水野 秀信

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/05 14:53
 
アバター
研究者氏名
水野 秀信
 
ミズノ ヒデノブ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00567159
所属
国立遺伝学研究所
部署
個体遺伝研究系・形質遺伝研究部門
職名
助教
学位
博士(理学)(京都大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

プロフィール

国立遺伝学研究所(岩里研究室)に2009年9月から所属しております。
京都大学理学研究科(平野研究室)で博士の学位を頂きました。

研究の興味は脳神経回路の形成過程です。
現在は、マウス大脳皮質神経回路の生後発達過程の分子細胞メカニズムを、マウス遺伝学、胎仔脳電気穿孔法、脳イメージング法を組み合わせることで研究しております。

(追記2014年6月)
先日、岩里研究室での仕事がNeuronに発表されました(In this issue/Issue highlightsに抜粋されました!)。

新しく開発した1細胞標識法と2光子顕微鏡観察を組み合わせることなどにより、
新生仔マウスの大脳皮質の神経回路形成過程を直接観察することに成功しました。

ご指導いただいた先生方、ご協力いただいた先生方、研究室の皆さまに心より感謝申し上げます。

(追記2016年12月)
新しく2光子顕微鏡を導入することに成功しました!
Leica社製SP8(2ch HyD検出器, resonant scanner搭載)

この顕微鏡で、脳神経回路がどのようにできるかを、さらに迅速に解明します。
研究を通し、社会の発展に貢献して参ります。

導入の際にお世話になった先生方、関係者の皆さまに心より感謝いたします。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2009年9月
 - 
現在
国立遺伝学研究所 助教
 
2009年4月
 - 
2009年8月
京都大学大学院理学研究科生物物理学教室 日本学術振興会特別研究員 PD
 
2009年3月
   
 
京都大学大学院理学研究科生物物理学教室 博士(理学)
 
2008年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院理学研究科生物物理学教室 日本学術振興会特別研究員 DC2
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2009年3月
京都大学大学院理学研究科生物物理学教室  
 
2000年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学理学部生命理学科  
 

受賞

 
2012年7月
包括脳夏のワークショップ 若手優秀発表賞
 
2008年5月
日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(2006-2007年度)
 
2006年5月
日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(2004-2005年度)
 

論文

 
Luo W*, Mizuno H*, Iwata R, Nakazawa S, Yasuda K, Itohara S, Iwasato T (*Co-first authors)
Scientific Reports   6(Article number: 35747) 35747   2016年10月   [査読有り]
Iwata R, Matsukawa H, Yasuda K, Mizuno H, Itohara S, Iwasato T
The Journal of Neuroscience   35(40) 13728-13744   2015年10月   [査読有り]
Mita S, de Monasterio-Schrader P, Fünfschilling U, Kawasaki T, Mizuno H, Iwasato T, Nave KA, Werner HB, Hirata T
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2014年6月   [査読有り]
Mizuno H, Luo W, Tarusawa E, Saito YM, Sato T, Yoshimura Y, Itohara S, Iwasato T
Neuron   82(2) 365-379   2014年3月   [査読有り]
Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y
The European journal of neuroscience   31 410-424   2010年2月   [査読有り]

Misc

 
新生仔の大脳皮質第4層における神経回路の再編の2光子顕微鏡によるイメージング
水野 秀信、岩里 琢冶
ライフサイエンス 新着論文レビュー      2014年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
脳神経系の再生医学-発生と再生の融合的新展開- 監修 井村裕夫,高橋 淳:編集 河崎洋志 
岩里 琢冶、水野 秀信 (担当:分担執筆, 範囲:細胞と回路の形成制御 神経回路の形成機構-哺乳類大脳皮質神経回路の生後発達)
診断と治療社   2015年1月   

講演・口頭発表等

 
In vivo 2-photon imaging of neuronal activity in layer 4 of the neonatal somatosensory cortex (blitz talk) [招待有り]
Hidenobu Mizuno, Takuya Sato and Takuji Iwasato
Cell Symposia: Big Questions in Neuroscience, San Diego, USA   2016年11月10日   
ミクロとマクロのイメージングの統合による新分野の開拓
水野秀信(セッション企画者兼任)
日本発生生物学会秋季シンポジウム:発生と機能のイメージング   2016年10月19日   
マウス大脳皮質神経回路形成の生体イメージング [招待有り]
水野秀信
遺伝研研究会 哺乳類脳の機能的神経回路の構築メカニズム   2014年12月2日   
神経活動依存的な大脳皮質神経回路形成の生体イメージング [招待有り]
水野秀信
京都大学理学研究科 生物物理学セミナー   2014年11月10日   
NMDAR-regulated dynamics of layer 4 neuronal dendrites during thalamocortical reorganization in neonates
Hidenobu Mizuno and Takuji Iwasato
International institute for advanced studies: “Novel developments on the study of life and biological systems based on genome engineering and imaging science"(口頭発表)   2014年2月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
脳疾患動物モデルの生体イメージングによる、脳疾患機序の解明
新潟大学脳研究所: 新潟大学脳研究所共同利用・共同研究
研究期間: 2017年       代表者: 水野 秀信
新生仔脳深部の生体イメージングによる活動依存的な視床皮質回路形成の包括的解析
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 水野 秀信
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 水野 秀信
大脳皮質神経回路形成メカニズムの新生仔生体イメージングによる解析
公益財団法人 武田科学振興財団: 2015年度 医学系研究奨励
研究期間: 2015年       代表者: 水野 秀信
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 水野 秀信

特許

 
特願2016-094814 : ベクターシステム、遺伝子発現方法、標的遺伝子ノックアウト方法、標的遺伝子ノックダウン方法、標的遺伝子編集方法、及び遺伝子発現キット
岩里琢治、水野秀信、Luo W、岩田亮平

社会貢献活動

 
サイエンスnow
【出演】  VOICE CUE エフエムみしま・かんなみ(FM77.7)  2015年2月1日
新生児の大脳皮質で神経回路が成長する様子を観察
【寄稿】  日本神経科学学会  神経科学トピックス  2014年6月
国立遺伝学研究所 一般公開 会場責任者
【運営参加・支援, 実演】  国立遺伝学研究所   2012年4月7日