Daisuke Higuchi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 20:22
 
Avatar
Name
Daisuke Higuchi
Nickname
higuchid
E-mail
higuchi-dtakasaki-u.ac.jp
Affiliation
Takasaki University of Health and Welfare
Research funding number
80736265
ORCID ID
0000-0001-7197-6068

Research Areas

 
 

Published Papers

 
吉野涼太, 高橋裕子, 樋口大輔
理学療法群馬   29(29) 59-63   Aug 2018   [Refereed]
Higuchi Daisuke
TOPICS IN GERIATRIC REHABILITATION   34(2) 118-123   Apr 2018   [Refereed]
樋口大輔, 樋口大輔, 贄田高弘
慢性疼痛   36(1) 150‐154   Dec 2017
Higuchi D, Echigo A
Journal of physical therapy science   29(8) 1421-1425   Aug 2017   [Refereed]
Daisuke H, Ayumi E
Journal of physical therapy science   28(10) 2867-2870   Oct 2016   [Refereed]
Higuchi D
International journal of spine surgery   10 22   2016   [Refereed]
Does perceived control over pain modify associations among pain, coping strategies, and psychological status in preoperative painful patients with compressive cervical myelopathy?
Daisuke Higuchi
6(9) 1392-1399   Sep 2015   [Refereed]
Higuchi D
Asian spine journal   8(4) 393-399   Aug 2014   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
樋口大輔
日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集   2019   
樋口大輔, 田島健太郎, 真鍋和
日本老年医学会雑誌   25 May 2018   
術前頸髄症者における疼痛の質的評価の臨床的有用性
樋口 大輔
日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集   Feb 2017   
理学療法学生における臨床実習関連ストレスの対処方略の特徴とストレス度との関連性
樋口 大輔, 越後 あゆみ
理学療法学   Oct 2016   
疼痛が遺残した術後頸髄症者の健康関連quality of lifeおよび生活範囲と関連する術前因子
樋口 大輔
理学療法学   Apr 2015   

Misc

 
橋立博幸, 樋口大輔, 大角梢, 島田裕之
理学療法学   36(2) 76-77   Apr 2009
本研究の目的は、理学療法士(PT)の配置がある通所施設(PT在籍施設)と配置がない通所施設(PT不在施設)を利用する障害高齢者における心身機能、日常生活活動(ADL)、費用対効果の違いを多施設間共同研究にて検証することである。対象は通所サービスを利用する要介護認定を受けた65歳以上の高齢者120人であり、介護保険利用状況、ADL、健康関連QOL、身体機能、認知機能について調査し、PT在籍施設群(n=55)とPT不在施設群(n=60)間で比較した。PT在籍施設群は通所サービスでの機能訓練頻度...