基本情報

所属
電気通信大学 大学院情報理工学研究科、情報理工学域 共通教育部 准教授
学位
博士(文学)(北海道大学)

連絡先
masuyama.huec.ac.jp
研究者番号
30733331
J-GLOBAL ID
201401061162552705
researchmap会員ID
B000236127

ライプニッツからカントに至るまでの18世紀ドイツ哲学史に関する研究をしています。主な研究テーマは以下の通りです。

(1)ヴォルフ学派の形而上学の研究
18世紀ドイツで活躍した講壇哲学者C. ヴォルフ、A.G.バウムガルテン、G.Fマイアーなどの形而上学を包括的に研究しています。この研究によって、a. 18世紀ドイツにおけるライプニッツ哲学受容史の解明、b. カントが批判した「独断論的形而上学」の内実の解明、の二点を目指しています。

(2)カント理論哲学の形成史的研究
バウムガルテンの著書『形而上学』に対するカントの批判的コメントを分析することで、カントがヴォルフ学派の形而上学とどのように対決したのかを考察しています。さらに、この考察の成果を踏まえてカントの公刊著作を読み直すことで、主著『純粋理性批判』におけるカントの時空論、カテゴリー論、理念論の形成過程と哲学史上の意義を再検討することを目指しています。

その他にも、近世スコラ哲学、カント倫理学、現代倫理学などにも関心があります。


委員歴

  6

受賞

  3

論文

  10

書籍等出版物

  4
  • 陶久明日香, 長綱啓典, 渡辺和典, (編) (担当:分担執筆, 範囲:ヴォルフにおける「理由」と「原因」の区別について——『存在論』における原因概念の二義性をてがかりにして)
    工作舎 2022年3月
  • 増山 浩人
    北海道大学出版会 2015年11月 (ISBN: 4832968165)
  • 酒井潔, 佐々木能章, 山内志朗, 伊豆藏好美, 上野修, 谷川多佳子ほか (担当:単訳, 範囲:ヤコプ・トマジウスとの往復書簡 1-1, 1-2, 1-3) (原著:酒井潔, 佐々木能章)
    工作舎 2015年5月 (ISBN: 4875024630)
  • 酒井潔, 鹿島徹, 茂牧人, 村井則夫, 後藤正英, 渡辺和典, 川口茂, (編) (担当:分担執筆, 範囲:「モナド(バウムガルテン)」、「物一般/存在者一般(バウムガルテン)」「『形而上学』」「神学(バウムガルテン)」、「超越論的(バウムガルテン)」「自然法/自然権(バウムガルテン)」「バウムガルテン,アレクサンダー,ゴットリープ」、「かのように(カント)」「トマジウス,ヤコプ」、「ティーデマン, ディートリヒ」「統整的/構成的(カント)」、「アンチノミー(カント)」)」)
    ミネルヴァ書房

MISC

  6

講演・口頭発表等

  20

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5