基本情報

所属
大阪経済大学 経営学部 専任講師
学位
博士(学術)(神戸大学)

研究者番号
40536116
J-GLOBAL ID
201201097110333711

外部リンク

研究上の関心は、1)17世紀ヨーロッパ哲学。より具体的には、ライプニッツの数学の哲学、とりわけ、「位置解析」「幾何学的記号法」と呼ばれるライプニッツ独自の幾何学研究が持つ哲学的重要性について研究しています。

これまでは、普遍記号法の構想を生涯抱いていたライプニッツがなぜ幾何図形を用いない幾何学の構築を試みたのか、無限小解析研究と幾何学研究とはどのように関連しているのか、空間論の展開に幾何学研究がどのように関連しているのか、といった問題に取り組んできました。こうした問いの解明を通じて、点、記号、想像力といった概念の変遷を整理し、ライプニッツの数学の哲学の全体像を再構成することを目指しています。

さらに、数理哲学的研究に平行して、ライプニッツのモナド概念の展開に関する研究も行っています。ライプニッツの「モナドロジー」はこれまでさまざまな観点から研究されている主題ですが、モナド概念は1695年以降の空間概念や延長概念の展開と何らかの関連を持つのではないかという見通しを私は持っています。ライプニッツといえばモナド、モナドといえばライプニッツですが、モナド概念をめぐっては実に多くの謎があります。そもそもなぜライプニッツはモナド概念なんてものを思いついたのか、なぜモナドを中心とした哲学を構築しようと考えたのか、いやライプニッツは本当にモナドを中心とした哲学を構想していたのか、仮にそうだとして、モナドの存在はきちんと正当化されているのか、など、解かれていない謎はたくさんあります(というより、これらの謎が謎として認識すらされていない状況が続いていたと言ってもよいでしょう)。こうした謎を一次資料の読解によって解き、数理哲学との接合を試みることも最近の目標です。

加えて、最近は、ライプニッツが幾何図形をどのように活用して数学研究を進めていたかを明らかにする研究を進めています。全集の刊行により、ライプニッツが求積問題を解決するなどの数学的成果をあげるプロセスを細かく辿ることが可能となっていますが、いわゆる「変換定理」や図形による無限級数の表現のように、幾何図形上での推論が重要な役割を果たしていることがわかっています。「図形が持つ発見的要素を活用するライプニッツ」というイメージは、「形式的計算の推進者としてのライプニッツ」というよく知られたイメージにはない、新しい理解をもたらしてくれます。数学史研究も踏まえながら、「図形推論のプロモーターとしてのライプニッツ」という理解にどの程度資料上の裏付けが与えられるか、また、それは現代の観点から見てどのような興味深さを持つか、を明らかにすることが今後の目標です。

また、2)現代の数学・論理の哲学の研究として、幾何図形を用いた推論(図形推論)についても研究しています。図形を用いた推論は正確なものではない、場合によっては推論を誤謬に導くものとして、歴史的には重要視されてはいなかったのですが、近年その機能を見直す動きが起きています(このへんの事情は論文「図形推論と数学の哲学――最近の研究から」をお読みいただければひと通りのことはわかります)。図形を用いた背理法による証明や、非ユークリッド幾何学における無限遠点の幾何図形による表現などを分析することで、幾何図形が数学の証明においていかなる機能を果たしてきたのかを、歴史的観点から、かつ、現代的観点から解明する研究を進めています。図形推論は認知科学や数学教育などの分野でも盛んに研究されているテーマでもあり、今後はこれらの分野の研究者と哲学者が共同で研究することが求められています。

ライプニッツ研究と数学・論理の哲学研究の背後には「数学の記号はどのような機能を持つのか」という共通の問題関心があります。

数学の記号に関するこうした問題関心に加えて、最近は、3)アニメーションにおいてキャラクターの声をあてる声優の音声の機能に関する考察も進めています。私たちはアニメーションを鑑賞する際、キャラクターの音声と声優の音声を同一視し、現実世界に存在する声優が発した音声を虚構世界のキャラクターが発したものとみなした上で鑑賞し、楽しみます。声優はこうした意味では裏方的存在であるのですが、他方で、声優自身もまた単なる裏方にはとどまらない存在感を持っています。こうしたアニメーションや声優が置かれた現状を踏まえた上で、声優の音声はどのようにしてキャラクターの音声としてみなすことができるのか、私たちはどのようにしてアニメーション声優の音声を聴いているのか、といった観点から声優の音声が持つ描写機能の分析を進めています。

こうした「声優の哲学」は、ライプニッツの数理哲学研究や現代の数学や論理の哲学研究と同様に、「(図形や音声といった)表現媒体はいかにして対象を描写するのか」という、より広い哲学的関心に基づくものです。この意味において、哲学史研究(ライプニッツ研究)、現代哲学研究(数学・論理の哲学研究)、応用哲学研究(声優の哲学研究)は一つの軸で結びついています。

また、学際的共同研究として、信頼概念に関する学際研究や哲学教育に関する研究も進めています。

さらに最近は、ポピュラー哲学(哲学の非専門家を中心とした哲学に関する実践)にも関心を持ち、出版動向をサーベイしたり、学会のシンポジウムを企画したりなどの活動を行っています。

論文

  18

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  39

受賞

  1

委員歴

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7