舘野浩章

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/16 09:03
 
アバター
研究者氏名
舘野浩章
eメール
h-tatenoaist.go.jp
URL
https://unit.aist.go.jp/brd/jp/groups/cgtrg/cgtrg.html
所属
国立研究開発法人産業技術総合研究所
職名
上級主任研究員
学位
農学(東北大学)
その他の所属
国立研究開発法人科学技術振興機構筑波大学岐阜大学
ORCID ID
0000-0003-3006-1659

プロフィール

グライコミクスのための新たな技術を開発することで、これまで観察不可能であった生命現象を解き明かすとともに、社会に貢献する革新的技術を開発することを目標として研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年11月
 - 
現在
筑波大学 客員教授
 
2017年10月
 - 
現在
国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 上級主任研究員
 
2016年10月
 - 
現在
国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ研究員
 
2016年4月
 - 
現在
岐阜大学 大学院連合農学研究科 客員准教授
 
2016年4月
 - 
2017年9月
国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
東北大学 大学院農学研究科資源生物科学専攻博士後期3年の課程 
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東北大学 大学院農学研究科資源生物科学専攻博士前期2年の課程 
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東北大学 農学部 生体分子化学科
 
1990年4月
 - 
1993年3月
栃木県立足利高等学校  
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本糖鎖科学コンソーシアム (JCGG)  幹事
 
2017年4月
 - 
現在
Forum: Carbohydrates Coming of Age (FCCA)  幹事
 
2017年4月
 - 
現在
Trends in Glycoscience and Glycotechnology (TIGG)  Associate editor
 
2017年1月
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
2018年10月
一般社団法人バイオインダストリー協会 第2回バイオインダストリー奨励賞 糖鎖プロファイリング技術の開発と再生医療・創薬への応用
 
2014年8月
日本糖質学会 第17回(2014年度)日本糖質学会奨励賞 糖鎖レクチン工学による幹細胞評価技術の開発と産業展開
 
2010年3月
日本農芸化学会 2009年度日本農芸化学会奨励賞 レクチンの構造・機能解析と糖鎖生物学への応用
 

論文

 
Saito S, Hiemori K, Kiyoi K, Tateno H.
Scientific Reports   8(1) 9   2018年3月   [査読有り]
Omata Y, Aoki R, Aoki-Yoshida A, Hiemori K, Toyoda A, Tateno H, Suzuki C, Takayama Y
Scientific reports   8(1) 13199   2018年9月   [査読有り]
Dion J, Minoshima F, Saito S, Kiyoi K, Hasehira K, Tateno H
Chembiochem : a European journal of chemical biology      2019年2月   [査読有り]
Unno H, Nakamura A, Mori S, Goda S, Yamaguchi K, Hiemori K, Tateno H, Hatakeyama T
Scientific reports   8(1) 11516   2018年8月   [査読有り]
Yamasaki K, Yamasaki T, Tateno H
Scientific reports   8(1) 7740   2018年5月   [査読有り]