Hissei Imai

J-GLOBAL         Last updated: Sep 8, 2019 at 10:11
 
Avatar
Name
Hissei Imai

Published Papers

 
Furukawa TA, Imai H, Horikoshi M, Shimodera S, Hiroe T, Funayama T, Akechi T, FLATT Investigators.
Journal of affective disorders   238 336-341   Oct 2018   [Refereed]
Imai H, Takeshima N, Hayasaka Y, Yonemoto N, Ogawa Y, Tajika A, Fujita H, Kato T, Furukawa TA, FLATT Investigators.
Psychiatry and clinical neurosciences   73(6) 349-350   Jun 2019   [Refereed]
Pompoli A, Furukawa TA, Efthimiou O, Imai H, Tajika A, Salanti G
Psychological medicine   48(12) 1945-1953   Sep 2018   [Refereed]
Noma H, Furukawa TA, Maruo K, Imai H, Shinohara K, Tanaka S, Ikeda K, Yamawaki S, Cipriani A
Journal of affective disorders   250 419-424   May 2019   [Refereed]
Imai H, Ogawa Y, Okumiya K, Matsubayashi K
History of psychiatry   30(1) 957154X18803499-57   Sep 2018   [Refereed]

Misc

 
今井 必生, 奥宮 清人, 陳 玟玲, 山中 学, 石本 恭子, 田中 美玲, 石川 元直, 木村 友美, 福富 江利子, 坂本 龍太, 和田 泰三, 藤澤 道子, 松林 公蔵
こころと文化 = Psyche & culture   16(2) 154-161   Sep 2017
障害に対する解釈は文化間で異なる。説明モデルとも呼ばれ、治療関係や治療満足度に影響を与え、介入によって変えうることも示されており、障害へのアプローチを考える際に重要である。これまでうつ病に対する説明モデルについては同一国内の異なる民族を対象にした調査はあるが、同一の研究デザインで異なる国の地域住民を対象に行われた調査はなかった。今回我々は高知県土佐町、台湾の大社里の地域在住高齢者を対象にうつ病に対する説明モデルを調査し、我々が既に発表したチベットでの結果を参照しながら報告した。その結果、地...
市中精神科クリニック初診患者に占めるひきこもり(現在・過去)患者の割合と特徴 中間報告
今井 必生, 高松 桃子, 三家 英明, 吉澤 一, 三家 英彦, 浜中 利保, 岡崎 剛, 中村 理香, 古川 壽亮
精神神経学雑誌   (2018特別号) S350-S350   Jun 2018
【ITをもっと活用しよう】 スマートフォンを用いた認知行動療法
今井 必生, 古川 壽亮, 堀越 勝, 渡辺 範雄, 明智 龍男, 川西 直, 長谷川 晃朗
精神科   30(5) 431-435   May 2017
藤澤 道子, 坂本 龍太, 石本 恭子, 奥宮 清人, 木村 友美, 今井 必生, 松林 公蔵
日本老年医学会雑誌   54(Suppl.) 205-205   May 2017
今井 必生, 古川 壽亮, 堀越 勝, 渡辺 範雄, 明智 龍男, 川西 直, 長谷川 晃朗
精神科 = Psychiatry   30(5) 431-435   May 2017