MISC

2015年11月

【感染症 いま何が起きているのか 基礎研究、臨床から国際支援まで】(第1章)感染症Hot Topics 新興再興感染症を中心に 節足動物によって運ばれる感染症

実験医学
  • 山地 佳代子
  • ,
  • 青沼 宏佳
  • ,
  • 佐久間 知佐子
  • ,
  • 保科 斉生
  • ,
  • 嘉糠 洋陸

33
17
開始ページ
2745
終了ページ
2751
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)羊土社

病原体を運ぶ節足動物はベクターとよばれ、マラリア、デング熱、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)、日本紅斑熱などヒトに重篤な症状をもたらす病原体を媒介する。これらベクター感染症のなかには、決定的な対策を講じられずにいる感染症が複数存在する。本稿では、ヒトと病原体を結びつけるベクターに焦点をあてながら、ベクター感染症制圧に向けた試みについて紹介する。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS