奥野 浩行

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 09:55
 
アバター
研究者氏名
奥野 浩行
URL
https://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~biochem2/
所属
鹿児島大学
部署
大学院医歯学総合研究科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 生化学・分子生物学 教授
 
2013年
 - 
2018年3月
京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター 特定准教授
 
2013年
 - 
2013年
東京大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
 
2008年
 - 
2013年
東京大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 
2007年
   
 
東京大学 医学系研究科・大学院 助教
 

論文

 
Yamada M, Suzuki Y, Nagasaki SC, Okuno H, Imayoshi I
Cell reports   25(2) 487-500.e6   2018年10月   [査読有り]
Attardo A, Lu J, Kawashima T, Okuno H, Fitzgerald JE, Bito H, Schnitzer MJ
Cell reports   25(3) 640-650.e2   2018年10月   [査読有り]
Itoh M, Yamashita M, Kaneko M, Okuno H, Abe M, Yamazaki M, Natsume R, Yamada D, Kaizuka T, Suwa R, Sakimura K, Sekiguchi M, Wada K, Hoshino M, Mishina M, Hayashi T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience      2018年10月   [査読有り]
Kikuchi K, Ihara D, Fukuchi M, Tanabe H, Ishibashi Y, Tsujii J, Tsuda M, Kaneda M, Sakagami H, Okuno H, Bito H, Yamazaki Y, Ishikawa M, Tabuchi A
Journal of neurochemistry      2018年9月   [査読有り]
Nishiguchi KM, Fujita K, Tokashiki N, Komamura H, Takemoto-Kimura S, Okuno H, Bito H, Nakazawa T
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy      2018年7月   [査読有り]
El-Boustani S, Ip JPK, Breton-Provencher V, Knott GW, Okuno H, Bito H, Sur M
Science (New York, N.Y.)   360(6395) 1349-1354   2018年6月   [査読有り]
Okuno H, Minatohara K, Bito H
Seminars in cell & developmental biology   77 43-50   2018年5月   [査読有り]
Jenks KR, Kim T, Pastuzyn ED, Okuno H, Taibi AV, Bito H, Bear MF, Shepherd JD
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(34) 9182-9187   2017年8月   [査読有り]
Inokuchi K, Imamura F, Takeuchi H, Kim R, Okuno H, Nishizumi H, Bito H, Kikusui T, Sakano H
Nature communications   8 15977   2017年7月   [査読有り]
Honjoh S, de Vivo L, Okuno H, Bito H, Tononi G, Cirelli C
Frontiers in neural circuits   11 60   2017年   [査読有り]
Steward O, Matsudaira Yee K, Farris S, Pirbhoy PS, Worley P, Okamura K, Okuno H, Bito H
Frontiers in molecular neuroscience   10 435   2017年   [査読有り]
Hirano Y, Ihara K, Masuda T, Yamamoto T, Iwata I, Takahashi A, Awata H, Nakamura N, Takakura M, Suzuki Y, Horiuchi J, Okuno H, Saitoe M
Nature communications   7 13471   2016年11月   [査読有り]
Yamamoto K, Tanei Z, Hashimoto T, Wakabayashi T, Okuno H, Naka Y, Yizhar O, Fenno LE, Fukayama M, Bito H, Cirrito JR, Holtzman DM, Deisseroth K, Iwatsubo T
Cell reports   11(6) 859-865   2015年5月   [査読有り]
Minatohara K, Akiyoshi M, Okuno H
Frontiers in molecular neuroscience   8 78   2015年   [査読有り]
Ageta-Ishihara N, Takemoto-Kimura S, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Suzuki K, Kamijo S, Fujii H, Mano T, Blaeser F, Chatila TA, Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y, Okuno H, Bito H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29(43) 13720-13729   2009年10月   [査読有り]
Okuno H.
Brain and Nerve   65(10) 1171-1178   2013年   [査読有り]
Inoue M, Yagishita-Kyo N, Nonaka M, Kawashima T, Okuno H, Bito H
Communicative & integrative biology   3(5) 443-446   2010年9月   [査読有り]
Fukuchi M, Tabuchi A, Kuwana Y, Watanabe S, Inoue M, Takasaki I, Izumi H, Tanaka A, Inoue R, Mori H, Komatsu H, Takemori H, Okuno H, Bito H, Tsuda M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(14) 5606-5624   2015年4月   [査読有り]

Misc

 
Hiroyuki Okuno, John R. Smythies, Lawrence R. Edelstein
The Claustrum: Structural, Functional, and Clinical Neuroscience   365-376   2014年1月
In an era when every passing week seems to herald the birth of a new area of exploration and a startling new technique to neuroscience, we thought it would be of interest to briefly discuss some promising topics for research on the claustrum. Thes...
奥野浩行, 竹本(木村)さやか, 大前彰吾, 岡村理子, 石原奈津実, 尾藤晴彦
蛋白質 核酸 酵素   49(3) 411-418   2004年2月
T. Kawashima; H. Okuno; M. Nonaka; A. Adachi-Morishima; N. Kyo; M. Okamura; S. Takemoto-Kimura; P.F. Worley; H. Bito
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(1) 316-321   2009年1月   [査読有り]
The neuronal immediate early gene Arc/Arg-3.1 is widely used as one of the most reliable molecular markers for intense synaptic activity in vivo. However, the cis-acting elements responsible for such stringent activity dependence have not been fir...

競争的資金等の研究課題

 
機能的回路多重標識と転写産物プロファイリングによる脳多領野記憶痕跡モデルの検証
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 奥野 浩行
シナプス可塑性関連因子Arcによる認知機能調節機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 奥野 浩行
新奇環境認知により活性化される単一ニューロン種のトランスクリプトーム解析
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 奥野 浩行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 奥野浩行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 奥野浩行
神経可塑性関連遺伝子Arc(またはArg3.1)は、大脳において神経活動に高感度に応答する神経特異的前初期遺伝子であり、同じく前初期遺伝子に属するc-fosやzif268と共に神経活動マーカーとして免疫組織化学やin situ hybridization(ISH)等に頻繁に利用されている。近年、Arc/Arg3.1タンパクはエンドサイトーシス過程に関与してグルタミン酸受容体動態の制御因子として働くことが示され、神経可塑性や神経ネットワークの恒常性、更に記憶・学習過程に関わる因子としても注目...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 奥野浩行
局在タンパク翻訳は細胞局所のシグナル伝達を効率化し、細胞内情報の保持・統合・読み出しを制御し、細胞外変化に適応するために重要な役割を果たしていると考えられる。特に神経細胞において局所タンパク翻訳はシナプスの機能修飾など神経の機能に深く関与しており、この機構を明らかにすることは神経細胞の恒常性・可塑性および疾患メカニズムの解明のため重要である。本研究は、神経細胞における局所タンパク翻訳を可視化・定量する方法を確立し、また、シナプス刺激により任意のタンパク発現を制御することを目的とする。本年度...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 奥野浩行
神経特異的前初期遺伝子の産物であるArcは、長期シナプス可塑性および長期記憶形成に必須な分子である。本研究ではArcの発現制御機構およびシナプスにおける動態・機能制御機構を解析し、以下の成果を得た。1. Arc蛋白のスパイン局在はPSDタンパクとの相互作用によってシナプス活動依存的に制御されることが明らかになった。2. Arc遺伝子の神経活動依存的発現の分子機構を解明した。この応用して神経活動依存的な遺伝子発現レポーターを構築し、個体動物において脳活動の可視化に成功した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 浦野泰照
十分に高い選択性と感度を有するがんイメージング手法の開発には、がん部位以外に分布したプローブによる背景シグナルの抑制が必須となる。その一つの有効な手法として我々は、リソソームの酸性pH環境で蛍光性が初めて回復する"activatable"蛍光プローブと、これを抗がん抗体に結合させた分子複合体プローブを開発した。本プローブはがん部位以外ではほぼ無蛍光であるが、エンドサイトーシスによってがん細胞に選択的に取り込まれると、リソソームへと運搬されて蛍光性となることを明らかにした。実際モデルマウスを...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 奥野浩行
神経特異的前初期遺伝子Arcは、記憶課題負荷や感覚刺激等によって成熟動物の海馬や大脳新皮質において速やかに発現誘導されることから、活動依存的な遺伝子発現を指標とした個体動物における脳マッピングにおいて最も信用度の高いマーカーの一つとして頻用されている。しかしながら、Arcの発現制御に関しての知見は乏しく、長期神経可塑性を誘起する神経活動の際にどのような機構でArcの発現が誘導されるかについては不明である。そこで本研究においては、Arc遺伝子の高い神経特異性および刺激依存性機構の解析を行い、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 奥野浩行
神経細胞において活動依存的な局所タンパク翻訳は神経細胞の恒常性・可塑性に重要な役割を果たしていると考えられる。平成18年度においては局所タンパク翻訳を可視化し、定量的に解析する方法を確立することを目的として研究を行い、以下の成果を得た。1.タンパク合成レポーター系の構築樹状突起における局所タンパク翻訳が示唆されているシナプス関連タンパク質に酵素タグを付加したレポーターを作製し、部位特異的タンパク蛍光標識を用いた蛋白検出システムの構築をした。この系を用いて蛍光多重パルスチェイス染色を行うこと...