メディア報道

2019年11月

テレビ東京 ゆうがたサテライト


雷とキノコの意外な関係
“雷が落ちた場所でキノコがよく育つ”という言い伝えを検証するための研究が進んでいる。
日本工業大学(埼玉・宮代町)が実験。
通常シイタケは発芽から1週間程度で収穫するが、実験で栽培したシイタケは3日から4日で収穫され、収穫量は約2倍になった。
1日に3回数秒間、落雷に似た音をシイタケに当てるという音を使った実験も行っている。
115デシベルの音を当てると人工の雷を使った実験と同じ結果になった。
日本工業大学・平栗健史教授のコメント。

リンク情報
URL
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2019/11/05/007184.html