長田博文

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/23 17:15
 
アバター
研究者氏名
長田博文
eメール
osadamath.kyushu-u.ac.jp
URL
http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~osada-labo/osadapersonal_hp/index.html
所属
九州大学
部署
大学院数理学研究院 数理科学部門
職名
教授
学位
理学博士(京都大学)
その他の所属
九州大学確率解析研究センター

研究分野

 
 

受賞

 
2018年9月
日本数学会 2018年度日本数学会賞秋季賞 長距離相互作用を持つ無限粒子系の確率力学とその剛性の研究
 
2014年9月
日本数学会 2014年度解析学賞 無限粒子系の確率力学と幾何
 
2013年8月
The Bernoulli Society The Ito Prize Infinite-dimensional stochastic differential equations arising from random matrices
 

論文

 
Kawamoto Yosuke, Osada Hirofumi
JOURNAL OF THE MATHEMATICAL SOCIETY OF JAPAN   70(3) 921-952   2018年7月   [査読有り]
Yosuke Kawamoto, Hirofumi Osada
Journal of Theoretical Probability   1-27   2018年2月
© 2018 Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature The distributions of N-particle systems of Gaussian unitary ensembles converge to Sine(Formula presented.) point processes under bulk scaling limits. These scalings are parameter...
Hirofumi Osada
Springer Proceedings in Mathematics and Statistics   229 549-559   2018年1月
© Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2018. We review recent progress in the study of infinite-dimensional stochastic differential equations with symmetry. This paper contains examples arising from random matrix theory.
Osada Hirofumi, Osada Shota
JOURNAL OF STATISTICAL PHYSICS   170(2) 421-435   2018年1月   [査読有り]
Osada Hirofumi, Shirai Tomoyuki
PROBABILITY THEORY AND RELATED FIELDS   165(3-4) 725-770   2016年8月   [査読有り]
Hirofumi Osada
数理解析研究所講究録別冊   B59 253-272   2016年5月
We prove that self-diffusion constants of interacting Brownian particles in Tex always vanish if the particles do not collide with each other. We
represent self-diffusion constants by additive functionals of reversible Markov
processes a...
Hirofumi Osada, Hideki Tanemura
数理解析研究所講究録別冊   B59 203-214   2016年5月
In this note we review recent results on existence and uniqueness of
solutions of infinite-dimensional stochastic differential equations describing
interacting Brownian motions on Tex.
Osada Hirofumi, Tanemura Hideki
STOCHASTIC PROCESSES AND THEIR APPLICATIONS   126(1) 186-208   2016年1月   [査読有り]
Honda Ryuichi, Osada Hirofumi
STOCHASTIC PROCESSES AND THEIR APPLICATIONS   125(10) 3801-3822   2015年10月   [査読有り]
Osada Hirofumi, Tanemura Hideki
PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES   90(10)    2014年12月   [査読有り]

Misc

 
Yosuke Kawamoto, Hirofumi Osada, Hideki Tanemura
   2017年11月
The Dirichlet forms related to the various infinite systems of interacting
Brownian motions are studied. For a given random point field Tex, there
exist two natural infinite-volume Dirichlet forms Tex and
$(\E^{\La},\d^{\La}...
Alexander I. Bufetov, Andrey V. Dymov, Hirofumi Osada
   2017年7月
The logarithmic derivative of a point process plays a key role in the general
approach, due to the third author, to constructing diffusions preserving a
given point process. In this paper we explicitly compute the logarithmic
derivative for determ...
河本 陽介, 長田 博文
数理解析研究所講究録   (2030) 69-76   2017年5月
長田 博文
数理解析研究所講究録   (2030) 63-68   2017年5月

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月    代表者: 長田博文
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 長田博文
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 長田博文
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 長田博文
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 長田博文

講演・口頭発表等

 
無限粒子系の確率解析学 -古典的確率解析の新展開とランダム行列の力学的普遍性- [招待有り]
長田博文
2018年度 日本数学会 秋季総合分科会   2018年9月25日   
Dynamical universality for random matrices
長田博文
9th Internatinal Conference on Stochastic Analysis and its Applications   2018年9月4日   
山田-渡辺理論と無限粒子系
長田博文
確率解析とその応用   2018年7月28日   
Infinite-dimensional stochastic differentional equation with symmetry
長田博文
International Program on Regularity Structures and Stochastic Systems   2018年7月11日   
Diffusion in Coulomb environment and a phase transition
長田博文
The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications   2018年7月5日   

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
九州大学 教授
 
1998年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学 教授
 
1989年4月
 - 
1998年3月
東京大学 助教授
 
1987年12月
 - 
1989年3月
奈良女子大学 助教授
 
1986年4月
 - 
1987年11月
奈良女子大学 講師
 
1985年4月
 - 
1986年3月
北海道大学 助手
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1985年3月
京都大学 大学院理学研究科 博士後期課程
 
1980年4月
 - 
1982年3月
京都大学 大学院理学研究科 修士課程
 
1976年4月
 - 
1980年3月
京都大学 理学部 
 

所属学協会