基本情報

所属
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 主幹研究員
早稲田大学ー東京都市大学 大学院工学研究科 共同原子力専攻 非常勤講師
(兼任) システム設計グループ グループリーダ
学位
博士(科学) 「トカマク型核融合炉開発シナリオの基盤となる炉心プラズマ研究」(2005年3月 東京大学)

通称等の別名
yoh
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0001-7201-4311
J-GLOBAL ID
200901099602326190

外部リンク

次世代エネルギー技術に関する研究に主に従事している.「エネルギー生成技術」に関しては、核融合エネルギー研究を行ってきた.特に、概念設計研究、炉心制御へのAI・ディープラニングの適用,発電設備設計制御,系統運用制御を専門とする.現在は日本における核融合原型炉の実現を目指したプロジェクト「原型炉設計合同特別チーム」のシステム設計Grリーダを務める.「エネルギー利用技術」に関しては、次世代自動車の中の電動化自動車(EV、PHV、FCV)と電力系統との関係について研究を行った経験を持つ。特に、充電インフラ検討用の交通シミュレータ"EV-OLYENTOR"の開発、系統・配電への影響評価、普及シナリオに関する研究を専門とし,経済産業省からの委託に基づき日本全国のEV用充電インフラ設置モデルプランの作成を手がけた。また,海外でのインフラ設置最適化検討の経験も持つ.最後に「エネルギー評価技術」に関しては、コンジョイント分析手法によるエネルギー技術特性評価手法の開発を行った.同手法では発電技術に関するいくつかの効用関数を総合評価することで,経済性と安心感の比較といった通常は定量評価できなかった評価項目間の効用関数による比較、一般と専門家のエネルギーに関する効用関数の差、エネルギーのベストミックスの検討を行ってきた.


主要なWorks(作品等)

  4

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  12

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

産業財産権

  5

主要な所属学協会

  3

MISC

  22

論文

  83