青井 秀樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/03 01:33
 
アバター
研究者氏名
青井 秀樹
 
アオイ ヒデキ
eメール
rodinaffrc.go.jp
所属
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
部署
林業経営・政策研究領域
職名
チーム長(木材利用動向分析担当)
学位
博士(農学)(東京大学)

プロフィール

【研究テーマ】
木造建築物の構造耐力に関する分析に始まり、戸建て住宅以外での木材・木造建築の需要掘り起こしや、スギを伐った後に何を植えるかまで、木造建築・木材産業・林業の振興に向けて幅広く研究テーマを設定しています。特にこれからの木材利用は、単に材料や建築物の研究だけでなく、地域の林業・木材産業のあり方や、人口減少や都市計画の見直し等の社会情勢の変化も大きく影響するので、総合的な視点での研究を進めています。最終的には行政施策としての提案を目標として研究を行っています。

【参画する主な研究課題】
受託研究「社有林経営における林業収支改善手法の開発」(2017)
科研費基盤研究(B)「国産材CLTの普及拡大に向けた利用モデルの構築と検証」(2016-2018)
交付金プロジェクト「本州以南におけるカラマツの安定供給と持続的利用方策の提案」(2016-2018)
交付金プロジェクト「マテリアル用国内広葉樹資源の需給実態の解明と需要拡大に向けた対応方策の提案」(2015-2017)

論文

 
国産広葉樹資源をマテリアル用途で活用する可能性
青井秀樹, 田中亘, 杉山真樹, 天野智将
森林バイオマス利用学会誌   11(2) 39-48   2016年12月   [査読有り]
木材チップ生産業者による広葉樹材の仕分け実態-中国・四国・九州地方の事例から-
田中亘, 青井秀樹, 山本伸幸, 横田康裕, 垂水亜紀, 志賀薫
関東森林研究   67(1) 21-24   2016年3月   [査読有り]
中長期的な国産材需要拡大方策の一考察 製材品に適さない品質の原木を原材料とする木質建材の新たな用途開発に向けて
青井秀樹, 五十田博, 小林道和
林業経済   68(5) 1-11   2015年8月   [査読有り]
井道裕史, 原田真樹, 長尾博文, 加藤英雄, 軽部正彦, 宮武敦, 平松靖, 新藤健太, 渋沢龍也, 大村和香子, 青木謙治, 青井秀樹, 宇京斉一郎, 杉本健一, 森川岳, 小林久高
森林総合研究所研究報告   12(3) 157-164   2013年9月   [査読有り]

Misc

 
「国内広葉樹」シリーズの総括と今後の展望
青井 秀樹
木材情報   11-14   2018年5月
国内広葉樹利用の現状と今後に向けた課題
青井 秀樹
山林   1603 22-31   2017年12月
CLTの利用のあり方についての一考察  ―オーストリアおよび北米の事例から得られたこと―
青井 秀樹
木材情報   6-10   2017年11月
国産広葉樹資源の家具・内装材用途での活用の現状と今後に向けた課題
青井 秀樹
木材情報   1-5   2017年4月
カラマツ植栽に向けた最近の取り組みにおけるそのねらいと可能性について
青井 秀樹
木材情報   12-15   2016年8月

講演・口頭発表等

 
里山広葉樹活用シンポジウム [招待有り]
青井 秀樹
林野庁近畿中国森林管理局シンポジウム   2018年3月23日   
今後の建築着工予測と国交省施策に対応した木造建築のあり方案 [招待有り]
青井 秀樹
日本CLT協会グランドデザインワーキング   2018年3月12日   
国内広葉樹の需給と流通の現状 [招待有り]
青井 秀樹
地域再生シンポジウム2017in新潟   2017年9月19日   
マテリアル用国内広葉樹の需給実態について [招待有り]
青井 秀樹
ノースジャパン素材流通協同組合林業講演会   2017年9月8日   
マテリアル用国内広葉樹の需給実態について [招待有り]
青井 秀樹
日本製紙連合会企画運営委員会   2017年5月24日   

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
(国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 チーム長(木材利用動向分析担当)
 
2014年4月
 - 
2017年3月
(独)森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 チーム長(木材利用動向分析担当)
 
2013年4月
 - 
2014年3月
(独)森林総合研究所 企画部 チーム長(木材利用動向分析担当)
 
2010年12月
 - 
2013年3月
農林水産省 林野庁 木材産業課 課長補佐(木材技術班担当)
 
2006年4月
 - 
2010年11月
(独)森林総合研究所 構造利用研究領域 木質構造居住環境研究室 主任研究員
 
2002年4月
 - 
2006年3月
(独)森林総合研究所 構造利用研究領域 木質構造居住環境研究室 研究員
 
1997年4月
 - 
1999年3月
エス・バイ・エル(株) 住まいと暮らし研究所
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
(一財)日本木材総合情報センター  企画分析委員会
 
2017年6月
 - 
2018年3月
林野庁  森林資源情報整備技術実証事業 検討委員会
 
2016年9月
 - 
2017年3月
林野庁  多様な木材需要に対応するための需給動向調査委託事業 検討委員会
 
2014年4月
 - 
2016年3月
(一社)全国木材組合連合会  違法伐採対策・合法木材普及推進委員会
 
2013年
 - 
2013年
(独)農林水産消費安全技術センター  CLTJAS原案作成委員会
 
2013年
 - 
2013年
(独)農林水産消費安全技術センター  枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材JAS原案作成委員会
 
2012年
 - 
2013年
(独)農林水産消費安全技術センター  合板JAS原案作成委員会
 
2012年
 - 
2012年
(独)農林水産消費安全技術センター  フローリングJAS原案作成委員会
 
2012年
 - 
2012年
(独)農林水産消費安全技術センター  製材JAS原案作成委員会
 
2012年
 - 
2012年
(独)農林水産消費安全技術センター  構造用パネルJAS原案作成委員会
 

研究分野

 
 

競争的資金等の研究課題

 
国産材CLTの普及拡大に向けた利用モデルの構築と検証
JSPS: 科研費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 古俣 寛隆
木造住宅市場における消費者の満足度向上のための「情報の非対称性」の解明
JSPS: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 青井 秀樹