Hideki HAYASHI

J-GLOBAL         Last updated: Jan 8, 2020 at 23:58
 
Avatar
Name
Hideki HAYASHI
Affiliation
Gifu Pharmaceutical University
Section
Faculty of Pharmaceutical Science

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Yo Kawaguchi, Jun Hanaoka, Hideki Hayashi, Yoshihisa Fukuda, Hirotoshi Iihara, Akio Suzuki, Tadashi Sugiyama
Clinical Case Reports      2020   [Refereed]
Yamada Y, Ohno Y, Kato Y, Kobayashi R, Hayashi H, Miyahara S, Nakane K, Mizutani K, Yokoi S, Fujii H, Iihara H, Ishihara T, Deguchi T, Sugiyama T, Suzuki A
Cancer chemotherapy and pharmacology   84(5) 987-992   Nov 2019   [Refereed]
Hayashi H, Iihara H, Hirose C, Fukuda Y, Kitahora M, Kaito D, Yanase K, Endo J, Ohno Y, Suzuki A, Sugiyama T
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   134 1-6   Aug 2019   [Refereed]
お薬手帳を活用した処方監査の特徴と経済効果 Pharmaceutical Intervention Record(薬学的介入報告)の分析
林 由依, 鈴木 学, 味澤 香苗, 甲斐 絢子, 小林 篤史, 小原 道子, 生木 庸寛, 金地 夏実, 國府田 真綾, 林 秀樹, 棚瀬 友啓, 土屋 照雄, 杉山 正
医療薬学   45(8) 425-432   Aug 2019   [Refereed]
Yamada Y, Ohno Y, Niwa T, Kato-Hayashi H, Hayashi H, Ibuka T, Araki H, Sugiyama T, Shimizu M, Suzuki A
Journal of clinical pharmacy and therapeutics   44(3) 409-414   Jun 2019   [Refereed]
Niwa T, Yonetamari J, Hayama N, Fujibayashi A, Ito-Takeichi S, Suzuki K, Ohta H, Niwa A, Tsuchiya M, Yamamoto M, Hatakeyama D, Hayashi H, Obara M, Sugiyama T, Baba H, Suzuki A, Murakami N
International journal of clinical practice   73(5) e13332   May 2019   [Refereed]
Yamada T, Saito T, Hill Y, Shimizu Y, Tsukakoshi K, Mizuno H, Hayashi H, Ikebukuro K, Toyo'oka T, Todoroki K
Analytical chemistry   91(4) 3125-3130   Feb 2019   [Refereed]
Yamada T, Saito T, Shimizu Y, Tsukakoshi K, Hayashi H, Mizuno H, Tsuji D, Yamamoto K, Itoh K, Toyo'oka T, Ikebukuro K, Todoroki K
Molecules (Basel, Switzerland)   24(5)    Feb 2019   [Refereed]
院内統一基準の作成による腎排泄型抗がん剤の適正使用に関する検討
中島 誠,新上香奈子,三浦ひとみ,大迫政彦,甲斐絢子,林 秀樹,杉山 正
医療薬学   45 528-544   2019   [Refereed]
薬局薬剤師の無菌調製経験の実態とトレーナーを用いた無菌調製研修の効果
小林篤史, 金地夏実,甲斐絢子,小原道子,林 秀樹,棚瀬友啓,日比野靖,杉山 正
薬理と治療   47 1817-1822   2019   [Refereed]
薬学生がスタッフとして参加した薬剤師在宅医療技術研修会の評価
小林篤史,國府田真綾,甲斐絢子,小原道子,林 秀樹,丹羽智子,棚瀬友啓,日比野靖,杉山 正
薬理と治療   47 1807-1816   2019   [Refereed]
腹膜透析患者におけるプロトンポンプ阻害薬の使用と血清マグネシウム値:後ろ向きコホート研究
鈴木大介,市江敏和, 高嶋祥匡, 林 秀樹, 甲斐絢子, 畔柳敏弥, 杉山 正
医療薬学   45 76-81   2019   [Refereed]
Characteristics and economic effect of prescription audit related to unused drugs -Analysis of pharmaceutical intervention records-
Manabu Suzuki, Yukino Ueda, Akane Uno, Junko Kai, Atsushi Kobayashi, Michiko Obara, Nobuhiro Namaki, Hideki Hayashi, Tomohiro Tanase, Yasushi Hibino, Tadashi Sugiyama
Jpn. Pharmacol. Ther.   47 1807-1816   2019   [Refereed]
Questionnaire survey on the current status of pharmacist practice and patient needs related to home medical care
Atsushi Kobayashi, Marina Yamada, Shimon Maegawa, Hideki Hayashi, Junko Kai, Tadashi Sugiyama
Jpn. Pharmacol. Ther.   47 1807-1916   2019   [Refereed]
High-Temperature Reversed-Phase LC Separation of Heavy and Light Chain Fragments of Therapeutic Monoclonal Antibodies and Antibody-Drug Conjugate Produced by Chemical Reduction
Sae SOTOMATSU, Tomohiro YAMADA, Hajime MIZUNO, Hideki HAYASHI, Toshimasa TOYO’OKA, Kenichiro TODOROKI
Chromatography   40(3) 99-104   2019   [Refereed]
Color Change in Perlodel® Tablet Induced by LED Lighting - Photolysis of bromocriptine mesylate-
Shuuji Yamashita, Kazuhiro Iguchi, Yoshihiro Noguchi, Chihiro Sakai, Satoshi Yokoyama, Yoko Ino, Hideki Hayashi, Hitomi Teramachi, Magoichi Sako, Tadashi Sugiyama
Pharmazie   74 286-289   2019   [Refereed]
重複投薬・相互作用等防止加算関連業務の分析と経済効果 Pharmaceutical Intervention Record(薬学的介入報告)の分析
味澤 香苗, 鈴木 学, 林 由依, 甲斐 絢子, 小林 篤史, 小原 道子, 生木 庸寛, 國府田 真綾, 金地 夏実, 林 秀樹, 棚瀬 友啓, 土屋 照雄, 杉山 正
医療薬学   44(12) 599-606   Dec 2018   [Refereed]
Suzuki K, Okada H, Yoshida S, Okamoto H, Suzuki A, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi H, Yasuda R, Fukuta T, Kitagawa Y, Miyake T, Kawaguchi T, Watanabe T, Doi T, Kumada K, Ushikoshi H, Sugiyama T, Itoh Y, Ogura S
Journal of medical case reports   12(1) 280   Sep 2018   [Refereed]
Ohno Y, Niwa T, Hirai K, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi Y, Hayashi H, Suzuki A, Itoh Y
Therapeutic drug monitoring   40(4) 507-511   Aug 2018   [Refereed]
かかりつけ薬剤師を指名している患者の行動分析および意識調査
國府田 真綾, 鈴木 学, 金地 夏実, 福本 実咲, 桑原 千明, 林 秀樹, 亀山 千里, 生木 庸寛, 小原 道子, 棚瀬 友啓, 杉山 正
医療薬学   44(8) 395-402   Aug 2018   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
特別養護老人ホーム入所者におけるアロマ成分含有食品摂取時の口腔内衛生環境の変化
小原 道子, 林 秀樹, 生木 庸寛, 松川 泰治, 加藤 梨那, 古島 大資, 山田 浩, 杉山 正
臨床薬理   Nov 2019   
メトロニダゾール脳症における血漿中薬物濃度と薬物代謝酵素遺伝子多型の解析
羽山 希, 山田 悠人, 林 秀樹, 鈴木 景子, 丹羽 隆, 山路 文範, 岡田 英志, 吉田 省造, 小倉 真治, 鈴木 昭夫, 杉山 正, 小原 道子
臨床薬理   Nov 2019   
非小細胞がん患者におけるAfatinibの薬効と副作用に対する血漿中薬物濃度と動態関連遺伝子多型の影響 個別化医療による最適な医療提供を目指して
廣瀬 智恵美, 林 秀樹, 飯原 大稔, 北洞 美佳, 佐藤 幸奈, 福田 純久, 上森 将吾, 大澤 友裕, 澤 祥幸, 大野 康, 杉山 正, 鈴木 昭夫
臨床薬理   Nov 2019   
令和時代の臨床薬理学研究-新たな時代を迎えて- 薬学教育のなかでの臨床研究の試み 非細胞肺がんにおける分子標的薬の臨床薬理研究
林 秀樹, 飯原 大稔, 廣瀬 智恵美, 北洞 美佳, 佐藤 幸奈, 福田 純久, 上森 将吾, 大澤 友裕, 澤 祥幸, 大野 康, 鈴木 昭夫, 杉山 正
応用薬理   Jul 2019   
MALDI-TOF/MS導入による抗菌薬適正使用支援の強化がもたらす血液培養陽性例の臨床アウトカムへの効果
藤林 彩里, 丹羽 隆, 羽山 希, 鈴木 景子, 林 秀樹, 小原 道子, 馬場 尚志, 鈴木 昭夫, 村上 啓雄
日本化学療法学会雑誌   Mar 2019   

Misc

 
非小細胞肺癌における個別化薬物療法構築のための臨床薬理学研究
林 秀樹, 飯原 大稔, 大野 康, 杉山 正
臨床薬理の進歩   (39) 171-179   Jun 2018
Afatinibを服用している非小細胞肺癌患者における血漿中薬物濃度と体内動態に関連する遺伝子多型および有害反応重症度の関連について検討した。Afatinibを服用している非小細胞肺癌患者33名(男性13名、女性20名、中央値70歳)を対象としたところ、有害反応の発現頻度は下痢、ざ瘡様皮疹、口内炎の順に多く、下痢に関してはほぼ全例に認められた。投与初期におけるafatinib血漿中濃度と下痢重症度グレードとの間に有意な正の相関が認められた。ABCG2 C421Aにおいて、Aアレルを持つ患者...
【地震・火山災害の医療支援 被災地最前線で薬剤師個人がもっておきたい知識とスキル】薬剤供給不足状況下の各種慢性疾患薬物治療における処方支援と患者指導の実践 関節リウマチ
林 秀樹
薬局   67(13) 3451-3457   Dec 2016
<Key Points>メトトレキサートや他のDMARDsが薬物治療の中心であるが、1〜2週間投与を中断しても、急激に変化することは少ない。生物学的製剤は関節リウマチの治療成績を顕著に改善し血漿中半減期は顕著に長く、短期間投与中断しても症状の悪化は少ないと考えられる。症状に応じてステロイドが処方されるが、ステロイドの突然の中断は、反跳現象や離脱症候群の危険があるため代替薬を考慮する。(著者抄録)
【薬物相互作用を知り診断治療に活かす〜くすりの知識と処方〜】薬物相互作用の実際 関節リウマチ(RA)
林 秀樹
月刊レジデント   9(11) 74-84   Nov 2016
在宅医療における薬剤師業務の現状分析
上村 里菜, 岩本 理央, 秋山 真理奈, 前川 史門, 柏木 宏仁, 浅井 秀星, 竹内 正幸, 知花 聖尚, 林 秀樹, 杉山 正
地域医療   (第54回特集号) 1533-1535   Mar 2015
制吐療法における臨床薬理遺伝学研究
辻 大樹, 金 容壱, 大門 貴志, 幕田 龍, 中道 秀徳, 林 秀樹, 井上 和幸, 伊藤 邦彦
臨床薬理の進歩   (35) 11-18   Jun 2014
グラニセトロン・デキサメタゾン・アプレピタントの3剤併用による予防的制吐療法が行われた固形悪性腫瘍患者で、高度催吐性レジメンのCDDP療法、AC療法が行われた98名(男性26名、女性72名、平均55.1歳)を対象に、ABCトランスポーターの遺伝子多型と制吐効果との関連、化学療法誘発性の悪心・嘔吐(CINV)のリスク因子について検討した。98名中AC療法が68名、CDDP療法が30名であった。嘔吐完全抑制割合は急性期で66.3%、遅発期で42.9%であった。CINVのリスク因子は、単変量解析...