東山 由美

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/31 14:09
 
アバター
研究者氏名
東山 由美
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/tarc/
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
東北農業研究センター 畜産飼料作研究領域 飼養管理グループ
職名
上級研究員
学位
博士(農学)(岩手大学)

プロフィール

家畜のストレスについて、特に、牛にとって放牧と舎飼いのどちらがストレスの少ない飼養方法かについて、尿中コルチゾールを指標として研究を行ってきました。また、周年親子放牧技術の開発に関するプロジェクトに参画し、離乳時期を遅らせた子牛の発育等についての研究に従事し、より省力的な子牛育成技術の開発、普及を目指しています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
東北農業研究センター 畜産飼料作研究領域 上級研究員
 

論文

 
Comparison of urinary cortisol levels in Holstein and Japanese Shorthorn cows in response to breeding system and heat stress
Higashiyama Y., Komatsu T., Fukasawa M., Higashiyama M., Ikeda K., Ueda Y., Akiyama F. and Asakuma S.
Journal of Animal Science Advances   4(8) 1009-1016   2014年8月   [査読有り]
Higashiyama Y., Higashiyama M., Ikeda K., Komatsu T., Fukasawa M.
LIVESTOCK SCIENCE   155(1) 86-91   2013年7月   [査読有り]
Urinary Catecholamine and Cortisol Responses of Japanese Shorthorn Cows to Social Isolation
Higashiyama Y., Nashiki M., Narita H.
ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES   22(10) 1437-1440   2009年10月   [査読有り]
Higashiyama Yumi, Nashiki Mamoru, Narita Hironobu, Kawasaki Mitsuyo
APPLIED ANIMAL BEHAVIOUR SCIENCE   102(1-2) 119-123   2007年1月   [査読有り]
Urinary cortisol levels in Japanese Shorthorn cattle before and after the start of a grazing season
Higashiyama Y, Narita H, Nashiki M, Higashiyama M, Kanno T
ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES   18(10) 1430-1434   2005年10月   [査読有り]

Misc

 
東山由美, 小松篤司, 深澤充
日本畜産学会大会講演要旨   122nd 210   2017年3月
東山由美, 小松篤司, 深澤充
日本畜産学会大会講演要旨   121st 245   2016年3月
東山由美
畜産技術   (730) 7‐10   2016年3月
東山由美, 小松篤司, 深澤充
日本畜産学会大会講演要旨   119th 208   2015年3月
東山由美, 小松篤司, 深澤充, 田辺泰章, 苑田洋平, 甫立孝一
日本畜産学会大会講演要旨   118th 233   2014年3月

所属学協会