論文

2014年3月

借地借家法38条2項所定の書面は,賃借人が,当該契約に係る賃貸借は契約の更新がなく,期間の満了により終了すると認識しているか否かにかかわらず,契約書とは別個独立の書面であることを要するとした事例

法学協会雑誌
  • 平野秀文

131
3
開始ページ
700
終了ページ
720

エクスポート
BibTeX RIS