平井 宏和

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/05 18:19
 
アバター
研究者氏名
平井 宏和
 
ヒライ ヒロカズ
URL
http://synapse.dept.med.gunma-u.ac.jp/index.html
所属
群馬大学
部署
大学院医学系研究科
職名
教授
学位
博士(医学)
その他の所属
群馬大学群馬大学未来先端研究機構

プロフィール

神戸、フランクフルト、和光、メンフィス、神戸、金沢、前橋で研究を行ってきました。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
群馬大学未来先端研究機構 神経シグナル学プログラム プログラムディレクター
 
2011年4月
 - 
2015年3月
群馬大学大学院 脳神経病態制御学講座 チェアマン
 
2009年
 - 
現在
群馬大学生体調節研究所附属生体情報ゲノムリソースセンター センター長
 
2006年
 - 
現在
群馬大学大学院医学系研究科 教授
 
2006年
 - 
2008年
金沢大学大学院医学系研究科 客員教授
 
2004年
 - 
2006年
金沢大学学際科学実験センター 助教授
 
2003年
 - 
2004年
神戸大学大学院医学系研究科 助教授、さきがけ研究者
 
2001年
 - 
2002年
セントジュード小児研究病院(アメリカ) スペシャルフェロー
 
1997年
 - 
2001年
理化学研究所 記憶学習機構研究チーム 研究員
 
1996年
 - 
1997年
理化学研究所フロンティア研究システム シナプス機構研究チ-ム フロンティア研究員
 
1994年
 - 
1996年
マックスプランク脳研究所 フンボルト財団研究員
 
1990年4月
 - 
1994年3月
神戸大学大学院医学研究科 大学院生
 
1989年6月
 - 
1990年3月
神戸大学医学部附属病院 研修医
 
1989年3月
   
 
神戸大学医学部医学科 卒業
 

論文

 
Shinohara Y, Konno A, Nitta K, Matsuzaki Y, Yasui H, Suwa J, Hiromura K, Hirai H
Molecular neurobiology      2018年10月   [査読有り]
Seki T, Sato M, Konno A, Hirai H, Kurauchi Y, Hisatsune A, Katsuki H
Molecular and cellular neurosciences   93 36-47   2018年10月   [査読有り]
Watanave M, Hoshino C, Konno A, Fukuzaki Y, Matsuzaki Y, Ishitani T, Hirai H
Neurobiology of disease   121 263-273   2018年10月   [査読有り]
Seki T, Sato M, Kibe Y, Ohta T, Oshima M, Konno A, Hirai H, Kurauchi Y, Hisatsune A, Katsuki H
Neurobiology of disease   120 34-50   2018年9月   [査読有り]
Gaffield MA, Rowan MJM, Amat SB, Hirai H, Christie JM
eLife   7    2018年8月   [査読有り]
Hirai H, Kano M
Current opinion in pharmacology   38 51-58   2018年2月   [査読有り]
Ogawa Y, Kakumoto K, Yoshida T, Kuwako KI, Miyazaki T, Yamaguchi J, Konno A, Hata J, Uchiyama Y, Hirai H, Watanabe M, Darnell RB, Okano H, Okano HJ
Scientific reports   8(1) 2722   2018年2月   [査読有り]
Matsuzaki Y, Konno A, Mochizuki R, Shinohara Y, Nitta K, Okada Y, Hirai H
Neuroscience letters   665 182-188   2018年2月   [査読有り]
Hirai H
Cerebellum (London, England)   17(1) 23-27   2018年2月   [査読有り]
Takahashi N, Shuvaev AN, Konno A, Matsuzaki Y, Watanave M, Hirai H
Journal of neurochemistry   143(6) 660-670   2017年12月   [査読有り]
Shinohara Y, Ohtani T, Konno A, Hirai H
Cerebellum (London, England)   16(5-6) 913-922   2017年12月   [査読有り]
Nitta K, Matsuzaki Y, Konno A, Hirai H
Molecular therapy. Methods & clinical development   6 159-170   2017年9月   [査読有り]
Harada K, Ito M, Wang X, Tanaka M, Wongso D, Konno A, Hirai H, Hirase H, Tsuboi T, Kitaguchi T
Scientific reports   7(1) 7351   2017年8月   [査読有り]
Hattori T, Kaji M, Ishii H, Jureepon R, Takarada-Iemata M, Minh Ta H, Manh Le T, Konno A, Hirai H, Shiraishi Y, Ozaki N, Yamamoto Y, Okamoto H, Yokoyama S, Higashida H, Kitao Y, Hori O
Glia   65(6) 974-989   2017年6月   [査読有り]
[Production of the neuron-specific enolase in astrocytes, but not in neurons, under the neuronal inflammation].
Hirai H
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   89(2) 241-243   2017年4月   [査読有り]
Matsuzaki Y, Konno A, Mukai R, Honda F, Hirato M, Yoshimoto Y, Hirai H
Molecular neurobiology   54(3) 1745-1758   2017年4月   [査読有り]
Gonçalves N, Simões AT, Prediger RD, Hirai H, Cunha RA, Pereira de Almeida L
Annals of neurology   81(3) 407-418   2017年3月   [査読有り]
Shuvaev AN, Hosoi N, Sato Y, Yanagihara D, Hirai H
The Journal of physiology   595(1) 141-164   2017年1月   [査読有り]
Arsenault J, Gholizadeh S, Niibori Y, Pacey LK, Halder SK, Koxhioni E, Konno A, Hirai H, Hampson DR
Human gene therapy   27(12) 982-996   2016年12月   [査読有り]
Takahashi H, Ogawa Y, Yoshihara S, Asahina R, Kinoshita M, Kitano T, Kitsuki M, Tatsumi K, Okuda M, Tatsumi K, Wanaka A, Hirai H, Stern PL, Tsuboi A
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   36(31) 8210-8227   2016年8月   [査読有り]

Misc

 
中村和裕, 平井宏和
運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   85-87   2012年
平井宏和, 飯塚朗, 高山清彦, SHUVAEV Anton N.
運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成20-22年度総合 総括・分担研究報告書   91-93   2011年
平井宏和, 飯塚朗, 高山清彦, SHUVAEV Anton N.
運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成22年度 総括・分担研究報告書   20-22   2011年
永井義隆, POPIEL H A, 平井宏和, 村松慎一, 戸田達史, 和田圭司
運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成22年度 総括・分担研究報告書   17-19   2011年
平井宏和, 飯塚朗, 高山清彦
運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究班 平成21年度 総括・分担研究報告書   34-36   2010年

担当経験のある科目