加藤 英明

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/13 13:59
 
アバター
研究者氏名
加藤 英明
 
カトウ ヒデアキ
通称等の別名
Hideaki E Kato
URL
https://orcid.org/0000-0002-1941-5535
所属
The University of Tokyo
部署
Department of Life Sciences
職名
Associate professor
学位
Ph.D.(東京大学)
科研費研究者番号
80805961
ORCID ID
0000-0002-1941-5535

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
東京大学 卓越研究員
 
2019年4月
 - 
現在
東京大学 大学院総合文化研究科広域科学専攻 准教授
 
2017年10月
 - 
現在
さきがけ研究員 JST (兼任)
 
2014年5月
 - 
2019年3月
Stanford University School of Medicine Postdoctoral fellow
 
2014年4月
 - 
2014年5月
東京大学 理学系研究科 特任研究員
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻(博士課程)
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻(修士過程)
 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京大学 理学部 
 

受賞

 
2016年12月
井上科学振興財団 第33回井上研究奨励賞
 
2016年7月
SPring-8 Users Community SPRUC2016 Young Scientist Award
 
2015年
日本生物物理学会 第十一回日本生物物理学会若手奨励賞
 
2014年3月
東京大学 東京大学総長賞
 
2014年3月
東京大学 東京大学理学系研究科奨励賞
 

論文

 
Spoerri PM, Sapra KT, Zhang C, Mari SA, Kato HE, Kobilka BK, Müller DJ
Structure (London, England : 1993)      2019年8月   [査読有り]
Marshel JH, Kim YS, Machado TA, Quirin S, Benson B, Kadmon J, Raja C, Chibukhchyan A, Ramakrishnan C, Inoue M, Shane JC, McKnight DJ, Yoshizawa S, Kato HE, Ganguli S, Deisseroth K
Science (New York, N.Y.)      2019年7月   [査読有り]
Kato HE, Zhang Y, Hu H, Suomivuori CM, Kadji FMN, Aoki J, Krishna Kumar K, Fonseca R, Hilger D, Huang W, Latorraca NR, Inoue A, Dror RO, Kobilka BK, Skiniotis G
Nature      2019年6月   [査読有り]
Krishna Kumar K, Shalev-Benami M, Robertson MJ, Hu H, Banister SD, Hollingsworth SA, Latorraca NR, Kato HE, Hilger D, Maeda S, Weis WI, Farrens DL, Dror RO, Malhotra SV, Kobilka BK, Skiniotis G
Cell      2018年12月   [査読有り]
Kim YS, Kato HE, Yamashita K, Ito S, Inoue K, Ramakrishnan C, Fenno LE, Evans KE, Paggi JM, Dror RO, Kandori H, Kobilka BK, Deisseroth K
Nature   561(7723) 343-348   2018年8月   [査読有り]

Misc

 
光駆動性陰イオンチャネルの構造解析と新規光遺伝学ツールの創成
加藤 英明, Yoon Seok Kim, Karl Deisseroth
実験医学 2019年3月号   37(4)    2019年2月   [依頼有り]
青い光で制御する:微生物オプシン機能のデザイン
加藤英明, 濡木理
生物物理   57(4) 196-199   2017年   [査読有り][依頼有り]
光駆動性Na+ポンプKR2の構造機能解析 40年の疑問に答え. 自然界に存在しなかった光駆動性K+ポンプの創成も
加藤英明, 濡木理
最新バイオ論文解説 総集編<1> 今、この論文が熱い      2015年   [査読有り][依頼有り]
Crystal Structure of Channelrhodopsin, a Light-Gated Cation Channel: All Cations Lead through the Monomer
加藤英明, 濡木理
Photon Factory Activity Report 2011 -PartA-   (29) 47   2012年   [依頼有り]
光駆動性陽イオンチャネルであるチャネルロドプシンの結晶構造
加藤英明, 濡木理
日本結晶学会誌   54(4) 220-225   2012年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Optogenetics -Light-Sensing Proteins and Their Applications-
加藤 英明 (担当:共著, 範囲:Part1 chapter3. Structure-functional analysis of channelrhodopsins.)
Springer   2015年   
神取 秀樹(名古屋工業大学教授)/加藤 英明(東京大学)/石谷隆一郎(同准教授)/濡木 理(同教授), 出村  誠(北海道大学教授)/菊川 峰志(同助教)/加茂 直樹(同名誉教授), 井原 邦夫(名古屋大学准教授)/神山  勉(同教授)/須藤 雄気(同准教授)/塚田 基(同助教)/森  郁恵(同教授)/山中 章弘(同教授), 下野 和実(東邦大学准教授)/寺北 明久(大阪市立大学教授)/古谷 祐詞(自然科学研究機構准教授), 八尾  寛(東北大学教授)/大倉 正道(埼玉大学准教授)/中井 淳一(同教授)/宮本 大祐(理化学研究所), 松木 則夫(東京大学教授)/高坂 洋史(同助教)/能瀬 聡直(同教授), 伊藤真理子(兵庫県立大学)/上萩ちひろ(同)/八田 公平(同教授), 田中 謙二(慶應義塾大学特任准教授)/中井 信裕(広島大学)/内匠 透(同教授), 松井  広(東北大学准教授)/駒井 章治(奈良先端科学技術大学准教授)/德田 崇(同准教授/太田 淳(同教授), ほか執筆者計45名
エヌ・ティー・エス   2013年4月   ISBN:4864690715

講演・口頭発表等

 
Structural and conformational transition in NTSR1-Gi1 protein complex [招待有り]
加藤 英明
第57回 日本生物物理学会年会   2019年9月24日   
Structural and conformational transition in NTSR1-Gi1 protein complex [招待有り]
加藤 英明
第92回 日本生化学会大会   2019年9月18日   
Structure-guided engineering and mining of channelrhodopsins [招待有り]
加藤 英明
第11回 光操作研究会   2019年9月11日   
構造情報を利用した新規チャネル型ロドプシンの開発と探索 [招待有り]
加藤 英明
ISSPワークショップ「レチナールタンパク質の光機能発現の物理と化学」   2019年9月5日   
知るから創るへ イオン輸送型ロドプシンの構造機能解析 [招待有り]
加藤 英明
東京大学理学部生物化学科60周年記念シンポジウム   2019年6月1日   

競争的資金等の研究課題

 
NTSR1-Gタンパク質複合体構造解析を突破口としたGタンパク質選択性機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 加藤 英明
構造情報を基にした新規チャネル型抑制性光遺伝学ツール開発
科学技術振興機構: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術 | さきがけ
研究期間: 2017年10月 - 2021年3月    代表者: 加藤 英明
非古典的GPCRであるKDEL受容体の構造機能解析
上原記念生命科学財団: 海外留学助成金リサーチフェローシップ
研究期間: 2016年5月 - 2017年5月    代表者: 加藤 英明
β2アドレナリン受容体-アレスチン複合体の構造・機能解析
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2014年5月 - 2016年5月    代表者: 加藤 英明
X線結晶構造解析に基づく改変型チャネルロドプシンの創出
日本学術振興会: 特別研究員DC1
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 加藤 英明