森田久司

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/21 06:27
 
アバター
研究者氏名
森田久司
 
モリタ ヒサシ
eメール
hmoritafor.aichi-pu.ac.jp
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/30381742.ja.html
所属
愛知県立大学
部署
外国語学部
職名
准教授
学位
D.Phil(University of Oxford)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
   
 
愛知県立大学 外国語学部 准教授
 

論文

 
The Intervention Effect as a Syntactic Phenomenon in Korean Wh-questions
森田久司、ナムキル・カン
Studies in Generative Grammar   26(2) 165-192   2016年   [査読有り]
Pied-piping of the Matrix Clause in Japanese and Sinhala
森田久司
Proceedings of the 17th Seoul International Conference on Generative Grammar   17 328-343   2015年8月   [査読有り]
How Unanswerable Questions Turn into Answerable
森田久司
Mulberry   65 39-61   2015年8月
森田 久司
Online Proceedings for Workshop in General Linguistics   11    2014年9月   [査読有り]
The Acquisition of the Thematic Roles of the English Verb Open by College Students
ナムキル・カン、森田久司
International Journal of Smart Home   8(2) 153-168   2014年8月   [査読有り]
森田 久司, Hisashi MORITA
紀要. 言語・文学編   46 111-128   2014年3月
森田久司
JELS   31 352-358   2014年2月   [査読有り]
森田 久司
Mulberry   (63) 19-37   2014年
森田久司
US-China Foreign Lanugage   11(9) 645-658   2013年9月   [査読有り]
Different Origins of Quiz Questions in English and Japanese
森田久司
Proceedings of the 15th Seoul International Conference on Generative Grammar   15 287-296   2013年8月   [査読有り]
森田 久司
ことばの世界 : 愛知県立大学高等言語教育研究所年報   (5) 99-110   2013年3月
森田久司
Online Proceedings of GLOW in Asia IX   9    2013年3月   [査読有り]
Unification of the Semantics of the Infinitive in English
森田久司
Miscelanea: Journal of English and American Studies   45 31-52   2013年2月   [査読有り]
Ultimate Pied-piping in Japanese and Sinhala
森田久司
JELS   30 313-319   2013年2月   [査読有り]
森田 久司, Hisashi MORITA
愛知県立大学外国語学部紀要. 言語・文学編   (45) 97-129   2013年
MORITA Hisashi
Mulberry   (62) 61-77   2013年
The Japanese Passives Revisited
森田久司
愛知県立大学外国語学部紀要   43 49-75   2012年3月
Evidence for Movement in the Derivation of Relative Clauses in Japanese
森田久司
Mulberry   61 67-94   2012年2月
Review: Negative Indefinites, by Doris Penka, OUP, 2011
森田久司
English Linguistics   29(2) 468-479   2012年   [査読有り]
To不定詞の意味について
森田久司
Mulberry   60 33-50   2011年1月
英語からことばを考える―英熟語から見えてくる言葉の構造―
森田久司
ことばの世界、愛知県立大学高等言語教育研究所   2(2) 79-83   2010年3月
MORITA HISASHI
English Linguistics   26(2) 374-393   2009年
It will be argued that Agree alone is not sufficient to derive wh-questions in Japanese contra Watanabe (2006) and Munakata (2006). Specifically, covert movement or pied-pipng must follow after Agree. To validate this claim, three new pieces of ev...
森田 久司
紀要. 言語・文学編   40 69-91   2008年
この論文は、中国語関係節の派生に、(i)名詞句自体が関係節内から移動することにより関係節を形成する繰上げ操作と(ii)目に見えないオペレータが移動するので、関係節を統治する名詞句は移動しないマッチング操作の両方が必要であると主張するAoun and Li (2003)を支持するものの、繰上げ操作において、移動する名詞句はNPまでしか投射しないという考えには異議を唱えるものである。Aoun and Li (2003)は移動する名詞句は数量詞を含まない(すなわち、NumPまで投射しない)ために...
森田 久司
紀要. 言語・文学編   37 41-67   2005年3月
この論文では、実際に音韻的に強調された語が、意味的にどのような影響をあらわし、その影響が統語的にどのように派生されるか、すなわち、日本語と英語、特に日本語のフォーカス現象を考察する。日本語のデータは主に、強調される旬に結びつく、係助詞の「も」について取り扱う。日本語のフォーカスにおいて三つの現象が見られる。一つ目は、音韻的に強調された語よりも広範囲の強調の意味を取ることができる。二つ目は、強調を促す、「も」や「さえ」といった係助詞自体が強く発音されると、音韻的に強調された語よりも広範囲の強...
The semantics of interrogative pronouns, existential(-like) quantifiers, and universal(-like) quantifiers in Japanese
森田久司
Journal of Japanese Linguistics   21 21-41   2005年   [査読有り]
Further evidence for pied-piping in Japanese, Korean, and Turkish
森田久司
Proceedings for the workshop on Altaic Languages in Formal Linguistics (WAFL), MIT working papers in Linguistics   26 346-361   2004年   [査読有り]
Multiple Movement and D-linking
森田久司
The Linguistic Association of Korea Journal   11(2) 207-246   2003年   [査読有り]
Is Q an Inherent Feature of Complementisers?
森田久司
Proceedings of the Western Conference on Linguistics   12 370-383   2002年   [査読有り]
English and Japanese Questions
森田久司
University of Oxford      2002年   [査読有り]
About Wh-movement in Japanese
森田久司
Proceedings for the seventh Manchester Postgraduate Linguistics Conference   7 283-296   2000年   [査読有り]
A Minimalist Approach to Quantifiers
森田久司
Oxford University Working Papers in Linguistics, Philology and Phonetics   6 167-188   1998年10月
Syntax and Semantics of Wh-elements in Japanese
森田久司
University of Oxford      1997年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ジョン・ビントリフ, 森田 久司 (担当:共著)
研究社   2009年2月   ISBN:4327452181
ジョン・ビントリフ, 森田 久司 (担当:共著)
研究社   2007年3月   ISBN:432745205X

講演・口頭発表等

 
Covert Pied-piping in Japanese and Sinhala
森田久司
CASTL-FISH Seminar, University of Tromso   2017年1月31日   
Morphology is misleading, but syntax is not: The syntax of coordination in Japanese and Korean
森田久司
MIT Syntax Square   2016年10月31日   
The Core Semantic Property of the disjunction and the question particle, ka, in Japanese (and Old Japanese)
森田久司
the international workshop 'Questions and Disjunctions'   2015年10月2日   
Crosslinguistic examination of the interaction between contrastive and information focus
森田久司
Graz Workshop on Information Structure (GWIS 3)   2015年9月25日   
Pied-piping of the Matrix Clause in Japanese and Sinhala
森田久司
17th Seoul International Conference on Generative Grammar   2015年8月7日   
A Syntactic Approach to Intervention Effects in Korean Wh-questions
森田久司
International Conference on Korean Linguistics   2015年6月25日   
Massive Pied-Piping in Sinhalese and Japanese
森田久司
7th Formal Approaches to Japanese Linguistics   2014年6月28日   
How Unanswerable Questions Turn into Answerable
森田久司
GLOW in Asia X   2014年5月24日   
Large-Scale Pied-Piping in Sinhalese and Japanese
森田久司
Workshop in General Linguistics (WIGL) 11   2014年5月10日   
Different Origins of Quiz Questions in English and Japanese
森田久司
15th Seoul International Conference on Generative Grammar   2013年8月9日   
Different triggers for successive-cyclic movement in Sinhalese and Japanese wh-questions
森田久司
146th Nihon Gengo Gakkai (The Linguistic Society of Japan)   2013年6月15日   
The derivation of Japanese relative clauses with scrambling and quantifier floating
森田久司
ELSJ 6th International Spring Forum   2013年4月28日   
Two Types of Wh-questions in Japanese: How to lift the Intervention and the Wh-island effect
森田久司
FAJL (Formal Approaches to Japanese Linguistics) 6   2012年9月27日   
How the Syntax Knows When to Apply Binding or Movement to Wh-expressions
森田久司
GLOW in Asia IX   2012年9月5日   
Ultimate Pied-Piping in Japanese
森田久司
ELSJ 5th International Spring Forum   2012年4月21日   
究極の移動: 日本語、シンハラ語におけるHow many/much NP疑問文の分析について
森田久司
第11回愛知県立大学言語教育研究会   2012年2月29日   
英語からことばを考える ー英熟語から見えてくることばの構造及び英語学習ー
森田久司
愛知県立大学公開講座   2009年10月10日   
To不定詞と動名詞の使い分け:メガフェプスダから進歩したか?
森田久司
第1回愛知県立大学言語教育研究会   2008年10月28日   
生成文法の言語モデルの特異性とその根拠:日本語WH疑問文の一考察
森田久司
第2回愛知県立大学言語教育研究会   2008年8月7日   
Further evidence for pied-piping in Japanese, Korean, and Turkish
森田久司
Workshop on Altaic Languages in Formal Linguistics (WAFL)   2003年5月16日   
Interveners are contrastive-focused
森田久司
東北大学言語学講座   2002年9月13日   
On the pied-piping mechanism
森田久司
神田外語大学言語学コロキアム   2002年1月11日   
Two features of a wh-phrase
森田久司
WECOL 2000 (Western Conference on Linguistics)   2000年10月29日   
Why is wh-movement necessary?
森田久司
2nd International Linguistics Conference at the University of Liverpool   1999年11月   
Why move and why not? A comparative study of English and Japanese questions
森田久司
General Linguistics Graduate Seminar at the University of Oxford   1999年10月   
An alternative to Quantifier Raising (QR)
森田久司
General Linguistics Graduate Seminar at the University of Oxford   1999年1月   
About Wh-movement in Japanese
森田久司
7th Postgraduate Linguistics Conference at the University of Manchester   1998年3月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 森田 久司
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 森田 久司
母語話者の能力の一つに、母語の文法性判断が含まれる。しかし、時に母語話者間で異なった判断をすることがあり、また、同母語話者自身も時に異なった判断をすることがある。このような文法性のずれやぶれが顕著に見られるWH疑問文における文法現象、インターヴェンション効果とWH島効果、について科学的説明を探求することが本研究の目的である。1年目の成果として、二つのうちのインターヴェンション効果について、統語的アプローチ、非統語的アプローチを比較した。もし、上の効果が非統語的現象であれば、文法性判断のずれ...