留目宏美

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/01 16:28
 
アバター
研究者氏名
留目宏美
 
トドメヒロミ
eメール
todomejuen.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20516918.ja.html
所属
上越教育大学
部署
臨床・健康教育学系
職名
准教授
学位
教育学修士(茨城大学)
科研費研究者番号
20516918

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
上越教育大学 学校教育研究科 准教授
 
2013年4月
 - 
2014年10月
日本学術振興会 特別研究員
 
2008年4月
 - 
2012年3月
聖路加看護大学 助教
 

学歴

 
2012年4月
 - 
現在
筑波大学大学院博士後期課程 人間総合科学研究科 教育基礎学専攻
 
2003年4月
 - 
2005年3月
茨城大学大学院修士課程 教育学研究科 養護教育専攻
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本学校健康相談学会  評議員
 
2019年4月
 - 
現在
日本学校健康相談学会  編集委員
 
2018年4月
 - 
現在
日本養護教諭教育学会編集委員会  編集委員
 
2016年1月
 - 
現在
上越教育経営研究会 事務局
 
2015年7月
 - 
現在
新潟県学校保健学会  常任幹事(上越)
 

受賞

 
2016年3月
筑波大学大学院人間総合科学研究科長賞
 
2014年11月
日本看護科学学会 学術論文優秀賞
 

論文

 
麻原 きよみ, 長澤 直紀, 佐伯 和子, 留目 宏美, 小野 若菜子, 大森 純子, 橋爪 さつき, 井口 理, 池谷 澄香, 小林 真朝, 三森 寧子, 宮崎 紀枝
日本公衆衛生看護学会誌   8(2) 80-88   2019年
<p>目的:自治体で働く事務職と保健師が,両者が関わる中で保健師の仕事をいかに認識しているのかについて記述した.</p><p>方法:2つの自治体の事務職10名,保健師15名に対するインタビューを中心として参加観察,資料の検討を行い,質的に分析した.</p><p>結果:事務職については〈事務職がもつ基準で保健師の仕事をとらえる〉〈事務職と同じ行政職としての仕事を求める〉のカテゴリと4つのサブカテゴリ,保健師については〈保健師の仕事と専門性が理解されない〉〈行政組織の一員として保健師の仕事をす...
養護教諭の生徒指導参加をめぐる課題に関する考察-生徒指導における養護教諭の役割についての政策文書の分析を中心に-
留目宏美
学校経営学論集   (6) 11-20   2018年2月   [査読有り]
留目 宏美
学校経営研究 = Bulletin of school administration   42 48-69   2017年4月   [査読有り]
留目 宏美
学校経営学論集   (4) 1-10   2016年2月   [査読有り]
留目宏美
筑波大学教育学系論集   40(1) 65-77   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
学校における健康管理に関する「地域連携コモンズ」の形成に向けた取組
大庭重治, 境原三津夫, 笠原芳隆, 八島猛, 佐藤将朗, 増井晃, 上野光博, 野口孝則, 留目宏美, 池川茂樹, 加藤喜美江, 猪又智子, 室橋由貴, 平澤則子, 高柳智子, 中島通子, 大久保明子, 永吉雅人, 渡辺弘, 大日向仁代, 足田真智子, 中川未森, 佐々木壮太, 土屋史子
上越教育大学特別支援教育実践研究センター紀要   25 53-55   2019年3月
子どもの”つながりたい”思いに応えるために
留目宏美
いじめ防止支援プロジェクト(BPプロジェクト)事業成果報告書   32-33   2019年3月
「いじめの早期発見に係る教員の基本的な資質・能力」についての学習成果
留目宏美
平成30年度上越教育大学 いじめ等予防対策支援プロジェクト事業成果報告書   40-41   2019年3月
「気になる」児童生徒とのかかわりに焦点を当てた研究~健康相談シートを活用した養護教諭の対応の省察を通して~
伊藤多美江、相馬明子、池本恵美、留目宏美、浅沼文子(他13名)
研究誌 耀(新潟県養護教員研究協議会)   (10) 29-59   2019年2月
新潟県における養護教諭の知の傾向と今後の展望―「気になる」児童生徒とのかかわりから見えてきたこと
留目宏美
研究誌 耀(新潟県養護教員研究協議会)   (10) 106-107   2019年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
最新教育キーワードー155のキーワードで押さえる教育
留目宏美 (担当:分担執筆, 範囲:LGBTと学校、養護教諭と保健室)
時事通信社   2019年7月   ISBN:978-4-7887-1619-3 C3537
「実践力」が育つ教員養成-上越教育大学からの提言4-
留目宏美 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 学校教育全般 5「21世紀を生き抜くための能力」の「実践力」を育成する学校安全教育)
上越教育大学出版会   2018年2月   ISBN:978-4-09-9909973-0-4
「思考力」が育つ教員養成-上越教育大学からの提言3-
留目宏美 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 学校教育全般 7「21世紀を生き抜くための能力」の「思考力」を育成する学校安全教育)
上越教育大学出版会   2018年1月   ISBN:978-4-9906685-9-4
「実践力」を育てるー上越教育大学からの提言2 
留目宏美 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 学校教育全般 第5節 学校健康教育(1,2,3,4-3))
上越教育大学出版会   2017年12月   ISBN:978-4-9906685--8-7
「思考力」を育てる-上越教育大学からの提言1-
留目宏美 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 学校教育全般 第5節 学校健康教育(1,2,3,5-3))
上越教育大学出版会   2017年6月   ISBN:978-4-9906685-7-0

講演・口頭発表等

 
これからの学校保健の在り方と養護教諭の課題-「働き方改革」と「チーム学校」に関する論議を踏まえて-
留目宏美
大塚学校経営研究会春季合宿研究会   2019年3月22日   
食物アレルギーの学校生活管理指導表に関する研究
中島優美、上野光博、増井晃、野口孝則、留目宏美、池川茂樹
日本学校保健学会第65回学術大会   2018年12月2日   
学校給食における食物アレルギー事故防止策について検討する―学校給食FMEAシートの提案―
山下ひかり、土屋史子、高橋里美、留目宏美、増井晃
第47回新潟県学校保健学会研究発表会   2018年11月17日   
養護教諭の大規模地震経験前後における意識と行動の変化
中村りさ、上野光博、留目宏美
第47回新潟県学校保健学会研究発表会   2018年11月17日   
就学援助に対する養護教諭の認識と申請に係る組織体制
下地成美、留目宏美、増井晃
第46回新潟県学校保健学会研究発表会   2017年12月2日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 留目 宏美
養護教諭による学校経営参画が学校保健の充実に及ぼす効果に関する研究
日本学術振興会奨励研究
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 留目宏美
養護教諭の学校経営参画に関する研究-学校組織力の開発活動の実際-
日本養護教諭教育学会: 日本養護教諭教育学会助成金研究
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 留目宏美

社会貢献活動

 
新潟県養護教員研究協議会高等学校部第2回上越地区研修会
【講師】  新潟県高等学校教育研究会保健体育部、新潟県養護教員研究協議会  2018年12月4日
子どもの”つながりたい”思いに応えるために
【パネリスト】  平成30年度上越教育大学いじめ等予防対策支援プロジェクト研修会  2018年9月8日
新潟県における養護教諭の知の傾向と今後の展望―「気になる」児童生徒とのかかわりから見えてきたこと-
【助言・指導】  新潟県養護教員研究協議会  平成30年度新潟県養護教員研究協議会60周年記念研修会  2018年8月7日
上越教育大学附属小学校第10期教育課程開発研究(2017年)
【その他】  上越教育大学附属小学校  2017年4月 - 2018年3月
新潟県養護教員研究協議会高等学校部第2回上越地区研修会
【講師】  新潟県高等学校教育研究会保健体育部、新潟県養護教員研究協議会  2017年12月1日

その他

 
2013年3月
平成23-25年度科学研究 基盤研究A(代表者 柳井晴夫)研究成果中間報告書「臨地実習適正化のための看護系大学共用試験(CBT)実用化と教育カリキュラムの導入-試験問題の内容とその解答結果-」
2011年3月
平成20-22年度科学研究 基盤研究A(代表者 柳井晴夫)研究成果総合報告書「臨地実習生の質の確保のための看護系大学共用試験(CBT)開発的研究」
2011年3月
平成19-22年度科学研究 基盤研究B(代表者 麻原きよみ)成果報告書「地域看護における倫理教育ラダーの開発と評価」
2003年8月
留目宏美「養護教諭に求められる虐待防止の視点」いばらき子どもの虐待防止ネットワーク“あい”ニューズレター8月号