疋島啓吾

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/11 10:02
 
アバター
研究者氏名
疋島啓吾
eメール
keigo.hikishimaoist.jp
所属
沖縄科学技術大学院大学
学位
保健科学博士(首都大学東京)
その他の所属
慶應義塾大学公益財団法人実験動物中央研究所理化学研究所東京慈恵会医科大学
科研費研究者番号
30420219

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
沖縄科学技術大学院大学 実験動物セクション MRIスペシャリスト
 
2007年4月
 - 
2014年3月
慶應義塾大学医学部生理学教室 特任助教
 
2007年4月
 - 
2014年3月
公益財団法人実験動物中央研究所 室長代理
 

受賞

 
2011年9月
日本磁気共鳴医学会 第39回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞 MR マイクロイメージングによる発達脳の解析
 
2009年10月
日本磁気共鳴医学会 第37回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞 q-space imagingを用いたmyelinの可視化
 
2008年9月
日本磁気共鳴医学会 第36回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞 高分解能High b-value多軸拡散計測による視交叉神経走行追跡
 
2006年9月
日本磁気共鳴医学会 第34回日本磁気共鳴医学会大会 学術奨励賞 高分解能3D q-space map の生体適用
 

論文

 
Hikishima K, Komaki Y, Seki F, Ohnishi Y, Okano HJ, Okano H
Scientific reports   7(1) 85   2017年12月   [査読有り]
Yamada I, Yoshino N, Hikishima K, Miyasaka N, Yamauchi S, Uetake H, Yasuno M, Saida Y, Tateishi U, Kobayashi D, Eishi Y
Magnetic resonance imaging   38 174-181   2017年5月   [査読有り]
Sugio S, Tohyama K, Oku S, Fujiyoshi K, Yoshimura T, Hikishima K, Yano R, Fukuda T, Nakamura M, Okano H, Watanabe M, Fukata M, Ikenaka K, F Tanaka K
Glia   65(1) 150-168   2017年1月   [査読有り]
Involvement of the Septo-Hippocampal Cholinergic Pathway in Association with Septal Acetylcholinesterase Upregulation in a Mouse Model of Tauopathy.
Hara Y, Motoi Y, Hikishima K, Mizuma H, Onoe H, Matsumoto SE, Elahi M, Okano H, Aoki S, Hattori N
Current Alzheimer research   14(1) 94-103   2017年   [査読有り]
Komaki Y, Hikishima K, Shibata S, Konomi T, Seki F, Yamada M, Miyasaka N, Fujiyoshi K, Okano HJ, Nakamura M, Okano H
Scientific reports   6 37802   2016年11月   [査読有り]
Y. Yamazaki, Y. Yamazaki, K. Hikishima, K. Hikishima, M. Saiki, M. Inada, E. Sasaki, E. Sasaki, R. N. Lemon, C. J. Price, H. Okano, H. Okano, A. Iriki
Scientific Reports   6    2016年8月
Complex motor skills of eventual benefit can be learned after considerable trial and error. What do structural brain changes that accompany such effortful long-term learning tell us about the mechanisms for developing innovative behavior? Using MR...
Yamada I, Hikishima K, Miyasaka N, Kato K, Ito E, Kojima K, Kawano T, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H
Magnetic resonance in medicine   76(2) 602-612   2016年8月   [査読有り]
Fujiyoshi K, Hikishima K, Nakahara J, Tsuji O, Hata J, Konomi T, Nagai T, Shibata S, Kaneko S, Iwanami A, Momoshima S, Takahashi S, Jinzaki M, Suzuki N, Toyama Y, Nakamura M, Okano H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(9) 2796-2808   2016年3月   [査読有り]
Yamada I, Hikishima K, Miyasaka N, Kato K, Kojima K, Kawano T, Ito E, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H
Magnetic resonance imaging   34(2) 144-151   2016年2月   [査読有り]
K. Hikishima, K. Hikishima, K. Ando, Y. Komaki, Y. Komaki, K. Kawai, R. Yano, T. Inoue, T. Itoh, M. Yamada, S. Momoshima, H. J. Okano, H. Okano, H. Okano
Neuroscience   300 585-592   2015年8月
© 2015 IBRO.Movement dysfunction in Parkinson's disease (PD) is caused by the degeneration of dopaminergic (DA) neurons in the substantia nigra (SN). Here, we established a method for voxel-based morphometry (VBM) and automatic tissue segmentation...
Iwai H, Shimada H, Nishimura S, Kobayashi Y, Itakura G, Hori K, Hikishima K, Ebise H, Negishi N, Shibata S, Habu S, Toyama Y, Nakamura M, Okano H
Stem cells translational medicine   4(7) 708-719   2015年7月   [査読有り]
Yamada I, Miyasaka N, Hikishima K, Kato K, Kojima K, Kawano T, Ito E, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H
Radiology   275(3) 841-848   2015年6月   [査読有り]
Yamada I, Hikishima K, Miyasaka N, Tokairin Y, Ito E, Kawano T, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H
Magnetic resonance in medicine   73(6) 2262-2273   2015年6月   [査読有り]
Yamada I, Miyasaka N, Hikishima K, Tokairin Y, Kawano T, Ito E, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H
Magnetic resonance imaging   33(4) 413-419   2015年5月   [査読有り]
Hikishima K, Ando K, Yano R, Kawai K, Komaki Y, Inoue T, Itoh T, Yamada M, Momoshima S, Okano HJ, Okano H
Radiology   275(2) 430-437   2015年5月   [査読有り]
Takata N, Yoshida K, Komaki Y, Xu M, Sakai Y, Hikishima K, Mimura M, Okano H, Tanaka KF
PloS one   10(3) e0121417   2015年   [査読有り]
Yamada I, Hikishima K, Miyasaka N, Tokairin Y, Kawano T, Ito E, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H, Shibuya H
Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   40(3) 567-576   2014年9月   [査読有り]
Yamada I, Hikishima K, Miyasaka N, Kawano T, Tokairin Y, Ito E, Kobayashi D, Eishi Y, Okano H
Radiology   272(1) 164-173   2014年7月   [査読有り]
Takano M, Kawabata S, Komaki Y, Shibata S, Hikishima K, Toyama Y, Okano H, Nakamura M
Journal of neuroinflammation   11 40   2014年3月   [査読有り]
K. Sawada, K. Hikishima, K. Hikishima, A. Y. Murayama, A. Y. Murayama, H. J. Okano, E. Sasaki, H. Okano, H. Okano
Neuroscience   257 158-174   2014年1月
The present study characterized fetal sulcation patterns and gyrification in the cerebrum of the New World monkey group, common marmosets, using a 3D T2-weighted high-resolution anatomical magnetic resonance imaging (MRI) sequence from the fixed b...

Misc

 
【脊椎脊髄イメージングの進歩と話題の疾患】 q-Space imagingによる髄鞘イメージングの開発
藤吉 兼浩, 疋島 啓吾, 中原 仁, 畑 純一, 谷戸 祥之, 中村 雅也
脊椎脊髄ジャーナル   29(9) 861-869   2016年9月
【脊椎・脊髄外傷診療の最前線】 脊椎・脊髄外傷の診断・評価 q-space imagingを用いたニューロイメージング
藤吉 兼浩, 疋島 啓吾, 中原 仁, 辻 収彦, 畑 純一, 岡野 栄之, 松本 守雄, 中村 雅也
整形外科   67(8) 712-718   2016年7月
PETとMRIによるタウオパチーモデルマウスにおける障害部位の可視化
水間 広, 原 裕子, 疋島 啓吾, 松本 信英, 岡野 栄之, 青木 茂樹, 服部 信孝, 本井 ゆみ子, 尾上 浩隆
JSMI Report   9(2) 109-109   2016年4月
超高磁場拡散MRIで脱髄を追う
矢野 竜太朗, 畑 純一, 関 布美子, 石原 良祐, 小牧 裕司, 疋島 啓吾, 田中 謙二, 岡野 栄之
日本磁気共鳴医学会雑誌   36(1) 50-54   2016年2月
高磁場小動物用MRIと免疫組織化学を併用することで脱髄と拡散MRIの関連について検討した。脱髄モデルとしてクプリゾン投与による可逆性脱髄モデルマウスを使用した。特に脳梁においては投与前、投与後、回復後で明らかなシグナルの増減を確認した。通常の飼料に切り替えてから1週間の時点では、脱髄はいまだに進行した。MRIでのシグナルの変化と組織学的評価を比較すると、最も有意な相関があったのは髄鞘とFractional anisotropy(FA)、およびmean kurtosis(MK)であった。髄鞘...
岡野 栄之, 岡野 ジェイムス洋尚, 疋島 啓吾, 酒井 朋子
霊長類研究所年報   44 110-110   2014年12月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 疋島 啓吾
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 疋島 啓吾
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 疋島 啓吾
病理組織解析における髄鞘染色法のように、髄鞘そのものの分布の評価を、それも定量的に、in vivoで無侵襲に行うことができれば、様々な神経疾患の本態の解明にきわめて有用なツールとすることができる。本研究は、磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging: MRI)を用い、神経構成要素の1つ髄鞘構造が有する細胞特異的な拡散制限現象を利用することでその存在を捉えることを目的としている。本年度は、計算機上で拡散ランダムウォークシミュレーションを行い髄鞘構造に特異的な制限を受...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 疋島 啓吾
磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging : MRI)を用いた生体内の拡散計測では、組織微細構造に起因した水分子運動制限を観測できる。この制限構造における水分子の拡散挙動に着目し、q-space imagingを用いた神経微細構造の定量法を開発した。本手法は、拡散MRI手法を用いて微細構造の大きさを捉えることができるため、組織学的なMRIとしての臨床応用が期待される。