山田 浩之

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/27 11:43
 
アバター
研究者氏名
山田 浩之
 
ヤマダ ヒロユキ
ハンドル
hiroyama7
eメール
hiroyamaenv.agr.hokudai.ac.jp
URL
https://sites.google.com/view/hiroyuki-yamada
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院基盤研究部門生物環境工学分野
職名
講師

研究分野

 
 

経歴

 
2012年8月
 - 
現在
北海道大学大学院農学研究院 講師
 
2007年4月
 - 
2012年7月
北海道大学大学院農学研究院 助教
 
2006年1月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院農学研究院 助手
 
2004年1月
 - 
2005年12月
北海道大学大学院農学研究科 助手
 
2003年1月
 - 
2003年12月
京都大学防災研究所 COE研究員
 
2002年10月
 - 
2002年12月
京都大学防災研究所 講師
 
2002年4月
 - 
2002年9月
北海道大学大学院農学研究科 研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
北海道大学大学院 農学研究科 環境資源学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
岡山大学大学院 工学研究科 土木工学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
岡山大学 工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本湿地学会  理事
 
2018年4月
 - 
現在
応用生態工学会  会誌編集委員会委員
 
2017年10月
 - 
現在
応用生態学会  幹事
 
2015年4月
 - 
現在
日本湿地学会  編集委員(副編集委員長)
 
2015年7月
 - 
2017年
歌才湿原保全再生検討委員会  委員
 
2003年
 - 
現在
釧路湿原自然再生協議会  委員
 
2006年
 - 
現在
Wetland Seminar(日本湿地学会HWC部会)  運営委員
 
2006年10月
 - 
2007年3月
札幌市川づくり座談会  委員
 
2010年
 - 
2011年
宮島沼保全事業に関する委員会  委員
 
2007年
 - 
2008年
阿寒湖マリモ再生ワークショップ  委員
 
2008年1月
 - 
2009年9月
応用生態工学会  情報サービス委員会委員
 
2003年
 - 
2017年
農業農村工学会北海道支部  幹事・事務局員
 

受賞

 
2013年
北海道大学 北海道大学職員表彰
 
1994年
全国高専土木学会近藤賞
 
1996年
平成8年度土木学会中国支部若手優秀発表者賞
 
2003年
応用生態工学会第7回大会優秀ポスター賞
 
2010年
応用生態工学会大会口頭発表賞
 

論文

 
農業活動がラムサール条約湿地宮島沼の水質の時空間変動に及ぼす影響
横山諒, 山田浩之, 木塚俊和, 海津裕, 遊佐健, 牛山克巳
湿地研究   (印刷中)    2019年   [査読有り]
全周魚眼スマートフォンカメラを用いた水生生物の遠隔モニタリング
藤本泰文, 山田浩之, 倉谷忠禎, 嶋田哲郎
応用生態工学   21(2) 171-179   2019年1月   [査読有り]
中村太士, 島谷幸宏, 西廣淳, 大槻順朗, 厳島怜, 山田浩之
応用生態工学   19(2) 259-267   2017年   [査読有り]
宮島沼飛来マガン排泄物からの栄養塩類の溶出
平澤孝介, 山田浩之, 木塚俊和, 中村雅子, 牛山克巳
湿地研究   6(1) 25-32   2016年   [査読有り]
収支の計算残差を用いた渡り性水鳥による過栄養湖への栄養塩負荷量の推定
木塚俊和, 中村雅子,牛山克巳,山田浩之
湿地研究   6(1) 33-48   2016年   [査読有り]
尾山洋一, 山田浩之, 若菜勇, 高橋正明
陸水学雑誌   76(1) 45-50   2015年   [査読有り]
湖沼生態系の空間情報の取得と評価‐面として阿寒湖の湖底を診る‐
山田浩之
北海道の自然   53 43-51   2015年   [査読有り]
海津裕, 徳田治展, 山田浩之, 芋生憲司
農業食料工学会誌   77(6)    2015年   [査読有り]
宮島沼における学際的湿地研究と保全に向けた取り組み
牛山克巳, 山田浩之
湿地研究   5 3-4   2014年   [査読有り]
Nakamura T, Uemura S, Yabe K, Yamada H
Plant Soil   369 365-375   2013年   [査読有り]
Effects of fires and drainage on dissolved organic carbon leaching through groundwater flow in tropical peat swamp forests
S.Sundari, T.Hirano, H.Yamada, K.Kusin, S. Limin
Proceedings of international workshop on wild fire and carbon management in peat-forest in Indonesia   36-42   2013年
Y. Nakagawa, T. Nakamura, H. Yamada, F. Nakamura
Limnology   13(1) 27-36   2012年   [査読有り]
S.Sundari, T.Hirano, H.Yamada, K.Kusin, S. Limin
Journal of Agricultural Meteorology   68(2) 121-134   2012年   [査読有り]
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
応用生態工学   15(1) 45-59   2012年   [査読有り]
T. Kizuka, H. Yamada, T. Hirano
Journal of Hydrology   401 106-116   2011年   [査読有り]
Y. Kaizu, M. Iio, H.Yamada, N. Noguchi
Biosystems Engineering   109(4) 338-347   2011年   [査読有り]
田中祥人, 山田浩之
応用生態工学   14(2) 91-101   2011年   [査読有り]
北海道大学サクシュコトニ川再生事業後の水環境と魚類相
山田 浩之
北海道大学大学院農学研究院邦文紀要   31(2) 79-85   2010年   [査読有り]
H. Yamada, F. Nakamura
Landscape and Ecological Engineering   5(2) 169-181   2009年   [査読有り]
Y. Shida, F. Nakamura, H. Yamada, T. Nakamura, N. Yoshimura and M. Kaneko
Wetlands   29(3) 988-996   2009年   [査読有り]
山田 浩之, 河口 洋一, 江戸 謙頭, 小宮山 英重
応用生態工学   11(1) 29-40   2008年6月   [査読有り]
T. Kizuka, H. Yamada, M. Yazawa, H-H. Chung
Landscape and Ecological Engineering   4 27-37   2008年   [査読有り]
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
環境情報科学論文集   22 493-498   2008年   [査読有り]
研究者から現場へ 細粒土砂汚染とは何か? 河川管理に求められることは?
山田 浩之
河川   63(3) 81-83   2007年3月   [査読有り]
間隙動物の生息場所に適した砂州内環境の実験的研究
竹門康弘, 田中武志, 山田浩之, 池淵周一
京都大学防災研究所年報   48(B) 901-918   2006年   [査読有り]
野崎 健太郎, 紀平 征希, 山田 浩之, 岸 大弼, 布川 雅典, 河口 洋一
応用生態工学 = Ecology and civil engineering   7(2) 165-172   2005年1月   [査読有り]
H. Yamada, F. Nakamura, Y. Watanabe, M. Murakami and T. Nogami
Hydrological Processes   19 2507-2524   2005年   [査読有り]
F. Nakamura and H. Yamada
Ecological Engineering   24 539-550   2005年   [査読有り]
細粒土砂汚染の実態とその対策
山田浩之
農業土木北海道   27 69-77   2005年   [査読有り]
中村 隆俊, 山田 浩之, 仲川 泰則, 笠井 由紀, 中村 太士, 渡辺 綱男
応用生態工学   7(1) 53-64   2004年8月   [査読有り]
山田 浩之, 中村 隆俊, 仲川 泰則, 神谷 雄一郎, 中村 太士, 渡辺 綱男
応用生態工学   7(1) 37-51   2004年8月   [査読有り]
Changing Patterns of Water Quality Associated with Hyporheic Flow of a Gravel Bar in the Kamo River
H. Yamada, T. Tanaka, Y. Takemon and S. Ikebuchi
DPRI Annuals of Disaster Prevention Research Institute   47(C) 263-272   2004年   [査読有り]
山田浩之, 河崎昇司, 矢沢正士
環境情報科学論文集   18 495-500   2004年   [査読有り]
釧路湿原の現状と自然再生事業の概要
中村 太士, 中村 隆俊, 渡辺 修, 山田 浩之, 仲川 泰則, 金子 正美, 吉村 暢彦, 渡辺 綱男
保全生態学研究   8(2) 129-143   2003年12月   [査読有り]
河床間隙水域の物理化学的特性とモンカゲロウの産卵場所選択
田中武志, 竹門康弘, 山田浩之, 池淵周一
京都大学防災研究所年報   46(B) 867-873   2003年   [査読有り]
河畔緩衝帯の生態学的意義と草地開発が水辺の生態系に及ぼす影響
山田浩之, 中村太士
日本草地学会誌   48(6) 548-556   2003年   [査読有り]
Experimental Study on Benthic Fish Habitats in an Ice Covered River
T. Nogami, Y. Watanabe, M. Nakatsugawa, F. Nakamura, K. Kamura, H. Yamada, S. Tsuchiya, K. Watanabe and H. Iwase
Ice in the Environment: Proc. of the 16th IAHR International Symposium on Ice, Dunedin, International Association of Hydraulic Engineering and Research   104-110   2002年   [査読有り]
H. Yamada and F. Nakamura
River Research and Applications   18(5) 481-493   2002年   [査読有り]
Effects of Dams and Channel Works on Riverine Habitat in Mountainous Streams
F. Nakamura, H. Yamada and N. Shin
Proc. of the 1st International Symposium on Conservation of Mountain Ecosystems      2002年
Field Experiments for Mitigation Benthic Fish Habitats in the Makomanai River
T. Nogami, Y. Watanabe, M. Nakatsugawa, F. Nakamura, K. Kamura, H. Yamada, S. Tsuchiya, K. Watanabe and H. Iwase
River Flow 2002   541-549   2002年   [査読有り]
渡辺恵三, 中村太士, 加村邦茂, 山田浩之, 渡邊康玄, 土屋進
応用生態工学   4(2) 133-146   2001年   [査読有り]
村上まり恵, 山田浩之, 中村太士
応用生態工学   4(2) 109-120   2001年   [査読有り]
微細砂堆積による河床透水性の低下がサクラマス卵の生残率に及ぼす影響
山田浩之, 中村太士
日本林学会北海道支部論文集   49 112-114   2000年   [査読有り]
真駒内川における微細砂堆積と付着藻類の現存量に関する研究
山田浩之, 中村太士
日本林学会北海道支部論文集   48 136-138   1999年   [査読有り]
西表島におけるミナミトビハゼの分布と微小環境
池辺裕子, 中本純一, 山田浩之
南紀生物   40(1) 71-78   1998年   [査読有り]
河川水辺の植生の実態とその制限要因に関する研究
山田浩之, 河原長美
環境システム研究   24 673-679   1996年

Misc

 
全周魚眼カメラを用いたマガン個体数自動カウントへの挑戦
山田 浩之
野鳥   84(5) 16-19   2019年6月
北海道大学サクシュコトニ川の小さな自然再生
山田 浩之
北海道ネーチャーマガジンモーリー   (52) 22-25   2019年6月
宮島沼の水環境動態 −水環境空間情報の取得−
山田浩之, 横山諒, 海津裕
みんなでマガンを数える会25周年記念誌      2014年
河原と間隙水域母なる川の胎内として
山田浩之
北海道ネーチャーマガジンモーリー   (32) 34-35   2013年
景観を守る
朝日新聞道内版記事      2011年10月
イトウの聖地と人間の生活に影響を及ぼす川の泥
HTBイチオシ      2004年6月
流域土地利用に伴う微細砂の生産, 流出形態特性と河川生物相に及ぼす影響評価手法に関する研究(平成12年度砂防学会ワークショップ成果概要報告)
山田浩之
砂防学会誌   54(6) 83-84   2002年
川底の生き物と細粒土砂と流域
山田浩之
自然共生研究センター ARRC NEWS   4(5)    2002年

書籍等出版物

 
湿地の科学と暮らし-北のウェットランド大全-
矢部和夫・山田浩之・牛山克巳 (担当:監修)
北海道大学出版会   2017年4月   
釧路叢書
山田 浩之 (担当:分担執筆, 範囲:さまざまなセンサで面として阿寒湖を診る)
釧路市教育委員会   2017年3月   
図説日本の湿地
山田 浩之 (担当:分担執筆, 範囲:湿原の再生)
朝倉書店   2017年   
Peatland in Southeast Asia
Osaki M (担当:分担執筆, 範囲:CO2 balance of tropical peat ecosystems)
Springer   2016年   
サロベツ湿原と稚咲内砂丘林帯湖沼群−その構造と変化−
冨士田裕子 (担当:分担執筆, 範囲:湿原生態系と大気との間のCO2交換)
北海道大学図書刊行会   2014年   
北海道の気象と農業
日本農業気象学会北海道支部 (担当:分担執筆, 範囲:湿原の役割)
北海道新聞社   2013年   
Gravel-Bed Rivers 6 From Fromprocess understanding to river restoration
H. Habersack, H. Pie´gay, M. Rinaldi (担当:共著, 範囲:Ecological responses to anthropogenic alterations of gravel-bed rivers in Japan, from river-floodplain segments to microhabitat scale: A review)
Elsevier   2008年   
自然再生:生態工学的アプローチ
亀山章, 倉本宣, 日置佳之 (担当:分担執筆, 範囲:湿原)
ソフトサイエンス社   2005年   
森林の科学−森林生態系科学入門−
中村太士, 小池孝良 (担当:分担執筆, 範囲:細粒土砂汚染が河川生物相に及ぼす影響を調べる)
朝倉書店   2005年   
自然再生−釧路から始まる
環境省 (担当:分担執筆, 範囲:自然と対話しながら, 自然の回復力の手助け)
(社)自然環境共生技術協会   2004年   

講演・口頭発表等

 
遠隔操作カメラと画像処理を用いたマガン自動監視システムの開発
山田浩之, 安部晋吾, 牛山 克巳, 嶋田 哲郎
日本湿地学会2019年度大会   2019年9月7日   
全周魚眼スマートフォンカメラと画像処理を用いた魚類の遠隔モニタリング
山中登生, 山田浩之, 藤本泰文
日本湿地学会2019年度大会   2019年9月7日   
VR カメラを用いた湿地景観のアーカイブ化手法の検討
若松拓夢, 山田浩之
日本湿地学会2019年度大会   2019年9月7日   
UAV・VR カメラを用いた湿原植生調査の試み
山田浩之, 鈴木透, 中村隆俊, 若松拓夢
日本湿地学会2019年度大会   2019年9月7日   
スイートコーンの収穫適期推定に関する研究
新谷奈津光, 岡田啓嗣, 山田浩之, 鮫島良次
日本農業気象学会2019年全国大会   2019年3月27日   
遠隔操作監視カメラシステムと画像処理を用いたマガン飛来数の推定
山田浩之, 小西哲也, 横山 諒, 牛山克己, 高橋佑亮, 嶋田哲郎
第13回伊豆沼・内沼研究集会   2019年2月17日   
スマートフォンを用いた淡水魚介類の遠隔モニタリング
藤本泰文, 山田浩之, 山中登生, 倉谷忠禎, 嶋田哲朗
2018年度日本魚類学会年会   2018年10月7日   
遠隔操作デジタルカメラを用いた湿地生物モニタリングの課題
山田浩之, 小西哲也, 横山諒, 安部晋吾, 山中登生
日本湿地学会 2018年度大会   2018年9月1日   
無線通信全周魚眼カメラと画像解析を用いたトンボ類のモニタリング
安部晋吾, 山田浩之, 嶋田哲郎
日本湿地学会 2018年度大会   2018年9月1日   
自動撮影全周魚眼カメラを用いたトンボ類の遠隔モニタリング
山田浩之, 安部晋吾, 上田紘司, 嶋田哲郎
ELR2017名古屋   2017年9月23日   
全周魚眼スマートフォンカメラを用いた水生生物の遠隔モニタリング
藤本泰文, 嶋田哲郎, 山田浩之
ELR2017名古屋   2017年9月23日   
遠隔監視システムと画像処理を用いたマガン飛来数の推定
山田浩之, 横山諒, 九間啓士朗
ELR2017研究集会「ロボット・UAV・ネットワークカメラを用いた湿地生態系の監視と管理」   2017年9月22日   
全天空監視システムの開発と画像解析を用いたマガン飛来数の推定
山田浩之, 横山諒, 九間啓士朗
日本鳥学会自由集会「ロボットやセンサ,ドローンを活用した湿地生態系の監視・管理システムの構築」   2017年9月16日   
全天空遠隔監視システムと画像解析を用いたマガン飛来数のモニタリング
山田浩之, 横山諒, 牛山克巳, 嶋田哲郎
日本湿地学会2017年度大会   2017年9月9日   
無線通信360度カメラを用いたマガンモニタリング
山田浩之, 九間啓士朗, 村田祥子
石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク設立記念フォーラム   2017年3月5日   
全天空監視システムの開発と画像解析を用いたマガン飛来数の推定
山田浩之, 九間啓士朗, 村田祥子
第11回伊豆沼・内沼研究集会   2017年2月18日   
ちょっと変わったドローンの活用法
山田 浩之
日本鳥学会自由集会「ドローンを使った鳥類調査」   2016年9月25日   
UAVを使ったちょっと変わった調査法
山田浩之
応用生態工学会自由集会「応用生態工学でUAVを活用する!」   2016年9月2日   
無線通信360度カメラを用いたマガンモニタリング
山田浩之, 九間啓士朗, 村田祥子
日本湿地学会2016年度大会   2016年8月27日   
Dissolved organic carbon leaching through groundwater flow in tropical peatlands
S. Sundari, H. Yamada, T. Hirano
International Workshop. "Deforestation of Tropical Peatdevelopment of Deforestation Standard and Congress Indonesia Peat Association"   2012年9月12日   
Groundwater Flow Reversal at a Raised Bog in Sarobetsu Mire, Mid Latitude Peatland
H. Yamada, R. Hiraoka, Y. Tanaka and T. Hirano
IAH (International Association of Hydrogeologists) 2012 Congress   2012年9月12日   
Dissolved organic carbon leaching through groundwater flow in tropical peatlands
S. Sundari, H. Yamada, T. Hirano
Conference on Agricultural Biodiversity and Sustainability 2012   2012年8月30日   
Effects of agricultural activity on temporospatial variation of water quality in a bog pool, lake miyajima-numa, northern Japan
M. Yokoyama, H. Yamada, Y. Kaizu
9th INTECOL (International Association for Ecology) International Wetland Conference   2012年6月   
Groundwater Flow Reversal at a Raised Bog in Sarobetsu Mire, Mid Latitude Peatland
H. Yamada, R. Hiraoka, Y. Tanaka and T. Hirano
9th INTECOL (International Association for Ecology) International Wetland Conference   2012年6月   
サロベツ湿原の蒸発散
平野高司, 大下亮平, 山田浩之, 高橋英紀
日本農業気象学会北海道支部大会   2011年11月25日   
河川改修の影響を受けたサロベツ湿原ドームドボッグからの地下水溶存態炭素の流出
平岡亮太郎, 山田浩之, 平野高司
応用生態工学会第15回金沢大会   2011年9月15日   
自律航行ボートを用いた宮島沼の水質空間分布調査
横山諒, 山田浩之, 海津裕, 野口伸
応用生態工学会第15回金沢大会   2011年9月15日   
サイドスキャンソナー搭載魚群探知機を用いた水生植物群落の分類と現存量推定
山田浩之, 藤島洸, 若菜勇
応用生態工学会第15回金沢大会   2011年9月15日   
サロベツ湿原における泥炭地からの地下水と溶存態炭素の流出
山田浩之, 平岡亮太郎, 田中祥人, 平野高司
日本農業気象学会2011年大会   2011年3月16日   
Comparison of groundwater dissolved organic carbon among three different tropical peatlands in Central Kalimantan・Indonesia
Siti Sundari, Hiroyuki Yamada and Takashi Hirano
日本生態学会第58回大会   2011年3月9日   
自由集会「泥炭湿原の炭素動態の解明 サロベツ湿原を例として」人為的攪乱を受けたボッグの水文過程と炭素流出
山田浩之, 平岡亮太郎, 田中祥人, 平野高司
日本生態学会第58回大会   2011年3月9日   
ウトナイ湖北西岸における高茎湿生草原の分布を規定する水文化学条件の解明
金井紀暁, 山田浩之, 矢部和夫
日本生態学会大津大会   2011年3月   
空中写真判読による1975 年と2009 年の間に起こったウトナイ湖とその周辺地域の植生変動の解析
金井紀暁, 矢部和夫, 金子正美, 山田浩之
日本写真測量学会北海道支部第29回学術講演会   2011年2月18日   
ウトナイ湖北岸における河川改修・湖沼水位管理が氾濫源の水文環境と植生に与える影響
平岡亮太郎, 山田浩之, 矢部和夫
応用生態工学会第14回札幌大会   2010年9月23日   
レジャー用サイドスキャンソナーを用いた阿寒湖の水生植物分布調査
藤島洸, 山田浩之, 中西一洋, 若菜勇
応用生態工学会第14回札幌大会   2010年9月23日   
河川改修の影響を受けたサロベツ泥炭地ドームドボッグでの地下水溶存態有機炭素の動態
山田浩之, 田中祥人, 平岡亮太郎, 平野高司
応用生態工学会第14回札幌大会   2010年9月23日   
サロベツ湿原のエネルギー収支
大下亮平, 平野高司, 山田浩之, 高橋英紀
日本農業気象学会   2010年3月   
サロベツ湿原のエネルギー収支
大下亮平, 平野高司, 山田浩之, 高橋英紀
日本農業気象学会北海道支部2009年大会   2009年12月1日   
Hydrological and chemical budgets of Akanuma Pool in Kushiro Mire, northern Japan
T. Kizuka, H. Yamada, T. Hirano
American Geophysical Union Fall Meeting 2009   2009年12月   
浅層湖沼の水質空間分布調査の問題点と自動観測ボートの開発
山田浩之, 木塚俊和, 中西一洋, 海津裕, 平野高司, 野口伸
応用生態工学会第13回埼玉大会   2009年9月25日   
グーグルアース・マップを用いた若手研究者・技術者間交流と情報提供の試み
山田浩之, 河内香織, 久加朋子, 山下慎吾, 渡辺恵三
応用生態工学会第13回埼玉大会   2009年9月25日   
サロベツ湿原における泥炭の分解過程に関する研究
鬼頭宏幸, 山田浩之, 平野高司
農業環境工学関連学会2009年合同大会   2009年9月18日   
北海道の沖積低地に成立した泥炭地湖沼の水・物質収支の特徴
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
日本陸水学会第74回大会   2009年9月15日   
サロベツ湿原のドームドボッグにおける地下水のリバース現象
山田浩之, 田中祥人, 平野高司
日本陸水学会第74回大会   2009年9月15日   
サロベツ湿原の地下水DOC生成要因とササ化がそれに及ぼす影響
田中祥人, 山田浩之, 平野高司
日本陸水学会第74回大会   2009年9月15日   
釧路湿原南部における主要草本種の養分利用特性
中村隆俊, 植村滋, 矢部和夫, 山田浩之
日本生態学会   2009年3月17日   
釧路湿原南部におけるハンノキの大きさ・現存量・形態と年輪成長・およびその分布を調節する要因
矢部和夫, 中村隆俊, 山田浩之, 石川幸男, 植村滋, 金子正美
日本生態学会   2009年3月17日   
釧路湿原におけるハンノキ侵入が泥炭の生成・分解に与える影響
泉谷一樹, 岡田啓嗣, 浦野慎一, 山田浩之, 矢部和夫, 伊藤亨
日本農業気象学会北海道, 東北支部合同大会   2008年11月26日   
サロベツ湿原ボッグドームの地下水浸透特性
田中祥人, 山田浩之, 平野高司
日本農業気象学会北海道, 東北支部合同大会   2008年11月26日   
石狩泥炭地宮島沼の水文化学環境
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
環境情報科学センター環境研究発表会   2008年11月25日   
釧路湿原南西部における堤防の設置が地下水流動・化学性に及ぼす影響
山田浩之, 川口哲平, 中村隆俊, 矢部和夫, 河内邦夫
応用生態工学会第12回研究発表会   2008年9月20日   
北海道北部の人工湿地水質浄化施設設置による河川生態系の改善効果
田中祥人, 山田浩之, 井上京, 加藤邦彦
応用生態工学会第12回研究発表会   2008年9月20日   
農業・自然流域間における泥炭地湖沼の水収支の比較
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
応用生態工学会第12回研究発表会   2008年9月20日   
釧路湿原南西部における堤防の設置が地下水流動・化学性に及ぼす影響
山田浩之, 川口哲平, 中村隆俊, 矢部和夫, 河内邦夫
日本陸水学会第73回大会   2008年5月23日   
泥炭地に形成された小湖沼の水・物質収支
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
日本陸水学会第73回大会   2008年5月23日   
Effects of Levee Construction on Hydro-chemical Conditions in the Kushiro Mire, Northern Japan
H. Yamada, T. Kawaguchi, T. Nakamura, K. Yabe
American Geophysical Union Fallmeeting 2007   2007年12月14日   
Effects of Levee Construction on Groundwater Flow in Kushiro Mire, Northern Japan
T. Kawaguchi, H. Yamada, T. Nakamura, K. Yabe
American Geophysical Union Fallmeeting 2007   2007年12月14日   
泥炭地湖沼である釧路湿原赤沼の水文環境
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
陸水物理研究会研究発表会2007年度(第29回)滋賀大会   2007年12月1日   
釧路湿原におけるハンノキ林拡大と蒸発散量の関係
岡田啓嗣, 泉谷一樹, 荒岡憲一, 浦野慎一, 山田浩之, 矢部和夫
陸水物理研究会研究発表会2007年度(第29回)滋賀大会   2007年12月1日   
湿原の蒸発散量に与えるハンノキ林拡大の影響 ― 釧路湿原の観測事例 ―
佐坂ゆかり, 岡田啓嗣, 泉谷一樹, 荒岡憲一, 浦野慎一, 山田浩之, 矢部和夫
日本農業気象学会北海道支部2007年大会   2007年11月28日   
釧路湿原における築堤が水文化学環境に及ぼす影響
川口哲平, 山田浩之, 工藤博之, 中村隆俊, 矢部和夫
応用生態工学会第11回研究発表会   2007年9月16日   
農業活動が泥炭地湖沼の水文環境に及ぼす影響
木塚俊和, 山田浩之, 平野高司
応用生態工学会第11回研究発表会   2007年9月16日   
差圧センサーを用いた河床間隙水域の動水勾配計測手法の開発
山田浩之
応用生態工学会第11回研究発表会   2007年9月16日   
釧路湿原におけるハンノキ林とフェンの土壌呼吸の比較
泉谷一樹, 岡田啓嗣, 佐坂ゆかり, 浦野慎一, 山田浩之, 矢部和夫
農業環境工学関連学会2007年合同大会   2007年9月14日   
ハンノキ侵入による湿原の環境変化
岡田啓嗣, 佐坂ゆかり, 泉谷一樹, 浦野慎一, 山田浩之, 矢部和夫
農業環境工学関連学会2007年合同大会   2007年9月14日   
石狩泥炭地における農業的土地利用が小湖沼水質に及ぼす影響
木塚俊和, 山田浩之, 矢沢正士
日本陸水学会第72回大会   2007年9月13日   
差圧センサーを用いた湿原の動水勾配計測方法の開発と釧路湿原での使用例
山田浩之, 木塚俊和, 川口哲平
日本陸水学会第72回大会   2007年9月13日   
釧路湿原ハンノキ林の分布・動態・更新#2 実生による更新は可能か?
中村隆俊, 植村滋, 矢部和夫, 高田恵利, 山田浩之
日本生態学会   2007年3月15日   
釧路湿原ハンノキ林の分布・動態・更新#3 ハンノキの形・現存量・年輪成長と立地環境
矢部和夫, 中村隆俊, 植村滋, 石川幸男, 山田浩之
日本生態学会   2007年3月15日   
ハンノキ侵入が湿原の蒸発散に及ぼす影響
佐坂ゆかり, 岡田啓嗣, 浦野慎一, 泉谷一樹, 竹村慶子, 山田浩之, 矢崎友嗣
日本農業気象学会北海道支部2006年大会   2006年12月1日   
湿原の蒸発散量に及ぼすハンノキ侵入の影響
佐坂ゆかり, 岡田啓嗣, 浦野慎一, 泉谷一樹, 竹村慶子, 山田浩之, 矢崎友嗣
第9回陸水学会北海道支部大会   2006年11月1日   
釧路湿原温根内地区における堤防の設置が地下水環境に及ぼす影響
工藤博之, 山田浩之, 中村隆俊, 矢部和夫, 中村太士
第55回日本森林学会北海道支部大会   2006年11月1日   
植生の異なる湿原土壌の地中熱環境について
岡田啓嗣, 矢崎友嗣, 浦野慎一, 山田浩之, 佐坂ゆかり, 矢部和夫
農業環境工学関連学会2006年合同大会   2006年9月1日   
Effects of agricultural land use on water quality of mire pools in the Ishikari Peatland, Northern Japan
T. Kizuka, H. Yamada, M. Yazawa
International conference on ecological restoration in East Asia   2006年6月   
Effects of agricultural land use on the distribution of freshwater fish in mire pools of the Ishikari Peatland, Northern Japan
H. Yamada, K. Tamai, T. Kizuka
International conference on ecological restoration in East Asia   2006年6月   
ハンノキの混在する湿原植生の蒸発散特性に関する研究
佐坂ゆかり, 岡田啓嗣, 矢崎友嗣, 山田浩之, 浦野慎一
日本農業気象学会2006年春季大会   2006年4月1日   
釧路湿原広里再生事業区におけるハンノキの分布と環境
中村隆俊, 仲川泰則, 山田浩之, 中村太士
第53回日本生態学会新潟大会   2006年3月1日   
Ecosystem restoration at multiple scales in Kushiro Mire - Analysis of present status and Practice
H. Yamada, T. Nakamura, T. Yazaki, Y. Nakagawa and F. Nakamura
2nd EAFES International Congress   2006年3月   
釧路湿原におけるハンノキ侵入の影響について
岡田啓嗣, 矢崎友嗣, 佐坂ゆかり, 山田浩之, 矢部和夫, 浦野慎一
日本農業気象学会北海道支部一般研究発表会,   2005年11月1日   
石狩泥炭地における土地利用と小湖沼水質の関係
木塚俊和, 山田浩之, 矢沢正士
応用生態工学会第9回大会   2005年10月1日   
北海道北部山地小河川における細粒土砂堆積がイトウ産卵床環境に及ぼす影響
山田浩之, 河口洋一, 小宮山英重
応用生態工学会第9回大会   2005年10月1日   
石狩泥炭地における土地利用と小湖沼水質の関係
木塚俊和, 山田浩之, 矢沢正士
農業土木学会平成17年度大会講演会   2005年8月1日   
アイガモ農法が水田の生物相および水質環境に及ぼす影響
山田浩之, 河崎昇司, 矢沢正士
環境情報科学研究発表会   2004年11月1日   
釧路湿原におけるハンノキ林の伐採が周辺環境に及ぼす影響
中島範雄, 浦野慎一, 山田浩之, 矢崎友嗣, 宮内翔平, 岡田啓嗣
日本農業気象学会北海道支部大会   2004年11月1日   
自然再生事業区域釧路湿原広里地区における湿原環境の実態−酪農草地化および河川改修が湿原地下水環境に及ぼす影響−
山田浩之, 中村隆俊, 仲川泰則, 中村太士, 渡辺綱男
農業土木学会第53回北海道支部研究発表会   2004年10月1日   
河床間隙水域の物理化学的特性とモンカゲロウ卵の死亡率の関係
田中武志, 山田浩之, 竹門康弘, 池淵周一
応用生態工学会第8回大会   2004年10月1日   
Habitat selection for oviposition site in Ephemera strigata in relation to physicochemical environment of hyporheic zone
T. Tanaka, H. Yamada, Y. Takemon, S. Ikebuchi
1st EAFES International Congress   2004年10月   
アイガモ農法が水田の生物相・水質に及ぼす影響
河崎昇司, 山田浩之, 矢沢正士
農業土木学会大会講演会   2004年9月1日   
石狩泥炭地内小湖沼の水質影響要因に関する研究
木塚俊和, 矢沢正士, 山田浩之
農業土木学会大会講演会   2004年9月1日   
モンカゲロウの産卵場所選択性−砂礫堆と樹冠の影響−
田中武志, 山田浩之, 竹門康弘, 池淵周一
第51回日本生態学会釧路大会   2004年8月1日   
イトウの聖地と人間の生活に影響を及ぼす川の泥, HTBイチオシ
山田 浩之
2004年6月10日   
賀茂川中流域における砂州間隙水の動態と水質変化機構
山田浩之, 田中武志, 竹門康弘, 池淵周一
京都大学防災研究所研究発表講演会   2004年2月   
釧路湿原広里地区における地下水環境の実態および湿原再生手法の検討
山田浩之, 中村隆俊, 仲川泰則, 濱裕人, 中村太士, 渡辺綱男
応用生態工学会第7回大会   2003年10月   
渓流におけるモンカゲロウの産卵場所選択性〜とくに河床間隙水域の物理化学的特性との関係について〜
田中武志, 山田浩之, 竹門康弘, 池淵周一
応用生態工学会第7回大会   2003年10月   
釧路湿原広里地区における植生と環境の対応関係
中村隆俊, 山田浩之, 仲川泰則, 笠井由紀, 中村太士, 渡辺綱男
応用生態工学会第7回大会   2003年10月   
釧路湿原広里地域における植生と水位・水質環境の空間的分布―釧路湿原自然再生事業のための事前調査の結果―
仲川泰則, 山田浩之, 中村隆俊, 神谷雄一郎, 谷口拓之, 渡辺綱男, 中村太士
環境科学会2003年会   2003年9月   
Linking Aquatic Entomology and River Environmental Management via River Bed Structure
Y. Takemon, T. Tanaka, H. Yamada, S. Ikebuchi
Korea-Japan Joint Conference on Applied Entomology and Zoology   2003年6月   
河床間隙水域の物理化学的特性とモンカゲロウの産卵場所選択
田中武志, 竹門康弘, 山田浩之, 池淵周一
土木学会関西支部研究発表会   2003年5月   
航空機レーザー測量を用いた釧路湿原ハンノキ林の樹高推定と分布域の環境条件
松原健二, 山田浩之, 中村隆俊, 宮作尚弘, 神谷雄一郎, 渡辺綱男, 中村太士
第114回日本林学会大会要旨集   2003年3月   
Effect of fine sediment deposition and influence of river structure on lotic biota in northern Japan
H. Yamada and F. Nakamura
VIII International Congress of Ecology   2002年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
全方位カメラ搭載UAV・VR技術を用いた湿原植生調査法の開発
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 山田 浩之
フィールド調査とロボット・センサ・通信技術をシームレスに連結する水域生態系モニタリングシステムの開発
環境省: 環境研究総合推進費
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 海津裕
湿原湖沼水環境モニタリングのためのスカウト機能を備えたロボットボートの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 海津裕
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 山田 浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 野口 伸
本研究は空間情報を高度に活用して湖沼群の水環境形成機構を解明し,数理工学的手法に基づいて回復策を提案できる方法論の提案を目的とした。リモートセンシングのグランドトゥルースとなる分光放射・水環境データを自動収集できる自律移動観測ボートシステムの開発,水・物質収支のモニタリングと解析,ニューラルネットワークによる非線形物質収支モデルの構築,低空・衛星リモートセンシングによる広域評価,そして遺伝的アルゴリズム(GA)を利用した物質収支モデル逆解析による環境回復策の提案を行う。次の4課題を設定して...
西岡公園における湿原環境に関する研究
札幌市: 受託研究
研究期間: 2010年12月 - 2011年2月    代表者: 山田 浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 矢部 和夫
1)ウトナイ湖とその周辺地域で、1975年と2009年に得られたカラー画像の植生と土地利用のパターンを現地調査との併用で解析した。ウトナイ湖は三角形の湖岸形状に合わせて、北西部、南西部と南東部に分けられる。陸域植生のうち35年間で最も大きな変化をしたミズナラーコナラ林は41.73ha増加した。次に裸地は27.14ha減少した。ミズナラ-コナラ林は南東部で拡大した。他の陸域の凡例区分もわずかながら変化した。水域では開水面が6.59ha減少し、1975年に14.19haあったマコモ群落が消失し...
低価格帯スキャンソナー搭載魚群探知機の水生植物モニタリングへの適用とその課題
WEC: WEC応用生態研究助成
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 山田 浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 平野 高司
微気象学的方法(渦相関法)を用いて,ミズゴケ区とササ区においてCO_2フラックスの連続観測を継続した。その結果,生態系呼吸(RE),光合成(GPP)ともにササ区の方が大きいが,正味CO_2吸収速度(NEP)に両区で大きな差が認められなかった。チャンバー法による結果は昨年度とほぼ同様であり,メタン(CH_4)放出速度がミズゴケ区でかなり大きかった。その量は,他の湿原に比べても大きいものであった。生態学的手法により,ミズゴケの伸長成長が1生育期間で25mm程度であること,ササは8月下旬に,群落...
寒冷地での実用化をめざした人工湿地浄化システムの確立
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 井上 京
地下水浸透流解析を用いた放棄農地の湿原再生手法の検討
委託研究
研究期間: 2009年   
河床間隙水域の3次元水・物質フローモニタリング手法の実用化とその評価法の構築
河川環境管理財団: 河川整備基金助成事業
研究期間: 2007年5月 - 2008年6月    代表者: 山田 浩之
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 平野 高司
東南アジアの低平地に分布する熱帯泥炭地は膨大な量の土壌炭素を貯留しているが, 開発による地下水位の低下などにより, 大量のCO_2を大気に放出する危険性が高まっている。そのため, CO_2排出量を抑制するために, 排水路を堰上げする簡易ダムによる環境修復が実施されている。本研究では, 生態系と大気との間のCO_2交換量をモニタリングし, ダムによる環境修復が熱帯泥炭の好気的分解を抑制し, CO_2排出量を低減させることを実証した。また, 衛星リモートセンシングを利用した地下水位の広域評価の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 矢部 和夫
年輪成長量に対して、pHが正の相関を示した。従って先年提示したハンノキ林は水位変動が低い環境で成立することと、成長は酸性化によって抑制されるという結果が得られた。また、ハンノキ種子の発芽には水没しない環境が必要であり、稚樹の生残には根圏が長時間地下水にさらされない環境が必要となることが示唆された。同時に、稚樹の成長には水質環境(pH)が重要となることが示された。水位観測からは年最大水位はハンノキ林のほうがフェンより低いという結果がえられた。また,堤防設置の影響を数値実験的に検討した結果,堤...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 山田 浩之
地理情報システム(GIS)を用いた空間情報解析と現地環境調査により,水圏生態系(生物相・生息環境)の劣化が生じる条件を統計的に明らかにし,細粒土砂汚染域を推定する方法を構築することを目的とした.最終年度である今年度は昨年度の追加調査とデータ解析,学会成果発表,論文投稿に重点に置いた.昨年度の成果の北海道の石狩泥炭地の小湖沼群を対象とした湖沼水質と関連付けた空間解析によって細粒土砂やアンモニア態窒素を主とした地表排水を由来とする成分の濃度が,湖沼に流入する水路数やその水路に連結する農地(水田...
インドネシアの泥炭・森林における火災と炭素管理
JST-JICA: 地球規模課題対応国際科学技術協力事業
代表者: 大崎満