HONDA Hiroshi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 28, 2018 at 16:28
 
Avatar
Name
HONDA Hiroshi
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Graduate School of Humanities and Sociology

Research Areas

 
 

Published Papers

 
韓国朝鮮の文化と社会   16 7-25   Oct 2017   [Refereed]
Internationalization as Multi-lingual Academic Practice: A Case of Korean Ethnography
HONDA Hiroshi
Japanese Review of Cultural Anthropology   17(2) 57-64   Mar 2017   [Refereed][Invited]
韓国朝鮮文化研究 : 研究紀要   15 160-135   Mar 2016
Social Anthropology of Korea in Japan after the 1980s
HONDA Hiroshi
Japanese Review of Cultural Anthropology   16 181-192   2015   [Refereed]

Misc

 
HONDA Hiroshi
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2014(0)    2014
ローカルな関係性としての隣人間の相互扶助と協同の諸様相を視野に入れつつ,韓国の地域社会におけるコミュニティと共同性の実態,場所との関係,ならびにその生成と再生産の諸条件を考察する。村落社会の民族誌や近年の共同体運動の事例を相互対照しながら,コミュニティ的な関係性についての概念整理を試みるとともに,ローカルな関係性にコミュニティ概念を適用することの妥当性と可能性を検討したい。
HONDA Hiroshi
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2012(0) 90-90   2012
韓国智異山麓山内地域の帰農事例について,帰農者の生き方,特に1990年代末から2000年代中盤までの初期移住者のそれと,彼らの帰農者コミュニティへの参与を中心に,「再生」的な生き方の持続可能性とそのような生き方の実践の場に形成される社会性・関係性を論ずる。具体的には,都市生活からの離脱とこの地域への移住に介在する諸要因,ならびに移住先での生活基盤の構築と代案的共同性と切り結ぶ関係が論点となる。
HONDA Hiroshi
Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology   2011(0) 158-158   2011
 韓国社会で近年広く認知されるようになった都市からの「帰農」(農業を基盤とした生活への回帰)について,南西部山間農村地域の調査事例に即し,その社会的含意を検討する。帰農者の移住と定着の経緯の考察から,この地域を拠点とし,一仏教僧によって始められた帰農運動が,個々の帰農者の生の営みとしてどのように結実し,またそれが主流社会とどのような関係を持つのかについて,仮設的展望を示す。

Books etc

 
Representing the Cultural ‘Other’: Japanese Anthropological Works on Korea
HONDA Hiroshi (Part:Contributor, The Genealogy of Ethnographic Surveys on Korea: A Retrospective Examination on Suzuki Eitarō’s Chōsen Nōson Shakai Tōsaki)
Chonnam National University Press   2013   
Status and Stratification: Cultural Forms in East and Southeast Asia
HONDA Hiroshi (Part:Contributor, Reproduction of Status Traditions and Social Prestige in the Provincial Society of Colonial and Post-Colonial Korea: A Case Study of Namwŏn)
Trans Pacific Press   2008