Hideki Mima

J-GLOBAL         Last updated: Mar 7, 2019 at 13:28
 
Avatar
Name
Hideki Mima
Affiliation
The University of Tokyo

Profile

Hideki Mima, Ph.D., has worked in the fields dealing with Natural Language Interface, Machine Translation, Information Retrieval, and Automatic Term Recognition. He was a researcher at the ATR Interpreting Telecommunications Research Laboratories, a lecturer at the Department of Computing and Mathematics, Manchester Metropolitan University, and a research associate at the Department of Information Science, the School of Engineering, University of Tokyo, Japan. He is currently an associate professor, at the Center for Innovation in Engineering Education, University of Tokyo and is working on Knowledge Acquisition and Structuring Knowledge from various databases and documents in the genome and nano-technology domains. He was certified as a genius programmer / super creator in IPA FY2003 Exploratory Software Project.

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nakamura Yusuke, Suzuki Chikahiko, Masuda Katsuya, Mima Hideki
Journal of the Japanese Association for Digital Humanities (Web)   2(1) 60‐72(J‐STAGE)   2017
Tetsuhiro Yoshino,Kotoe Katayama,Yuko Horiba,Kaori Munakata,Rui Yamaguchi,Seiya Imoto,Satoru Miyano,Hideki Mima,Kenji Watanabe
BMC Med. Inf. & Decision Making   16 118   Sep 2016   [Refereed]
Yoshino T, Katayama K, Horiba Y, Munakata K, Yamaguchi R, Imoto S, Miyano S, Mima H, Watanabe K, Mimura M
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2016 3159617   2016   [Refereed]
吉野鉄大, 片山琴絵, 堀場裕子, 宗形佳織, 山口類, 井元清哉, 美馬秀樹, 宮野悟, 渡辺賢治
日本東洋医学雑誌   66 351   Apr 2015
有田龍太郎, 吉野鉄大, 片山琴絵, 堀場裕子, 宗形佳織, 山口類, 井元清哉, 美馬秀樹, 宮野悟, 渡辺賢治
日本東洋医学雑誌   66 352   Apr 2015
Sumire Uematsu,Takuya Matsuzaki,Hiroki Hanaoka,Yusuke Miyao,Hideki Mima
ACM Trans. Asian & Low-Resource Lang. Inf. Process.   14(1) 1:1-1:24   2015   [Refereed]
植松すみれ, 松崎拓也, 花岡洋輝, 宮尾祐介, 美馬秀樹
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.4B1-1   2013
Sumire Uematsu,Takuya Matsuzaki,Hiroki Hanaoka,Yusuke Miyao,Hideki Mima
Proceedings of the 51st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, ACL 2013, 4-9 August 2013, Sofia, Bulgaria, Volume 1: Long Papers   1042-1051   2013   [Refereed]
花岡洋輝, 増田勝也, 植松すみれ, 美馬秀樹
言語処理学会年次大会発表論文集   18th (CD-ROM) ROMBUNNO.P1-14   Mar 2012
美馬秀樹
漢方の特性を利用したエビデンス創出と適正使用支援システムの構築 平成23年度 総括・分担研究報告書   255-266   2012
美馬秀樹
Biophilia   7(3) 47-53   Sep 2011
MASUDA KATSUYA, MIMA HIDEKI
可視化情報学会誌   31(Suppl.1) 195-196   Jul 2011
UEMATSU SUMIRE, MIMA HIDEKI
可視化情報学会誌   31(Suppl.1) 201-202   Jul 2011
TANJI MAKOTO, MIMA HIDEKI
可視化情報学会誌   31(Suppl.1) 203-206   Jul 2011
OTA SUSUMU, MIMA HIDEKI
可視化情報学会誌   31(Suppl.1) 191-194   Jul 2011
渡辺賢治, 徳永秀明, 松浦恵子, 美馬秀樹, 井元清哉
日本内科学会雑誌   100 200   Feb 2011
美馬秀樹
漢方の特性を利用したエビデンス創出と適正使用支援システムの構築 平成22年度 総括研究報告書   95-105   2011
OTA SUSUMU, HOSHINO TSUTOMU, NAGATSUNA KOJI, MIMA HIDEKI
可視化情報学会誌   30(Suppl.1) 251-252   Jul 2010
美馬秀樹
主観的個別化患者情報のデータマイニングによる漢方・鍼灸の新規エビデンスの創出に関する研究 平成20-21年度 総合研究報告書   93-95   2010
美馬秀樹
主観的個別化患者情報のデータマイニングによる漢方・鍼灸の新規エビデンスの創出に関する研究 平成21年度 総括研究報告書   74-76   2010

Misc

 
馬場一貴, 小山田耕二, 美馬秀樹
可視化情報シンポジウム(CD-ROM)   46th ROMBUNNO.072   2018
増田勝也, 美馬秀樹
可視化情報シンポジウム(CD-ROM)   46th ROMBUNNO.051   2018
美馬秀樹
漢方の新たな科学的知見創出に向けた疾患および証の関係性の検討 平成26年度 委託業務成果報告書   18‐49   2015
馬場一貴, 小山田耕二, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   37(Suppl.1(CD-ROM)) ROMBUNNO.A203   Jul 2017
増田勝也, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   37(Suppl.1(CD-ROM)) ROMBUNNO.A202   Jul 2017
HU Weihua, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   36(Suppl.1(CD-ROM)) ROMBUNNO.A113   Jul 2016
丹治信, 山口真紀子, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   34(Suppl.1) 59‐62   Jul 2014
植松すみれ, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   34(Suppl.1) 67‐70   Jul 2014
Yusuke Nakamura, Hideki Mima, Katsuya Masuda, Chikahiko Suzuki
IPSJ SIG Notes   2014(5) 1-5   May 2014
The Department of Cultural Resources Studies is a graduate program created at the Graduate School of Humanities and Sociology of the University of Tokyo in 2000. The objective of the department is a creation of interdisciplinary education/research...
丹治 信, 山口 真紀子, 美馬 秀樹
可視化情報学会誌 = ournal of the Visualization Society of Japan   34(1) 59-62   2014
丹治信, 田村哲哉, 中村武弘, 美馬秀樹
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.2F4-OS-01A-2   2014
植松 すみれ, 美馬 秀樹
可視化情報学会誌 = ournal of the Visualization Society of Japan   34(1) 67-70   2014
丹治信, 田村哲哉, 中村武弘, 美馬秀樹
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   20th WEB ONLY D7-3   2014
増田勝也, 丹治信, 植松すみれ, 美馬秀樹
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   20th WEB ONLY E5-2   2014
植松すみれ, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   33(Suppl.1) 109‐110   Jul 2013
丹治信, 山口真紀子, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   33(Suppl.1) 113‐116   Jul 2013
美馬秀樹
漢方の特性を利用したエビデンス創出と適正使用支援システムの構築 平成24年度 総括・分担研究報告書   104-132   2013
丹治 信, 山口 真紀子, 美馬 秀樹
可視化情報学会誌 = ournal of the Visualization Society of Japan   33(1) 113-116   2013
MIMA HIDEKI, TANJI MAKOTO, MASUDA KATSUYA, OTA SUSUMU
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(3) ROMBUNNO.CH-95,NO.4   Oct 2012
Hideki Mima, Makoto Tanji, Katsuya Masuda, Susumu Ota
IPSJ SIG Notes   2012(4) 1-8   Jul 2012
The purpose of this study is to reveal Japanese modern history of philosophy by structuring Iwanami shoten's journal "Shisou" (Thoughts) using MIMA Search structuring knowledge system in which natural language processing (NLP), text mining and vis...
丹治 信, 美馬 秀樹
可視化情報学会誌 = ournal of the Visualization Society of Japan   32(1) 341-344   2012
NAGATSUNA Koji, MIMA Hideki
工学・工業教育研究講演会講演論文集   22 568-569   Aug 2010
OTA Susumu, MIMA Hideki
工学・工業教育研究講演会講演論文集   21 172-173   Aug 2009
OTA Susumu, MIMA Hideki
Journal of the Visualization Society of Japan   29(1) 109-114   Jul 2009
MIMA HIDEKI, OTA SUSUMU, NAGATSUNA KOJI
Int J Comput Appl Technol   35(2/4) 271-280   2009
MIMA Hideki, OTA Susumu, NAGATSUNA Koji
可視化情報学会誌. Suppl. = Journal of the Visualization Society of Japan   28(2) 183-184   Sep 2008
OTA Susumu, MIMA Hideki, YOSHIDA Makoto
Journal of the Visualization Society of Japan   28(1) 355-358   Jul 2008
MIMA Hideki, OTA Susumu, NAGATSUNA Koji
Transactions of Visualization Society of Japan   28(2) 1183-1183   2008
KAJIKAWA YUYA, SUGIYAMA YOSHIHIDE, MIMA HIDEKI, MATSUSHIMA KATSUMORI
Data Sci J (Web)   5 108-118 (J-STAGE)   2006
MIMA HIDEKI, ANANIADOU SOPHIA, MATSUSHIMA KATSUMORI
東京大学大学院工学系研究科総合研究機構年報   4 233-236   Nov 2005
Takebe Yasuaki, Mima Hideki, Tomabechi Hideto
IPSJ SIG Notes   2003(87) 31-36   Aug 2003
One problem with current P2P (peer-to-peer) systems is that the consistency between copied contents is not guaranteed. Also, the weakness of full-text search capability in most of the popular P2P systems hinders the scalability of P2P based conten...
美馬秀樹, YOON T
情報処理学会夏のプログラミング・シンポジウム報告集   2003 17-23   Aug 2003
MIMA H, ANANIADOU S, NENADIC G
Lect Notes Comput Sci   2166 126-133   2001
Mima Hideki, Tsujii Junichi
Technical report of IEICE. Thought and language   100(47) 41-48   May 2000
In our attempt to accumulate a large amount of linguistic information for accelerating language processing, several linguistic tag systems have been proposed, such as by GDA(Global Document Annotation), GENIA, GATE(General Architecture for Text En...
東海林里仁, くれ松明, 美馬秀樹, 飯田仁
言語処理学会年次大会発表論文集   5th 368-370   Mar 1999
MIMA H, IIDA H, FURUSE O
Proc Conf Annu Meet Assoc Comput Linguist   36th(Vol.2) 855-861   1998
MIMA HIDEKI, FURUSE OSAMU, IIDA HITOSHI
情報処理学会全国大会講演論文集   55th(2) 2.41-2.42-42   Sep 1997
自然な対話を構成する要因として, 話者の置かれた状況や社会的役割, 対話相手との社会的関係などの非言語的な情報への適切な配慮が挙げられる。一般的に, 話者は, 文脈から得られる言語的情報のみならず, これら非言語的情報を利用することで, 婉曲表現などの状況に適した表現の選択や, 文の理解におけるあいまい性解消等を行っていると考えられる。従来より, 文脈処理として, 省略語の補填のような, 状況に応じた翻訳処理の研究が種々なされているが, その処理に多くの計算量を必要とするものがほとんどてあ...
MIMA HIDEKI, FURUSE OSAMU, IIDA HITOSHI
情報処理学会全国大会講演論文集   54th(2) 2.11-2.12-12   Mar 1997
翻訳を交えた対話においては, 話者同士の発話間の結束性を壊さないために, 発話と同時に翻訳が進行することが望ましい. しかし, 従来の文単位の翻訳処理では発話が終了するまで処理を開始することができず, 発話力が長くなった場合等に対話としての自然さを著しく損ねる可能性がある. この問題に対し, 同時通訳に見られるような, 発声の途中段階でも確定する句や節の訳を出力する翻訳処理は一つの解決策になると考えられ, 従来より, 漸進的文生成, 同時通訳機構の実現等を目的に研究が行われている. しかし...
MIMA H, AOE J, FUKETA M, HAYASHI Y
SYSTEMS AND COMPUTERS IN JAPAN   27(1) 77-91   1996
MIMA HIDEKI, FUKETA MASAO, HAYASHI YOSHITAKA, AOE JUN'ICHI
電子情報通信学会論文誌 D-2   78(5) 803-810   May 1995
ユーザの日本語入力文から情報システムの操作要求を理解する課題に対して,入力文の表層に意図が陽に現れていない間接発話文の意図理解手法を提案する.本手法では,間接発話文に対して,(1)拒絶,(2)逆,(3)限定,(4)簡便,(5)不能なる5種類の意図属性を定義し,この意図属性を利用して,間接発話文の表層に明示された操作要求語い(移動,削除など)と操作対象語い(ファイル,文字など)に対応する概念を,真の意図に対応する概念へと転意させる.この概念転意に基づく意図理解処理を実現するために,まず発話文...
MIMA HIDEKI, ANDO KAZUAKI, AOE JUN'ICHI
情報処理学会全国大会講演論文集   50th(3) 3.53-3.54-54   Mar 1995
本論文では,LR(1)クラスの文法に対してパージングテーブルをインクリメンタルに構成する手法について述べる.機械翻訳システムやコンパイラ等の言語処理システムを構築する場合,事前にターゲットとなる言語の文法を設計する必要がある.一般に,LR構文解析のようなテーブル駆動型の言語処理システムでは,文法の設計/修正の段階で,テーブルの生成,パージングテスト,文法の修正のサイクルを繰り返す必要があり,また,1つの文法の修正に対してもテーブル全体を構成し直さなければならないため,非常な時間的,空間的労...
MIMA HIDEKI, FUKETA MASAO, HAYASHI YOSHITAKA, AOE JUN'ICHI
情報処理学会全国大会講演論文集   49th(3) 3.169-3.170-170   Sep 1994
ユーザの意図が陽に示されない間接発話に対する意図理解手法は依然として重要な課題となっている間接発話の理解を一般的に議論することは非常に難しいので,本論文では,情報システムヘの操作を要求する間接発話の意図理解にドメインを絞ることで,この問題に対する一つの解決法を提案する.間接発話文の意図理解を難しくする大きな理由は,入力文に明示された操作要求語彙と操作対象語彙が別の意味を表す語彙へと転意することである.本論文では,間接発話文に対して5種類の意図属性を分類し,この意図属性を利用して隠された操作...
MIMA HIDEKI, TOMABECHI HIDETO
情報処理学会全国大会講演論文集   49th(3) 3.73-3.74-74   Sep 1994
Roger C Shankとその弟子達により,従来のルールベース,モデルベース推論とは異なるパラダイムの認知モデルとして,記憶と想起のモデルを源流とした事例ベース推論(CASE-BASED RAS0NING,以下CBRとする)が提案された.事例を用いたAIアプローチは,ルールベースシステムにおける問題解決のボトルネックを解決する枠組として期待されている.CBRにおいては,新しい問題を解く際に,まず解こうとしている問題に一番類似している事例を検索し,その事例を今の問題に合うように修正して適用...
MIMA HIDEKI, AOE JUN'ICHI
情報処理学会全国大会講演論文集   45th(3) 3.129-3.130-130   Sep 1992
近年の情報システムの高度化とも相まって誰もが容易に使える情報システムが望まれているにもかかわらず,利用環境が向上しているとは決して言い難いのが現状である.そこで,本報告の目的は,コマンド機能に関するユーザーインターフェイスを改善することであり,自然言語入力に対してユーザの意図を理解し,情報システムの実状況に適合したコマンドを自動実行させる知的コマンドインターフェス(ICI, Intelligent Command Interface)の実現を目標とする.
MIMA HIDEKI, AOE JUN'ICHI
情報処理学会研究報告   92(21(NL-88)) 87-94   Mar 1992
自然言語入力文より,情報システムのコマンドとコンサルティングを自動実行する知的コマンドインタープリタ(I,Intelligent Command Interpret)の実現について述べる.ICIは情報システムと協調することで,情報システムの実状況に適合したユーザーへの応答を可能にする.ICIは,各コマンドに対するコマンド知識を知識ベースとして用意し、ユーザーの要求が不十分な場合はコマンド知識の制約条件を検査することで段階的にコマンド実行に導くので,コマンドの学習と,安全な利用環境が実現でき...

Conference Activities & Talks

 
HU Weihua, 美馬秀樹
可視化情報学会誌   Jul 2016   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2004 - 2006    Investigator(s): 藤末 健三, Katsumori MATSUSHIMA
From the period of the high economic growth of economy after 1950's to 1980's, regional area seemed to develop their economy and catch up with Tokyo-keizai zone, because large companies whose main office were in a big city successively shifted bra...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2001 - 2002    Investigator(s): Katsumori MATSUSHIMA
The objective of this research project is to establish new business models of the manufacturing industry under a digital economical environment. In order to realize the objective, the following studies have been carried out.(1) A Design and Develo...