菊地弘敏

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/29 12:45
 
アバター
研究者氏名
菊地弘敏
 
キクチ ヒロトシ
所属
帝京大学
部署
医学部
学位
医学博士(帝京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
帝京大学医学部 内科  病院准教授
 
2009年4月
 - 
2014年3月
帝京大学医学部 微生物学講座 講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
帝京大学医学部 内科 助教
 
2001年4月
 - 
2007年3月
帝京大学医学部 内科 助手
 
2000年4月
 - 
2001年3月
化学療法研究所付属病院 内科 医師
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
帝京大学 大学院 医学研究科
 
1988年4月
 - 
1994年3月
帝京大学 医学部 医学科
 
1983年4月
 - 
1987年3月
法政大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本臨床リウマチ学会  評議委員
 
 
 - 
現在
日本リウマチ学会  評議委員
 

受賞

 
 
帝京大学 藤井儔子学術奨励賞
 

論文

 
Watanabe M, Yamada C, Komagata Y, Kikuchi H, Hosono H, Itagaki F
Journal of pharmaceutical health care and sciences   4 4   2018年   [査読有り]
Morimoto C, Fujigaki Y, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Asako K, Kikuchi H, Kono H, Kondo F, Yamaguchi Y, Uchida S
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2017年12月   [査読有り]
Kikuchi-Ueda T, Kamoshida G, Ubagai T, Nakano R, Nakano A, Akuta T, Hikosaka K, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi H, Ono Y
Immunobiology   222(11) 1025-1034   2017年11月   [査読有り]
Kamoshida G, Kikuchi-Ueda T, Nishida S, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi H, Ubagai T, Ono Y
FEBS open bio   7(6) 877-886   2017年6月   [査読有り]
Kimura Y, Asako K, Kikuchi H, Kono H
European journal of rheumatology   4(1) 70-72   2017年3月   [査読有り]
Hibi T, Hirohata S, Kikuchi H, Tateishi U, Sato N, Ozaki K, Kondo K, Ishigatsubo Y
Medicine   95(24) e3863   2016年6月   [査読有り]
Abe G, Kikuchi H, Arinuma Y, Hirohata S
Modern rheumatology   1-6   2016年6月   [査読有り]
Mu X, Nakano R, Nakano A, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi H, Kamoshida G, Endo S, Yano H, Ono Y
Journal of microbiological methods   121 36-40   2016年2月   [査読有り]
Kimura Y, Asako K, Kikuchi H, Hoshimoto K, Sasajima Y, Kono H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   55(10) 1363-1366   2016年   [査読有り]
Kimura Y, Asako K, Kikuchi H, Kono H
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   26(1) 1-6   2015年7月   [査読有り]
Kamoshida G, Kikuchi-Ueda T, Tansho-Nagakawa S, Nakano R, Nakano A, Kikuchi H, Ubagai T, Ono Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(1) 43-49   2015年1月   [査読有り]
Hirohata S, Kikuchi H, Sawada T, Nagafuchi H, Kuwana M, Takeno M, Ishigatsubo Y
Journal of the neurological sciences   349(1-2) 143-148   2015年1月   [査読有り]
Nakano R, Nakano A, Ishii Y, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Kikuchi H, Tansho-Nagakawa S, Kamoshida G, Mu X, Ono Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(3) 202-206   2014年11月   [査読有り]
Mu X, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Tansho-Nagakawa S, Nakano R, Kikuchi H, Ono Y
Chemotherapy   59 395-401   2014年5月   [査読有り]
Hirohata S, Kikuchi H, Sawada T, Nagafuchi H, Kuwana M, Takeno M, Ishigatsubo Y
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association      2014年3月   [査読有り]
Yokoseki A, Saji E, Arakawa M, Kosaka T, Hokari M, Toyoshima Y, Okamoto K, Takeda S, Sanpei K, Kikuchi H, Hirohata S, Akazawa K, Kakita A, Takahashi H, Nishizawa M, Kawachi I
Brain : a journal of neurology   137 520-536   2014年2月   [査読有り]
Kikuchi H, Takayama M, Hirohata S
Journal of the neurological sciences   337 80-85   2014年2月   [査読有り]
Arinuma Y, Kikuchi H, Wada T, Nagai T, Tanaka S, Oba H, Hirohata S
Lupus science & medicine   1(1) e000050   2014年   [査読有り]
Ubagai T, Nakano R, Kikuchi H, Ono Y
International journal of medical sciences   11 215-221   2014年   [査読有り]
Nakano R, Okamoto R, Nakano A, Nagano N, Abe M, Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Koshio O, Kikuchi H, Ono Y
Journal of microbiological methods   94 213-216   2013年6月   [査読有り]
Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Koshio O, Koshibu Y, Kikuchi H, Ono Y
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   18(5) 646-651   2012年10月   [査読有り]
Hirohata S, Kikuchi H, Sawada T, Nagafuchi H, Kuwana M, Takeno M, Ishigatsubo Y
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   22(3) 405-413   2012年6月   [査読有り]
Kikuchi H, Yamamoto T, Asako K, Takayama M, Shirasaki R, Ono Y
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   22 308-311   2012年4月   [査読有り]
Hirohata S, Kikuchi H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   51(24) 3359-3365   2012年   [査読有り]
Kikuchi H, Asako K, Tansho S, Ueda T, Koshio O, Ubagai T, Asahara M, Kawakami S, Ono Y
Internal medicine (Tokyo, Japan)   51(22) 3185-3188   2012年   [査読有り]
Arinuma Y, Kikuchi H, Aramaki K, Takayama M, Asako K, Hirohata S
Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology   35(3) 194-198   2012年   [査読有り]
Arinuma Y, Kikuchi H, Aramaki K, Kyogoku M, Hirohata S
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   21(5) 509-513   2011年10月   [査読有り]
Asako K, Takayama M, Kono H, Kikuchi H
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   21(5) 519-523   2011年10月   [査読有り]
高山真希, 菊地弘敏, 広畑俊成
臨床リウマチ   21(4) 341-347   2009年12月   [査読有り]
Histopathology of the ruptured pulmonary artery aneurysm in a patient with Behçet's disease.
Hirohata S, Kikuchi H.
Clin Exp Rheumatol   27 91-95   2009年   [査読有り]
Kikuchi H, Aramaki K, Hirohata S
Journal of the neurological sciences   272 99-105   2008年9月   [査読有り]
Aramaki K, Kikuchi H, Hirohata S
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association   17(1) 81-82   2007年   [査読有り]
Inhibition of CX3CL1 (fractalkine) improves experimental autoimmune myositis in SJL/J mice.
Suzuki F, Nanki T, Imai T, Kikuchi H, Hirohata S, Kohsaka H, Miyasaka N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   175 6987-6996   2005年11月   [査読有り]
Kikuchi H, Isshi K, Hirohata S
International immunopharmacology   4 119-126   2004年1月   [査読有り]
小池さつき, 大西誉光, 渡辺晋一, 荒巻芸, 菊地弘敏, 広畑俊成
皮膚科の臨床   45(13) 1701-1704   2003年12月   [査読有り]
荒巻芸, 菊地弘敏, 原岡ひとみ, 竹内明輝, 広畑俊成
臨床リウマチ   15(3) 179-185   2003年9月   [査読有り]
Kikuchi H, Aramaki K, Hirohata S
Advances in experimental medicine and biology   528 575-578   2003年   [査読有り]
Behçet's disease.
Hirohata S, Kikuchi H
Arthritis research & therapy   5 139-146   2003年   [査読有り]
Takayanagi M, Haraoka H, Kikuchi H, Hirohata S.
Rheumatol Int   23 315-318   2003年   [査読有り]
Kikuchi H, Aramaki K, Hirohata S.
Modern Rheumatology   13 277-282   2003年   [査読有り]
芍薬甘草湯により偽アルドステロン症・うっ血性心不全を来した1例
菊地弘敏、木佐祐之、鎌上孝子、出来尚史
化学療法研究所紀要   34 106-111   2003年
菊地弘敏, 木佐裕之, 巻口宏平, 出来尚史, 青木望
化学療法研究所紀要   32 27-34   2001年12月
小嶋 浩司, 菊地 弘敏, 須田 洋子, 原岡 ひとみ, 広畑 俊成, 竹内 明輝, 橋本 喬史, 佐藤 友英
日本内科学会雑誌   90(5) 884-885   2001年5月   [査読有り][招待有り]
菊地 弘敏
日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology   23(1) 12-21   2000年2月   [査読有り]
A fundamental feature of inflammation includes angiogenesis, adhesion of leukocytes to vascular endothelium, and entry of leukocytes into inflamed tissues. Recent studies have suggested that angiogenesis and cellular adhesion may be mutually linke...
Hirohata S, Nakanishi K, Yanagida T, Kawai M, Kikuchi H, Isshi K.
91 226-233   1999年   [査読有り]
Hirohata S, Yanagida T, Kawai M, Kikuchi H.
Immunopharmacology   44(3) 245-254   1999年   [査読有り]
一志 邦夫, 菊地 弘敏, 小嶋 浩司, 河井 舞美, 須田 洋子, 広畑 俊成
臨床病理   45(12) 1177-1181   1997年12月   [査読有り]

Misc

 
【膠原病 膠原病診療のPearls and Myths】 セミナー 実地医療に役立つ膠原病の診断・臓器障害のPearls and Myths ベーチェット病の診断と鑑別を要する類縁疾患
菊地 弘敏
Medical Practice   35(6) 911-915   2018年6月
岳野光洋, 菊地弘敏, 永渕裕子, 廣畑俊成, 沢田哲司, 石ヶ坪良明, 水木信久, 桑名正隆, 石橋宏之, 荻野均, 前田英明
ベーチェット病に関する調査研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)   61‐75 (WEB ONLY)   2017年
平成26年度在宅難病患者訪問診療事業実績について
加藤 喜之, 堀井 有尚, 高山 裕史, 岩田 光正, 依藤 壽, 菓子 初音, 石川 徹, 鈴木 育夫, 水野 重樹, 天木 聡, 金丸 和富, 斎藤 史明, 菊地 弘敏, 大山 彦光, 久保 伸一郎
板橋区医師会医学会誌   20 154-156   2016年3月
IV(A/C)+V型ループス腎炎に対し4剤併用療法を行なった1例
板宮 孝紘, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 奈倉 倫人, 内田 俊也, 滝川 一, 河野 肇
板橋区医師会医学会誌   22 250-252   2018年5月
IV(A/C)+V型ループス腎炎に対し、multitarget therapyを行った44歳男性の症例を報告した。入院翌日に施行した腎生検ではメサンギウム細胞が増殖しているIV型病変に加えspike形成を呈するV型所見が認められ、ループス腎炎IV(A/C)+V型の病理診断となった。腎生検3日後よりステロイドをプレドニゾロン(PLS)換算で1mg/kg相当まで増量し、ミコフェノール酸モフェチル(MMF)、ヒドロキシクロロキン(HCQ)、タクロリムス(TAC)を順次導入した。経過中にCMV抗原...
手指可動域制限を初発症状とした抗Ku抗体陽性多発筋炎の一例
金城 信哉, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 小口 洋子, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 清水 潤, 河野 肇
関東リウマチ   (51) 127-129   2018年2月
症例は56歳男性で、1年9ヵ月前から両手指のこわばりがみられ、次第に手指の屈曲が困難となった。第1回の精査入院時にはすべての手指のMCP、PIP、DIP関節に関節可動域制限を認めた。今回、労作時呼吸困難が出現し、胸部CTで間質性肺炎の増悪があり、CKがさらに上昇したため精査加療目的で第2回入院となった。胸部単純CT水平断像では両側下葉に網状影と牽引性の気管支拡張、針筋電図では上腕二頭筋と腸腰筋に筋原性変化を認めた。左上腕二頭筋の筋生検のHE染色で、筋周膜の血管周囲に100〜200程度の炎症...
壊死性筋症の二例
伊賀 祥子, 津久井 大輔, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 小口 洋子, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 清水 潤, 河野 肇
関東リウマチ   (50) 53-64   2017年3月
症例1は55歳女性で、CK高値と、階段昇降時の大腿の倦怠感やふらつきを自覚し入院となった。明らかな筋力低下なく、MRIで筋炎所見を認めず、CK高値、針筋電図所見、筋病理所見より壊死性筋症と診断した。高容量PSLで治療開始したところ反応性は良好で、ステロイドスペアリング目的にTac併用を開始した。経過中、明らかな筋力低下はなかった。症例2は63歳女性で、CK高値と下肢筋力低下をきたし、胸部CTで軽度の網状影を認め、多発性筋炎と間質性肺炎の疑いで入院となった。針筋電図、病理所見から壊死性筋症と...
下垂体病変を呈して再燃したGranulomatosis with polyangiitisの一例
大久保 麻衣, 津久井 大輔, 浅子 来美, 岡本 明子, 菊地 弘敏, 南木 敏宏, 田中 文彦, 河野 肇
関東リウマチ   (49) 237-244   2016年3月
症例は71歳男性で、両側難聴、発熱、炎症反応上昇、抗核抗体陽性で受診した。両側中耳炎と副鼻腔炎、MPO-ANCA陽性を認め、肺尖部結節性病変を生検し、多発血管炎性肉芽腫症と診断した。プレドニゾロンとシクロホスファミドパルスの併用で中耳炎と副鼻腔炎の改善、聴力の部分的改善、ANCA陰性化を認めたが、炎症反応は陰性化しなかった。感染症で入院を繰り返したため、シクロホスファミドパルスを中止し、メトトレキサートを併用してステロイドを漸減した。GPAによる下垂体腫瘤性病変が生じ、前葉後葉のホルモン分...
小口 洋子, 菊地 弘敏
検査と技術   45(8) 862-867   2017年8月
<Point>関節リウマチ(RA)は,関節滑膜を病気の主座とする自己免疫性疾患の1つである.RAの関節炎は左右対称性に認めることが多く,複数の関節に腫脹と圧痛を認める.RAの血清検査として,診断には抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体やリウマトイド因子(RF)が有用であり,活動性評価にはC反応性蛋白質(CRP)や赤沈,マトリックスメタロプロテイナーゼ-3(MMP-3)が有用である.(著者抄録)
【リウマチ、膠原病領域で注目される薬剤のbest use-適応症例と使用上の注意点】 ベーチェット病に対するTNF阻害薬
菊地 弘敏
リウマチ科   57(4) 377-383   2017年4月
菊地弘敏
月刊リウマチ科   54(6) 662-667   2015年12月
慢性進行性神経ベーチェット病の長期転帰(Long-term outcome of chronic progressive neuro-Behcet's disease)
廣畑 俊成, 菊地 弘敏, 沢田 哲治, 永渕 裕子, 桑名 正隆, 岳野 光洋, 石ヶ坪 良明
臨床神経学   55(Suppl.) S241-S241   2015年12月
慢性進行性神経ベーチェット病における海馬領域の萎縮(Atrophy of Hippocampal Region in Chronic Progressive Neuro-Behcet's Disease)
菊地 弘敏, 廣畑 俊成
臨床神経学   55(Suppl.) S442-S442   2015年12月
症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Others Stains for Microorganisms(3)
斧 康雄, 川上 小夜子, 菊地 弘敏
感染と抗菌薬   18(4) 309-310   2015年12月
マウスにおける血清尿酸値の低下による動脈硬化進展の抑制
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 遠田 明子, 高山 真希, 浅子 来美, 岡本 明子, 菊地 弘敏, 南木 敏宏, 河野 肇
痛風と核酸代謝   39(1) 54-55   2015年7月
【ベーチェット病の最近の知見】 ベーチェット病の神経病変
菊地 弘敏
リウマチ科   53(6) 571-577   2015年6月
津久井大輔, 岡本明子, 浅子来美, 大久保麻衣, 菊地弘敏, 南木敏宏, 本田善一郎, 小口洋子, 一志邦夫, 竹内明輝, 笹島ゆう子, 河野肇
関東リウマチ   48(48) 159-167   2015年5月
38歳男。2008年にANCA関連血管炎(多発血管炎性肉芽腫症(GPA)疑い)の診断でプレドニゾロン、メトトレキサート、インフリキシマブの投与を受けていた。歯肉腫脹、発熱と乾性咳嗽を主訴に受診し、胸部単純CTにて肺多発粒状影を認め入院となった。歯肉生検にて非常に強い炎症が示唆され、strawberry gums(SG)に矛盾しない所見であった。胸部聴診上fine crackleが出現、SpO2が95%に低下し、画像所見からも増悪を認めた。感染症は否定的で、SGや副鼻腔炎の増悪を認めていたこ...
関節リウマチ治療の地域連携 東京都城北地区におけるハイリスクリウマチ膠原病ネットワークセンターの活動
丸山 公, 北村 登, 武井 正美, 吉野 槇一, 河野 肇, 菊地 弘敏, 小出 純, 斎藤 修, 長瀬 満夫, 原岡 ひとみ, 星野 孝, 松川 吉博, 西野 仁樹, 徳橋 泰明, 森山 光彦, 澤田 滋正, 菅原 正弘
関東整形災害外科学会雑誌   46(臨増号外) 109-109   2015年3月
菊地弘敏, 廣畑俊成
月刊リウマチ科   52(5) 473-477   2014年11月
菊地弘敏, 廣畑俊成
炎症と免疫   22(5) 376-381   2014年8月
菊地弘敏, 廣畑俊成
臨床循環器Circulation   4(4) 68-74   2014年7月
菊地弘敏, 廣畑俊成
内科   113(6) 1352-1354   2014年6月
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   73-76   2014年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 出口治子, 須田昭子, 渡邊玲光, 黒澤美智子, 桑名正隆, 沢田哲治, 菊地弘敏, 永淵裕子, 齋藤和義, 廣畑俊成
ベーチェット病に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   77-85   2014年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 出口治子, 須田昭子, 渡邊玲光, 黒澤美智子, 桑名正隆, 沢田哲治, 菊地弘敏, 永淵裕子, 齋藤和義, 廣畑俊成
ベーチェット病に関する調査研究 平成23-25年度 総括・分担研究報告書   143-156   2014年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成23-25年度 総括・分担研究報告書   136-142   2014年
菊地弘敏
月刊リウマチ科   49(6) 705-711   2013年6月
河野肇, 柳田たみ子, 高山真希, 菊地弘敏, ROCK Kenneth L, PATEL Zubin
原発性免疫不全症候群に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   102-106   2013年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   82-85   2013年
菊地弘敏, 菊地弘敏, 高山真希, 廣畑俊成
ベーチェット病に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   86-89   2013年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 出口治子, 須田昭子, 渡邊玲光, 黒沢美智子, 桑名正隆, 沢田哲治, 菊地弘敏, 永渕裕子, 齋藤和義, 廣畑俊成
ベーチェット病に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   93-104   2013年
河野肇, 柳田たみ子, 高山真希, 菊地弘敏, ROCK Kenneth L, PATEL Zubin
原発性免疫不全症候群に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   104-108   2012年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   52-55   2012年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 出口治子, 須田昭子, 渡邊玲光, 黒澤美智子, 桑名正隆, 沢田哲治, 菊地弘敏, 永渕裕子, 齋藤和義, 廣畑俊成
ベーチェット病に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   76-82   2012年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 菊地弘敏, 長堀正和, 井上詠, 尾藤誠司, 黒沢美智子
ベーチェット病に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   89-93   2012年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 菊地弘敏, 長堀正和, 井上詠, 尾藤誠司, 黒沢美智子
ベーチェット病に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   67-70   2011年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 菊地弘敏, 長堀正和, 井上詠, 尾藤誠司, 黒沢美智子
ベーチェット病に関する調査研究 平成20-22年度 総括・分担研究報告書   86-89   2011年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   47-50   2011年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成20-22年度 総括・分担研究報告書   77-82   2011年
プライマリケアーとしてのリウマチ性多発筋痛症
菊地弘敏
Medical Practice   28 2059   2011年
菊地弘敏
月刊リウマチ科   44(2) 155-161   2010年8月
菊地 弘敏, 廣畑 俊成
日本内科学会雑誌   99(8) 1809-1814   2010年8月
石ケ坪良明, 岳野光洋, 菊地弘敏, 長堀正和, 井上詠, 尾藤誠司, 黒沢美智子
ベーチェット病に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   40-52   2010年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 永渕裕子, 岳野光洋, 石ケ坪良明
ベーチェット病に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   53-57   2010年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 廣畑俊成, 黒沢美智子, 大野重昭, 蕪城俊克, 新見正則, 水木信久, 後藤浩, 金子史男, 中村晃一郎, 菊地弘敏
ベーチェット病に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   11-22   2010年
菊地弘敏
臨床消化器内科   24(7) 872-878   2009年5月
上田(菊地)たかね, 祖母井庸之, 丹生茂, 越尾修, 菊地弘敏, 斧康雄
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   58th-56th 126   2009年
石ケ坪良明, 岳野光洋, 菊地弘敏, 飯塚文瑛, 松田隆秀, 尾藤誠司, 国崎玲子
ベーチェット病に関する調査研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   33-37   2009年
廣畑俊成, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 岳野光洋
ベーチェット病に関する調査研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   38-41   2009年
皮膚科領域と消化管疾患 ベーチェット病と皮膚病変
菊地弘敏
臨床消化器内科   24 872-878   2009年   [依頼有り]
菊地弘敏, 廣畑俊成
月刊リウマチ科   40(5) 519-525   2008年11月
菊地弘敏
月刊難病と在宅ケア   14(1) 58-61   2008年4月
菊地 弘敏
難病と在宅ケア   14(1) 58-61   2008年4月   [依頼有り]
菊地弘敏, 広畑俊成
月刊リウマチ科   39(2) 125-131   2008年2月
菊地弘敏, 広畑俊成
Medicina   45(1) 116-119   2008年1月
中林公正, 小林茂人, 湯村和子, 吉田俊治, 吉田雅治, 天野宏一, 古川福実, 槇野博史, 山田秀裕, 稲葉裕, 黒沢美智子, 臼井崇, 遠藤平仁, 大曽根康夫, 兼岡秀俊, 菊地弘敏, 熊谷俊一, 渥美達也, 鈴木康夫, 住田孝之, 岳野光洋, 八田和大, 原まさ子, 武曾恵理
難治性血管炎に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書   81-88   2008年
膠原病の診断,治療開始とフォローの実際 Behçet病
菊地弘敏, 廣畑俊成
medicina   45 116-119   2008年   [依頼有り]
CNSループス
菊地弘敏, 廣畑俊成
リウマチ科   39 125-131   2008年   [依頼有り]
目でみるトレーニング
菊地弘敏
medicina   45 935-939   2008年   [依頼有り]
神経ベーチェット
菊地弘敏, 廣畑俊成
リウマチ科   40 519-525   2008年   [依頼有り]
菊地弘敏, 廣畑俊成
綜合臨床   56(3) 491-496   2007年3月
菊地 弘敏, 廣畑 俊成
綜合臨床   56(3) 491-496   2007年3月   [依頼有り]
中林公正, 小林茂人, 湯村和子, 吉田俊治, 吉田雅治, 天野宏一, 古川福実, 槇野博史, 山田秀裕, 稲葉裕, 臼井崇, 遠藤平仁, 大曽根康夫, 兼岡秀俊, 菊地弘敏, 熊谷俊一, 黒沢美智子, 小池隆夫, 鈴木康夫, 住田孝之, 岳野光洋, 八田和大, 原まさ子, 武曾恵理
難治性血管炎に関する調査研究 平成18年度総括・分担研究報告書   70-73   2007年
菊地弘敏
医学のあゆみ   215(1) 73-76   2005年10月
菊地 弘敏
医学のあゆみ   215(1) 73-76   2005年10月   [依頼有り]
広畑俊成, 菊地弘敏
月刊リウマチ科   31(5) 447-451   2004年5月
広畑俊成, 菊地弘敏
免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業研究報告書 平成15年度 第3分冊   310-313   2004年
橋本喬史, 一志邦夫, 河井舞美, 菊地弘敏, 須田洋子, 広畑俊成
臨床調査研究グループ免疫疾患調査研究班ベーチェット病分科会 平成10年度研究報告書   110-115   1999年
橋本喬史, 一志邦夫, 河井舞美, 菊地弘敏, 須田洋子, 広畑俊成
臨床調査研究グループ免疫疾患調査研究班ベーチェット病分科会 平成9年度研究報告書   116-120   1998年

書籍等出版物

 
ベーチェット病
菊地弘敏 (担当:共著, 範囲:消化器病変)
文光堂   2016年3月   
医療関連感染対策 なるほどABC
菊地弘敏, 宮下琢 (担当:共著)
ヴァン メディカル   2013年   
目でみるトレーニング第2週 内科系専門医受験のための臨床実地問題
菊地弘敏 (担当:共著)
医学書院   2013年   
NSADsの選び方・使い方ハンドブック
菊地弘敏, 廣畑俊成 (担当:共著, 範囲:Behçet病)
羊土社   2010年   
New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ
菊地弘敏, 廣畑俊成 (担当:共著, 範囲:発熱が続いた後、意識障害と痙攣を伴い入院となった55歳女性)
2008年   
シュミレーション内科学 リウマチ・アレルギー疾患を探る
菊地弘敏, 廣畑俊成 (担当:共著, 範囲:諸種症状からベーチェット病と診断された患者に小脳症状と精神症状が出現! 何を考えるか?)
永井書店   2005年   

講演・口頭発表等

 
抗ARS抗体と抗U1-RNP抗体の重複陽性を呈した皮膚筋炎/SLEのoverlap症候群の1例
清水 友貴, 河越 美佳, 尾川 裕美, 板宮 孝紘, 上松 藍, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 多田 弥生, 河野 肇, 塚本 和久
日本内科学会関東地方会   2018年9月   
臨床実習における内科救急疾患対応についてのシミュレーターを用いた実習の現状
阿部 浩一郎, 山本 貴嗣, 菊地 弘敏, 相磯 光彦, 竹内 保男, 金子 一郎, 笹森 幸文, 高田 真二, 秋山 暢, 田中 篤
医学教育   2018年7月   
ヒトにおける尿酸降下療法の炎症抑制効果の検討
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 津久井 大輔, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   2018年6月   
全身性血管炎患者血清における抗モエシン抗体の臨床的意義
内田 俊也, 河野 肇, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 本間 文佳, 豊城 大悟, 古西 純子, 奈倉 倫人, 山崎 ちひろ, 兒島 憲一郎, 藤垣 嘉秀, 鈴木 和男
日本腎臓学会誌   2018年4月   
Acinetobacter baumanniiのマスト細胞上への結合標的分子の解析
上田 たかね, 鴨志田 剛, 祖母井 庸之, 西田 智, 永川 茂, 中野 竜一, 中野 章代, 菊地 弘敏, 斧 康雄
日本化学療法学会雑誌   2018年4月   
北沢 貴利, 三須 恵太, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 菊地 弘敏, 太田 康男, 河野 肇, 浅子 来美
日本化学療法学会雑誌   2018年4月25日   
渡部多真紀, 仲田将樹, 渡辺茂和, 鈴木義彦, 齋藤百枝美, 細野浩之, 菊地弘敏, 山本貴嗣, 滝川一, 土屋雅勇
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   2018年3月   
ベーチェット病患者のQOLに影響を及ぼす症状の検討
星野 裕明, 深沢 豪俊, 芝 景司, 小口 洋子, 菊地 弘敏, 筒井 秀代
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
ベーチェット病患者の生活の質(QOL)における性差の検討
深沢 豪俊, 芝 景司, 星野 裕明, 小口 洋子, 菊地 弘敏, 筒井 秀代
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
罹病期間がベーチェット病患者の生活の質(QOL)に与える影響
芝 景司, 星野 裕明, 深沢 豪俊, 小口 洋子, 菊地 弘敏, 筒井 秀代
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
リンパ増殖性疾患合併によりメトトレキサートが使用不能となった関節リウマチ症例におけるその後の治療に関しての検討
板宮 孝紘, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 木村 佳貴, 津久井 大輔, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 小口 洋子, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
当院における全身性エリテマトーデスに対するミコフェノール酸モフェチルの使用実態
浅子 来美, 板宮 孝紘, 木村 佳貴, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
慢性進行型神経ベーチェット病の治療中に発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の3例
菊地 弘敏, 板宮 孝紘, 浅子 来美, 廣畑 俊成, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
SLE・抗リン脂質抗体症候群6 自己抗体はびまん性精神・神経心理学的症状を呈した全身性エリテマトーデス患者における長期予後に影響を与える
有沼 良幸, 菊地 弘敏, 廣畑 俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
ヒトにおける尿酸降下療法の炎症抑制効果の検討
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 津久井 大輔, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
ベーチェット病 眼症状のあるベーチェット病患者の身体的・心理社会的問題点の抽出
筒井 秀代, 小口 洋子, 菊地 弘敏
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2018年3月   
無血清培養による自発的な好中球細胞外トラップ(neutrophil extracellular traps:NETs)形成
鴨志田 剛, 上田 たかね, 西田 智, 永川 茂, 菊地 弘敏, 祖母井 庸之, 斧 康雄
生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   
メポリズマブによりステロイド抵抗性の末梢血好酸球数の改善が得られた好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の1例
板宮 孝紘, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 小口 洋子, 河野 肇
日本リウマチ学会関東支部学術集会プログラム・抄録集   2017年12月   
Lymphomatoid granulomatosisとの鑑別が困難であった、LIPを合併したシェーグレン症候群の1例
板宮 孝紘, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 東名 史憲, 路 昭暉, 山口 正雄, 滝川 一, 大田 泰徳, 河野 肇
日本内科学会関東地方会   2017年9月   
臨床実習における内科救急疾患対応についてのシミュレーターを用いた実習の導入経験
山本 貴嗣, 阿部 浩一郎, 菊地 弘敏, 相磯 光彦, 竹内 保男, 金子 一郎, 笹森 幸文, 高田 真二, 秋山 暢, 滝川 一
医学教育   2017年8月   
診療参加型臨床実習における内視鏡検査と腹部エコー検査の模擬実習の導入とその効果について
相磯 光彦, 山本 貴嗣, 菊地 弘敏, 高森 頼雪, 秋山 暢, 喜多 宏人, 田中 篤, 滝川 一
医学教育   2017年8月   
臨床実習における内科救急疾患対応についてのシミュレーターを用いた実習の導入経験
山本 貴嗣, 阿部 浩一郎, 菊地 弘敏, 相磯 光彦, 竹内 保男, 金子 一郎, 笹森 幸文, 高田 真二, 秋山 暢, 滝川 一
医学教育   2017年8月   
診療参加型臨床実習における内視鏡検査と腹部エコー検査の模擬実習の導入とその効果について
相磯 光彦, 山本 貴嗣, 菊地 弘敏, 高森 頼雪, 秋山 暢, 喜多 宏人, 田中 篤, 滝川 一
医学教育   2017年8月   
北沢 貴利, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 菊地 弘敏, 太田 康男, 河野 肇, 浅子 来美
感染症学雑誌   2017年3月3日   
無血清培養による好中球細胞外トラップ(neutrophil extracellular traps:NETs)形成
鴨志田 剛, 上田 たかね, 西田 智, 永川 茂, 菊地 弘敏, 祖母井 庸之, 斧 康雄
感染症学雑誌   2017年3月   
Candida albicans由来可溶性多糖画分誘導川崎病モデルマウスにおけるIL-1の役割
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 高橋 啓, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
全身性血管炎における好中球上CD64分子の検討
浅子 来美, 津久井 大輔, 木村 佳貴, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 西村 慶太, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
ベーチェット病 ベーチェット病深部静脈血栓症に対する抗凝固療法
岳野 光洋, 出口 治子, 桑名 正隆, 菊地 弘敏, 永渕 裕子, 廣畑 俊成, 石ヶ坪 良明, 厚労省ベーチェット病研究班
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
ベーチェット病 神経ベーチェット病の診療のガイドライン改訂に向けて
菊地 弘敏, 沢田 哲治, 岡田 正人, 岳野 光洋, 桑名 正隆, 石ヶ坪 良明, 廣畑 俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
土屋 雅勇, 渡部 多真紀, 西島 知哉, 渡辺 茂和, 齋藤 百枝美, 細野 浩之, 渡邊 真知子, 菊地 弘敏, 山本 貴嗣, 滝川 一
日本薬学会年会要旨集   2017年3月   
Candida albicans由来可溶性多糖画分誘導川崎病モデルマウスにおけるIL-1の役割
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 高橋 啓, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
全身性血管炎における好中球上CD64分子の検討
浅子 来美, 津久井 大輔, 木村 佳貴, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 西村 慶太, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
ベーチェット病 ベーチェット病深部静脈血栓症に対する抗凝固療法
岳野 光洋, 出口 治子, 桑名 正隆, 菊地 弘敏, 永渕 裕子, 廣畑 俊成, 石ヶ坪 良明, 厚労省ベーチェット病研究班
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
ベーチェット病 神経ベーチェット病の診療のガイドライン改訂に向けて
菊地 弘敏, 沢田 哲治, 岡田 正人, 岳野 光洋, 桑名 正隆, 石ヶ坪 良明, 廣畑 俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2017年3月   
膠原病患者におけるニューモシスチス肺炎予防の薬剤使用状況と安全性の解析
北沢 貴利, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 菊地 弘敏, 太田 康男, 河野 肇, 浅子 来美
感染症学雑誌   2017年3月   
無血清培養による好中球細胞外トラップ(neutrophil extracellular traps:NETs)形成
鴨志田 剛, 上田 たかね, 西田 智, 永川 茂, 菊地 弘敏, 祖母井 庸之, 斧 康雄
感染症学雑誌   2017年3月   
難治性慢性進行型神経ベーチェット病に対するインフリキシマブの治療効果の検討
廣畑 俊成, 菊地 弘敏, 沢田 哲治, 桑名 正隆, 桐野 洋平, 岳野 光洋, 石ヶ坪 良明
臨床神経学   2016年12月   
慢性進行型神経ベーチェット病における認知障害責任領域の検討
菊地 弘敏, 廣畑 俊成
臨床神経学   2016年12月   
慢性進行型神経ベーチェット病における認知障害責任領域の検討
菊地 弘敏, 廣畑 俊成
臨床神経学   2016年12月   
難治性慢性進行型神経ベーチェット病に対するインフリキシマブの治療効果の検討
廣畑 俊成, 菊地 弘敏, 沢田 哲治, 桑名 正隆, 桐野 洋平, 岳野 光洋, 石ヶ坪 良明
臨床神経学   2016年12月   
ベーチェット病における神経病変と血管病変の診断と最新治療
菊地 弘敏
日本臨床免疫学会会誌   2016年8月   
LMSを用いた講義内予習確認テスト・復習テストの現状について 導入1年を経過して
山本 貴嗣, 豊田 彰史, 秋山 暢, 矢口 義久, 相磯 光彦, 時崎 暢, 菊地 弘敏, 笹森 幸文, 三浦 文彦, 高田 真二, 金子 一郎, 豊田 圭子, 斧 康雄, 中木 敏夫, 川杉 和夫, 滝川 一
医学教育   2016年7月   
IgG4関連疾患治療中に発症した抗PL-12抗体陽性の間質性肺炎の1例
浅子 来美, 津久井 大輔, 伊賀 祥子, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2016年3月   
血管ベーチェット病診療ガイドライン案の外部評価
岳野 光洋, 菊地 弘敏, 永渕 裕子, 齋藤 和義, 廣畑 俊成, 桑名 正隆, 桐野 洋平, 石ヶ坪 良明
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2016年3月   
皮膚エリテマトーデスおよび全身性エリテマトーデス患者に対するヒドロキシクロロキンの治療効果の検討
津久井 大輔, 木村 佳貴, 伊賀 祥子, 浅子 来美, 小口 洋子, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2016年3月   
ベーチェット病 慢性進行型神経ベーチェット病における認知障害責任領域の検討
菊地 弘敏, 津久井 大輔, 伊賀 祥子, 浅子 来美, 河野 肇, 廣畑 俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2016年3月   
リウマチ性疾患の基礎研究 血清尿酸値低濃度下における尿酸の自然炎症誘導作用の検討
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2016年3月   
肺炎球菌感染症による脳梁膨大部に可逆性病変を有する脳炎・脳症(MERS)で意識障害をきたした成人全身性エリテマトーデスの1例
菊地 弘敏
感染症学雑誌   2016年3月   
慢性進行性神経ベーチェット病における海馬領域の萎縮(Atrophy of Hippocampal Region in Chronic Progressive Neuro-Behcet's Disease)
菊地 弘敏, 廣畑 俊成
臨床神経学   2015年12月   
慢性進行性神経ベーチェット病の長期転帰(Long-term outcome of chronic progressive neuro-Behcet's disease)
廣畑 俊成, 菊地 弘敏, 沢田 哲治, 永渕 裕子, 桑名 正隆, 岳野 光洋, 石ヶ坪 良明
臨床神経学   2015年12月   
関節リウマチ治療の地域連携 東京都城北地区におけるハイリスクリウマチ膠原病ネットワークセンターの活動
丸山 公, 北村 登, 武井 正美, 吉野 槇一, 河野 肇, 菊地 弘敏, 小出 純, 斎藤 修, 長瀬 満夫, 原岡 ひとみ, 星野 孝, 松川 吉博, 西野 仁樹, 徳橋 泰明, 森山 光彦, 澤田 滋正, 菅原 正弘
関東整形災害外科学会雑誌   2015年10月   
東名 史憲, 大久保 麻衣, 津久井 大輔, 浅子 来美, 吉原 久直, 菊地 弘敏, 山本 貴嗣, 河野 肇, 滝川 一
日本内科学会関東地方会   2015年9月   
LMSを用いた講義内予習確認テストの導入の試み
山本 貴嗣, 豊田 彰史, 菊地 弘敏, 秋山 暢, 相磯 光彦, 時崎 暢, 三浦 文彦, 高田 真二, 金子 一郎, 笹森 幸文, 斧 康雄, 中木 敏夫, 川杉 和夫, 滝川 一
医学教育   2015年7月   
LMSを用いた講義内予習確認テストの導入の試み
山本 貴嗣, 豊田 彰史, 菊地 弘敏, 秋山 暢, 相磯 光彦, 時崎 暢, 三浦 文彦, 高田 真二, 金子 一郎, 笹森 幸文, 斧 康雄, 中木 敏夫, 川杉 和夫, 滝川 一
医学教育   2015年7月   
菊地弘敏, 浅子来美, 高山真希, 津久井大輔, 大久保麻衣, 岡本明子, 木村佳貴, 木村佳貴, 南木敏宏, 南木敏宏, 河野肇, 廣畑俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
菊地弘敏
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
津久井大輔, 菊地弘敏, 大久保麻衣, 浅子来美, 高山真希, 岡本明子, 南木敏宏, 柳田たみ子, 河野肇, 廣畑俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
岳野光洋, 桐野洋平, 菊地弘敏, 齋藤和義, 桑名正隆, 廣畑俊成, 石ケ坪良明
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
大久保麻衣, 菊地弘敏, 津久井大輔, 浅子来美, 高山真希, 岡本明子, 南木敏宏, 柳田たみ子, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
岡本明子, 大久保麻衣, 津久井大輔, 浅子来美, 小口洋子, 本田善一郎, 竹内明輝, 南木敏宏, 菊地弘敏, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
高山真希, 菊地弘敏, 浅子来美, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
浅子来美, 大久保麻衣, 津久井大輔, 岡本明子, 菊地弘敏, 南木敏宏, 河野肇, 廣畑俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
河野肇, 木村佳貴, 木村佳貴, 津久井大輔, 大久保麻衣, 浅子来美, 菊地弘敏, 本田善一郎, 本田善一郎, 南木敏宏, 南木敏宏, 岡本明子
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
木村佳貴, 木村佳貴, 柳田たみ子, 高山真希, 浅子来美, 岡本明子, 菊地弘敏, 南木敏宏, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2015年3月20日   
ベーチェット病 慢性進行型神経ベーチェット病における海馬領域萎縮の検討
菊地 弘敏, 浅子 来美, 高山 真希, 津久井 大輔, 大久保 麻衣, 岡本 明子, 木村 佳貴, 南木 敏宏, 河野 肇, 廣畑 俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   2015年3月   
ベーチェット病 ベーチェット病インフリキシマブ治療における血中濃度・抗薬物抗体と効果・安全性の関連
岳野 光洋, 桐野 洋平, 菊地 弘敏, 齋藤 和義, 桑名 正隆, 廣畑 俊成, 石ヶ坪 良明
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   2015年3月   
リウマチ性疾患の合併症 リウマチ性疾患患者におけるサイトメガロウイルス感染に関する検討
岡本 明子, 大久保 麻衣, 津久井 大輔, 浅子 来美, 小口 洋子, 本田 善一郎, 竹内 明輝, 南木 敏宏, 菊地 弘敏, 河野 肇
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   2015年3月   
ヒドロキシクロロキン 日本発のエビデンスと日本での適正使用 ヒドロキシクロロキンの基礎・薬理 その自然免疫への作用
河野 肇, 木村 佳貴, 津久井 大輔, 大久保 麻衣, 浅子 来美, 菊地 弘敏, 本田 善一郎, 南木 敏宏, 岡本 明子
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   2015年3月   
次世代の膠原病治療 ベーチェット病特殊型に対する生物学的製剤療法
菊地 弘敏
日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集   2015年3月   
丸山公, 北村登, 武井正美, 吉野槇一, 河野肇, 菊地弘敏, 小出純, 斎藤修, 長瀬満夫, 原岡ひとみ, 星野孝, 松川吉博, 西野仁樹, 徳橋泰明, 森山光彦, 澤田滋正, 菅原正弘
関東整形災害外科学会雑誌   2015年3月   
木村佳貴, 木村佳貴, 柳田たみ子, 遠田明子, 高山真希, 浅子来美, 岡本明子, 菊地弘敏, 南木敏宏, 河野肇
日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集   2015年7月   
マウスにおける血清尿酸値の低下による動脈硬化進展の抑制
木村 佳貴, 柳田 たみ子, 遠田 明子, 高山 真希, 浅子 来美, 岡本 明子, 菊地 弘敏, 南木 敏宏, 河野 肇
日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集   2015年2月   
上田たかね, 祖母井庸之, 中野竜一, 鴨志田剛, 中野章代, 永川茂, 菊地弘敏, 斧康雄
日本化学療法学会総会プログラム・講演抄録   2014年5月19日   
永川茂, 祖母井庸之, 上田たかね, 中野竜一, 中野章代, 菊地弘敏, 斧康雄
日本化学療法学会総会プログラム・講演抄録   2014年5月19日   
中野章代, 中野竜一, 長野則之, 永川茂, 上田たかね, 菊地弘敏, 祖母井庸之, 斧康雄
日本化学療法学会総会プログラム・講演抄録   2014年5月19日   
鴨志田剛, 上田たかね, 永川茂, 中野竜一, 祖母井庸之, 菊地弘敏, 斧康雄
日本化学療法学会総会プログラム・講演抄録   2014年5月19日   
大久保麻衣, 津久井大輔, 浅子来美, 岡本明子, 菊地弘敏, 菊地弘敏, 南木敏宏, 南木敏宏, 小口洋子, 一志邦夫, 本田善一郎, 竹内明輝, 西村慶太, 西野仁樹, 河野肇
関東リウマチ   2014年4月10日   
浅子来美, 大久保麻衣, 津久井大輔, 岡本明子, 菊地弘敏, 本田善一郎, 南木敏宏, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
岳野光洋, 桐野洋平, 桑名正隆, 廣畑俊成, 齋藤和義, 菊地弘敏, 石ケ坪良明
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
河野肇, 柳田たみ子, 遠田明子, 高山真希, 浅子来美, 岡本明子, 菊地弘敏, 菊地弘敏, 南木敏宏, 南木敏宏
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
津久井大輔, 岡本明子, 大久保麻衣, 浅子来美, 菊地弘敏, 南木敏宏, 本田善一郎, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
大久保麻衣, 津久井大輔, 浅子来美, 岡本明子, 菊地弘敏, 本田善一郎, 南木敏宏, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
高山真希, 菊地弘敏, 浅子来美, 河野肇
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
有沼良幸, 菊地弘敏, 小川英佑, 和田達彦, 永井立夫, 田中住明, 廣畑俊成
日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   2014年3月24日   
中野竜一, 中野章代, 石井良和, 上田たかね, 永川茂, 菊地弘敏, 鴨志田剛, 祖母井庸之, 斧康雄
日本細菌学雑誌   2014年2月25日   
大久保麻衣, 岡本明子, 太田樹, 津久井大輔, 浅子来美, 菊地弘敏, 南木敏宏, 星本和種, 河野肇, 滝川一
日本内科学会関東支部関東地方会   2014年   
廣畑俊成, 菊地弘敏
日本臨床リウマチ学会プログラム・抄録集   2014年   
中野竜一, 中野章代, 石井良和, 祖母井庸之, 上田たかね, 菊地弘敏, 鴨志田剛, 永川茂, 斧康雄
日本臨床微生物学雑誌   2013年12月25日   
菊地弘敏, 高山真希, 廣畑俊成
日本臨床免疫学会会誌   2013年10月31日   
有沼良幸, 菊地弘敏, 小川英佑, 和田達彦, 永井立夫, 田中住明, 廣畑俊成
日本臨床免疫学会会誌   2013年10月31日   
永川茂, 祖母井庸之, 上田たかね, 鴨志田剛, 菊地弘敏, 斧康雄
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   2013年10月   
菊地弘敏, 永川茂, 鴨志田剛, 中野竜一, 上田たかね, 祖母井庸之, 西野仁樹, 斧康雄
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   2013年10月   
上田たかね, 祖母井庸之, 永川茂, 菊地弘敏, 中野竜一, 鴨志田剛, 斧康雄
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   2013年10月   
祖母井庸之, 永川茂, 上田たかね, 中野竜一, 鴨志田剛, 菊地弘敏, 斧康雄
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   2013年10月   
鴨志田剛, 上田たかね, 永川茂, 中野竜一, 祖母井庸之, 菊地弘敏, 斧康雄
日本感染症学会東日本地方会学術集会・日本化学療法学会東日本支部総会合同学会プログラム・抄録集   2013年10月   
祖母井庸之, 永川茂, 上田(菊地)たかね, 中野竜一, 菊地弘敏, 斧康雄
感染症学雑誌   2013年5月7日   
中野竜一, 菊地弘敏, 越尾修, 丹生茂, 祖母井庸之, 上田(菊地)たかね, 斧康雄
感染症学雑誌   2013年5月7日   
越尾修, 小澁陽司, 丹生茂, 祖母井庸之, 上田(菊地)たかね, 中野竜一, 菊地弘敏, 大野尚仁, 斧康雄
感染症学雑誌   2013年5月7日   
細菌感染症患者の末梢血好中球の抗原認識と活性酸素産生能の解析
丹生 茂, 祖母井 庸之, 越尾 修, 上田 たかね[菊地], 中野 竜一, 菊地 弘敏, 斧 康雄
感染症学雑誌   2013年5月   
Acinetobacter baumanniiに対するヒト由来マスト細胞株の応答
上田 たかね[菊地], 祖母井 庸之, 中野 竜一, 丹生 茂, 菊地 弘敏, 斧 康雄
感染症学雑誌   2013年5月   

担当経験のある科目

 
 
  • 診断学 (帝京大学医学部)
  • 免疫学 (帝京大学医学部医学科, 帝京大学大学院医学研究科)
  • 細菌学 (帝京大学医学部医学科)
  • 内科学(免疫・アレルギー) (帝京大学医学部医学科, 帝京大学医療技術学部看護学科, 帝京大学医療技術学部臨床検査学科, 帝京高等看護学院, 東京都立板橋看護専門学校)
  • 医学英語 (帝京大学医学部)

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 斧 康雄
1、Acinetobacter baumanniiは緑膿菌や大腸菌に比べて好中球に貪食されにくいことを報告し、莢膜形成が一因であることを確認している。今回、ヒト好中球を A. baumanni標準株または緑膿菌 PAO1 株で刺激し、1時間培養後の好中球細胞外トラップ (neutrophil extracellular traps: NETs) 形成を評価した。 好中球をPAO-1株で刺激するとNETs が形成されたが、 A. baumannii刺激でのNETs 形成は極めて少なかった。2...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 上田 たかね
細胞内寄生原虫トキソプラズマは感染した細胞内にParasitophorous vacuoleを形成し、宿主の免疫機構を回避しながら増殖や慢性感染を持続させている。この原虫が感染し細胞が傷害や破壊をうけると、細胞からは細胞質内のATPが漏出し周囲の細胞はATPに曝露されることになる。一般にATPは炎症亢進因子であり、生体内では高状勢維持のために細胞表面に発現しているCD39,CD73が細胞外ヌクレオチド分解酵素が炎症因子であるATPを分解していることが報告されている。トキソプラズマはNTPa...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 広畑 俊成
ループス精神病においては、血清中抗リボソームP抗体と髄液中の抗神経細胞抗体の上昇が見られる。一方、抗神経細胞抗体の測定に用いる神経芽細胞腫SK-N-MCの表面にはリボソームP蛋白が発現していることが知られている。これまでの報告では、ループス精神病患者の髄液中には抗リボソームP(C末端22ペプチド)抗体(抗P)の上昇はみられないとされている。我々は昨年度の研究において、ループス精神病においては、髄液中の抗リボソームPO抗体の上昇が病態に深く関与すること、この抗リボソームPO抗体の認識するエピ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 広畑 俊成
これまでの研究により、IFN-αが全身性エリテマトーデス(SLE)のような自己免疫疾患の発症の引き金となることが明らかにされている。またCD154の発現が異常に増強しそれが長時間にわたり持続することにより、SLEに特徴的な多クローン性のB細胞の活性化、高ガンマグロブリン血症、自己抗体産生が引き起こされる可能性が考えられる。本研究においては、活性化されたヒトCD4陽性T細胞におけるCD154の発現に対するIFN-αの影響を検討した。その結果、IFN-αは固相化抗CD3抗体にて活性化されたCD...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 廣畑 俊成
我々は、これまで血清中抗リボソームP抗体及び髄液中の抗神経細胞抗体という自己抗体のトロピズムがCNSループス(特にlupus psychosis)の病態形成上重要であることを裏付けた。以上の研究経過を踏まえて、血清中抗リボソームP抗体がCNSループスの病態形成において果たす役割を明らかにするため、免疫担当細胞に対する反応性の有無について検討を行なった。健常人末梢血より精製したB細胞、T細胞、単球を精製抗リボソームP抗体あるいは対照ヒトlgGと反応させ、その後FITC標識F(ab')_2ヤギ...