中薗 寿人

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/19 09:06
 
アバター
研究者氏名
中薗 寿人
 
ナカゾノ ヒサト
eメール
nakazonotakagigakuen.ac.jp
所属
福岡国際医療福祉大学
部署
医療学部
職名
講師
学位
博士(医学)(九州大学大学院 医学系学府)
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-5076-8953

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
福岡国際医療福祉大学 医療学部 講師
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会特別研究員PD
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会特別研究員DC1
 
2004年4月
 - 
2012年3月
熊本機能病院 総合リハビリテーション部
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
九州大学大学院医学系学府 医学専攻博士課程 臨床神経生理学 
 
2012年4月
 - 
2014年3月
九州大学大学院医学系学府 医科学専攻修士課程 臨床神経生理学 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
メディカルカレッジ青照館  作業療法学科
 

受賞

 
2017年6月
第11回 日本作業療法研究学会 優秀演題賞
 
2016年5月
第10回 日本作業療法研究学会 最優秀演題賞
 
2015年6月
The 9th International Conference on Complex Medical Engineering Best student award
 
2014年3月
日本生体医工学会 九州支部学術講演会 若手研究奨励賞
 

論文

 
Nakazono H, Ogata K, Takeda A, Yamada E, Kimura T, Tobimatsu S.
Brain stimulation   (in press)    2019年11月   [査読有り]
Ogata K, Nakazono H, Uehara T, Tobimatsu S.
Brain Stimulation   12(6) 1508-1516   2019年11月   [査読有り]
Hayashi R, Ogata K, Nakazono H, Tobimatsu S.
The Journal of Physiology   597(13) 3457-3471   2019年5月   [査読有り]
Nakazono H, Ogata K, Kuroda T, Tobimatsu S.
PLoS One   11(9) e0162521   2016年9月   [査読有り]
Kimura T, Ogata K, Nakazono H, Tobimatsu S.
Brain Stimulation   7(2) 275-280   2014年4月   [査読有り]

Misc

 
非侵襲的脳刺激法のトピックス
緒方勝也, 中薗寿人, 飛松省三
福岡医学雑誌   108(7) 183-193   2017年7月
一次運動野に対する経頭蓋交流電気刺激のオフライン効果
中薗寿人, 緒方勝也, 飛松省三
日本作業療法研究学会雑誌   20(2) 17-22   2017年   [査読有り]
古里恭子, 長尾妙子,竹谷剛生, 中薗寿人, 野口大介, 渡辺進.
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   4 1-3   2013年2月   [査読有り]
パーキンソン病の高頻度転倒者の要因検討-転倒恐怖の観点から-
中薗寿人, 松永薫, 三穂野大樹, 中島幸彦, 杉山留美子, 中西亮二, 出田透.
総合リハビリテーション   40(12) 1541-1546   2012年12月   [査読有り]
シクロスポリンとリハビリテーションが有効であった抗SGPG抗体関連ニューロパチーの一例
松永薫, 中薗寿人, 中西亮二, 山永裕明
Journal of Clinical Rehabilitation 別冊   192-197   2012年4月

競争的資金等の研究課題

 
間欠性シータバースト刺激と経頭蓋交流電流刺激の相乗効果:新規脳刺激法の開発
公益財団法人渡邉財団: 公益財団法人渡邉財団 研究助成金
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 中薗寿人
経頭蓋交流電気刺激を用いた新しい脳可塑性誘導法の開発
日本学術振興会: 科研費 若手研究
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 中薗寿人
頭頂連合野に対する静磁場刺激による半側空間無視症状の改善効果を検討する
磁気健康科学研究振興財団: 磁気健康科学研究振興財団 研究助成金
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 桐本光
静磁場暴露を用いた大脳半球間抑制の可塑的変化誘導法の開発
テルモ生命科学芸術財団: テルモ生命科学芸術財団 生命科学助成
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 桐本光
経頭蓋交流電気刺激による運動野への可塑性の誘導:刺激周波数と位相依存性効果の検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 中薗寿人