貴島 晴彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/22 03:08
 
アバター
研究者氏名
貴島 晴彦
 
キシマ ハルヒコ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10332743.ja.html
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 医学専攻
職名
教授

研究分野

 
 

論文

 
Eino D, Tsukada Y, Naito H, Kanemura Y, Iba T, Wakabayashi T, Muramatsu F, Kidoya H, Arita H, Kagawa N, Fujimoto Y, Takara K, Kishima H, Takakura N
Cancer research   78(23) 6607-6620   2018年12月   [査読有り]
Hirayama R, Kinoshita M, Arita H, Kagawa N, Kishima H, Hashimoto N, Fujimoto Y, Yoshimine T
Journal of neurosurgery   128(6) 1707-1712   2018年6月   [査読有り]
Nakamura H, Fujinaka T, Nishida T, Kishima H, Sakai N, JR-NET3 study group.
Neurologia medico-chirurgica      2018年12月   [査読有り]
Kanemoto H, Kazui H, Suehiro T, Kishima H, Suzuki Y, Sato S, Azuma S, Matsumoto T, Yoshiyama K, Shimosegawa E, Tanaka T, Ikeda M
International journal of geriatric psychiatry      2018年11月   [査読有り]
Umehara T, Goto Y, Kajikawa R, Wakayama A, Kishima H
World neurosurgery   118 16-20   2018年10月   [査読有り]
Hirata T, Kinoshita M, Tamari K, Seo Y, Suzuki O, Wakai N, Achiha T, Umehara T, Arita H, Kagawa N, Kanemura Y, Shimosegawa E, Hashimoto N, Hatazawa J, Kishima H, Teshima T, Ogawa K
Journal of neurosurgery   1-11   2018年9月   [査読有り]
Kajikawa R, Fujinaka T, Nakamura H, Kinoshita M, Nishida T, Kishima H
Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences   1591019918802924   2018年9月   [査読有り]
Yanagisawa T, Fukuma R, Seymour B, Hosomi K, Kishima H, Shimizu T, Yokoi H, Hirata M, Yoshimine T, Kamitani Y, Saitoh Y
Neurologia medico-chirurgica   58(8) 327-333   2018年8月   [査読有り]
Shimizu T, Hosomi K, Maruo T, Goto Y, Shimokawa T, Haruhiko K, Saitoh Y
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   53 100-105   2018年7月   [査読有り]
Asai K, Nakamura H, Watabe T, Nishida T, Sakaguchi M, Hatazawa J, Yoshimine T, Kishima H
Journal of neurointerventional surgery   10(8) 780-783   2017年12月   [査読有り]
Tanaka M, Tani N, Maruo T, Oshino S, Hosomi K, Saitoh Y, Kishima H
World neurosurgery   114 e518-e523   2018年6月   [査読有り]
Fujita Y, Kinoshita M, Ozaki T, Kitamura M, Nakatsuka SI, Kanemura Y, Kishima H
Journal of surgical case reports   2018(6) rjy123   2018年6月   [査読有り]
Ozaki T, Nishida T, Fujita Y, Kishima H, Kinoshita M
World neurosurgery   113 208-211   2018年5月   [査読有り]
Takano K, Kinoshita M, Arita H, Okita Y, Chiba Y, Kagawa N, Watanabe Y, Shimosegawa E, Hatazawa J, Hashimoto N, Fujimoto Y, Kishima H
Oncology letters   15(5) 7934-7940   2018年5月   [査読有り]
Hashimoto H, Hirata M, Takahashi K, Kameda S, Katsuta Y, Yoshida F, Hattori N, Yanagisawa T, Palmer J, Oshino S, Yoshimine T, Kishima H
Scientific reports   8(1) 5095   2018年3月   [査読有り]
Yokoe M, Mano T, Maruo T, Hosomi K, Shimokawa T, Kishima H, Oshino S, Morris S, Kageyama Y, Goto Y, Shimizu T, Mochizuki H, Yoshimine T, Saitoh Y
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   47 72-78   2018年1月   [査読有り]
Achiha T, Arita H, Kagawa N, Murase T, Ikeda JI, Morii E, Kanemura Y, Fujimoto Y, Kishima H
Brain tumor pathology   35(1) 36-40   2018年1月   [査読有り]
Fukuma R, Yanagisawa T, Yokoi H, Hirata M, Yoshimine T, Saitoh Y, Kamitani Y, Kishima H
Frontiers in neuroscience   12 478   2018年   [査読有り]
Fukunaga T, Fujita Y, Kishima H, Yamashita T
PloS one   13(11) e0206552   2018年   [査読有り]
Shimizu T, Maruo T, Miura S, Kishima H, Ushio Y, Goto S
Frontiers in neurology   9 1008   2018年   [査読有り]
Takara K, Eino D, Ando K, Yasuda D, Naito H, Tsukada Y, Iba T, Wakabayashi T, Muramatsu F, Kidoya H, Fukuhara S, Mochizuki N, Ishii S, Kishima H, Takakura N
Cell reports   20(9) 2072-2086   2017年8月   [査読有り]
Nakanishi Y, Yanagisawa T, Shin D, Kambara H, Yoshimura N, Tanaka M, Fukuma R, Kishima H, Hirata M, Koike Y
Sci Rep   7(1) 45486   2017年3月   [査読有り]
Takano K, Kinoshita M, Arita H, Okita Y, Chiba Y, Kagawa N, Fujimoto Y, Kishima H, Kanemura Y, Nonaka M, Nakajima S, Shimosegawa E, Hatazawa J, Hashimoto N, Yoshimine T
AJNR. American journal of neuroradiology   37(1) 44-50   2016年1月   [査読有り]
Khoo HM, Kishima H, Kinoshita M, Goto Y, Kagawa N, Hashimoto N, Maruno M, Yoshimine T
British journal of neurosurgery   27(2) 259-261   2013年4月   [査読有り]
Fujikado T, Kamei M, Sakaguchi H, Kanda H, Morimoto T, Nishida K, Kishima H, Maruo T, Oosawa K, Ozawa M, Nishida K
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2013 3119-3121   2013年   [査読有り]
Saitoh Y, Hirayama A, Kishima H, Oshino S, Hirata M, Kato A, Yoshimine T
Acta neurochirurgica. Supplement   99 57-59   2006年   [査読有り]
Fujimoto Y, Kato A, Saitoh Y, Ninomiya H, Imai K, Hashimoto N, Kishima H, Maruno M, Yoshimine T
Minimally invasive neurosurgery : MIN   48(3) 132-135   2005年6月   [査読有り]
Taniguchi M, Kato A, Ninomiya H, Hirata M, Cheyne D, Robinson SE, Maruno M, Saitoh Y, Kishima H, Yoshimine T
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   75(3) 466-471   2004年3月   [査読有り]
Fujimoto Y, Kato A, Saitoh Y, Ninomiya H, Imai K, Sakakibara RI, Maruno M, Kishima H, Yoshimura K, Hasegawa H, Yoshimine T
Acta neurochirurgica   145(8) 697-700; discussion 700   2003年8月   [査読有り]
Saitoh Y, Hirano S, Kato A, Kishima H, Hirata M, Yamamoto K, Yoshimine T
Neurosurgical focus   11(3) E1   2001年9月   [査読有り]
Kishima H, Miyao Y, Shimizu K
British journal of neurosurgery   15(2) 171-174   2001年4月   [査読有り]
Yamada M, Ohkawa M, Tamura K, Mabuchi E, Kishima H, Tamura M, Shimizu K
Journal of neuro-oncology   47(2) 125-132   2000年4月   [査読有り]
Kishima H, Shimizu K, Tamura K, Miyao Y, Mabuchi E, Tominaga E, Matsuzaki J, Hayakawa T
British journal of cancer   79(2) 333-339   1999年1月   [査読有り]
Tamura M, Ikenaka K, Tamura K, Yoshimatsu T, Miyao Y, Kishima H, Mabuchi E, Shimizu K
Gene therapy   5(12) 1698-1704   1998年12月   [査読有り]
A humanized single-chain Fv fragment with high targeting potential against human malignant gliomas.
Ohtomo T, Kawata H, Sekimori Y, Shimizu K, Kishima H, Moriuchi S, Miyao Y, Akamatsu K, Tsuchiya M
Anticancer research   18(6A) 4311-4315   1998年11月   [査読有り]
Systemic interleukin 12 displays anti-tumour activity in the mouse central nervous system.
Kishima H, Shimizu K, Miyao Y, Mabuchi E, Tamura K, Tamura M, Sasaki M, Hakakawa T
British journal of cancer   78(4) 446-453   1998年8月   [査読有り]
Shimizu K, Park KC, Tamura K, Kishima H, Kawata H, Yoshimura Y, Sekimori Y, Miyao Y, Hayakawa T
Cancer letters   127(1-2) 171-176   1998年5月   [査読有り]
Microvascular permeability of the non-heart-beating rabbit lung after warm ischemia and reperfusion: role of neutrophil elastase.
Kishima H, Takeda S, Miyoshi S, Matsumura A, Minami M, Utsumi T, Omori K, Nakahara K, Matsuda H
The Annals of thoracic surgery   65(4) 913-918   1998年4月   [査読有り]
Kishima H, Shimizu K, Miyao Y, Mabuchi E, Hayakawa T
Journal of neurosurgery   88(3) 576-580   1998年3月   [査読有り]
Miyao Y, Ikenaka K, Kishima H, Tamura M, Nakamura K, Kurumi M, Hayakawa T, Shimizu K
Human gene therapy   8(13) 1575-1583   1997年9月   [査読有り]
Mabuchi E, Shimizu K, Miyao Y, Kaneda Y, Kishima H, Tamura M, Ikenaka K, Hayakawa T
Gene therapy   4(8) 768-772   1997年8月   [査読有り]
Usefulness of a mouse myelin basic protein promoter for gene therapy of malignant glioma: myelin basic protein promoter is strongly active in human malignant glioma cells.
Miyao Y, Shimizu K, Tamura M, Akita H, Ikeda K, Mabuchi E, Kishima H, Hayakawa T, Ikenaka K
Japanese journal of cancer research : Gann   88(7) 678-686   1997年7月   [査読有り]
Decreased N-myc expression in human medulloblastoma cell lines during differentiation.
Moriuchi S, Shimizu K, Miyao Y, Kishima H, Okawa M, Hayakawa T
Anticancer research   17(1A) 301-306   1997年1月   [査読有り]

Misc

 
中村 元, 藤中 俊之, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹
脳神経外科ジャーナル   25(1) 74-74   2016年
貴島 晴彦, 押野 悟
脳神経外科ジャーナル   26(4) 273-279   2017年
<p> 痙縮は脳神経外科医がしばしば遭遇する神経症状である. 最近では末梢神経縮小術, バクロフェン髄腔内投与 (ITB) 療法, ボツリヌストキシン (BTX) 治療, 選択的後根切除術などが用いられるようになっている. バクロフェンは脊髄レベルで痙性緩和させる. 一方, BTXは神経筋接合部で作用する. 限局された部位での痙性改善を目指す場合はBTXが用いられ, より広範囲の痙性改善を目的とする場合にはITB療法が選択される. ITB療法やBTX治療とも痙性改善に有効な治療法であるが,...
貴島 晴彦, 柳澤 琢史, クー ウイミン, 枝川 光太朗
脳神経外科ジャーナル   26(12) 892-898   2017年
<p> 脳機能解析, 特に生理学的な視点からの脳内のネットワーク解析が急速に進んでおり, 神経疾患の解明や克服, さらに脳の情報処理機構を機械学習や人工知能に応用することが期待されている. 諸外国でも多額の資金を投入し研究プロジェクトが立ち上がっている. 本稿では脳内ネットワークについて概説するとともに, 最近の特発性正常圧水頭症と側頭葉てんかんに関する脳内ネットワーク研究について紹介する.</p>
貴島 晴彦
生産と技術 = Manufacturing & technology   69(3) 96-99   2017年
森脇 崇, 貴島 晴彦
神経外傷 : 日本脳神経外傷学会機関誌 = Neurotraumatology : official journal of the Japan Society of Neurotraumatology   40(2) 121-128   2017年
貴島 晴彦, 押野 悟, 吉峰 俊樹
脳神経外科ジャーナル   25(3) 229-235   2016年
&emsp;非痙攣性てんかん重責 (NCSE) は, 高齢者人口の増加に伴いその発病頻度が増加していると考えられている. NCSEは治療予後が良好でないケースも多く, また致死率も高い. しかし, その症状や脳波所見は多彩であり, また原因となる疾患も神経疾患や代謝性疾患もあり幅広い. 臨床症状と脳波所見が診断の中心となるが, その定義やガイドラインは確立されていない. 本稿では, NCSEの理解を深めるため, その疫学, 原因疾患, 診断, 治療を概説するとともに, 日常診療で遭遇した1...
細見 晃一, 清水 豪士, 後藤 雄子, 眞野 智生, 角野 喜則, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   31(4) 228-237   2016年
<p>Objective. Although central poststroke pain (CPSP)might be understood as a network reorganization disorder that leads to a maladaptive central state, the mechanisms of CPSP are poorly understood. In this study, we investigated key struct...
吉峰 俊樹, 平田 雅之, 栁沢 琢史, 貴島 晴彦
脳神経外科ジャーナル   25(12) 964-972   2016年
<p> Brain-machine interface (BMI) とは 「脳と機械の間で信号をやり取りする」 技術であり, 失われた神経機能の代行や補完を目的としている. この10年あまりの間に急速に進歩しつつあり, すでに実用化されたものもある. 大阪大学では 「ヒトが考えただけでコンピュータやロボットを操作できる」 技術を開発中である. BMI技術は神経科学のほか情報科学や多方面の工学領域と統合されて実用化される学際的融合技術であるが, 今後, 人工知能 (AI) 領域の研究の進歩も...
中西 康彦, 栁澤 琢史, 辛 徳, 神原 裕行, 吉村 奈津江, 福間 良平, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 小池 康晴
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(515) 195-198   2015年3月
Brain-machine interface (BMI)は、四肢に運動障害がある患者に対するロボット義手等への応用が期待されており、既に多くの研究で上肢の軌道推定が行われている。しかし手指の軌道推定技術はまだ十分な精度に達したとは言い難いように思われる。本研究ではヒトの左脳の硬膜下に90個のelectrocorticogram (ECoG)電極を埋め込み、その信号を用いて指先の3次元軌道をsparse linear regressionにより推定した。右手掌を下に向けて机の上におき、母指...
平田 雅之, 柳澤 琢史, 松下 光次郎, 菅田 陽怜, シェイン モリス, 神谷 之康, 鈴木 隆文, 古田 毅, 佐藤 文博, 森脇 崇, 梅垣 昌士, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 影山 悠, 川人 光男, 吉峰 俊樹
脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery   22(3) 192-199   2013年3月
 ブレイン・マシン・インターフェース (BMI) とは脳信号から脳活動内容を解読して外部機器等を操作する技術である. BMIは頭蓋内電極を用いる侵襲型と頭皮脳波やNIRS等を用いる非侵襲型に大きく分けられ, 侵襲型には脳表電極を用いる低侵襲型と刺入針電極を用いる高侵襲型がある. 非侵襲型はリハビリテーションへの応用が期待されているのに対して, 侵襲型は重症身体障害者に対する機能補填法が期待されている. 高侵襲型は詳細な脳情報を活用した高性能を特徴とし, 低侵襲型は長期安定性を活かした臨床実...
清水 豪士, 圓尾 知之, 細見 晃一, 後藤 雄子, 横江 勝, 影山 悠, 柳澤 琢史, 押野 悟, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(1) 46-50   2015年
   Background: In a previous study, we revealed that repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS)using figure-8 shaped coil could relieve neuropathic pain (NP) less effectively in the lower extremities than the upper ones. We speculated tha...
細見 晃一, 清水 豪士, 圓尾 知之, 渡邉 嘉之, Ming Koo Hui, 谷 直樹, 後藤 雄子, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 齋藤 洋一
PAIN RESEARCH   30(3) 173-176   2015年
   We have previously reported the efficacy of 5 Hz repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) of the primary motor cortex (M1) in relief of central post–stroke pain (CPSP). The objective of this study was to explore changes of functional...
平田 雅之, 柳澤 琢史, 松下 光次郎, Shayne Morris, 神谷 之康, 鈴木 隆文, 吉田 毅, 佐藤 文博, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 後藤 哲, 影山 悠, 川人 光男, 吉峰 俊樹
脳神経外科ジャーナル   21(7) 541-549   2012年7月
ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)は脳信号から運動意図・内容を読み取って外部機器を制御する技術である.われわれは脳表電極を用いたBMIにより,筋萎縮性側索硬化症等の重症身体障害者に対する機能再建を目指して研究開発を行っている.これまでにγ帯域活動を用いた連続的な解読制御手法により,ロボットアームのリアルタイム制御システムを開発し,脳表電極留置患者による物体の把握・把握解除に成功した.感染リスク回避のためにはワイヤレス体内埋込化が必須であり,ワイヤレス埋込装置のプロトタイプを開発し...
平田 雅之, 柳澤 琢史, 松下 光次郎, Shayne Morris, 神谷 之康, 鈴木 隆文, 吉田 毅, 佐藤 文博, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 後藤 哲, 影山 悠, 川人 光男, 吉峰 俊樹
脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery   21(7) 541-549   2012年7月
橋田 剛一, 井上 悟, 貴島 晴彦, 阿部 和夫
日本義肢装具学会誌   31(1) 11-15   2015年
神経原性の下肢麻痺では,痙縮の増悪により歩行障害が進行し,日常生活動作(ADL)の低下を引き起こす可能性が高い.髄腔内バクロフェン投与療法(ITB療法)は重度の痙縮に対する有効な治療法であり,術前後の痙縮変化に応じた歩行トレーニングが重要となる.歩行トレーニングでは,下肢機能の変化に応じた運動療法を進め,下肢装具療法を再考すべきである.ITB療法の効果を高めるために,運動機能に関する評価項目の選択や装具療法への再取り組み方法を含めた術後リハビリの指針を確立していくことが必要と考える.
貴島 晴彦, 吉峰 俊樹
老年精神医学雑誌   25(11) 1229-1234   2014年11月
平田 雅之, 亀山 茂樹, 後藤 哲, 柳澤 琢史, 貴島 晴彦, 押野 悟, 吉峰 俊樹, 井口 義信, 石井 良平, 尾崎 勇, 鎌田 恭輔, 白石 秀明, 露口 尚弘, 渡辺 裕貴, 橋本 勲
臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology   40(3) 140-146   2012年6月
脳磁図は2004年に保険適用検査となったが, 科学的エビデンスは必ずしも明らかでない。本研究では文献検索にもとづきてんかんの脳磁図臨床研究の動向を調べた。MEDLINE にてepilepsy AND (MEG OR magnetoencephalography OR (magnetic source imaging)) を検索, 2010年7月までで961論文が検索された。これをエビデンスレベル, 抄録内容にもとづいて65論文に絞りこみ内容を調べた。エビデンスレベルはグレード1: 0編, ...
細見 晃一, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 押野 悟, 谷 直樹, 後藤 哲, 圓尾 知之, MORRIS Shayne, 影山 悠, 松崎 大河, MING Khoo Hui, 吉峰 俊樹, 斎藤 洋一
Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery   50(2) 185-191   2011年12月

書籍等出版物

 
新NS NOW Neurosurgery 脳・脊髄外傷の治療 外傷性てんかんの診断と治療
貴島晴彦
メジカルビュー社   2018年5月   
機能的脳神経外科 診療ガイドブック ニューロモデュレーション療法:現状と展望
貴島晴彦 (担当:共著)
2018年4月   
貴島 晴彦
メジカルビュー社   2008年   

講演・口頭発表等

 
脳磁図による機能的結合解析の再現性とてんかん診断への応用
貴島晴彦
第41回日本脳神経CI学会総会   2018年3月2日   
MEG-BMIによる幻肢痛の制御
柳澤 琢史、福間 良平、Ben Seymour、細見 晃一、貴島 晴彦、吉峰 俊樹、神谷 之康、齋藤 洋一
第57回日本定位・機能神経外科学会   2018年1月20日   
硬膜下電極を安全に留置するための工夫
山本 祥太、押野 悟、谷 直樹、栁澤 琢史、田中 將貴、橋本 洋章、貴島 晴彦
第41回日本てんかん外科学会   2018年1月19日   
頭蓋内脳波の発作波伝播様式から考える後頭葉てんかんの発作症候
井上 洋、押野 悟、栁澤 琢史、田中 將貴、山本 祥太、橋本 洋章、谷 直樹、貴島 晴彦
第41回日本てんかん外科学会   2018年1月18日   
ECoGによる視覚刺激の意味空間推定
福間良平, 栁澤琢史, ⻄本伸志, ⽥中將貴, ⼭本祥太, 押野 悟, 神⾕之康, 貴島晴彦
次世代脳」第2回冬のシンポジウム2017   2017年12月21日   
Neurofeedback using DBS electrodes in subthalamic nucleus of patients with Parkinson’s disease
Ryohei Fukuma, Yanagisawa Takufumi, Masataka Tanaka, Koichi Hosomi, Satoru Oshino, Saitoh Youichi, Haruhiko Kishima
rtFIN2017   2017年12月1日   
Between-subject consistency of functional connectivity in Parkinson's disease patients
Ryohei Fukuma, Masataka Tanaka, Takufumi Yanagisawa, Haruhiko Kishima
NIH MEG-North America Workshop, Washington, D.C.   2017年11月9日   
頭蓋内脳波の現状と成果
押野 悟、栁澤 琢史、田中 將貴、橋本 洋章、山本 祥太、平田 雅之、貴島 晴彦
第51回日本てんかん学会学術総会   2017年11月4日   
脳磁図による側頭葉てんかんのネットワーク解析
栁澤 琢史、荒木 俊彦、福間 良平、小林 真紀、押野 悟、吉峰 俊樹、 貴島 晴彦
第51回日本てんかん学会学術総会   2017年11月4日   
脳磁図を用いたパーキンソン病患者の脳信号解析
田中將貴,貴島晴彦,栁澤琢史,福間良平, 押野 悟, 三原雅史,服部憲明,望月秀樹,
第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス   2017年10月27日   
てんかん外科における頭蓋内電極の有用性と課題
山本 祥太、押野 悟、 柳澤 琢史、 田中 將貴、 橋本 洋章、 平田 雅之、 貴島 晴彦
第76回日本脳神経外科学会   2017年10月14日   
頚動脈狭窄症治療に伴う高次脳機能障害とその予測
谷 直樹、西野 鏡雄、藤本 憲太、八重垣 貴英、橋本 宏之、 西口 充久、乾 登史孝、堀内 薫、茶谷 めぐみ、松岡 龍太、貴島 晴彦
第76回日本脳神経外科学会   2017年10月13日   
携帯歩行加速度計(見守りゲイト)を用いた機能的脳神経外科周術期における定量的歩行解析の試み
枝川光太朗、押野 悟、細見 晃一、小林 真紀、田中 將貴、橋本 洋章、貴島 晴彦
第76回日本脳神経外科学会   2017年10月13日   
脳磁図を用いたパーキンソン病患者の脳信号解析
田中 將貴、貴島 晴彦、 栁澤 琢史、 福間 良平、押野 悟、三原 雅史、服部 憲明、望月 秀樹
第76回日本脳神経外科学会   2017年10月12日   
脳表電極を用いた嚥下関連 High γ 活動の解析
橋本 洋章、平田 雅之、亀田 成司、栁澤 琢史、押野 悟、吉峰 俊樹、 貴島 晴彦,
第51回日本てんかん学会学術総会   2017年10月3日   
感覚運動野の可塑的変化誘導による幻肢痛制御に幻肢運動の指示は必要ない
栁澤 琢史、福間 良平、Ben Seymour、細見 晃一、貴島 晴彦、吉峰 俊樹、神谷 之康、齋藤 洋一
第40回 日本神経科学大会   2017年7月20日   
皮質可逆性の制御による幻視痛の病態解明と治療
栁澤 琢史、福間 良平、ベン シーモア、細見 晃一、貴島 晴彦、平田 雅之、横井 浩史、吉峰 俊樹、神谷 之康、齋藤 洋一
第39回日本疼痛学会   2017年6月17日   
脳機能解析の現状と将来展望
貴島晴彦、栁澤 琢史
第37回 日本脳神経外科コングレス総会   2017年5月11日