基本情報

所属
愛媛大学 大学院・理工学研究科 教授

研究者番号
70432797
J-GLOBAL ID
201501002234494774

外部リンク

論文

  65

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  153

共同研究・競争的資金等の研究課題

  32

産業財産権

  1

その他

  6
  • 講演実績(2015年7月- ) (24)「Constraining key factors that control evolution of rock permeability under high temperature, stress, and pH conditions」,Energy Technology Innovation Seminar in KIGAM,2015年7月29日(韓国地質資源研究院) (25)「連成場における長期透水試験と連成数値シミュレータによる天然バリアの長期透水・物質輸送解析」,地層処分における岩盤力学研究セミナー,2016年10月28日(日本原子力研究開発機構・幌延深地層研究センター)
  • 講演実績(2013年4月-2014年12月) (18)「Experiments and modeling of chemistry-regulated permeability evolution in rocks」,Taiwan-Japan Workshop for Geotechnical Engineering Technologies, 2013年5月24日(台湾国立高雄第一科学技術大学) (19)「Experiments and modeling of chemistry-regulated permeability evolution in rocks and soils」,Research seminar in Geosytems Engineering Laboratory, 2014年3月4日(韓国KAIST) (20)「Geochemically-mediated evolution of hydraulic and transport properties in rocks and soils」,Taiwan-Japan-USA Joint Workshop on Geotechnical Engineering, 2014年9月19日(台湾国立高雄第一科学技術大学) (21)「拘束圧・温度に依存する花崗岩不連続面の不可逆透水特性に関する実験的評価」,第59回地盤工学シンポジウム招待論文特別セッション,2014年11月27日(長野市生涯学習センター) (22)「 Novel grouting technique: Enzymatically-mediated calcite precipitation」,Lecture on liquefaction-induced damage to river levees and an innovative countermeasure technique, 2014年12月1日(台湾国立高雄技術大学) (23)「 Novel grouting technique: Enzymatically-mediated calcite precipitation」,Lecture on liquefaction-induced damage to river levees and an innovative countermeasure technique, 2014年12月2日(台湾国立中央大学)
  • 講演実績(2010-2013年3月) (10)「Experiments and Modeling of Chemistry-Regulated Permeability Evolution」,Guest Lectures in Reservoir Simulation (PETR4511/8522),2009年9月16日(University of Western Australia) (11)「岩盤空洞の工学的利用と最新の研究事情」,四電技術コンサルタント第18回社内技術発表会,2010年10月12日(四電技術コンサルタント本社:高松) (12)「Fundamentals of Tunneling in Mountainous Area」, Talk Program, Nepal Engineering Association, 2010年12月13日(Nepal Engineering Association) (13) 「Calcite-cemented Sand Mediated by Biocatalyst: Experiments and Numerical Simulations」, SNU Rock Mechanics Laboratory Seminar, 2011年9月19日(Seoul National University) (14)「液状化被害低減を想定したバイオグラウトの開発」,Advanced Study Program 2012 -CPD技術講習会-,2012年8月3日(愛媛大学) (15)「Chemistry-Regulated Evolution of Physical Properties in Bare Sand and Sedimentary Rocks」,KICT Invitational Seminar,2012年10月17日(韓国建設技術研究院) (16)「A new grouting technique: Biocatalyst-induced carbonate precipitation」,Civil Engineering Seminar in Gadjah Mada University, Indonesia,2012年10月29日(インドネシア国立ガジャマダ大学) (17)「Fluid Flow through rock fracture: microscopic phenomena」,10th International Workshop on WATER DYNAMICS,ICDP-Japan Beyond Brittle Project (JBBP),2013年3月14日(東北大学)
  • 講演実績(2006-2009年) (1)「熱-水-土-化学連成を考慮した岩盤不連続面の透水性評価」,平成18年度第1回四国地区応用力学フォーラム,2006年6月9日(徳島大学) (2)「熱-水-応力-化学連成を考慮した岩盤不連続面の透水性評価」,第56回深部センターセミナー,2006年8月30日(産業技術総合研究所) (3)「熱-水-応力-化学連成を考慮した岩盤不連続面の透水性経時評価」,平成19年度北海道資源・素材フォーラム,2007年5月10日(北海道大学) (4)「Thermo-Hydro-Mechano-Chemical Couplings that Define the Evolution of Permeability in Rock Fractures」,11th International Society for Rock Mechanics Congress,2007年7月10日(ポルトガル) (5)「応力・温度に依存する化学溶解・沈殿を考慮した岩盤不連続面の透水性解析」,第7回岩盤工学研究会講演会-岩盤工学における数値解析の現状と未来-,2007年9月4日(航空会館) (6)「Evolution of Permeability in Fractured Rocks Moderated by Mineral Dissolution: Why Should Chemical Processes be Considered in Rock Engineering?」,Energy Technology Innovation Seminar in KIGAM,2008年8月21日(韓国地質資源研究院) (7)「Stress- and Chemistry-Mediated Permeability Alteration in Rock Fractures: How Does Mineral Dissolution Work on Transport Behavior?」,Special Lecture on Topics of Geotechnical Engineering and Rock Engineering,2008年11月21日(ネパール王立トリブバン大学) (8)「Stress- and Chemistry-Mediated Permeability Alteration in Rock Fractures: How Does Mineral Dissolution Work on Transport Behavior?」,岩盤工学特別講演会,2009年1月13日(京都大学) (9)「熱・水・応力・化学連成現象を考慮した岩盤不連続面の透水・物質輸送解析」,日本鉱物科学会2009年年会総会,2009年9月8日(北海道大
  • 学位論文 Thermo-Hydro-Mechano-Chemical Couplings that Define the Evolution of Permeability in Rock Fractures 主査(指導教官): Derek Elsworth 副査: Avrami Grader, Phillip Halleck, Serguei Lvov, Chris Marone Commencement: 2005年8月13日