長谷川 裕修

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 15:53
 
アバター
研究者氏名
長谷川 裕修
 
ハセガワ ヒロノブ
所属
秋田工業高等専門学校
部署
土木・建築系
職名
准教授
学位
博士(工学)(室蘭工業大学)
科研費研究者番号
00533374

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
秋田工業高等専門学校 土木・建築系 准教授
 
2014年10月
 - 
2017年3月
秋田工業高等専門学校 環境都市工学科 准教授
 
2008年10月
 - 
2014年9月
秋田工業高等専門学校 環境都市工学科 助教
 
2012年9月
 - 
2013年9月
ニューサウスウェールズ大学 工学部土木環境工学科 客員研究員
 
2008年4月
 - 
2008年9月
室蘭工業大学 工学部 リサーチアシスタント
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
室蘭工業大学 大学院 工学研究科建設工学専攻博士後期課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
室蘭工業大学 大学院 工学研究科建設システム工学専攻博士前期課程
 
1999年4月
 - 
2004年3月
室蘭工業大学 工学部 建設システム工学科
 
1996年4月
 - 
1999年3月
北海道富良野高等学校 普通科 
 

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
土木学会  土木計画学研究委員会学術小委員会・委員
 
2018年11月
 - 
現在
秋田県  秋田県新広域道路交通ビジョン等の検討に係る有識者会議・委員
 
2018年4月
 - 
現在
秋田市  公共事業評価審議委員会・委員
 
2016年4月
 - 
現在
秋田市  福祉有償運送運営協議会・委員
 
2008年10月
 - 
現在
国土交通省東北地方整備局  東北地方道路計画研究会・委員
 

論文

 
データマイニングアプローチによるコミュニティサイクル利用動態の抽出
丸山翔大,松田真宜,長谷川裕修,有村幹治
土木学会論文集D3(土木計画学)   70(5) 671-680   2014年12月   [査読有り]
Shrinking or Cohesion? : Estimation for a Future Spatial Distribution of Demographic Structure and Building Age in Obihiro Urban Area
Mikiharu ARIMURA, Takuya ENDO, Hironobu HASEGAWA, Tohru TAMURA
   2012年12月   [査読有り]
長谷川裕修, 内藤利幸, 有村幹治, 田村亨
土木学会論文集D3(土木計画学)   68(5) I.773-I.780 (J-STAGE)   2012年12月   [査読有り]
Text mining analysis on methods of information provision that influence tourists' travel behavior
MURAI Yuta, ARIMURA Mikiharu, HASEGAWA Hironobu, TAMURA Tohru, KAJIYA Yasuhiko
Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.8, pp.941-953      2010年9月   [査読有り]
識別分析手法による土木計画データからの知識発見に関する研究
長谷川 裕修
室蘭工業大学      2009年3月
A Basic Study on Traffic Accident Data Analysis Using Support Vector Machine
HASEGAWA Hironobu, FUJII Masaru, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Journal of the Eastern Asia Society of Transportation Studies   7 2873-2880   2007年12月   [査読有り]
有村幹治, 長谷川裕修, 藤井勝, 田村亨
土木計画学研究・論文集,Vol.24, pp.421-426   24(3) 421-426   2007年9月   [査読有り]
藤井勝, 長谷川裕修, 有村幹治, 田村亨
交通学研究   50 159-168   2007年3月   [査読有り]
長谷川裕修, 藤井勝, 有村幹治, 田村亨
交通学研究   50 219-228   2007年3月   [査読有り]
自然共生地域の住民が求めるリライアブルジャーニーに関する研究
長谷川 裕修
室蘭工業大学      2006年3月
A STUDY ON THE POSSIBILITY OF ACHIEVING THE SUSTAINNABLE DEVELOPMENT OF RURAL AREAS UTILIZING SOCIAL CAPITAL
FUJII Masaru, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
K. Kobayashi et.al. (Eds.), Social Capital and Development Trends in Rural Areas, Vol.4, pp.161-170      [査読有り]
A Study of the Possibility of Sustainable Development of Regions that Coexist with Nature - From the Perspectives of the Role of Infrastructure and Development of Social Capital-
TAMURA Tohru, FUJII Masaru, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu
K. Kobayashi et.al. (Eds.), Social Capital and Development Trends in Rural Areas, Vol.3, pp.25-45      [査読有り]

Misc

 
長谷川 裕修
土木學會誌   97(12) 10-11   2012年12月
長谷川 裕修
土木學會誌   97(2)    2012年2月

講演・口頭発表等

 
眼鏡型デバイス搭載センサを用いた通学時の歩行挙動分析
今野迅人,長谷川裕修
平成30年度東北地区高等専門学校専攻科産学連携シンポジウム   2018年11月30日   
眼鏡型デバイス搭載センサを用いた歩行挙動分析
長谷川裕修,今野迅人,菊池光貴,田村亨
土木計画学研究・講演集,Vol.58   2018年11月23日   
近年のセンサ技術の発展は,これまでの交通調査のあり方を変容させつつある.本研究は,眼鏡型ウェアラブ ルデバイスである JINS MEME に搭載されている加速度センサ・ジャイロセンサによって測定されたセンサデー タから通学時の歩行挙動特性を把握することを目的とする.研究の成果は以下の 2 点である.1) 眼鏡型ウェア ラブルデバイス搭載センサを用いて歩行挙動を把握する方法を提案した,2) 検証用データに対して全体精度で 0.994,平均精度で 0.902 と高い判別能力を示す歩行挙動判別モ...
地方航空ネットワークにおける公共計画の必要性
菊池光貴,長谷川裕修,田村亨
土木計画学研究・講演集,Vol.57   2018年6月   
ゲリラ豪雪がもたらす災害リスクへの適応戦略
長谷川裕修,菊池光貴,田村亨
土木計画学研究・講演集,Vol.57   2018年6月   
新屋敷学,長谷川裕修
第18回MASコンペティション   2018年3月9日   
首都圏空港の混雑緩和に資する持続可能な地方航空ネットワークのあり方に関する研究
菊池光貴,長谷川裕修,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集   2018年3月   
マルチエージェントシステムを用いた学校敷地内における歩車混合交通のモデル化
新屋敷学,長谷川裕修
日本都市計画学会東北支部「北」東北ブロック研究発表会要旨集   2017年3月   
ベクトル自己回帰モデルによるサイクルシェアリングサービス利用動態の時系列分析
長谷川裕修,千田真吾,松田真宜,有村幹治
土木計画学研究・講演集, Vol.53   2016年5月   
ベクトル自己回帰モデルによるコミュニティサイクル貸出回数の時系列分析
千田真吾,長谷川裕修,松田真宜,有村幹治
平成27年度土木学会東北支部技術研究発表会   2016年3月   
利便性の高い時刻・経路情報検索か?秋田市の公共交通利用者に与える影響の検討
宮沢竜馬,長谷川裕修
平成27年度土木学会東北支部技術研究発表会   2016年3月   
Innovative Simultaneous System of Disaggregate Models for Trip Generation, Mode, and Destination Choice
Taha Hossein Rashidi, Hironobu Hasegawa
Transportation Research Board 93rd Annual Meeting, Washington DC   2014年1月   
札幌都心部におけるサイクルシェアリングの自転車還流に関する基礎的研究
丸山翔大,松田真宜,長谷川裕修,有村幹治
土木計画学研究・講演集, Vol.48   2013年11月   
Hybrid Model of Random Forests and Genetic Algorithms for Commute Mode Choice Analysis
Hasegawa Hironobu, Arimura Mikiharu, Tamura Tohru
Proceedings of The Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol. 9, pp.123-136   2013年9月   
Shrinking or Cohesion? -Estimation for a Future Spatial Distribution of Demographic Structure and Building Age in Obihiro Urban Area-
ARIMURA Mikiharu, ENDO Takuya, HASEGAWA Hironobu, TAMURA Tohru
Proceedings of The Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol. 9, pp.199-210   2013年9月   
A Simultaneous System Of Models For Disaggregate Trip Generation, Mode Choice And Destination
Taha Hossein Rashidi, Hironobu Hasegawa
The 41st European Transport Conference, Frankfurt   2013年9月   
アンサンブル学習による交通機関選択モデルの構築とその評価
長谷川裕修,内藤利幸,有村幹治,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.43   2011年6月   
白神山地の観光振興と社会資本整備の方向性に関する研究
長谷川裕修
日本交通学会研究報告会予稿集, Vol.69   2010年10月   
APPLICATION OF DATA MINING TECHNIQUES TO CONGESTION DATA ANALYSIS: THE CASE OF SAPPORO URBAN AREA
ARIMURA Mikiharu, NAITO Toshiyuki, HASEGAWA Hironobu, TAMURA Tohru
Selected Proceedings of World Conference on Transport Research, Vol.12   2010年7月   
高速道路ETC割引が渋滞に与える影響
恒本康弘,木村洋平,田村亨,長谷川裕修,内藤利幸
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.66   2010年2月   
札幌市における交通渋滞の発現特性と空間分布に関する研究
木村洋平,田村亨,長谷川裕修,内藤利幸
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.66   2010年2月   
Text mining analysis on methods of information provision that influence tourists' travel behavior
MURAI Yuta, ARIMURA Mikiharu, HASEGAWA Hironobu, TAMURA Tohru, KAJIYA Yasuhiko
Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.7, pp.187-199   2009年11月   
データマイニング法による交通渋滞の季節変動把握
木村洋平,郎ゼイイ,有村幹治,長谷川裕修,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.39   2009年6月   
条件不利地域における人々の自立・依存と定住の関係についての一考察
川島理佐,村井 祐太,長谷川 裕修,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.38   2008年11月   
地域の自立的発展のためのモビリティ確保
村井 祐太,長谷川 裕修,藤井 勝,有村幹治,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.38   2008年11月   
ライフサイクルアセスメント手法による水素社会の実現可能性
小柳英輝,長谷川裕修,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.37   2008年6月   
交通サ−ビス改善のための制度論
田村亨,有村幹治,長谷川裕修
土木計画学研究・講演集, Vol.37   2008年6月   
自然共生地域の持続的発展に資する交通機能
藤井勝,村井祐太,長谷川裕修,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.37   2008年6月   
新たな公による地域防災力向上に関する研究
長谷川裕修,安彦清人,井田 直人,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.37   2008年6月   
自然災害との共生を戦略とした公共投資のあり方
日下健,羽山美希,安彦清人,長谷川裕修,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.64   2008年1月   
渋滞情報データからの知識発見
木村洋平,長谷川裕修,有村幹治,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.64   2008年1月   
「新たな公」による火山減災支援システムの構築
羽山美希,安彦清人,長谷川裕修,井田直人,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.64   2008年1月   
グリーンネックレスの提案-コンパクトシティ室蘭-
藤井耕起,小柳英輝,長谷川裕修,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.64   2008年1月   
サポートベクターマシンを用いた意識調査データの分析に関する基礎的研究
長谷川裕修,藤井勝,有村幹治,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.36   2007年11月   
Proposal on an Evaluation Index of Traffic Services in Cold Rural Areas
FUJII Masaru, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Japan-China Winter Road Transportation Workshop 2006 Proceedings, Vol., pp.21-29   2007年10月   
A Study on Traffic Accident Analysis Using Support Vector Machines
HASEGAWA Hironobu, FUJII Masaru, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Japan-China Winter Road Transportation Workshop 2006 Proceedings, Vol., pp.33-40   2007年10月   
A Study on Journey-time Reliability Contributing to the Sustainable Development of Rural Areas
FUJII Masaru, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Proceedings of The Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, pp.166-177   2007年9月   
A Basic Study on Traffic Accident Data Analysis Using Support Vector Machine
HASEGAWA Hironobu, FUJII Masaru, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Proceedings of The Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.6, pp.369-377   2007年9月   
Study on the Possibility of Achieving the Sustainable Development of Rural Areas Utilizing Social Capital
FUJII Masaru, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
The 4th Workshop on Social Capital and Development Trends in Japan's and Sweden's Countryside in conjunct with World Conference of IGU/C 04.27   2007年8月   
Building an Artificial Society Model for Interaction Between Networks and Norms
KAWASHIMA Risa, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
The 4th Workshop on Social Capital and Development Trends in Japan's and Sweden's Countryside in conjunct with World Conference of IGU/C 04.27   2007年8月   
中山間地域のモビリティ確保と地域経営
田村亨,藤井勝,長谷川裕修
土木計画学研究・講演集, Vol.35   2007年6月   
ソーシャル・キャピタルを活用した農村集落の維持方策
藤井勝,長谷川裕修,有村幹治,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.35   2007年6月   
サポートベクターマシンの土木計画学への適用に関する研究
長谷川裕修,藤井勝,有村幹治,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.35   2007年6月   
A Study on Index of Journey Time Reliability to Evaluate Road Projects in Rural Areas
FUJII Masaru, HASEGAWA Hironobu, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Proceedings of The 11th World Conference on Transportation Research, Vol., pp.   2007年6月   
A Study on Traffic Accident Analysis Using Support Vector Machines
HASEGAWA Hironobu, FUJII Masaru, ARIMURA Mikiharu, TAMURA Tohru
Proceedings of The World Conference on Transportation Research, Vol.11, pp.   2007年6月   
都市機能と農村機能の同時消費モデルの構築
安彦清人,長谷川裕修,藤井勝,有村幹治,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.63   2007年2月   
農村コミュニティの変容を現す社会人工モデルの構築
川島理佐,長谷川裕修,藤井勝,有村幹治,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.63   2007年2月   
地方部における時間信頼性価値の計測
羽山美希,長谷川裕修,藤井勝,有村幹治,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.63   2007年2月   
高齢化社会における交通安全対策立案へのSVMの適用可能性
菊地健元,長谷川裕修,有村幹治,田村亨
土木学会北海道支部論文報告集, Vol.63   2007年2月   
非線形最適化へのサポートベクターマシンの応用に関する考察
有村幹治,長谷川裕修,藤井勝,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.34   2006年12月   
マルチエージェント・シミュレーションを用いた集落崩壊過程の分析
藤井勝,長谷川裕修,有村幹治,田村亨
土木計画学研究・講演集, Vol.34   2006年12月   

競争的資金等の研究課題

 
行動文脈を考慮した活動状態の定量的調査方法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業,基盤研究(C),課題番号18K04400
研究期間: 2018年 - 2021年3月    代表者: 長谷川 裕修
自動運転と道の駅を活用した生産空間を支える新たな道路交通施策に関する研究開発
国土交通省: 国土交通省道路政策の質の向上に資する技術研究開発
研究期間: 2017年 - 2020年3月    代表者: 有村 幹治
交通関連ビッグデータ活用に向けたデータの前処理・クリーニングに関する研究
日本建設情報総合センター: 日本建設情報総合センター研究助成
研究期間: 2014年8月 - 2016年8月    代表者: 長谷川 裕修
空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究
北海道開発協会: 北海道開発協会研究助成
研究期間: 2014年 - 2015年3月    代表者: 有村 幹治
土地利用・地形・避難経路を考慮した町内防災マップの作成に関する研究
秋田工業高等専門学校: 校長裁量経費
研究期間: 2014年 - 2015年3月    代表者: 長谷川 裕修