桧原健一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/18 08:51
 
アバター
研究者氏名
桧原健一郎
 
ヒバラケンイチロウ
所属
吉備国際大学
部署
農学部
学位
博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
吉備国際大学 農学部 准教授
 
2011年4月
 - 
2018年3月
東京大学 農学生命科学研究科 助教
 
2010年7月
 - 
2011年4月
東京大学 農学生命科学研究科 特任助教
 
2009年4月
 - 
2010年6月
Carnegie Institution Depertment of Plant Biology 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2008年4月
 - 
2010年6月
東京大学 農学生命科学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2005年4月
 - 
2008年3月
東京大学 農学生命科学研究科 博士研究員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2-PD)
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
奈良先端科学技術大学院大学  バイオサイエンス研究科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
奈良先端科学技術大学院大学  バイオサイエンス研究科
 
1995年4月
 - 
1999年3月
姫路工業大学 理学部 生命科学学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
近畿作物・育種研究会  評議委員
 
2016年3月
 - 
2018年3月
日本育種学会  代議員
 

受賞

 
2017年12月
日本育種学会 育種学会第132回講演会優秀発表賞 embryoless変異体を用いたイネの胚・胚乳サイズ比率制御機構の解析
受賞者: 金川真実、松本和也、石川亮、伊藤純一、桧原健一郎
 
2016年2月
日本育種学会 育種学会第128回講演会優秀発表賞 heraclesは巨大胚変異体(ge)を半優性に抑圧する
受賞者: 水野泉、伊藤純一、桧原健一郎
 
2015年4月
育種学会第127回講演会優秀発表賞 イネ胚乳で発現するREDUCED EMBRYO1(RE1)、RE2は胚-胚乳比率を制御する
受賞者: 小林裕美、永澤信洋、佐藤豊、伊藤純一、Sakai Hajime、長戸康郎、桧原健一郎
 
2015年3月
日本育種学会 日本育種学会奨励賞 イネにおける初期発生制御機構の分子遺伝学的研究
 
2012年4月
日本育種学会 育種学会第121回講演会優秀発表賞 胚ー胚乳比率を制御するRE遺伝子の解析
受賞者: 桧原健一郎、永澤信洋、竹田潤、Hajime Sakai、長戸康郎
 

論文

 
Fujimoto M, Sazuka T, Oda Y, Kawahigashi H, Wu J, Takanashi H, Ohnishi T, Yoneda JI, Ishimori M, Kajiya-Kanegae H, Hibara KI, Ishizuna F, Ebine K, Ueda T, Tokunaga T, Iwata H, Matsumoto T, Kasuga S, Yonemaru JI, Tsutsumi N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(37) E8783-E8792   2018年9月   [査読有り]
Honda Eriko, Yew Chow-Lih, Yoshikawa Takanori, Sato Yutaka, Hibara Ken-ichiro, Itoh Jun-Ichi
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   59(2) 376-391   2018年2月   [査読有り]
Shimano S, Hibara KI, Furuya T, Arimura SI, Tsukaya H, Itoh JI
Development (Cambridge, England)   145(7)    2018年4月   [査読有り]
Hashida Yoichi, Hirose Tatsuro, Okamura Masaki, Hibara Ken-ichiro, Ohsugi Ryu, Aoki Naohiro
PLANT SCIENCE   253 40-49   2016年12月   [査読有り]
Hibara Ken-ichiro, Isono Miyako, Mimura Manaki, Sentoku Naoki, Kojima Mikiko, Sakakibara Hitoshi, Kitomi Yuka, Yoshikawa Takanori, Itoh Jun-ichi, Nagato Yasuo
DEVELOPMENT   143(18) 3407-3416   2016年9月   [査読有り]
Yoshikawa Takanori, Tanaka Shin-Ya, Masumoto Yuuki, Nobori Naoya, Ishii Hiroto, Hibara Ken-Ichiro, Itoh Jun-Ichi, Tanisaka Takatoshi, Taketa Shin
BREEDING SCIENCE   66(3) 416-424   2016年6月   [査読有り]
Itoh Jun-Ichi, Sato Yutaka, Sato Yutaka, Hibara Ken-Ichiro, Shimizu-Sato Sae, Kobayashi Hiromi, Takehisa Hinako, Sanguinet Karen A., Namiki Nobukazu, Nagamura Yoshiaki
DEVELOPMENT   143(7) 1217-1227   2016年4月   [査読有り]
Yoshikawa Takanori, Ito Momoyo, Sumikura Tsuyoshi, Nakayama Akira, Nishimura Takeshi, Kitano Hidemi, Yamaguchi Isomaro, Koshiba Tomokazu, Hibara Ken-Ichiro, Nagato Yasuo, Itoh Jun-Ichi
PLANT JOURNAL   78(6) 927-936   2014年6月   [査読有り]
Akiba Takafumi, Hibara Ken-Ichiro, Kimura Fumiko, Tsuda Katsutoshi, Shibata Kiko, Ishibashi Mayu, Moriya Chihiro, Nakagawa Kiyotaka, Kurata Nori, Itoh Jun-Ichi, Ito Yukihiro
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   55(1) 42-51   2014年1月   [査読有り]
Nagasawa Nobuhiro, Hibara Ken-Ichiro, Heppard Elmer P., Vander Velden Kent A., Luck Stanley, Beatty Mary, Nagato Yasuo, Sakai Hajime
PLANT JOURNAL   75(4) 592-605   2013年8月   [査読有り]
Yoshikawa Takanori, Eiguchi Mitsugu, Hibara Ken-Ichiro, Ito Jun-Ichi, Nagato Yasuo
JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY   64(7) 2049-2061   2013年4月   [査読有り]
ABNORMAL SHOOT IN YOUTH, a homolog of molybdate transporter gene, regulates early shoot development in rice._
Hibara, K*, Hosoki, W*., Hakoyama, T., Ohmori, Y., Fujiwara, T., Itoh, J. and Nagato, Y.
American Journal of Plant Sciences   4(5A) 1-9   2013年
Hibara Ken-ichiro, Obara Mari, Hayashida Emi, Abe Masashi, Ishimaru Tsutomu, Satoh Hikaru, Itoh Jun-ichi, Nagato Yasuo
DEVELOPMENTAL BIOLOGY   334(2) 345-354   2009年10月   [査読有り]
Itoh J, Hibara K, Kojima M, Sakakibara H, Nagato Y
The Plant journal : for cell and molecular biology   72(6) 869-881   2012年12月   [査読有り]
Itoh Jun-Ichi, Hibara Ken-Ichiro, Sato Yutaka, Nagato Yasuo
PLANT PHYSIOLOGY   147(4) 1960-1975   2008年8月   [査読有り]
Itoh Jun-ichi, Hibara Ken-ichiro, Kojima Mikiko, Sakakibara Hitoshi, Nagato Yasuo
PLANT JOURNAL   72(6) 869-881   2012年12月   [査読有り]
Igari Kadunari, Endo Sachiko, Hibara Ken-ichiro, Aida Mitsuhiro, Sakakibara Hitoshi, Kawasaki Tsutomu, Tasaka Masao
PLANT JOURNAL   55(1) 14-27   2008年7月   [査読有り]
Nagasaki Hiroshi, Itoh Jun-Ichi, Hayashi Katsunobu, Hibara Ken-Ichiro, Satoh-Nagasawa Namiko, Nosaka Misuzu, Mukouhata Motohiro, Ashikari Motoyuki, Kitano Hidemi, Matsuoka Makoto, Nagato Yasuo, Sato Yutaka
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   104(37) 14867-14871   2007年9月   [査読有り]
Hibara Ken-ichiro, Karim Md. Rezaul, Takada Shinobu, Taoka Ken-ichiro, Furutani Masahiko, Aida Mitsuhiro, Tasaka Masao
PLANT CELL   18(11) 2946-2957   2006年11月   [査読有り]
OsNAM and OsCUC3 are expressed specifically in organ boundaries.
Hibara, K. and Nagato, Y.
Rice Genet. Newsl.   23 96-97   2006年   [査読有り]
Kwon Chang Seob, Hibara Ken-Ichiro, Pfluger Jennifer, Bezhani Staver, Metha Heral, Aida Mitsuhiro, Tasaka Masao, Wagner Doris
DEVELOPMENT   133(16) 3223-3230   2006年8月   [査読有り]
Petunia NO APICAL MERISTEM ortholog, OsNAM, is expressed in the embryonic SAM and organ boundary in rice.
Hibara, K. and Nagato, Y.
Rice Genet. Newsl.   22 83-85   2005年
Taoka K, Yanagimoto Y, Daimon Y, Hibara K, Aida M, Tasaka M
The Plant journal : for cell and molecular biology   40(4) 462-473   2004年11月   [査読有り]
Kajiwara T, Furutani M, Hibara K, Tasaka M
Plant & cell physiology   45(9) 1122-1128   2004年9月   [査読有り]
CUC1 gene activates the expression of SAM-related genes to induce adventitious shoot formation.
Hibara K, Takada S, Tasaka M
The Plant journal : for cell and molecular biology   36(5) 687-696   2003年12月   [査読有り]
The CUP-SHAPED COTYLEDON1 gene of Arabidopsis regulates shoot apical meristem formation.
Takada S, Hibara K, Ishida T, Tasaka M
Development (Cambridge, England)   128(7) 1127-1135   2001年4月   [査読有り]
Possible involvement of protein phosphorylation in the regulation of cytoplasmic organization and streaming in root hair cells as revealed by a protein phosphatase inhibitor, calyculin A.
Yokota, E., Hibara, K., Imamichi, N. and Shimmen, T.
Protoplasma   211 29-38   2000年

Misc

 
イネにおける初期発生制御機構の分子遺伝学的研究
桧原健一郎
育種学研究   17 115-119   2015年9月
種子形成シナリオの分子遺伝学
伊藤純一、佐藤豊、桧原健一郎、服部束穂、岩崎行玄
育種学研究   15 128-133   2013年
茎頂分裂組織構築から見た葉の発生
桧原健一郎、田坂昌生
Plant Morphology   15 18-29   2003年

講演・口頭発表等

 
胚−胚乳サイズ制御と新しい植物ホルモン
桧原健一郎
岡山大植物研・作物イノベーション研究ワークショップ(第1回)   2018年   岡山大学資源植物科学研究所
embryoless変異体を用いたイネの胚・胚乳サイズ比率制御機構の解析
金川真実、松本和也、石川亮、伊藤純一、桧原健一郎
日本育種学会第132回講演会   2017年   日本育種学会
胚と胚乳サイズを規定する分子機構の解明に向けて(2)
桧原健一郎、金川真実
第38回種子生理生化学研究会   2017年   種子生理生化学研究会
イネにおけるLOG遺伝子ホモログの発現解析
横田絢、桧原健一郎、伊藤純一
日本育種学会第130回講演会   2016年   日本育種学会
器官や果実サイズを制御するCYP78の分子遺伝学的解析
水野泉、伊藤純一、桧原健一郎
日本育種学会第129回講演会   2016年   日本育種学会
胚/胚乳比率を制御する分子機構の解析
桧原健一郎
イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2016   2016年   名古屋大学
植物の形づくり〜突然変異体の面白さ〜
桧原健一郎
高校生シンポジウム〜イネ研究最前線〜   2016年   吉備国際大学
イネの胚性器官に異常を示す変異体の解析
伊久力也、伊藤純一、桧原健一郎
日本育種学会第130回講演会   2016年   日本育種学会
胚と胚乳サイズを規定する分子機構の解明に向けて
桧原健一郎
第37回種子生理生化学研究会   2016年   種子生理生化学研究会
イネにおける初期発生制御機構の分子遺伝学的研究
桧原健一郎
日本育種学会第127回講演会/日本育種学会奨励賞受賞講演   2015年   日本育種学会
イネ胚乳で発現するREDUCED EMBRYO1(RE1)、RE2は胚-胚乳比率を制御する
小林裕美、永澤信洋、佐藤豊、伊藤純一、Sakai Hajime、長戸康郎、桧原健一郎
日本育種学会第127回講演会   2015年   日本育種学会
heraclesは巨大胚変異体(ge)を半優性に抑圧する
水野泉、伊藤純一、桧原健一郎
日本育種学会第128回講演会   2015年   日本育種学会
表現型が出ないことが重要
桧原健一郎、水野泉
遺伝学研究所研究会   2015年   国立遺伝学研究所
イネ種子の胚−胚乳比率を規定する胚周辺胚乳領域の解析
桧原健一郎、小林裕美、伊藤純一、長戸康郎
第55回植物生理学会   2014年   植物生理学会
頂端分裂組織の形態に異常を生じるイネ突然変異体camelの表現型解析と遺伝子同定
小林久美子、桧原健一郎、伊藤純一、長戸康郎
日本育種学会第126回講演会   2014年   日本育種学会
葉や胚のサイズを制御するCYP78の基質同定を目指して
水野泉、三村真生、伊藤純一、桧原健一郎
日本育種学会第126回講演会   2014年   日本育種学会
地上部に多面的な異常を示すイネmkb3変異体の解析
島野里美、桧原健一郎、伊藤純一
日本育種学会第126回講演会   2014年   日本育種学会
植物版“EAT ME”ケーキを求めて〜器官サイズを制御するP450の基質同定に向けた第一段階〜
桧原健一郎、水野泉
遺伝学研究所研究会   2014年   国立遺伝学研究所
胚ー胚乳比率に影響を及ぼすEMBRYOLESS1遺伝子の解析
堀島佑月、琴梨世、石川亮、桧原健一郎、伊藤純一、長戸康郎
日本育種学会第124回講演会   2013年   日本育種学会
イネ胚の巨大化を促す遺伝学的要因
桧原健一郎、小林裕美、伊藤純一、長戸康郎
日本育種学会第124回講演会   2013年   日本育種学会
胚ー胚乳比率を制御するRE遺伝子の解析
桧原健一郎、永澤信洋、Hajime Sakai、長戸康郎
日本育種学会第121回講演会   2012年   日本育種学会
イネREDUCED EMBRYO1 (RE1)とRE2は胚の大きさを規定する
桧原健一郎、永澤信洋、竹田潤、酒井一、長戸康郎
第53回植物生理学会   2012年   植物生理学会
胚乳発生が胚サイズを規定する
桧原健一郎
イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2012   2012年   奈良先端科学技術大学院大学
胚の大きさはどのように遺伝的に制御されているのか?
桧原健一郎、永澤信洋、石綱史子、佐藤豊、伊藤純一、Hajime Sakai、長戸康郎
日本育種学会第122回講演会(ワークショップS07『種子形成シナリオの分子遺伝学』)   2012年   日本育種学会
胚乳が胚のためにできること
桧原健一郎、堀島佑月
2011年度遺伝研イネ研究集会   2011年   国立遺伝学研究所
イネREDUCED EMBRYO2遺伝子は胚の大きさに影響を及ぼす
桧原健一郎、永澤信洋、竹田潤、Hajime Sakai、長戸康郎
日本育種学会第120回講演会   2011年   日本育種学会

競争的資金等の研究課題

 
植物発生・器官サイズを制御するシトクロムP450酵素の遺伝生化学的研究
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 桧原健一郎
イネの胚サイズを規定する胚乳領域構築機構の解明
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 桧原健一郎
イネにおける胚と胚乳比率を決める分子メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 桧原健一郎
イネにおける子供から大人への転換制御
文部科学省: 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 長戸康郎
イネにおける茎頂メリステムの維持に関わる因子の解析
文部科学省: 科学研究費補助金 特定領域研究 {植物メリステムと器官の発生を支える情報統御系}
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 伊藤純一
イネの葉における軸形成機構の分子遺伝学的解析
文部科学省: 日本学術振興会特別研究員(PD)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 桧原健一郎
CUC遺伝子によるSAM形成および器官分離の制御機構の解析
文部科学省: 日本学術振興会特別研究員(DC2-PD)
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 桧原健一郎