平瀬 達哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/09 13:29
 
アバター
研究者氏名
平瀬 達哉
eメール
htatsuyanagasaki-u.ac.jp
所属
長崎大学
部署
生命医科学域・保健学系
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
長崎大学 生命医科学域・保健学系 助教
 
2015年4月
 - 
現在
長崎大学医学部保健学科 理学療法学専攻 助教
 
2019年4月
 - 
2020年3月
Neuroscience Research Australia Falls, Balance and Injury Research Centre Visiting Scientist
 
2011年10月
 - 
2015年3月
医療法人伴帥会 介護老人保健施設ガイアの里
 
2010年5月
 - 
2011年9月
長崎大学医学部保健学科 理学療法学専攻 助教
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 博士課程修了
 
2008年4月
 - 
2010年3月
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 保健学専攻 修士課程修了
 

論文

 
Fukushima T, Nakano J, Ishii S, Natsuzako A, Hirase T, Sakamoto J, Okita M
European journal of cancer care   28(2) e12956   2019年3月   [査読有り]
Hirase T, Kataoka H, Nakano J, Inokuchi S, Sakamoto J, Okita M
Geriatrics & gerontology international   18(7) 1079-1084   2018年7月   [査読有り]
井口茂, 平瀬達哉
理学療法(東京)   35(4) 344‐349   2018年4月

Misc

 
片岡英樹, 片岡英樹, 山下潤一郎, 吉武孝敏, 平瀬達哉, 坂本淳哉, 沖田実
日本運動器疼痛学会誌   10(3) S75   2018年11月
平瀬達哉, 片岡英樹, 坂本淳哉, 沖田実
日本運動器疼痛学会誌   10(3) S131   2018年11月
平瀬達哉
Pain Rehabilitation   8(2) 42‐43   2018年8月
山口晃樹, 平瀬達哉, 飯野朋彦, 小泉徹児, 井口茂
日本老年医学会雑誌   55 172   2018年5月
平瀬達哉, 片岡英樹, 坂本淳哉, 沖田実
日本老年医学会雑誌   55 104   2018年5月

書籍等出版物

 
理学療法士のための知っておきたい認知症知識Q&A
平瀬 達哉 (担当:共著, 範囲:Q43. 認知症者へのリハビリテーションとしてのアプローチの基本的なポイントを教えてください, Q50認知症者への集団でのアプローチのポイントを教えてください, Q82通所施設でできる認知症者に対する支援の方法を教えてください)
医歯薬出版株式会社   2018年5月   
高齢者理学療法学
平瀬 達哉 (担当:共著, 範囲:時期による理学療法の特徴-維持期:施設入所-)
医歯薬出版株式会社   2017年3月   
フレイルの予防とリハビリテーション
平瀬 達哉 (担当:共著, 範囲:フレイル予防の実践例から学ぶ-入所施設での実践-)
医歯薬出版株式会社   2015年9月   
基礎からわかる軽度認知障害(MCI)-効果的な認知症予防を目指して-
平瀬 達哉 (担当:共著, 範囲:通所サービスでの要支援・要介護者に対する認知症予防)
医学書院   2015年4月   
サルコペニアと運動-エビデンスと実践-
平瀬 達哉 (担当:共著, 範囲:慢性期患者における運動療法)
医歯薬出版株式会社   2014年5月   

講演・口頭発表等

 
地域・在宅リハ領域における高齢者慢性疼痛の実態と運動の有用性 [招待有り]
平瀬 達哉
日本ペインクリニック学会 第52回大会   2018年   
介護予防領域におけるペインリハビリテーション [招待有り]
平瀬 達哉
第23回日本ペインリハビリテーション学会学術大会   2018年   
生活期リハビリテーション領域における多職種連携の必要性 [招待有り]
平瀬 達哉
第23回日本看護研究学会九州・沖縄地方会学術集会   2018年   
健康寿命の延伸に向けた理学療法士としての取り組み [招待有り]
平瀬 達哉
第28回長崎県理学療法学術大会   2017年   
在宅・地域医療における痛み対策 [招待有り]
平瀬 達哉
第21回日本ペインリハビリテーション学会学術大会   2016年