坂内英夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/12 13:02
 
アバター
研究者氏名
坂内英夫
 
バンナイ ヒデオ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20323644.ja.html
所属
九州大学
部署
システム情報科学研究院
職名
准教授
学位
博士(情報理工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
九州大学 システム情報科学研究院 准教授
 
2006年12月
 - 
2007年3月
九州大学 システム情報科学研究院 助教授
 
2005年4月
 - 
2006年11月
九州大学 システム情報科学研究院 講師
 
2000年7月
 - 
2005年3月
東京大学 医科学研究所 助手
 

論文

 
Yohei Ueki,Diptarama,Masatoshi Kurihara,Yoshiaki Matsuoka,Kazuyuki Narisawa,Ryo Yoshinaka,Hideo Bannai,Shunsuke Inenaga,Ayumi Shinohara
SOFSEM 2017: Theory and Practice of Computer Science - 43rd International Conference on Current Trends in Theory and Practice of Computer Science, Limerick, Ireland, January 16-20, 2017, Proceedings   363-374   2017年   [査読有り]
Hideo Bannai
Encyclopedia of Algorithms 2016   861-866   2016年   [査読有り]
Takaaki Nishimoto,Tomohiro I,Shunsuke Inenaga,Hideo Bannai,Masayuki Takeda
Proceedings of the Prague Stringology Conference 2016, Prague, Czech Republic, August 29-31, 2015   158-170   2016年   [査読有り]
Hiroe Inoue,Yoshiaki Matsuoka,Yuto Nakashima,Shunsuke Inenaga,Hideo Bannai,Masayuki Takeda
Proceedings of the Prague Stringology Conference 2016, Prague, Czech Republic, August 29-31, 2015   135-145   2016年   [査読有り]
Takaaki Nishimoto,Tomohiro I,Shunsuke Inenaga,Hideo Bannai,Masayuki Takeda
41st International Symposium on Mathematical Foundations of Computer Science, MFCS 2016, August 22-26, 2016 - Kraków, Poland   72:1-72:15   2016年   [査読有り]

Misc

 
末廣 大貴, 畑埜 晃平, 坂内 英夫, 瀧本 英二, 竹田 正幸
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   97(3) 593-600   2014年3月
近年,将棋の評価関数の設計においては,機械学習を応用してパラメータの自動調整を行う手法が主流となっている.ただし,評価項目(特徴)は作成者の棋力,感覚に基づいて用意されることが多く,これまで,複数の駒同士の関係など,複雑な特徴が数多く考案されてきた.本研究では,明示的に用意する特徴としては局面を表す基本的で単純なもののみとし,多項式カーネルとサポートベクターマシン(SVM)を用いて評価関数の学習を行う手法を提案する.多項式カーネルを用いることにより,単項式で表現できる特徴間のn項関係を,全...
桂 敬史, 成澤 和志, 篠原 歩, 坂内 英夫, 稲永 俊介
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   112(199) 1-8   2012年8月
文字列の多重集合,すなわちマルチトラック文字列上の新しいパターン照合として順列パターン照合を提案する.順列パターン照合では,トラック長n,トラック数Nのマルチトラックテキスト中に出現するトラック長m,トラック数Mのマルチトラックパターンを探す我々はこの問題が,一般のアルファベットではO(nN log lΣl)時間・0(mM+N)領域,整数型のアルファベットではO(nN)時間・領域で解くことができることを示す.また,テキストとパターンのトラック数が等しい場合(全順列パターン照合)に対し,我々...
阿南 陽子, 畑埜 晃平, 坂内 英夫, 竹田 正幸
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2012(31) 1-6   2012年1月
本稿ではポリフォニックな楽曲の分類問題に取り組む.特にデータ間の非類似度に基づいた分類手法 [1] を用いる.ポリフォニックな楽曲に文字列間の非類似度関数を適用するため,楽曲データをベクトル列に変換する前処理を行う.前処理と非類似度関数を変えながら分類実験を行ったところ,どの場合でも高い分類精度が得られた.
後藤 啓介, 坂内 英夫, 稲永 俊介, 竹田 正幸
数理解析研究所講究録   1744 123-128   2011年6月
山本 淳一, 稲永 俊介, 坂内 英夫, 竹田 正幸
電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   111(25) 1-7   2011年5月
非線形テキストは,文字列を頂点ラベルとする有向グラフである.本論文では,頂点ラベルが圧縮形式で表現された非線形コラージュシステムを提案する.非線形コラージュシステムは,Kidaらが提案した辞書式圧縮法で圧縮されたテキストを統一的に表現する枠組みであるコラージュシステムの拡張である.nを辞書の句の数,mをパターン長、|E|を有向グラフの辺数,rをパターンの出現数としたとき、非線形コラージュシステムにおける文字列照合問題をO(n+m^2+|E|m+r)時間,O(n+m^2+|E|m)空間で解く...