MISC

2011年9月

術前診断が困難だった巨大嫌色素性腎細胞癌の1例

泌尿器外科
  • 江崎 太佑
  • ,
  • 水野 隆一
  • ,
  • 三上 修治
  • ,
  • 黒田 直人
  • ,
  • 陣崎 雅弘
  • ,
  • 小林 裕章
  • ,
  • 弓削 和之
  • ,
  • 宮崎 保匡
  • ,
  • 菊地 栄次
  • ,
  • 大家 基嗣

24
9
開始ページ
1545
終了ページ
1548
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
医学図書出版(株)

症例は60歳男性。腹部膨満の精査の結果、右腎に接する巨大な腹部腫瘍を指摘された。CT・MRIにて後腹膜原発の脂肪肉腫と術前診断され、腫瘍摘除および右腎合併切除術を施行された。病理組織学的診断は嫌色素性腎細胞癌であった。径29cm、重量3,500gの巨大腫瘍であったため、嫌色素性腎細胞癌に典型的な画像所見を示さず、術前診断が困難になったと考えられた。(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J02127&link_issn=&doc_id=20111003350017&doc_link_id=%2Faa6hngke%2F2011%2F002409%2F018%2F1545-1548%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa6hngke%2F2011%2F002409%2F018%2F1545-1548%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

エクスポート
BibTeX RIS