HIKAGE MAKOTO

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2019 at 14:48
 
Avatar
Name
HIKAGE MAKOTO
Affiliation
Tohoku University
Section
Faculty of Medicine

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Assistant professor, Department of Surgery, Tohoku University Hospital
 

Awards & Honors

 
Oct 2016
高齢胃がん患者におけるロボット支援下胃切除術の安全性, 優秀演題賞, 第46回胃外科・術後障害研究会
 
Mar 2016
ロボット支援胃切除術における超音波凝固切開装置の導入, 優秀ポスター賞, 日本胃癌学会
 
May 2010
量子ドットを用いたリンパネットワークの微細構造イメージング, Young best presentation award, ナノ学会
 
Nov 2009
Fluorescent Sentinel Lymph Node Biopsy under Endoscopic Surgery Using Nano-Objects, ISNM2009-2 The Best Poster Award, Japan Nanomedicine Society
 

Published Papers

 
Hikage M, Tokunaga M, Makuuchi R, Irino T, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Terashima M
Surgery today      Aug 2018   [Refereed]
Hikage M, Tokunaga M, Makuuchi R, Irino T, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Terashima M
Surgery today   48(8) 773-782   Aug 2018   [Refereed]
Hikage M, Tokunaga M, Makuuchi R, Irino T, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Terashima M
World journal of surgery   42(6) 1803-1810   Jun 2018   [Refereed]
貝羽義浩, 小笠原紀信, 関口悟, 菊池寛, 日景允, 米田海
日本臨床外科学会雑誌   79(4) 943‐946-946   Apr 2018
症例は35歳,女性.半年ほど前から左鼠径部の膨隆を自覚し,痛みも伴った.近医を受診し,鼠径ヘルニアの診断で当科へ紹介となった.診察時は鼠径部に膨隆を認めず,超音波検査・CTでも所見を認めなかったが,本人の希望で腹腔鏡下手術の方針とした.まず,臍部より腹腔鏡を挿入し観察したが,鼠径部に腹膜陥凹を認めなかった.しかし,本人は痛みのある膨隆を自覚しており,TEP法にて腹膜前腔を観察することとした.バルーンにて腹膜前腔を剥離し検索したところ,塊状の脂肪組織が大腿ヘルニアの部位に嵌まり込んでおり,こ...
Okamoto H, Onodera K, Kamba R, Taniyama Y, Sakurai T, Heishi T, Teshima J, Hikage M, Sato C, Maruyama S, Onodera Y, Ishida H, Kamei T
Journal of thoracic disease   10(4) 2206-2212   Apr 2018   [Refereed]
Fujiya K, Takizawa K, Tokunaga M, Kawata N, Hikage M, Makuuchi R, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Tanaka M, Kakushima N, Ono H, Terashima M
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   21(1) 124-132   Jan 2018   [Refereed]
Furukawa K, Tanizawa Y, Kusafuka K, Nishiwaki N, Fujiya K, Omori H, Kaji S, Hikage M, Makuuchi R, Irino T, Tokunaga M, Bando E, Kawamura T, Terashima M
Surgical case reports   3(1) 123   Dec 2017   [Refereed]
Hikage M, Tokunaga M, Makuuchi R, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Terashima M
Innovations (Philadelphia, Pa.)   12(6) 453-458   Nov 2017   [Refereed]
Hikage M, Kamei T, Nakano T, Abe S, Katsura K, Taniyama Y, Sakurai T, Teshima J, Ito S, Niizuma N, Okamoto H, Fukutomi T, Yamada M, Maruyama S, Ohuchi N
Surgical endoscopy   31(7) 2986-2996   Jul 2017   [Refereed]
Fujiya K, Tokunaga M, Makuuchi R, Nishiwaki N, Omori H, Takagi W, Hirata F, Hikage M, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Terashima M
Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   20(Suppl 1) 141-149   Mar 2017   [Refereed]
Makuuchi R, Sugisawa N, Kaji S, Hikage M, Tokunaga M, Tanizawa Y, Bando E, Kawamura T, Terashima M.
Eur J Surg Oncol   43(1) 210-217   Jan 2017   [Refereed]
Teshima J, Miyata G, Kamei T, Nakano T, Abe S, Katsura K, Taniyama Y, Sakurai T, Hikage M, Nakamura T, Takaya K, Zuguchi M, Okamoto H, Youhei O, Ohuchi N
Surgical endoscopy   29(9) 2756-2762   Sep 2015   [Refereed]
櫻井直, 亀井尚, 中野徹, 阿部薫夫, 日景允, 大内憲明
手術   69(9) 1401-1404   Aug 2015
症例は82歳女性で、両顎下部の腫脹が出現し、徐々に増悪した。CT検査で頸部から横隔膜直上まで広がる頸部膿瘍と縦隔膿瘍を認めた。CT検査では、頸部から気管周囲・気管分岐部を越えて横隔膜直上で広がる液体成分の貯留を認めた。また、両側の胸腔内にも液体成分の貯留を認めた。頸部腫瘍による降下性壊死性縦隔炎と診断し、胸腔鏡下縦隔ドレナージ術と頸部ドレナージ術を施行した。翌日から経鼻経管チューブより経管栄養を開始し、第3病日には一般病棟へ転棟した。抗菌薬はDRPMを第6病日まで使用した。術中に採取した膿...
Okamoto H, Fujishima F, Kamei T, Nakamura Y, Ozawa Y, Miyata G, Nakano T, Katsura K, Abe S, Taniyama Y, Sakurai T, Teshima J, Hikage M, Sasano H, Ohuchi N
BMC cancer   15 208   Mar 2015   [Refereed]
Taniyama Y, Miyata G, Kamei T, Nakano T, Abe S, Katsura K, Sakurai T, Teshima J, Hikage M, Ohuchi N
Interactive cardiovascular and thoracic surgery   20(1) 41-46   Jan 2015   [Refereed]
HIKAGE Makoto, INOUE Tsukasa, USUDA Masahiro, KATO Takashi, MIZUI Takahiro, MOCHIZUKI Izumi
Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (J Jpn Surg Assoc)   75(6) 1593-1596   Jun 2014
A 73-year-old man underwent laparoscopic low anterior resection for sigmoid colon cancer and multiple rectal adenomas that had been found after fecal blood was detected. The entire sigmoid colon to upper rectum was resected after mobilization to t...
Hikage Makoto, Kamei Takashi, Fujishima Fumiyoshi, Miyata Go, Onodera Ko, Ichikawa Hirofumi, Hoshida Toru, Kikuchi Hiroshi, Nakano Toru, Teshima Jin, Fujita Motoo, Sasano Hironobu, Satomi Susumu
ESOPHAGUS   9(1) 33-38   Mar 2012   [Refereed]
日景允, 権田幸祐, 武田元博, 亀井尚, 大内憲明
東北医学雑誌   123(1) 65-70   Jun 2011
日景允, 権田幸祐, 武田元博, 亀井尚, 小林正樹, 熊坂増高, 濱中洋平, 濱田庸, 中川智彦, 宮田剛, 大内憲明
ナノ学会会報   9(1) 13-17   Oct 2010
【ナノテクノロジーの外科領域への応用】 蛍光ナノトレーサーを用いたセンチネルリンパ節生検
武田 元博, 日景 允, 権田 幸祐, 叢 莉蔓, 大内 憲明
Surgery Frontier   17(2) 131-134   Jun 2010
癌手術において臓器温存手術が一般的な術式として定着し、センチネルリンパ節生検によるリンパ節郭清省略も導入されつつある。これらは外科的個別化治療ということができる。多彩な機能をもつナノ粒子が作製され、外科領域においては病変を高感度に検出するなどの応用が特に期待される。量子ドットをはじめとした蛍光ナノ粒子は高感度蛍光検出が可能なばかりでなく適度な粒径をもつことから、早期の造影効果および長時間にわたる造影効果の維持が得られ、従来行われているRI法や色素法の欠点を補う方法として実用化が期待される。...

Conference Activities & Talks

 
日景允, 貝羽義浩, 関口悟, 渡邊徹雄, 菊池寛, 中野善之, 櫻井遊, 米田海, 小笠原紀信, 佐山淳造
日本胃癌学会総会記事   Mar 2018   
日景允, 菊池寛, 貝羽義浩, 渡辺徹雄, 渡辺徹雄, 関口悟, 櫻井遊, 中野善之, 中野善之, 米田海, 小笠原紀信, 外山秀司, 中井信吾, 長沼廣, 渋谷里絵, 佐山淳造
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
古川健一朗, 谷澤豊, 草深公秀, 西脇紀之, 藤谷啓一, 大森隼人, 加治早苗, 日景允, 幕内梨恵, 入野誠之, 徳永正則, 坂東悦郎, 川村泰一, 絹笠祐介, 杉浦禎一, 上坂克彦, 寺島雅典
日本臨床外科学会雑誌   25 Sep 2017   
西脇紀之, 古川健一朗, 藤谷啓一, 大森隼人, 加治早苗, 日景允, 幕内梨恵, 入野誠之, 徳永正則, 谷澤豊, 坂東悦郎, 川村泰一, 寺島雅典
日本臨床外科学会雑誌   25 Sep 2017   
局所進行胃癌に対する術前化学療法が術後補助化学療法に与える影響
川村 泰一, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 徳永 正則, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 日景 允, 絹笠 祐介, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本消化器外科学会総会   Jul 2017   
臨床病期からみた胃癌患者における好中球・リンパ球比(NLR)と生存転帰の関連
西脇 紀之, 加治 早苗, 日景 允, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 徳永 正則, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 寺島 雅典
日本消化器外科学会総会   Jul 2017   
ロボット支援胃切除における術後肝障害
日景 允, 徳永 正則, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 絹笠 祐介, 杉浦 禎一, 寺島 雅典
日本消化器外科学会総会   Jul 2017   
日景允, 中野徹, 谷山裕亮, 櫻井直, 瓶子隆弘, 武山大輔, 佐藤千晃, 丸山祥太, 亀井尚
日本食道学会学術集会抄録集(CD-ROM)   Jun 2017   
Evaluation of survival outcome of gastric cancer with pathologic stage III according to the new eighth edition of the AJCC/UICC TNM classification.
Bando Etsuro, Makuuchi Rie, Kaji Sanae, Hikage Makoto, Irino Tomoyuki, Tokunaga Masanori, Tanizawa Yutaka, Kawamura Taiichi, Kinugasa Yusuke, Sugiura Teiichi, Uesaka Katsuhiko, Terashima Masanori
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   20 May 2017   
栄養障害を有する症例に対する外科手術成績の向上にむけて 胃癌術後1ヵ月目の体重減少と長期成績に関する検討
川村 泰一, 日景 允, 幕内 梨恵, 徳永 正則, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 杉浦 禎一, 絹笠 祐介, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2017   
入野誠之, 徳永正則, 幕内梨恵, 平田史子, 西脇紀之, 高木航, 大森隼人, 藤谷啓一, 古川健一朗, 加治早苗, 磯邉太郎, 日景允, 谷澤豊, 坂東悦郎, 川村泰一, 絹笠祐介, 杉浦禎一, 上坂克彦, 寺島雅典
日本外科学会定期学術集会(Web)   Apr 2017   
坂東悦郎, 日景允, 加治早苗, 幕内梨恵, 入野誠之, 徳永正則, 谷澤豊, 川村泰一, 絹笠祐介, 杉浦偵一, 上坂克彦, 寺島雅典
日本外科学会定期学術集会(Web)   Apr 2017   
胃癌における術前clinical stageと最終pathologic stageの問題点
坂東 悦郎, 日景 允, 加治 早苗, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 徳永 正則, 谷澤 豊, 川村 泰一, 絹笠 祐介, 杉浦 偵一, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本消化器病学会雑誌   Mar 2017   
ニューラルネットワークを用いた早期胃癌におけるリンパ節転移予測モデル(Neural network prediction model for lymph node metastasis in early gastric cancer)
入野 誠之, 徳永 正則, 幕内 梨恵, 平田 史子, 西脇 紀之, 高木 航, 大森 隼人, 藤谷 啓一, 古川 健一朗, 加治 早苗, 磯邉 太郎, 日景 允, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 寺島 雅典
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   
胃切除術後補助化学療法による低栄養と生存転帰(Post-gastrectomy malnutrition during adjuvant chemotherapy and survival)
藤谷 啓一, 川村 泰一, 大前 勝弘, 加治 早苗, 日景 允, 磯辺 太郎, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 徳永 正則, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 杉浦 禎一, 絹笠 祐介, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   
胃神経内分泌腺癌における包括的遺伝子解析(Comprehensive analysis of gene mutation and expression in neuroendocrine carcinoma of the stomach)
幕内 梨恵, 寺島 雅典, 楠原 正俊, 加治 早苗, 日景 允, 入野 誠之, 徳永 正則, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 芹澤 昌邦, 畠山 慶一, 大島 啓一, 浦上 研一, 中島 孝, 山口 建
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   
高度進行胃癌に対するConversion Surgery(Conversion Surgery in Patients with Initially Unresectable Gastric Cancer)
谷澤 豊, 坂東 悦郎, 徳永 正則, 幕内 梨恵, 川村 泰一, 入野 誠之, 日景 允, 加治 早苗, 絹笠 祐介, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   
4型・大型3型胃癌に対する審査腹腔鏡検査(Staging laparoscopy for type 4 and large type 3 gastric cancer)
徳永 正則, 日景 允, 加治 早苗, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 寺島 雅典
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   
ロボット支援下胃切除術の安全性と有用性(Comparison of the surgical outcomes of robotic and laparoscopic gastrectomy)
日景 允, 徳永 正則, 幕内 梨恵, 入野 誠之, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 絹笠 祐介, 杉浦 禎一, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   
術前待期期間が胃癌の生存転帰に与える影響(The impact of the preoperative waiting period on the survival in patients with gastric cancer)
古川 健一朗, 幕内 梨恵, 藤谷 啓一, 大森 隼人, 高木 航, 加治 早苗, 日景 允, 徳永 正則, 谷澤 豊, 坂東 悦郎, 川村 泰一, 絹笠 祐介, 杉浦 禎一, 上坂 克彦, 寺島 雅典
日本胃癌学会総会記事   Mar 2017   

Research Grants & Projects

 
新規の有機性蛍光粒子を用いたセンチネルリンパ節の迅速3次元診断法の開発
科研費: 研究活動スタート支援
Project Year: Apr 2010 - Mar 2012    Investigator(s): HIKAGE MAKOTO