井田博史

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/18 00:13
 
アバター
研究者氏名
井田博史
 
イダ ヒロフミ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20392194
所属
上武大学
部署
ビジネス情報学部 スポーツマネジメント学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
芝浦工業大学
科研費研究者番号
20392194

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
上武大学 ビジネス情報学部スポーツ健康マネジメント学科 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
芝浦工業大学 非常勤講師
 
2012年10月
 - 
2014年3月
上武大学 ビジネス情報学部スポーツマネジメント学科 講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
神奈川工科大学 ヒューマンメディア研究センター 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東京工業大学 人間行動システム専攻 特別研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京工業大学 社会理工学研究科 人間行動システム専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京大学 教養学部 
 

論文

 
Ida H, Mohapatra S, Aruin A
Experimental brain research      2017年3月   [査読有り]
Relationship between static anterior laxity using the KT-1000 and dynamic tibial rotation during motion in patients with anatomical anterior cruciate ligament reconstruction.
Sato K, Maeda A, Takano Y, Matsuse H, Ida H, Shiba N
The Kurume medical journal   60(1) 1-6   2013年   [査読有り]
Ida H, Fukuhara K, Ishii M, Inoue T
Human Movement Science   32(1) 106-120   2013年2月   [査読有り]
Ida H, Nagano Y, Akai M, Ishii M, Fukubayashi T
The Knee   20(5) 339-345   2013年10月   [査読有り]
Takashi Fukaya, Hirotaka Mutsuzaki, Hirofumi Ida, Yasuyoshi Wadano
Rehabilitation Research and Practice   2012(586348) 586348   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
小谷 泰則, 島本 好平, 福原 和伸, 井田 博史, 石井 源信
日本体育学会大会予稿集   (64)    2013年8月
緒方 貴浩, 井田 博史, 福原 和伸
Training journal   38(11) 18-23   2016年11月
福原 和伸, 丸山 智子, 緒方 貴浩, 佐藤 文平, 井田 博史, 樋口 貴広
日本体育学会大会予稿集   67(0) 112_1-112_1   2016年
<p> 近年、テニスの打球方向予測において、熟練者は対戦相手のボールやラケットなどの局所的な(local)運動情報に注意を向けすぎずに、全身運動を俯瞰的に捉える大域的な(global)知覚方略を利用することが報告されている(Huys他、2009)。本研究ではこの知覚方略の特徴を検討するため、テニス熟練者がどの程度正確に動作を認識しているのか(動作認識)を、スローモーション再生呈示により明らかにすることを目的とした。一般に、スローモーション再生呈示は、通常よりも対象動作がゆっくりと観察できる...
板花 俊希, 深野 真子, 広瀬 統一, 福林 徹, 井田 博史
理学療法学Supplement   2015(0)    2016年
【はじめに,目的】慢性足関節不安定症(CAI)は足関節捻挫受傷後の後遺症であり,足関節構造及び機能の問題から反復性の足関節捻挫を引き起こす。CAIは動作時に足関節運動の変化をもたらすと報告されているが,近年は膝関節運動にも変化が生じ,特に膝関節矢状面上での角度変化が報告されている。一方,足関節捻挫が頻発するとされるカッティング動作において膝関節運動を3運動面から詳細に検討した研究はない。本研究ではカッティング動作課題にて,Point Cluster法を用いてCAIの膝関節運動を詳細に検討し...
高橋 まどか, 井田 博史, 井上 哲理, 石井 源信
日本感性工学会論文誌   11(4) 581-586   2012年
The purpose of this study was to investigate the observers' impression related to reality when they view an approaching baton with spin that is simulated in a virtual reality system. Twelve participants viewed the approaching virtual baton with no...
緒方 貴浩, 福原 和伸, 井田 博史, 高橋 まどか, 福林 徹
人間工学   51(2) 96-102   2015年
本研究は,テニスサーバーの動作とレシーバーの予測の定量的関係性について,ラケット動作パラメータを説明変数,レシーバーのコース予測判断を従属変数とする重回帰分析によって明らかにすることを目的とした.12名のテニス熟練者および12名の非熟練者は,時間遮蔽で編集されたビデオ映像を観察し,テニスサービスのボール方向をvisual analog scale(VAS)により判断した.ラケットとボールのコンタクト直前の遮蔽において,熟練者群の正答率はチャンスレベルを超えているものの,非熟練者群の正答率は...
佐藤 孝二, 前田 朗, 井田 博史, 志波 直人
JOSKAS   38(1) 106-107   2013年3月
井田 博史, 高橋 まどか, 緒方 貴浩, 福原 和伸, 石井 源信, 井上 哲理
スポーツ心理学研究   41(1) 5-18   2013年
In one-handed catching behavior, binocular visual information such as retinal disparity and vergence, as well as monocular depth cues, can be used to control the motor effector's motion. Typical virtual devices that are equipped with a stereoscopi...
永野康治, 井田博史
臨床スポーツ医学   29(7) 679-682   2012年7月
永野 康治, 井田 博史
臨床スポーツ医学   29(7) 679-682   2012年7月
佐藤孝二, 佐藤孝二, 前田朗, 井田博史, 志波直人
JOSKAS   37(4) 211   2012年6月
御園生 剛, 金森 章浩, 井田 博史
臨床バイオメカニクス   32(0) 385-393   2011年
永野 康治, 石井 秀幸, 井田 博史
臨床バイオメカニクス   32(0) 421-427   2011年
井田 博史, 永野 康治, 福林 徹, 赤居 正美
臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   31(0) 383-388   2010年9月
水野 哲也, 田井 健太郎, 井田 博史, 日浦 幹夫, 谷木 龍男
日本体育学会大会予稿集   0(61)    2010年9月
福林 徹, 赤居 正美, 井田 博史, 内藤 健二, 永野 康治, 深野 真子
運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine   21(1) 75-77   2010年6月
永野 康治, 内藤 健二, 深野 真子, 井上 夏香, 木村 知弘, 井田 博史, 赤居 正美, 福林 徹
JOSKAS   35(1) 144-145   2010年3月
高橋 まどか, 福原 和伸, 井田 博史, 石井 源信
人間工学 = The Japanese journal of ergonomics   46(1) 31-36   2010年2月
本研究は,バトントワリング日本代表選手6名(男3,女3)を被験者として,キャッチング課題遂行中に計測した眼球運動データに基づき,バトンのキャッチングにおける視線行動を明らかにすることを目的とした.被験者は前方から矢状面内で回転をともなって投げられたバトンをキャッチする課題と,統制条件としてボールのキャッチング課題(5 m,7 m)を行った.眼球運動は,頭部に装着したアイマークカメラ(右眼)を用いて計測した.視線解析の結果から,バトンのキャッチング課題では,視線をリリースからおよそ100 m...
井田 博史, 吉田 康行
月刊トレーニング・ジャーナル   32(2) 34-41   2010年2月
井田 博史, 福原 和伸, 高橋 まどか
スポーツ心理学研究   37(1) 1-11   2010年
永野 康治, 内藤 健二, 深野 真子, 井田 博史, 中澤 公孝, 赤居 正美, 福林 徹
運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine   20(4) 379-386   2009年12月
佐藤 妙, 井田 博史, 丸山 剛生
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics   2009(0) 315-318   2009年12月
The purpose of this study was to reveal the relationship between stooped angles of upper body segments and lower joint moments during sit-to-stand movement. We evaluated joint moments by using the support moment which was advocated by Winter. Ther...
石井 秀幸, 永野 康治, 井田 博史, 赤居 正美, 佐保 泰明, 柳谷 登志雄, 福林 徹
臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   30(0) 437-444   2009年9月
佐保 泰明, 永野 康治, 井田 博史, 赤居 正美, 福林 徹
臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   30(0) 463-468   2009年9月
福原 和伸, 井田 博史, 石井 源信
スポーツ心理学研究   36(2) 115-125   2009年
井田 博史, 永野 康治, 福林 徹, 赤居 正美
日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research   29(0) 15-20   2008年11月
永野 康治, 岩田 恵梨子, 井田 博史, 赤居 正美, 福林 徹
日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research   29(0) 53-58   2008年11月
永野 康治, 内藤 健二, 深野 真子, 井田 博史, 赤居 正美, 福林 徹
運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine   19(2)    2008年6月
内藤 健二, 永野 康治, 深野 真子, 井田 博史, 中澤 公孝, 赤居 正美, 福林 徹
運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine   19(2)    2008年6月
永野 康治, 井田 博史, 赤居 正美, 坂上 真弓, 福林 徹
日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research   28(0) 193-197   2007年11月
市川 将, 井田 博史, 中澤 公孝, 丸山 剛生
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics   2006(0) 316-320   2006年11月
The purposes of this study were to investigate the relationship between the relative tibiofemoral movement estimated with the point cluster technique and kinetics of the knee joint during normal walking, and to investigate relationships between th...
永野 康治, 井田 博史, 赤居 正美, 福林 徹
日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research   26(0) 133-137   2005年10月
井田 博史, 垣花 渉, 中澤 公孝
体育の科学   54(12) 949-956   2004年12月
井田 博史, 福原 和伸, 楠堀 誠司, 赤居 正美, 石井 源信
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics   2004(0) 78-82   2004年11月
Tennis players need to learn perceptual skills in watching the hitting motion executed by opponent. In skilled perception, visual information of skinning (i.e. body shape and color shading) should have strong effect. This study was aimed to invest...
福原 和伸, 楠掘 誠司, 井田 博史, 滝谷 修, 石井 源信
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics   2004(0) 83-88   2004年11月
It is expected to make use of computer graphics (CG) technology for the studies on anticipation skills in sports. The purpose of this study was to clarify the differences in the characteristics of the anticipation skills when presenting the tennis...
井田 博史, 福原 和伸, 石井 源信, 楠堀 誠司, 赤居 正美
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics   2003(0) 171-176   2003年11月
*Image techniques such as motion capture or computer graphics (CG) animation are rapidly progressing and, even in sports science and engineering, these techniques will be helpful as presentation source of perceptual training. This study was aimed ...
福原 和伸, 楠掘 誠司, 井田 博史, 滝谷 修, 石井 源信
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics   2003(0) 177-181   2003年11月
This study tried to construct a exhibiting system of tennis motions of the computer graphics (CG) animation based on the actual three dimensional coordinate data. For the making of the system, we computed three-dimensional locations of body points...
楠堀 誠司, 井田 博史, 石井 源信
バイオメカニクス研究   5(1) 2-17   2001年
楠堀 誠司, 井田 博史, 水野 哲也
ジョイント・シンポジウム   99(41) 134-138   1999年10月