木村 英雄

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/14 13:18
 
アバター
研究者氏名
木村 英雄
 
キムラヒデオ
所属
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
部署
神経薬理研究部
職名
部長
学位
薬学博士(東京大学)

プロフィール

1) 学歴及び職歴
昭和55年 東京大学 薬学部卒業
昭和60年 東京大学 薬学博士 (論文博士)

昭和55年 防衛医科大学校 薬理学講座 教務職員
昭和58年 防衛医科大学校 薬理学講座 助手
昭和63年 アメリカ ソ−ク研究所 ポスドクとして留学
平成 2年 防衛医科大学校 薬理学講座 退職
平成 3年 アメリカ ソ−ク研究所 スタッフサイエンティスト
平成 6年 アメリカ ソ−ク研究所 シニアスタッフサイエンティスト
平成11年 国立精神・神経センター 遺伝子工学研究部 部長
平成22年 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 神経薬理研究部 (独法に伴い改名) 部長
現在に至る。

2) 所属学会及び役職等
日本薬理学会 評議員
日本生化学会
日本神経科学会
日本NO学会 評議員
International Conference on H2S in Biology and Medicine, International Organizing Committee.
European Conference on the Biology of Hydrogen Sulfide, International Organizing Committee.
International Symposium on Hydrogen Sulfide and Nitric Oxide in Health and Disease, International Organizing Committee.
Third International Conference on H2S in Biology and Medicine, 平成26年 大会長

3) 受賞等
昭和63年 日本薬理学会奨励賞
平成 2年 ヒューマンフロンティアサイエンスプログラム賞
平成 6年 ファースト賞(NIH)
平成 6年 アルツハイマースカラー賞(アルツハイマーアソシエーション)
平成10年 ハイリスク/ハイインパクト賞(NIH)
平成22年 JB論文賞(日本生化学会)

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
(独)国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 神経薬理研究部 部長
 
2005年
   
 
国立精神・神経センター
 
2005年
   
 
国立精神・神経センター 遺伝子工学研究部 部長
 

受賞

 
2010年
日本生化学会 JB 論文賞
 
1998年
NIH High risk/high impact Award
 
1994年
Alzheimer’s Association Faculty Scholar Award
 
1994年
FIRST Award
 
1990年
Human Frontier Science Program Award
 

論文

 
硫化水素:生合成と機能
木村 英雄
96 833-835   2011年   [招待有り]
Kimura H
Antioxidants & redox signaling   12 1111-1123   2010年5月   [査読有り]
Shichishima T, Ikeda K, Takahashi N, Kameoka J, Tajima K, Murai K, Tamai Y, Shichishima-Nakamura A, Akutsu K, Noji H, Okamoto M, Kimura H, Harigae H, Oyamada T, Kamesaki T, Takeishi Y, Sawada K
International journal of hematology   91(4) 602-610   2010年4月   [査読有り]
Namekata K, Harada C, Taya C, Guo X, Kimura H, Parada LF, Harada T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(16) 7586-7591   2010年4月   [査読有り]
Kimura H
Amino acids      2010年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Hydrogen Sulfide and its Therapeutic Applications
木村 英雄 (担当:編者, 範囲:Hydrogen sulfide-mediated cellular signaling and cytoprotection.)
Springer   2013年   
Gasotransmitters: Physiology and Pathophysiology
木村 英雄 (担当:分担執筆, 範囲:Physiological and pathophysiological functions of hydrogen sulfide.)
Springer   2012年   
Dendritic Neurotransmitter Release.
木村 英雄 (担当:分担執筆, 範囲:Hydrogen sulfide as a retrograde signal.)
Springer   2004年   
Signal transduction and the gasotransmitters: NO, CO, and H2S in Biology and Medicine.
木村 英雄 (担当:分担執筆, 範囲:Hydrogen sulfide and the regulation of neuronal activities.)
Humana Press Inc.   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
内在性硫化水素の生理機能
日本学術振興会: 基盤(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 木村 英雄
新規ガス性生理活性物質硫化水素の生理機能
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 木村 英雄
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年
一酸化窒素(NO)と一酸化炭素(CO)につぐ、第3のガス性生理活性物質としての硫化水素が神経のNMDA受容体活性を増強し、海馬長期増強(LTP)の誘導を促進し、グリア細胞にはカルシウムウェーブを誘起し、シナプス伝達を調節する可能性を見出した。本研究では、硫化水素の神経・グリア細胞間のシグナル伝達への関与について検討することを目的とする。
実験方法としては、培養神経及びグリアをカルシウムグリーンで染め、硫化水素の投与や、電気刺激したときの細胞内カルシウム動態をハママツフォトニクスのCCDカメ...

学歴

 
1978年4月
 - 
1980年3月
東京大学 薬学部 
 
1976年4月
 - 
1978年3月
東京大学 教養学部