小川洋和

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/04 12:48
 
アバター
研究者氏名
小川洋和
所属
関西学院大学
部署
文学部 総合心理科学科
職名
教授
学位
博士(心理学)(関西学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
関西学院大学 文学部総合心理科学科 教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
関西学院大学 文学部総合心理科学科 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年3月
京都大学次世代研究者育成センター/人間・環境学研究科 特定准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学先端科学技術研究センター 特任助教
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会(東京大学先端科学技術研究センター) 特別研究員SPD
 

受賞

 
2016年10月
日本基礎心理学会 優秀発表賞 トライポフォビア喚起画像のスペクトラム特性が意識的気づきに与える影響
受賞者: 白井理沙子・小川洋和
 
2016年1月
日本認知心理学会 第13回日本認知心理学会優秀発表賞受賞「発表力評価部門」 静止画を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性の印象の役割
受賞者: 光藤優花・小川洋和
 

論文

 
Higuchi, Y., Ueda, Y., Ogawa, H., & Saiki, J.
Attention, Perception, & Psychophysics   14(8) 2397-2397   2016年8月   [査読有り]
Ogawa, H., & Watanabe, K.
Attention, Perception, & Psychophysics   73(6) 1815-1822   2011年8月   [査読有り]
Ogawa, H., & Watanabe, K.
Perception   39(1) 72-80   2010年   [査読有り]
Contextual cueing in multiple object tracking
Ogawa, H., Watanabe, K., & Yagi, A.
Visual Cognition   17(8) 1244-1258   2009年   [査読有り]
The encoding process of nonconfigural information in contextual cueing
Ogawa, H., & Kumada, T.
Perception & Psychophysics   70(1) 329-336   2008年   [査読有り]
Object-based attentional selection and awareness of objects
Ariga, A., Yokosawa, K., & Ogawa, H.
Visual Cognition   15 685-709   2007年   [査読有り]
Probing attentional modulation of contextual cueing
Ogawa, H., Takeda, Y., & Kumada, T.
Visual Cognition   15(3) 276-289   2007年   [査読有り]
Attentional prioritization to contextually new objects
Ogawa, H., & Kumada, T.
Psychonomic Bulletin & Review   13(3) 543-548   2006年   [査読有り]
Spatiotemporal properties of contextual cueing
Ogawa, H., Takeda, Y., & Kumada, T.
基礎心理学研究   23 105-106   2004年   [査読有り]
視覚探索における復帰の抑制
武田裕司・小川洋和
心理学評論   46 444-461   2004年   [査読有り]
文脈手がかりによる視覚的注意の誘導
小川洋和・八木昭宏
心理学評論   45 213-224   2002年   [査読有り]
The effects of the information of untracked objects on multiple object tracking
Ogawa, H., & Yagi, A.
基礎心理学研究   22 49-50   2002年   [査読有り]
Inhibitory tagging on randomly moving objects
Ogawa, H., Takeda, Y., & Yagi, A.
Psychological Science   13 125-129   2002年   [査読有り]

Misc

 
小川 洋和, 渡邊 克巳
ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface   9(2) 87-90   2007年5月
小川洋和, 渡邊克巳
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   107(60) 87-90   2007年5月
Regularities in a display are learned implicitly and facilitate visual search performance (contextual cueing). We examined what processes in visual search is necessary for learning contextual cue, using a new paradigm where a visual search task an...
小川洋和, 渡邊克巳
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   107(59) 87-90   2007年5月
Regularities in a display are learned implicitly and facilitate visual search performance (contextual cueing). We examined what processes in visual search is necessary for learning contextual cue, using a new paradigm where a visual search task an...
小川洋和, 渡邊克巳
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   106(143) 19-22   2006年6月
視覚探索課題において、ターゲットとディストラクタの位置を固定したレイアウトを繰り返し呈示することによって、潜在的に視覚探索処理が促進されることが知られている(文脈手がかり効果)。本実験の目的は、反応の評価がこの潜在学習過程に影響しているかを明らかにすることであった。被験者の反応に対してポジティブなフィードバックを与える条件とネガティブなフィードバックを与える条件を設定した。被験者はこれらのフィードバックは反応のスピードに基づいて変化すると教示されたが、実際はパフォーマンスとは無関係であった...

講演・口頭発表等

 
視線の有効性と周囲の情動価の統合的処理が人物の信頼性判断に及ぼす影響
白井理沙子・小川洋和
日本基礎心理学会第36回大会   2017年12月3日   
人物の道徳情報と魅力度が視覚的気づきに及ぼす影響
白井理沙子・小川洋和
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月28日   
他者の魅力度は感情状態と独立して潜在的道徳態度に影響する
西村友佳・小川洋和
日本心理学会第81回大会   2017年9月20日   
個人特性が情動プライミングによる不正行為の誘発 に与える影響
高山博司・小川洋和
日本認知心理学会第15回大会   2017年6月3日   
The effect of trypophobic images on conscious awareness during continuous flash suppression.
Shirai, R., & Ogawa, H.
2017 VSS Annual Meeting   2017年5月20日   
Exposure to attractive faces modulates implicit moral attitude
Nishimura, Y,. & Ogawa, H.
The Korean Society for Cognitive and Biological Psychology   2017年1月19日   
自己名に対する情動価—運動一致性効果と自己表象の関係の検証
安枝貴文・小川洋和
日本基礎心理学会第35回大会   2016年10月30日   
トライポフォビア喚起画像のスペクトラム特性が意識的気づきに与える影響
白井理沙子・小川洋和
日本基礎心理学会第35回大会   2016年10月29日   
道徳判断が視線による自動的な注意誘導に与える影響
白井理沙子・小川洋和
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月17日   
ホモ・ノンポリティカス
稲増一憲・三浦麻子・清水裕士・小川洋和
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月17日   
The contribution of personality impression to face-voice integration.
Mitsufuji, Y., & Ogawa, H.
31st International Congress of Psychology   2016年7月29日   
Movement-compatibility effect for the self and other people’s names
Yasueda, T., & Ogawa, H.
31st International Congress of Psychology   2016年7月29日   
The spectrum characteristics of trypophobic images evoke saccade trajectory curvatures
Shirai, R., Banno, H., & Ogawa, H.
The 23rd Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory   2015年11月19日   
顔と声のマッチングにおける顔の周辺情報の役割
光藤優花・小川洋和
第七回多感覚研究会   2015年11月7日   
トライポフォビア喚起画像の特性がもたらす注意処理への影響
白井理沙子・小川洋和
日本認知心理学会第16回大会   2015年7月5日   
静止画を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性の印象の役割
光藤優花・小川洋和
日本認知心理学会第16回大会   2015年7月4日   
観察者の表情筋の操作が恐怖表情の想起に干渉する
安枝貴文・小川洋和
日本認知心理学会第16回大会   2015年7月4日   
トライポフォビア喚起画像がサッカード軌跡に与える影響
白井理沙子・小川洋和
日本心理学会「注意と認知」研究会 第13回合宿研究会   2015年3月17日   
顔から声を予測できるか?: 静止画像を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性の印象の役割
光藤優花・小川洋和
日本心理学会「注意と認知」研究会 第13回合宿研究会   2015年3月15日   
視線から測るこころ・視線が変えるこころ [招待有り]
小川洋和
電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会   2015年3月2日   
静止画を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性のイメージの役割
光藤優花・小川洋和
第六回多感覚研究会   2014年11月12日   
視線の予測性の潜在学習が顔の信頼性判断に与える影響
小川洋和
第8回犬山比較社会認知シンポジウム   2013年1月12日   
The role of eye-specific information in object-based attention. [招待有り]
小川洋和
International seminar “Time and Space in Perception and Action”   2012年12月9日   
オブジェクトベースの注意処理における眼由来信号の役割
小川洋和
日本基礎心理学会第31回大会   2012年11月5日   
The process of impression formation for faces in a gaze cueing task.
Ogawa, H., Nunoi, M., & Yoshikawa, S.
The annual meeting of the European Conference on Visual Perception   2012年9月4日   
視線手がかりによる顔への印象形成過程の検討
小川洋和・布井雅人・吉川左紀子
2012年6月2日   
顔刺激の潜在学習に対する自閉症スペクトラムの影響
小川洋和・渡邊克巳
日本基礎心理学会第29回大会   2011年11月22日   
変化した視覚的文脈に対する再学習の生起要因
小川洋和
日本心理学会第75回大会   2011年9月9日   
Task-irrelevant simple auditory feedback can reinforce saccadic eye movements
Ogawa, H., & Watanabe, K.
33rd European Conference on Visual Perception   2010年8月   
Effects of feedback valence on implicit learning of attentional guidance
Ogawa, K., & Watanabe. K
ASSC 12th Annual Meeting   2008年6月   
Implicit learning of attentional guidance modulates visual preference
Ogawa, H., & Watanabe, K.
Annual meeting of Vision Sciences Society   2008年5月   
A dual-processes model of attentional guidance for contextual cueing
Ogawa, H., & Watanabe, K.
Annual Workshop on Object Perception, Attention, & Memory   2007年11月   
When to encode implicit contextual cue
Ogawa, H., & Watanabe, K.
Annual meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness   2007年6月   
The time course of contextual modulation in visual search
Ogawa, H., & Watanabe, K.
Annual meeting of the Vision Sciences Society   2006年5月   
The repetition of object identities modulates attentional guidance in visual search
Terao, M., Ogawa, H., & Yagi, A.
Annual meeting of the Vision Sciences Society   2005年5月   
Coarse-to-fine processing in contextual cueing
Ogawa, H., & Kumada, T.
Annual meeting of the Vision Sciences Society   2005年5月   
Prioritization of coutextually new objects
Ogawa, H., & Kumada, T.
Annual Workshop on Object Perception, Attention, & Memory   2004年11月   
Visual context modulates attentional capture by abrupt onset
Ogawa, H., Takeda, Y., & Kumada, T.
Annual meeting of the Vision Sciences Society   2004年5月   
Spatiotemporal properties of contextual cueing.
Ogawa, H., Takeda, Y., & Kumada, T.
Annual Workshop on Object Perception, Attention, & Memory   2003年11月   
The implicit processing in multiple object tracking
Ogawa, H., & Yagi, A.
Workshop on Attention and Cognition   2002年11月   
Multiple object-based IOR: How many object can be inhibited?
Ogawa, H., Takeda, Y., & Yagi, A.
The second Asian Conference on Vision   2002年7月   
Moving topograph for ERPs associated with terminations of saccades.
Yagi, A., Kazai, K., Ogawa, H., & Noritake, A.
International Conference on Functional Mapping of the Human Brain   2002年6月   
The processing of untracked objects during multiple object tracking
Ogawa, H., & Yagi, A.
Annual meeting of the Vision Sciences Society   2002年5月   
Can inhibitory tagging operate on randomly moving objects?
Ogawa, H., Takeda, Y., & Yagi, A.
The first Asian Conference on Vision   2001年7月   
Measurement of ERPs at real and virtual-real situatiuons.
Yagi, A., Ogawa, H., Kataoka, R., Kazai, K., & Takeda, Y.
Psychophysiology in Ergonomics (PIE)   2000年7月