加藤 英明

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 12:36
 
アバター
研究者氏名
加藤 英明
 
カトウ ヒデアキ
通称等の別名
Hideaki E Kato
URL
https://orcid.org/0000-0002-1941-5535
所属
Stanford University
部署
Department of Molecular and Cellular Physiology
職名
Postdoctoral fellow
学位
Ph.D.(東京大学)
科研費研究者番号
80805961
ORCID ID
0000-0002-1941-5535

研究分野

 
 

経歴

 
2014年5月
 - 
現在
Stanford University School of Medicine Postdoctoral fellow
 
2014年4月
 - 
2014年5月
東京大学 理学系研究科 特任研究員
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻(博士課程)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻(修士過程)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京大学 理学部 
 

受賞

 
2016年12月
井上科学振興財団 第33回井上研究奨励賞
 
2016年7月
SPring-8 Users Community SPRUC2016 Young Scientist Award
 
2015年
日本生物物理学会 第十一回日本生物物理学会若手奨励賞
 
2014年3月
東京大学 東京大学総長賞
 
2014年3月
東京大学 東京大学理学系研究科奨励賞
 

論文

 
Krishna Kumar K, Shalev-Benami M, Robertson MJ, Hu H, Banister SD, Hollingsworth SA, Latorraca NR, Kato HE, Hilger D, Maeda S, Weis WI, Farrens DL, Dror RO, Malhotra SV, Kobilka BK, Skiniotis G
Cell      2018年12月   [査読有り]
Kim YS, Kato HE, Yamashita K, Ito S, Inoue K, Ramakrishnan C, Fenno LE, Evans KE, Paggi JM, Dror RO, Kandori H, Kobilka BK, Deisseroth K
Nature   561(7723) 343-348   2018年8月   [査読有り]
Kato HE, Kim YS, Paggi JM, Evans KE, Allen WE, Richardson C, Inoue K, Ito S, Ramakrishnan C, Fenno LE, Yamashita K, Hilger D, Lee SY, Berndt A, Deisseroth K
Nature   561(7723) 349-354   2018年8月   [査読有り]
Spoerri PM, Kato HE, Pfreundschuh M, Mari SA, Serdiuk T, Thoma J, Sapra KT, Zhang C, Kobilka BK, Müller DJ
Structure (London, England : 1993)   26(6) 829-838.e4   2018年4月   [査読有り]
Taniguchi R, Inoue A, Sayama M, Uwamizu A, Yamashita K, Hirata K, Yoshida M, Tanaka Y, Kato HE, Nakada-Nakura Y, Otani Y, Nishizawa T, Doi T, Ohwada T, Ishitani R, Aoki J, Nureki O
Nature   548(7667) 356-360   2017年8月   [査読有り]

Misc

 
青い光で制御する:微生物オプシン機能のデザイン
加藤英明, 濡木理
生物物理   57(4) 196-199   2017年   [査読有り][依頼有り]
光駆動性Na+ポンプKR2の構造機能解析 40年の疑問に答え. 自然界に存在しなかった光駆動性K+ポンプの創成も
加藤英明, 濡木理
最新バイオ論文解説 総集編<1> 今、この論文が熱い      2015年   [査読有り][依頼有り]
Crystal Structure of Channelrhodopsin, a Light-Gated Cation Channel: All Cations Lead through the Monomer
加藤英明, 濡木理
Photon Factory Activity Report 2011 -PartA-   (29) 47   2012年   [依頼有り]
光駆動性陽イオンチャネルであるチャネルロドプシンの結晶構造
加藤英明, 濡木理
日本結晶学会誌   54(4) 220-225   2012年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Optogenetics -Light-Sensing Proteins and Their Applications-
加藤 英明 (担当:共著, 範囲:Part1 chapter3. Structure-functional analysis of channelrhodopsins.)
Springer   2015年   
神取 秀樹(名古屋工業大学教授)/加藤 英明(東京大学)/石谷隆一郎(同准教授)/濡木 理(同教授), 出村  誠(北海道大学教授)/菊川 峰志(同助教)/加茂 直樹(同名誉教授), 井原 邦夫(名古屋大学准教授)/神山  勉(同教授)/須藤 雄気(同准教授)/塚田 基(同助教)/森  郁恵(同教授)/山中 章弘(同教授), 下野 和実(東邦大学准教授)/寺北 明久(大阪市立大学教授)/古谷 祐詞(自然科学研究機構准教授), 八尾  寛(東北大学教授)/大倉 正道(埼玉大学准教授)/中井 淳一(同教授)/宮本 大祐(理化学研究所), 松木 則夫(東京大学教授)/高坂 洋史(同助教)/能瀬 聡直(同教授), 伊藤真理子(兵庫県立大学)/上萩ちひろ(同)/八田 公平(同教授), 田中 謙二(慶應義塾大学特任准教授)/中井 信裕(広島大学)/内匠 透(同教授), 松井  広(東北大学准教授)/駒井 章治(奈良先端科学技術大学准教授)/德田 崇(同准教授/太田 淳(同教授), ほか執筆者計45名
エヌ・ティー・エス   2013年4月   ISBN:4864690715

講演・口頭発表等

 
Structural insights into ion selectivity and channel gating by engineered and natural light-gated anion channels [招待有り]
加藤 英明
分子科学研究所 所長招聘研究会   2019年1月25日   
Structural mechanisms of ion selectivity and high-speed gating in anion channelrhodopsins [招待有り]
加藤 英明
18th International Conference on Retinal Proteins   2018年9月   
What is the second conformation of NTSR1-Gi1 complex?
加藤 英明
GPCR workshop   2017年12月7日   
脂質メソフェーズ法を用いた膜タンパク質の結晶化と構造解析 [招待有り]
加藤 英明
第16回日本蛋白質科学会年会   2016年6月   
Structural basis for Na+ transport mechanism by a light-driven Na+ pump KR2 [招待有り]
加藤 英明
第53回日本生物物理学会年会   2015年9月   

競争的資金等の研究課題

 
構造情報を基にした新規チャネル型抑制性光遺伝学ツール開発
科学技術振興機構: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術 | さきがけ
研究期間: 2017年10月 - 2021年9月    代表者: 加藤 英明
非古典的GPCRであるKDEL受容体の構造機能解析
上原記念生命科学財団: 海外留学助成金リサーチフェローシップ
研究期間: 2016年5月 - 2017年5月    代表者: 加藤 英明
β2アドレナリン受容体-アレスチン複合体の構造・機能解析
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2014年5月 - 2016年5月    代表者: 加藤 英明
X線結晶構造解析に基づく改変型チャネルロドプシンの創出
日本学術振興会: 特別研究員DC1
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 加藤 英明