Hiroki Takeuchi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 12, 2018 at 12:18
 
Avatar
Name
Hiroki Takeuchi

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Takeshi Teramura, Toshiyuki Takehara, Naoko Kishi, Toshihiro Mihara, Nobuyuki Kawata, Hiroki Takeuchi, Makoto Takenoshita, Kazuya Matsumoto, Kazuhiro Saeki, Akira Iritani, Norimasa Sagawa, Yoshihiko Hosoi
Cloning and stem cells   9(4) 485-494   Dec 2007   [Refereed]
Hiroki Takeuchi, Norio Nakatsuji, Hirofumi Suemori
Scientific reports   4488   [Refereed]

Misc

 
小野寺 勇太, 寺村 岳士, 竹原 俊幸, 村上 秀樹, 小澤 まどか, 武内 大輝, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 佐川 典正, 細井 美彦
Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University   (13) 9-19   Mar 2008
胚性幹細胞(Embryonic Stem Cell ; ES 細胞)は自己複製能と様々な細胞へと分化することの出来る分化多能性を有している細胞である。近年、このES 細胞を用いた再生修復医療の可能性が注目されている。しかし、受精卵からES 細胞を作出するため、移植後に免疫拒絶反応を示すことが示唆されており、ES 細胞を用いた再生修復医療の1 つの課題となっている。そこで、片親性の雌性単為発生胚と雄性発生胚からES 細胞を樹立し、片親性ES 細胞の分化多能性を観察した。
福永 直人, 武内 大輝, 竹原 俊幸, 寺村 岳士, 伊藤 俊介, 小澤 まどか, 掛川 亮, 小野寺 勇太, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 佐川 典正, 細井 美彦
Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University   (13) 21-27   Mar 2008
マウス胚性幹細胞(mouse embryonic stem cell;mES 細胞)は、各系譜の細胞へと分化可能な分化多能性を有している(1)。この特徴を用いて、様々な分化誘導実験が行なわれてきた。生殖細胞の分化誘導もまた、発生メカニズムの解明に繋がるとして研究の対象となってきた。しかし、受精能を獲得した精子様の細胞は得られたが、同様な卵母細胞様の細胞は得られていない。そこで本実験では、卵巣表面に存在する卵巣上皮細胞(ovarian surface epithelium cells;OSE...
Takeucti Hiroki, Teramura Takeshi, Kawata Nobuyuki, Matsumoto Kazuya, Saeki Kazuhiro, Sagawa Norimasa, Hosoi Yoshihiko, Iritani Akira
Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University   18 19-24   Sep 2006
Embryonic stem cells (Esc), the cells have pluripotent and self-renewal, is very important technique for developmental engineering and genetic engineering such as gene targeting. Differentiation of germ cells from mouse Esc were to determinate the...