小川 秀司

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/10 15:54
 
アバター
研究者氏名
小川 秀司
 
オガワ ヒデシ
URL
http://hideshiogawahomepage.weebly.com/
所属
中京大学
部署
国際教養学部 国際教養学科
職名
教授
科研費研究者番号
80293976

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
中京大学 国際教養部 教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
中京大学 教養部 准教授
 
1998年4月
 - 
2007年3月
中京大学 教養部 助教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員研究員
 
1997年4月
 - 
1998年3月
京都大学 霊長類研究所 教務職員(文部技官)
 
1995年6月
 - 
1997年3月
京都大学 霊長類研究所 COE研究員
 
1990年3月
 - 
1990年7月
JICA (国際協力機構y) 専門家
 

学歴

 
1994年9月
 - 
1995年5月
京都大学 霊長類研究所 研修員
 
1989年4月
 - 
1994年9月
京都大学 理学研究科 霊長類学専攻
 
1984年4月
 - 
1989年3月
京都大学 理学部 
 

受賞

 
1992年
第1回日本霊長類学会海外学術研究賞
 

論文

 
Ogawa, H., Chalise, M. K., Malaivijitnond, S., Koirala, S., Hamada, Y., & Wada, K. (2019).
Comparison of genital contact behaviors among Macaca assamensis pelops in Nepal, M. a. assamensis in Thailand, and M. thibetana in China. Journal of Ethology, 37(3): 243-258. DOI 10.1007/s10164-019-00595-5
   2019年   [査読有り]
Ogawa, H., Paudel, P. K., Koirala, S., Khatiwada, S., & Chalise, M. K.
(2019). Social interactions between rhesus macaques (Macaca mulatta) and Assamese macaques (M. assamensis) in Nepal: Why do male rhesus macaques follow social groups of Assamese macaques? Primate Research, 35(1): 45-51. DOI: 10.2354/psj.35.005
   2019年   [査読有り]
Balasubramaniam, K. N., Beisner, B. A., Berman, C. M., de Marco, A., Duboscq, J., Koirala, S., Majolo, B., MacIntosh, A. J. J., McFarland, R., Molesti, S., Ogawa, H., Petit, O., Schino, G., Sosa, S., Sueur, C., Thierry, B., de Waal, F.B.M, & McCowan, B.J.
(2018). The influence of phylogeny, social style, and sociodemographic factors on macaque social network structure. American Journal of Primatology, 80(1): e22727. DOI: 10.1002/ajp.22727
   2018年   [査読有り]
Upadhayay, P., Khanal, L., Ogawa, O., & Chalise, M. K. (2018).
Behavioral asymmetries among mother-infant dyads of syntopic macaques (Macaca assamensis and M. mulatta) in Shivapuri-Nagarjun National Park, Nepal. Journal of Ecology & Natural Resources, 2(5): 000142. DOI: 10.23880/jenr-16000142
   2018年   [査読有り]
Koirala, S., Chalise, M., Katuwal, H., Gaire, R., Pandey, B., & Ogawa, H. (2017). Diet and activity of Macaca assamensis in wild and semi-provisioned groups in Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. Folia Primatologica, 88: 57-74.
   2017年   [査読有り]
Yoshikawa, M. & Ogawa, H. (2015). Diet of savanna chimpanzees in the Ugalla area, Tanzania. African Study Monographs. 36(3-4): 189-209.
   2015年   [査読有り]
Ogawa, H., Yoshikawa, M., & Idani, G. (2014). Sleeping site selection by savanna chimpanzees in Ugalla, Tanzania. Primates, 55: 269-282. DOI 10.1007/s10329-013-0400-4
   2014年   [査読有り]
Inoue, E., Tashiro, Y., Ogawa, H., Inoue-Murayama, M., Nishida, T., & Takenaka, O. (2013). Gene flow and genetic diversity of chimpanzee populations in East Africa. Primate Conservation, 26: 67-74.
   2013年   [査読有り]
Ogawa, H., Yoshikawa, M., & Idani G. (2013). The population and habitat preferences of chimpanzees in non-protected areas of Tanzania. Pan Africa News, 20(1): 1-5.
   2013年   [査読有り]
Balasubramaniam, K. N., Berman, C. M., De Marco, A., Majolo, B., Ogawa, H., Thierry, B., & de Vries, H. (2013).
Consistency of dominance rank order: a comparison of David’s scores with I&SI and Bayesian methods in macaques. American Journal of Primatology,75(9): 959-71. DOI: 10.1002/ajp.22160
   2013年   [査読有り]
Balasubramaniam, K. N., Dittmar, K., Berman, C. M., Butovskaya, M., Cooper, M. A., Majolo, B., Ogawa, H., Schino, G., Thierry, B., & de Waal, F. B. M.
(2012). Hierarchical steepness and phylogenetic models: Phylogenetic signals in Macaca. Animal Behaviour, 83: 1207-1218. DOI: 10.1016/j.anbehav.2012.02.012
   2012年   [査読有り]
Balasubramaniam, K. N., Dittmar, K., Berman, C. M., Butovskaya, M., Cooper, M. A., Majolo, B., Ogawa, H., Schino, G., Thierry, B., & de Waal, F. B. M. (2012).
Hierarchical steepness, counter-aggression and macaque social style scale. American Journal of Primatology, 74: 915-925.
   2012年   [査読有り]
Iida, E. Idani, G., Ogawa, H. (2012). Mammalian fauna in dry woodland savanna (miombo forest) of the ugalla area, western Tanzania. African Study Monographs, 33(4): 233-250.
   2012年   [査読有り]
Ogawa, H. & Wada, K. (2011). Shape of, body direction in, huddles of Japanese macaques (Macaca fuscata) in Arashiyama, Japan. Primates 52(3): 229-235.
   2011年   [査読有り]
Ogawa, H., Yoshikawa, M., Mbalamwezi M. (2011). A chimpanzee bed found at Tubila, 20km from Lilanshimba habitat. Pan Africa News 18(1): 5-6.
   2011年   [査読有り]
Balasubramaniam, K. N., Berman, C. M., Ogawa, H., & Li, J. (2011). Using biological markets principles to examine patterns of grooming exchange in Macaca thibetana. American Journal of Primatology. 73:1269–1279.
   2011年   [査読有り]
小川秀司 (2010). マカクのさるだんご形成における社会的な複雑さ 霊長類研究26(2): 143-158. DOI: 10.2354/psj26.008
   2010年   [査読有り]
Wada, K. & Ogawa, H. (2009). Identifying inter-individual social distances in Japanese monkeys. Mamalia, 73: 81-84. DOI: 10.1515/mamm.2009.023
   2009年   [査読有り]
Yoshikawa, M., Ogawa, H., Sakamaki, T., & Idani, G. (2008). Population density of chimpanzees in Tanzania. Pan Africa News, 15(2): 17-20.
   2008年   [査読有り]
Berman, C., Ogawa, H., Ionica, C., Yin, H., & Li, J. (2008). Variation in kin bias over time in a group of Tibetan macaques at Huangshan, China: Contest competition, time constraints or risk response? Behaviour, 145(7): 863-896.
   2008年   [査読有り]
Wada, K., Tokida, E., & Ogawa, H. (2007). The influence of snowfall, temperature and social relationships on sleeping clusters of Japanese monkeys during winter in Shiga Heights. Primates, 48: 130-139.
   2007年   [査読有り]
Berman, C., Li, J., Ogawa, H., Ionica, C., & Yin, H. (2007). Primate tourism, range restriction and infant risk among Macaca thibetana at Mt. Huangshan, China. International Journal of Primatology, 28(5): 1123-1141.
   2007年   [査読有り]
Ogawa, H., Idani G., Moore J., Pintea L., & Hernandez-Aguilar, A. (2007). Sleeping parties and nest distribution of chimpanzees in the savanna woodland, Ugalla, Tanzania. International Journal of Primatology, 28(6): 1397-1412.
   2007年   [査読有り]
Ogawa, H., Moore, J., & Kamenya, S. (2006). Chimpanzees in the Ntakata and Kakungu areas, Tanzania. Primate Conservation, 21: 97-101.
   2006年   [査読有り]
Ogawa, H., Sakamaki, T., & Idani G. (2006). The influence of Congolese refugees on chimpanzees in the Lilanshimba area, Tanzania. Pan Africa News, 13(2): 21-22.
   2006年   [査読有り]
Ogawa, H., Moore, J., Kanamori, M., & Kamenya, S. (2004). Report on the chimpanzees of the Wansisi and Makomayo areas, Tanzania. Pan Africa News, 11(2): 3-5.
   2004年   [査読有り]
Ogawa, H. & Takahashi, H. (2003). Triadic positions of Tibetan macaques huddling at a sleeping site. International Journal of Primatology, 24(3): 591-606.
   2003年   [査読有り]
小川秀司, 伊谷原一, 金森正臣 (1999). タンザニアのウガラの疎開林地帯におけるチンパンジーの生息地 霊長類研究 15(2): 135-146.
   1999年   [査読有り]
小川秀司, 加納隆至, 金森正臣, Massawe, E. (1999). タンザニアのルクワ地区南西部で新しく発見されたチンパンジーの生息地 霊長類研究 15(2): 147-151.
   1999年   [査読有り]
加納隆至, 小川秀司, 安里龍, 金森正臣 (1999). 西部タンザニア・マラガラシ川北岸におけるチンパンジーの分布 霊長類研究 15(2): 153-162.
   1999年   [査読有り]
Ogawa, H. (1998). Adoption and social interactions among a mother and 'twin' Macaca fuscata. Folia Primatologica, 69(2): 100-105.
   1998年   [査読有り]
小川秀司, 松村秀一, 大浦宏邦, 中丸麻由子, 岡本暁子, 藪田慎司 (1998). 社会行動とゲーム理論 霊長類研究 14(3): 209-221.
   1998年   [査読有り]
Ogawa, H., Kanamori, M., & Mukeni, S. H. (1997). The discovery of chimpanzees in the Lwazi River area, Tanzania: a new southern distribution limit. Pan Africa News, 4(1): 1-3.
   1997年   [査読有り]
小川秀司 (1997). 霊長類における同種間での他者理解の進化 (Intraspecies theory of mind in primates: The evolution of social intelligence) 心理学評論 40(1): 22-38.
   1997年   [査読有り]
小川秀司 (1996). ニホンザル嵐山F群における養子取りによる双子と母親の社会交渉 霊長類研究12(1): 1-10.
   1996年   [査読有り]
Ogawa, H. (1995). Recognition of social relationships in bridging behavior among Tibetan macaques (Macaca thibetana). American Journal of Primatology, 35: 305-310.
   1995年   [査読有り]
Ogawa, H. (1995). Bridging behavior and other affiliative interactions among male Tibetan macaques (Macaca thibetana). International Journal of Primatology, 16(5): 707-729.
   1995年   [査読有り]
Ogawa, H. (1995). Triadic male-female-infant relationships and bridging behaviour among Tibetan macaques (Macaca thibetana). Folia Primatologica, 64(3): 153-157.
   1995年   [査読有り]
Ogawa, H. (1994). Social relationships in bridging behavior among Tibetan macaques (Macaca thibetana) (チベットモンキーのブリッジング行動における社会関係).
京都大学理学研究科博士論文      1994年   [査読有り]

Misc

 
小川秀司 (2019). サバンナウッドランド地帯のチンパンジーはどんな環境で眠るのか 日本人類学会進化人類学分科会ニューズレター(初期人類の睡眠を考える:森林とサバンナの昼と夜) pp. 14-17.
   2019年
小川秀司 (2016). 伝えられないもどかしさ 中京大学評論誌八事 32: 36-42.
   2016年
小川秀司 (2015). タンザニア横断,自転車の旅-サバンナを抜けてチンパンジーの住む林へ- 図書793: 18-23.
   2015年
Ogawa, H. & Malaivijitnond, S. (2013) Social behaviors of Assamese macaques (Macaca assamensis) at Wat Tham Pla, Chiang Rai Province. Final Report of the project (No.0002.3/4429) to National Research Council of Thailand.
   2013年
Chalise, M. K., Ogawa, H., & Pandey, B. P. (2013). Assamese monkeys in Nagarjun forest of Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. Tribhuvan University Journal, 28(1-2): 181-190.
   2013年
中田友一, 山本茂義, 小川秀司 (2011). E-LearningシステムWebClass導入で見えてきたもの-グローバル戦略としての大学教育- 中京大学国際教養学部教養論叢 4(1): 1-13.
   2011年
中村美知夫, 小川秀司, 花村俊吉 (2010). 特集「社会の学としての霊長類学」コメントに対するリプライ霊長類研究 26(2): 205-219.
   2010年
小川秀司 (2009). 動物の持つ記憶 中京大学評論誌八事 25: 105-100.
   2009年
Kano, T., Idani, G. Ogawa, H., Asato, R., Kanamori, M. Massawe, E. T., Iwamoto, M., & Yoshikawa, M. (2009).
Ecological study of wild chimpanzees in the savanna woodland. Final report of the savanna chimpanzee project (2008-169-ER-94-16) to Tanzania Commission for Science and Technology & Tanzania Wildlife Research Institute.
   2009年
Ogawa, H. (2008). Methodological problems in fieldwork: Understanding the mind of nonhuman primates. Bulletin of School of International Liberal Studies, Chukyo University, 1(1): 87-96.
   2008年
小川秀司 (2005). 書評「インドサル学紀行-2種の分布の境界を探る-(小山直樹著)」 霊長類研究 21(2): 143-144.
   2005年
小川秀司 (2002). さるだんご形成という社会交渉-サルたちの相互作用はなぜおもしろいのか- 財団法人日本モンキーセンター 第46回プリマーテス研究会記録 pp. 66-69.
   2002年
李進華, 王岐山, 尹華宝, 周立志, 葛継志, Berman, C., Ionica, C., 小川秀司, 李明 (2002). 黄山短尾猴的研究及其進展 中国霊長類研究通報 10(1): 2-6.
   2002年   [査読有り]
金森正臣, 小川秀司 (2001). 意欲とは何か-Raise awareness- 愛知教育大学教育実践総合センター紀要 4: 265-271.
   2001年
小川秀司 (2001). 果物の赤 中京大学評論誌八事 17: 123-127.
   2001年
小川秀司 (1997). チンパンジーの乾燥疎開林への適応戦略: 採食と泊り場利用 中山科学振興財団活動報告書1996 pp. 148-164.
   1997年
Ogawa, H. (1995). Feeding and sleeping parties of Tschego Chimpanzees (Pan troglodytes troglodytes) in the Nouabale-Ndoki National park. Rapport Annuel 1994-1995 pour Recherches Scientifiques Cooperatives par Equipes Japonaises et Congolaises, pp. 54-58.
   1995年
小川秀司 (1993). その後のチベットモンキーのメスたち モンキー Vol.36(3・4), No.245・246: 17-21.
   1993年
小川秀司 (1991). 子は群れのかすがい-チベットモンキーの不思議な社会行動- アニマ 231: 30-33.
   1991年
小川秀司 (1991). チベットモンキーのメスたち モンキー Vol.35(3・4), No.239・240: 30-35.
   1991年

書籍等出版物

 
小川秀司 (2017). 乾燥疎開林に謎のチンパンジーを探して-タンザニアあちこち大作戦- ユニテ 名古屋 ISBN978-4-8432-3084-8 C3040
2017年   
Berman, C., Matheson, M., Li, J., Ogawa, H., & Ionica, C. (2014). Tourism, infant mortality, and stress indicators among Tibetan macaques at Huangshan, China. In: Russon A. & Wallis J. (eds.) Primate tourism: a tool for conservation?
Cambridge University Press, pp. 21-43. ISBN: 978-1-107-01812-9   2014年   
Plumptre, A. J., Rose, R., Nangendo, G., Williamson, E. A., Didier, K., Hart, J., Mulindahabi, F., Hicks, C., Griffin, B., Ogawa, H., Nixon, S., Pintea, L., Vosper, A., McLennan, M., Amsini, F., McNeilage, A., Makana, J. R., Kanamori, M.,
Hernandez, A., Piel, A., Stewart, F., Moore, J., Zamma, K., Nakamura, M., Kamenya, S., Idani, G., Sakamaki, T., Yoshikawa, M., Greer, D., Tranquilli, S., Beyers, R., Hashimoto, C., Furuichi, T., & Bennett, E. (2010). Eastern Chimpanzee (Pan troglodytes schweinfurthii): Status survey and conservation action plan 2010-2020. IUCN, Gland, Switzerland. ISBN: 978-2-8317-1246-8
2011年   
Ogawa, H. (2006). Wily monkeys: Social intelligence of Tibetan macaques. Kyoto University Press and Trans Pacific Press. ISBN: 1-920901-97-3, 978-1-920901-97-4
2006年   
7. 小川秀司 (2002). アフリカの原野で暮した日々 加納隆至, 黒田末寿, 橋本千絵(編著) アフリカを歩く-フィールドノートの余白に- 以文社 東京 pp. 189-205. ISBN: 4-7531-0223-8
2002年   
8. 小川秀司 (2000). 疎開林で食べ森に集まって眠るチンパンジー 杉山幸丸(編著) 霊長類生態学-環境と行動のダイナミズム- 京都大学学術出版会 京都 pp. 131-152. ISBN4-87698-406-9
2000年   
9. 小川秀司 (1999). たちまわるサル-チベットモンキーの社会的知能-(生態学ライブラリー7) 京都大学学術出版会 京都 ISBN: 4-87698-307-0
1999年   

講演・口頭発表等

 
小川秀司, Khatiwada S., Paudel, P. K., & Chalise, M. K. (2019). ネパールにおけるアッサムモンキーとアカゲザルの生息地利用と遊動パターン 霊長類研究35(Supplement): 59-60. 第35回日本霊長類学会大会(2019年7月12-14日 熊本県熊本市 国際交流会館)
2019年   
吉川翠, 小川秀司, 伊谷原一 (2019). タンザニアの乾燥疎開林地帯に生息するチンパンジーの直接観察事例 霊長類研究 35(Supplement): 59. 第35回日本霊長類学会大会(2019年7月12-14日 熊本県熊本市 国際交流会館)
2019年   
吉川翠, 小川秀司, 伊谷原一 (2019). タンザニアの疎開林地帯に生息する霊長類の採食物とその特徴 第66回日本生態学会大会 (2019年3月15-19日 兵庫県神戸市 神戸国際会議場)
2019年   
小川秀司, Chalise, M., Khatiwada S., Pandey, B., Koirala, S., & Paudel, P. & Upadhayay, P. (2018). ネパールにおけるアッサムモンキーとアカゲザルの社会交渉 霊長類研究34(Supplement): 40. 第34回日本霊長類学会大会(2018年7月13-15日 東京都練馬区 武蔵野大学)
2018年   
Ogawa, H., Chalise, M. K., Khatiwada, S., Pandey, B. P., Koirala, S., Paudel, P. K., & Upadhayay, P. (2018). Social interactions between Macaca assamensis and M. mulatta at Shivapuri Nagarjun National Park in central Nepal. Abstract pp. 26-27.
Satellite international symposium on Asian primates: Human-nonhuman primates’ coexistence (17–20 Feb. 2018, Hotel Himalaya, Lalitpur, Kathmandu, Nepal).
2018年   
Koirala, S., Chalise, M., Katuwal, H., Gaire, R., Pandey, B., & Ogawa, H. (2018). Diet and activity of Macaca assamensis in wild and semi-provisioned groups in Shivapuri Nagarjun National Park, Nepal. Abstract pp. 58-59.
Satellite International symposium on Asian primates: Human-nonhuman primates’ coexistence (17–20 Feb. 2018, Hotel Himalaya, Lalitpur, Kathmandu, Nepal).
2018年   
Koirala, S., Ogawa, H., Chalise, M. K., & Li, M. (2018). Mating behavior of western Assamese macaque (Macaca assamensis pelops).
The 6th Asian Primates Symposium & the 5th Asian (Indochinese) Primates Conservation Symposium (19-23 October 2018, Dali University and Yunlong National Park, Dali, Yunnan, China).
2018年   
小川秀司 (2018). サバンナウッドランド地帯のチンパンジーはどんな環境で眠るのか 第72回日本人類学会大会シンポジウム8(第42回進化人類学分科会シンポジウム)初期人類の睡眠を考える:森林とサバンナの昼と夜 (2018年10月19-22日 静岡県三島市 三島市文化会館)
2018年   
小川秀司, Chalise, M., Malaivijitnond, S., Koirala, S., 濱田穣 (2017). アッサム及びチベットモンキーのブリッジングと他の親和的行動 霊長類研究 33(Supplement): 66-67. 第33回日本霊長類学会大会(2017年7月15-17日 福島県福島市 コラッセふくしま)
2017年   
Ogawa, H. (2017). Bridging behavior and male-infant interactions of Macaca assamensis in Nepal and Thailand: Comparison with those of Macaca thibetana in China. Abstract p.18.
International symposium: (Nonhuman primates: Insights into human behavior and society) (21-25 July 2017, Huangshan, China).
2017年   
小川秀司 (2016). マカク属のサルの社会:社会生態モデルは彼らの種間種内変異を説明できるか 第237回中部人類学談話会(2016年11月12日 愛知県名古屋市 南山大学)
2016年   
小川秀司, Chalise, M. K., Malaivijitnond, S., Bawri, M., 濱田穣 (2015). ネパールとタイとインドのアッサムモンキーの調査地 霊長類研究 31(Supplement): pp.80-90. 第31回日本霊長類学会大会(2015年7月18-20日 京都府京都市 京都大学)
2015年   
小川秀司 (2014). 霊長類における崖の岩棚等の泊まり場選択について 京都大学霊長類研究所共同利用研究会「豪雪地域におけるニホンザルの洞窟利用」(2015年3月7-8日 愛知県犬山市 京都大学霊長類研究所)
2014年   
Hamada, Y., Ogawa H., Malaivijitnond, S., & Kawamoto, Y. (2014). Phenotypic variation in Assamese macaques: what are different between subspecies. Abstract #169.
The 25th Congress of the International Primatological Society (11-16 August 2014, Hanoi, Vietnam).
2014年   
吉川翠, 小川秀司, 小金沢正昭, 伊谷原一 (2014). タンザニア西部ウガラ地域の乾燥疎開林地帯に生息するチンパンジーの採食物 霊長類研究 28(Supplement): 67. 第30回日本霊長類学会大会(2014年7月4-6日 大阪府大阪市 大阪科学技術センタービル)
2014年   
小川秀司 (2014). マカカ属の社会行動とその進化 プログラム・抄録集 p. 32. 第68回日本人類学会大会2014年10月31-11月3日アクトシティー静岡県浜松市 シンポジウム4「東南アジアにおける霊長類の進化地理学」)
2014年   
Yoshikawa, M., Ogawa, H., Koganezawa, M., & Idani, G. (2012). Sleeping site selection by chimpanzees (Pan troglodytes) in savanna woodland, western Tanzania. Program, p. 82; Abstracts, P1-238A.
The joint congress of the 59th annual meeting of Ecological Society of Japan (ESJ59) and the 5th east Asian Federation of Ecological Societies (EAFES) International Congress (17-21 March 2012, Ryukoku University, Siga, Japan).
2012年   
小川秀司, Malaivijitnond, S., 濱田譲 (2012). タイのヒガシアッサムモンキーの交尾行動とコンソート関係 霊長類研究 28(Supplement): S-38. 第28回日本霊長類学会大会(2012年7月6-8日 愛知県名古屋市 椙山女学園大学)
2012年   
吉川翠, 小川秀司, 小金沢正昭, 伊谷原一 (2012). タンザニア疎開林地帯のチンパンジーの採食品目とその季節変化 霊長類研究 28(Supplement): S2-3. 第28回日本霊長類学会大会(2012年7月6-8日 愛知県名古屋市 椙山女学園大学)
2012年   
丸橋珠樹, 岡崎祥子, 小川秀司, Nilpaung, W., 濱田穣, Malaivijitnond, S. (2012). タイ・カオクラプック保護区に生息するベニガオザルのウサギ肉食行動 霊長類研究 28(Supplement): S-8. 第28回日本霊長類学会大会(2012年7月6-8日 愛知県名古屋市 椙山女学園大学)
2012年   
Ogawa H. (2012). Sexual behavior and social relationship in the sinica group of macaques. Proceedings, p. 46. The 3rd International Symposium of Southeast Asian Primates: Diversity and Evolution of Asian Primates (27-29 August 2012, Bangkok, Thailand).
2012年   
吉川翠, 小川秀司, 小金沢正昭, 伊谷原一 (2012) 自動撮影カメラを用いたチンパンジーとその採食競合者の調査 発表要旨集 pp. 36-37. 第15回SAGAシンポジウム(2012年11月17-18日 北海道札幌市 札幌市立大学・札幌市円山動物園)
2012年   
吉川翠, 小川秀司, 坂巻哲也, 伊谷原一 (2011). 疎開林地帯に生息するチンパンジーの泊り場の植生と地形 霊長類研究 27(Supplement): 16-17. 第27回日本霊長類学会大会(2011年7月16-18日 愛知県犬山市 犬山国際観光センターフロイデ)
2011年   
小川秀司, Malaivijitnond, S., 濱田譲 (2011). ヒガシアッサムモンキーの交尾行動 発表要旨集 p. 89. Animal 2011: 日本動物心理学会(第71回), 日本動物行動学会(第30回), 応用動物行動学会/日本家畜管理学会(2011年度)合同大会(2011年9月9-11日 東京都港区 慶應義塾大学)
2011年   
吉川翠, 小川秀司, Kagoma, E., 伊谷原一 (2011). 乾燥疎開林のチンパンジーの死体の発見報告 発表要旨集 p. 10. 第14回SAGAシンポジウム(2011年11月12-13日 熊本県熊本市 熊本市動物園)
2011年   
Yoshikawa, M., Ogawa, H., Koganezawa, M., & Idani, G. (2010). Habitat selection by chimpanzees (Pan troglodytes) in savanna woodland, western Tanzania. Primate Research, 25(Supplement): 415.
The 23th Congress of the International Primatological Society (12-18 September 2010, Kyoto University, Kyoto, Japan).
2010年   
Ogawa, H. & Wada, K. (2010). Huddling groups of Japanese macaques in Arashiyama, Kyoto, central Japan. Primate Research, 25(Supplement): 405.
The 23th Congress of the International Primatological Society (12-18 September 2010, Kyoto University, Kyoto, Japan).
2010年   
吉川翠, 小川秀司, 小金沢正昭, 伊谷原一 (2010). 乾燥疎開林におけるチンパンジーのベッドの崩壊速度 発表要旨集 p. 88. 日本動物行動学会第29回大会(2010年11月19-21日 沖縄県那覇市 琉球大学)
2010年   
小川秀司, Malaivijitnond, S., 濱田譲 (2010). ヒガシアッサムモンキーの群れ間の社会交渉 発表要旨集 p. 40. 日本動物行動学会第29回大会(2010年11月19-21日 沖縄県那覇市 琉球大学)
2010年   
吉川翠, 小川秀司, 金澤正昭, Mbalamwezi, M., 伊谷原一 (2010). リランシンバの北20kmのトゥビラで発見されたチンパンジーのベッド 発表要旨集 p. 13. 第13回SAGAシンポジウム(2010年11月13-14日 神奈川県横浜市 麻布大学・よこはま動物園ズーラシア)
2010年   
小川秀司 (2009). マカクにおけるさるだんごの形成パターンの創発 第25回日本霊長類学会大会(2009年7月18-20日 愛知県各務ヶ原市 中部学院大学)(自由集会: 社会の学としての霊長類学(第3回)-「他者」としての他個体と「社会的な複雑さ」-)
2009年   
吉川翠, 小川秀司, 坂巻哲也, 伊谷原一 (2009). タンザニアの国立公園外におけるチンパンジーの生息密度 霊長類研究 25(Supplement): S35. 第25回日本霊長類学会大会(2009年7月18-20日 愛知県各務ヶ原市 中部学院大学)
2009年   
田代靖子, 井上英治, 小川秀司, 井上-村山美穂, 西田利貞, 竹中修 (2009). 西部タンザニア地域のチンパンジーの遺伝的多様性 霊長類研究 25(Supplement): S27. 第25回日本霊長類学会大会(2009年7月18-20日 愛知県各務ヶ原市 中部学院大学)
2009年   
小川秀司, Malaivijitnond, S. (2009). タイ北部のヒガシ・アッサムモンキーの社会行動.霊長類研究 25(Supplement): S17. 第25回日本霊長類学会大会(2009年7月18-20日 愛知県各務ヶ原市 中部学院大学)
2009年   
Ogawa H, Malaivijitnond, S., & Hamada, Y. (2009). Proceedings, p. 29. Social interactions among Assamese macaques at Wat Tham Pla, Thailand. The 3rd International Congress on the Future of Animal Research (19-21 November 2009, Bangkok, Thailand).
2009年   
Funakoshi, M., Watanabe, K., & Ogawa, H. (2008). Evaluation of conifer inner bark as a food of Japanese macaques. Proceedings, p. 86. The 22th Congress of the International Primatological Society (3-8, August 2008, Edinburgh, UK).
2008年   
Ogawa, H. (2006) Understanding the mind of nonhuman primates: observations of Tibetan macaques and chimpanzees. International Symposium on Fieldwork: Examining its Practice among Biological Anthropologists and Primatologists (5-6 May 2006, Oxford Brookes
2006年   
小川秀司, 伊谷原一, 坂巻哲也 (2006). タンザニア西部におけるコンゴ及びブルンジ難民のチンパンジー生息地への影響 発表要旨集 p. 5.第9回SAGAシンポジウム(2006年11月11-12日 愛知県名古屋市 名古屋大学・東山動物園)
2006年   
小川秀司, 伊谷原一 (2005). タンザニアにおけるチンパンジー生息地の状況 霊長類研究 21(Supplement): S15. 第21回日本霊長類学会大会(2005年7月1-3日 岡山県倉敷市 倉敷市芸文会館)
2005年   
小川秀司 (2005). さるだんごの形は4個体ではどうなるか 発表要旨集 p. 28. 日本動物行動学会第24回大会(2005年11月24-26日 東京都三鷹市 国際基督教大学)
2005年   
Nakamura, M., Idani, G., Ogawa, H., Nishie, H., & Mwinuka, C. (2005). Chimpanzees in the dry habitat: Conservation implications for Mahale and Ugalla. Proceedings, p. 41.
The 5th TAWIRI Annual Scientific Conference “People and wildlife: Promoting conservation while balancing needs” (1-3 December 2005, Arusha, Tanzania).
2005年   
Berman, C., Ionica, C., Ogawa, H., & Li, J. (2004). Tourism and infant risk among Tibetan macaques at Huangshan, China. Folia Primatologica, 75(Supplement 1): 42.
The 20th Congress of the International Primatological Society (22-28 August 2004, Torino, Italy).
2004年   
伊谷原一, 小川秀司 (2003). タンザニア,ウガラにおけるチンパンジーのグルーピングの季節的変化 大会プログラム予稿集 p. 26. 第19回日本霊長類学会大会(2003年6月27-29日 宮城県仙台市 宮城教育大学)
2003年   
小川秀司 (2002). さるだんごという社会交渉-サルたちの相互作用はなぜおもしろいのか- 第46回プリマーテス研究会記録 pp. 67-69. 第46回プリマーテス研究会「サルのおつきあい-霊長類のコミュニケーション-」(2001年10月20-21日 愛知県犬山市 日本モンキーセンター)
2002年   
小川秀司 (2002). 各進化段階における霊長類の知性の進化の生態仮説及び社会仮説 第31回ホミニゼーション研究会「知性の進化」(2002年3月14-15日) 愛知県犬山市,犬山国際観光センターフロイデ)
2002年   
小川秀司 (2002). さるだんごを形成するニホンザル3頭の血縁関係 霊長類研究 18(3): 422 .第18回日本霊長類学会大会(2002年7月19-21日 東京都文京区 東京大学)
2002年   
Ogawa, H. (2002). Huddling behavior of Tibetan macaques at sleeping sites. Abstracts, pp. 68-69. The 19th Congress of the International Primatological Society (4-9 August 2002, Beijing, China).
2002年   
小川秀司 (2002). チベットモンキーは本当に「縁者びいき」でなく「ゆるやかな優劣関係」なのか? 発表要旨集 p. 66. 日本動物行動学会第21回大会(2002年11月2-4日 東京都豊島区 立教大学)
2002年   
小川秀司 (2001). さるだんご(身体接触しているサルたちのかたまり)ではどんな3者がよく揃うのか.発表要旨集 p. 38. 日本動物行動学会第20回大会(2001年11月23-25日 京都府京都市 京都大学)
2001年   
小川秀司 (2000). サルの子育てに学ぶ-子育てはニホンザルにも難しい- 第148回マンスリーステージ講演会(2000年10月14日 愛知県名古屋市名古屋市生涯学習センター)
2000年   
小川秀司 (2000). タンザニアのウガラのサバンナヒヒ(Papio cynocephalusとP. anubis)の生態 霊長類研究 16(3): 282. 第16回日本霊長類学会大会(2000年7月7-9日 愛知県名古屋市 東海学園大学)
2000年   
小川秀司 (1999). 他者に心を想定する脳の進化 発表要旨集 p. 15. 日本動物行動学会第18回大会(1999年11月19-21日 愛知県名古屋市 中京大学 公開講演会「動物行動学から見た心の進化」)
1999年   
Ogawa, H. & Idani, G. (1998). Habitat use of chimpanzees in the savanna woodland. Inuyama Symposium “Recent Trends in Primate Socioecology” (5-8 January 1998, Inuyama International Sightseeing Center “Freude”, Aichi, Japan).
1998年   
小川秀司, 伊谷原一, 金森正臣 (1998). 最東端に生息するチンパンジー 第1回SAGAシンポジウム(1998年11月19-20日 愛知県犬山市 犬山国際観光センターフロイデ)
1998年   
金森正臣, 小川秀司, 加納隆至 (1998). 最南端に生息するチンパンジー 第1回SAGAシンポジウム(1998年11月19-20日 愛知県犬山市 犬山国際観光センターフロイデ)
1998年   
小川秀司 (1997). タンザニアにおけるチンパンジーの生息地と植生 霊長類研究 13(3): 274. 第13回日本霊長類学会大会(1997年7月4-6日 北海道札幌市 北海道大学)
1997年   
小川秀司, 高橋弘之 (1997). チベットモンキーの泊り場におけるさるだんご形成の3者関係発表要旨集 p. 39. 日本動物行動学会第16回大会(1997年11月28-30日 京都府京都市 京都大学)
1997年   
小川秀司 (1997). 霊長類ではどんな社会のどんな雄が子育てを手伝うか?日本動物行動学会第16回大会(1997年11月28-30日 京都府京都市 京都大学 公開シンポジウム「オスと父親のはざまで」)
1997年   
伊谷原一, 小川秀司 (1996). 乾燥疎開林におけるチンパンジーの生息地利用1: 泊まり場 霊長類研究 12(3): 282. 第12回日本霊長類学会大会(1996年6月27-29日 大阪府大阪市 大阪大学)
1996年   
小川秀司, 伊谷原一 (1996). 乾燥疎開林におけるチンパンジーの生息地利用2: 乾季の食性霊長類研究 12(3): 282. 第12回日本霊長類学会大会(1996年6月27-29日 大阪府大阪市 大阪大学)
1996年   
小川秀司 (1995). ニホンザル嵐山F群における養子取りによる双子と母親の社会関係発表要旨集 p. 17.日本動物行動学会第14回大会(1995年12月3-5日 兵庫県三田市 人と自然の博物館)
1995年   
小川秀司 (1994). マカク属におけるブリッジング行動霊長類研究 10(2): 125. 第10回日本霊長類学会大会(1994年6月18-19日 東京都千代田区 上智大学)
1994年   
小川秀司 (1993). 霊長類におけるしかえしシステムの進化 霊長類研究 9(3): 296. 第9回日本霊長類学会大会(1993年6月26-27日 宮城県仙台市 仙台市戦災復興記念館)
1993年   
小川秀司 (1993). 霊長類におけるしかえしシステムとチキンゲームにおけるESS 発表要旨集 p. 24.日本動物行動学会第12回大会(1993年12月3-5日 静岡県静岡市 静岡大学)
1993年   
小川秀司 (1992). チベットモンキーのメス間の順位変動と連合形成 霊長類研究 8(2): 205. 第8回日本霊長類学会大会(1992年6月20-21日 京都府京都市 京都大学)
1992年   
小川秀司 (1991). チベットモンキー(Macaca thibetana)のブリッジング行動における三者の社会関係 霊長類研究 7(2): 155. 第7回日本霊長類学会大会(1991年6月28-30日 岡山県倉敷市 川崎医科大学)
1991年   
Ogawa, H. (1991). Triadic social relationship in bridging behavior among Tibetan monkeys. Abstracts, p. 90. The 22nd International Ethological Conference (27-29 August 1991, Kyoto University, Kyoto, Japan).
1991年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
アジアのアッサムモンキーの社会行動の比較調査
2008年 - 現在
乾燥疎間林の野生チンパンジーの生態調査
1994年 - 現在
嵐山のニホンザルの社会行動調査
1986年 - 2003年
コンゴ共和国のチンパンジーとゴリラの生態調査
1994年 - 1995年
中国のチベットモンキーの社会行動調査
1989年 - 1993年

競争的資金等の研究課題

 
マカク属の社会の種間差:アッサムモンキーとアカゲザルの社会関係はなぜ異なるのか
文部科学省: 基盤研究(C) 16K07539
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 小川 秀司
アッサムモンキーの社会と生態:オス間の寛容性の進化を探る
文部科学省: 科学科研費補助金 基盤(C) 25440253
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 小川 秀司
サバンナウッドランド地帯における霊長類の分布と生息状況
文部科学省: 科学科研費補助金 基盤(C) 22570223
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 小川 秀司
泊り場での霊長類3個体間の位置関係と社会交渉から3者の相性の生じ方を探る
文部科学省: 科学科研費補助金 若手研究(B) 13740498
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 小川 秀司
3者の相互作用による相性の生じ方:各々は仲の良い霊長類3者がなぜうまくいかないか
文部科学省: 科学科研費補助金 奨励研究(A) 11740480
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 小川 秀司