基本情報

所属
生理学研究所 システム脳科学研究領域感覚認知情報研究部門 教授
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻 教授
国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所脳情報通信融合研究センター 主任研究員
大阪大学 大学院生命機能研究科 招へい准教授
学位
博士(学術)(2012年3月 東京大学)

研究者番号
50631313
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-2096-2384
J-GLOBAL ID
201101041439584925
researchmap会員ID
B000002638

私たちヒトの脳は白質と呼ばれる領域を介した長距離の線維連絡を多く持ちます。こうした白質を通じた線維連絡は、機能的に異なる様々な脳領域どうしの情報伝達に重要であると考えられます。近年の拡散強調MRIおよびトラクトグラフィー法の進展により、白質の線維束をヒト生体脳において同定することが可能となりました。私は白質の組織特性およびネットワーク特性が、ヒト脳における大規模かつ効率の良い情報通信を理解する上で重要であると考えています。

私は拡散強調MRIを用いて、白質を介した脳領域間の情報伝達経路を同定する研究を行なっています。特に、視覚情報処理や感覚情報の統合に関わる情報伝達経路に着目しています。また、白質の組織特性が行動や疾患、発達などとどのように関連しているかにも関心があります。加えて、トラクトグラフィー法による白質線維束同定の性能を向上させる解析手法の開発も行なっています。

受賞

  18

論文

  25

MISC

  31

講演・口頭発表等

  150

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

その他

  2
  • 2010年9月
    Neuro2010 student-organized satellite symposium "Crosstalk with young researcher"
  • 2010年2月
    若手企画シンポジウム「脳と心の最先端」