simulation of Skin Contact Deformation for Virtual Ergonomic Assessments of Handheld Products
受賞者: Yulai Xie, Satoshi Kanai, and Hiroaki Date
 

論文

 
鋳造品の迅速リバースエンジニアリングに関する研究‐計測三角形メッシュからの鋳肌面と機械加工面の分離‐
浦田昇尚,伊達宏昭,金井理,後藤孝行,安田星季
精密工学会誌   83(5) 474-480   2017年5月   [査読有り]
Automatic Registration of Laser-Scanned Point Clouds of Bridges using Linear Features
H. Date, T. Yokoyama, S. Kanai, Y. Hada, M. Nakao, T. Sugawara
2016 Asian Conference on Design and Digital Engineering   18-6   2016年10月
Efficient Conformal Tetrahedral finite Element mesh Generation for Moving Object with Contact by Mesh Adaptation
H. Maehama, H. Date, S. Kanai
2016 Asian Conference on Design and Digital Engineering   13-5   2016年10月
Vision-Based Wayfinding Simulation of Digital Human Model in Three Dimensional as-is Environment Models and its Application to Accessibility Evaluation
T. Maruyama, S. Kanai, H. Date
International Design Engineering Technical Conferences & Computers & Information in Engineerng Conference   IDETC2016-59170   2016年8月   [査読有り]
Laser-scanned as-built 3D modeling of air-conditioning ducts based on Manhattan world assumption
M. Narumi, S. Kanai, H. Date, E. Wakisaka and S. Sakamoto
15th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering   287   2016年7月   [査読有り]
デプスカメラと地上型レーザスキャナを組み合わせた3次元Monte-Carlo自己位置推定手法の開発
金井理,畠山龍,伊達宏昭
写真測量とリモートセンシング   55(4) 235-239   2016年   [査読有り]
Automatic registration of MLS point clouds and SfM meshes of urban area
R. Yoshimura, H. Date, S. Kanai, R. Honma, K. Oda, and T. Ikeda
Geo-spatial Information Science   19(3) 171-181   2016年   [査読有り]
Motion-capture-based walking simulation of digital human adapted to laser-scanned 3D as-is environments for accessibility evaluation.
Tsubasa Maruyama,Satoshi Kanai,Hiroaki Date,Mitsunori Tada
J. Computational Design and Engineering   3(3) 250-265   2016年   [査読有り]
Automatic Registration of MLS Point Clouds and SfM Meshes of Urban Area
R. Yoshimura, H. Date, S. Kanai, R. Honma, K. Oda, and T. Ikeda
The 9th International Symposium on Mobile Mapping Technology   #195   2015年12月
Automatic Robust Registration of MLS Point Clouds of Urban Area
H. Date, S. Takai, S. Kanai, R. Honma, K. Oda, and T. Ikeda
The 9th International Symposium on Mobile Mapping Technology   #201   2015年12月

講演・口頭発表等

 
点群処理の基礎 [招待有り]
伊達宏昭
点群処理基礎技術講習会   2017年9月24日   
橋梁の維持管理支援のための3次元計測点群処理とその応用 [招待有り]
伊達宏昭
3Dレーザスキャニング&イメージングシンポジウム2016   2016年11月18日   
レーザ計測による構造物のモデリングと維持管理支援技術 [招待有り]
伊達宏昭
復興加速化プロジェクト~3次元技術活用フォーラム~   2016年10月15日   
点群処理の基礎 [招待有り]
伊達宏昭
点群処理基礎技術講習会   2016年9月23日   
異種計測システムで取得した大規模環境計測データのレジストレーション [招待有り]
伊達宏昭
3D レーザスキャニング&イメージングシンポジウム2015   2015年11月20日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 伊達宏昭
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 伊達 宏昭
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 金井 理
(1) 多重解像度メッシュモデルによるMEMSデバイスの理想形状と製造誤差形状の重畳表現の開発: MEMSデバイス理想形状を,アセンブリ型メッシュモデルとして表現する. さらに,エッチング時の壁面の湾曲や稜線部の丸まりなどの製造誤差を含んだデバイス形状を,局所的に微細な寸法をもつ3角形の集合体として表現し, これらを粗いスケールの3角形へ多対一対応させた「多重解像度表現」としてデータ管理する方法を開発した. (2) X線CTによるMEMSデバイスの実誤差形状計測とメッシュモデルによる表現...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 金井 理
本研究は,ヒトの手指の形状と運動を精密に再現した「デジタルハンド」により,デジカメ等のハンドヘルド型製品の3次元CADモデルを仮想的に把持・操作させ,「持ちやすさ」や「操作のしやすさ」を迅速に評価できる「仮想エルゴノミック評価システム」の開発が目的である.このため,(1)MRI計測に基づく高精度なデジタルハンド構築,(2)最適化に基づく把持姿勢自動生成,(3)手指筋骨格モデルを用いた「持ちやすさ」の定量推定,(4)逆運動学に基づいた「操作のしやすさ」の定量推定,(5)手指・製品間の高速な接...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 伊達 宏昭
本研究では,ものづくりにおける円滑な3次元形状モデル利用を目的として,スケッチ入力に基づく解析用四面体メッシュの形状モデリング手法,ならびに,寸法指定に基づく解析用四面体メッシュのパラメトリック変形手法を開発した.3次元CADシステムと同様の操作による,解析用四面体メッシュモデルの生成,ならびに,解析用四面体メッシュモデルの形状修正が実現され,CAD/CAEにおける設計用ソリッドモデルと解析用メッシュモデル連携の基礎技術が構築された.