ISHIURA Hiroyuki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 26, 2018 at 16:57
 
Avatar
Name
ISHIURA Hiroyuki
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Faculty of Medicine University Hospital

Research Areas

 
 
  • Clinical internal medicine / Neurology / Neurogenetics

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Today
Assistant Professor, Department of Neurology, The University of Tokyo Hospital
 
Apr 2010
 - 
Mar 2012
Research Fellowships for Young Scientists, Japan Society for the Promotion of Science
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
resident, Department of Neurology, International Medical Center of Japan
 
Jun 2004
 - 
Mar 2006
resident, Department of Neurology, The University of Tokyo Hospital
 
Jun 2003
 - 
May 2004
resident, Internal Medicine, Kanto Chuo Hospital
 

Education

 
Apr 2007
 - 
Mar 2011
Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
 
Apr 1996
 - 
Mar 2002
Faculty of Medicine, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
Nakamoto FK, Okamoto S, Mitsui J, Sone T, Ishikawa M, Yamamoto Y, Kanegae Y, Nakatake Y, Imaizumi K, Ishiura H, Tsuji S, Okano H
Scientific reports   8(1) 14215   Sep 2018   [Refereed]
Yamaguchi N, Mano T, Ohtomo R, Ishiura H, Almansour MA, Mori H, Kanda J, Shirota Y, Taira K, Morikawa T, Ikemura M, Yanagi Y, Murayama S, Shimizu J, Sakurai Y, Tsuji S, Iwata A
Internal medicine (Tokyo, Japan)      Aug 2018   [Refereed]
Koh K, Ishiura H, Tsuji S, Takiyama Y
Brain sciences   8(8)    Aug 2018   [Refereed]
Horikawa Y, Hosomichi K, Enya M, Ishiura H, Suzuki Y, Tsuji S, Sugano S, Inoue I, Takeda J
Journal of human genetics   63(7) 821-829   Jul 2018   [Refereed]
Kodama S, Mano T, Kakumoto T, Ishiura H, Hagiwara A, Kamiya K, Hayashi T, Tsuji S
Journal of the neurological sciences   390 20-21   Jul 2018   [Refereed]

Misc

 
【遺伝性痙性対麻痺の最前線】 [第2部]遺伝性痙性対麻痺の原因遺伝子
石浦 浩之
難病と在宅ケア   24(5) 6-9   Aug 2018
【ニューロジェネティクス新時代 次世代シークエンサーが拓く新しい世界】 筋疾患・神経疾患のジェネティクス 遺伝性痙性対麻痺
石浦 浩之
Clinical Neuroscience   36(2) 203-205   Feb 2018
【一般臨床医に必要なてんかんの基礎知識とトピックス】 てんかんのトピックス 自己免疫性辺縁系脳炎
松川 美穂, 石浦 浩之
診断と治療   105(7) 918-922   Jul 2017
1 これまで原因不明とされていた辺縁系脳炎において、抗NMDA受容体抗体をはじめとした神経細胞表面抗原に対する自己抗体が関与していることが近年明らかとなった。2 自己免疫性辺縁系脳炎は、出現する自己抗体によって特異的な臨床的特徴を有しており、それぞれの特徴を理解することが重要である。3 神経細胞表面抗原に対する自己抗体による辺縁系脳炎は早期に治療を開始すれば症状が可逆的で予後良好な場合も多く、可能な限り早期に診断し治療を開始することが重要である。(著者抄録)
【最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング シリーズ2 最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング】 (第1章)総論 神経遺伝医学研究の歴史的背景と今後の課題
辻 省次, 三井 純, 石浦 浩之
遺伝子医学MOOK   別冊(最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング) 22-27   Apr 2017
遺伝性神経疾患の研究は先天代謝異常症の解析から始まり,連鎖解析とポジショナルクローニング法の確立,次世代シーケンサーの登場により大きく発展した。孤発性神経疾患の研究はゲノムワイド関連解析に基づく疾患感受性遺伝子の研究が精力的に行われてきている。疾患発症に対する影響度の大きい遺伝的要因の解明は困難を極めており,missing heritabilityとして研究上の大きな課題となっているが,common disease-multiple rare variant仮説に基づいた遺伝子探索が行われ...
【最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング シリーズ2 最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング】 (第1章)総論 次世代シーケンサー、次々世代シーケンサーとクリニカルシーケンシング
石浦 浩之
遺伝子医学MOOK   別冊(最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング) 45-50   Apr 2017
次世代シーケンサーの登場により全例のない規模でのシーケンシングが可能になり,エクソーム解析,全ゲノム配列解析も実用化の段階となっている。今後,いかに医療に応用していくかが課題となっている。次々世代シーケンサーと呼ばれる新規の手法も複数出現しており,今後の発展が期待される。これらの技術によりゲノム研究・ゲノム医療が発展していくことは間違いないが,それに伴った特有の問題も浮上しており,広く議論していくことが肝要である。(著者抄録)