坂本比呂志

J-GLOBALへ         更新日: 11/07/25 12:09
 
アバター
研究者氏名
坂本比呂志
 
サカモト ヒロシ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50315123

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
2011年
九州工業大学 准教授
 
2008年
 - 
2009年
九州工業大学 大学院・情報工学研究院 准教授
 
2007年
 - 
2009年
九州工業大学 情報工学部 准教授
 
2003年
 - 
2007年
九州工業大学 情報工学部 助教授
 
2003年
   
 
九州大学 システム情報科学研究科(研究院 助手
 

Misc

 
岸上 直也, 中原 昌哉, 丸山 史郎, 坂本 比呂志
情報処理学会研究報告. AL, アルゴリズム研究会報告   2011(5) 1-7   2011年1月
本研究では,文脈自由文法に基づいた圧縮索引から長いパターンを高速に検索する手法を提案する.提案手法では,2(1 + ε)n log n + 4n + o(n) ビット領域,O( 1/ε (mlog n + occc(log m log u))) 時間でパターンの出現回数を検出できる.ここで n はサイズ u の原テキストを圧縮し得られた変数の数であり,m = |P|, 0 < ε < 1 である.実験の結果,ある程度以上の長さを持つパターンについて,LZ-index8) や FM-inde...
丸山 史郎, 坂本 比呂志, 馬場 雅大
人工知能基本問題研究会   78 45-50   2010年7月
丸山 史郎, 坂本 比呂志
情報管理   53(5) 233-240   2010年
爆発的に増え続けるテキストデータから,どのようにすれば重要な情報を素早く取り出すことができるか,どのようにすれば効率的なデータ管理が可能となるか,さまざまな研究が進められている。本稿では,そのひとつの解決策として,データ圧縮とその関連技術を取り上げる。そのような技術のうち,データ圧縮を用いることで飛躍的に情報検索の規模を高めることができる手法と,その技術を用いることで従来のキーワード検索では拾いきれないデータ同士の関連情報を大量のテキストデータから取り出すメタ情報検索の可能性を解説し,この...
中村 有作, 原口 新平, 舞田 哲哉, 坂本 比呂志
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(9) 2217-2224   2008年9月
本論文では,巡回や合流などの構造を含む有向グラフで表現されるXMLデータ上で,任意の2ノード間の到達可能性を高速に判定する効率的な索引構造を提案する.有向グラフが木構造のように単純な場合,すべてのノードに範囲ラベルを付与しておくことによって定数時間での判定が可能である.しかし,巡回を含むような一般の有向グラフについては単一な範囲ラベル付けを行うことができない.そこで本研究では,一般の有向グラフにも適応可能な索引構造を提案する.また,本手法が他手法よりも前処理時間と主記憶の使用量,索引サイズ...
原口 新平, 中村 有作, 坂本 比呂志
人工知能基本問題研究会   68 43-48   2008年1月