虫明元

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/31 10:37
 
アバター
研究者氏名
虫明元
eメール
hmushiakmail.tains.tohoku.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80219849
所属
東北大学
部署
医学系研究科 (研究院)
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2009年
東北大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
2006年
   
 
東北大学 医学(系)研究科(研究院)・大学院医学系研究科 教授
 
2005年
   
 
東北大学 医学(系)研究科(研究院)・大学院・医学系研究科 助教授・教授
 
2001年
 - 
2004年
東北大学 医学(系)研究科(研究院)・大学院・医学系研究科 助教授
 
2000年
   
 
東北大学 医学(系)研究科・大学院・医学系研究科 助教授
 

論文

 
Kon N, Abe N, Miyazaki M, Mushiake H, Kazama I
The Journal of veterinary medical science   80(4) 578-582   2018年4月   [査読有り]
Ozaki M, Sano H, Sato S, Ogura M, Mushiake H, Chiken S, Nakao N, Nambu A
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)   27(12) 5716-5726   2017年12月   [査読有り]
Nakajima T, Arisawa H, Hosaka R, Mushiake H
Journal of neurophysiology   118(5) 2865-2883   2017年11月   [査読有り]
Mori T, Abe N, Saito K, Toyama H, Endo Y, Ejima Y, Yamauchi M, Goto M, Mushiake H, Kazama I
Pharmacological reports : PR   68(6) 1358-1365   2016年12月   [査読有り]
Mushiake H, Shima K
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   68(11) 1271-1282   2016年11月   [査読有り]

Misc

 
虫明元
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(264)    2008年1月
虫明 元
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   108(264)    2008年1月
坂本一寛, 吉田隼, 虫明元, 斎藤尚宏, 合原一幸, 丹治順
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107(263) 37-38   2007年1月
Final goal-Immediate goal遷移を示すサル前頭前野神経細胞群を錐体細胞(PN)群と介在細包(IN)群に分類しそれぞれの性質を比較検討した結果、錐体細胞(PN)群は、Delay1期間中も持続的にFinal goalを表現した後、Immediate goalへの遷移を示したが、介在細胞(IN)群は、Delay1期間中に一時的にFinal goal表現が低下した後、Immediate goalへの遷移を示した.これらの結果は、最終腰を達成するために具体的行動目標を策定する過...
虫明 元
日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN   68(4)    2006年4月

書籍等出版物

 
学ぶ脳ーぼんやりにこそ意味がある
虫明元
岩波科学ライブラリー   2018年4月   
学習と脳 ―器用さを獲得する脳―
久保田競 虫明 元 宮井一郎 
サイエンス社   2007年8月   

特許

 
特許2018-15924 : セラミックガイド、セラミックガイド装置およびセラミックガイドモジュール
大城朝一 虫明元 駒田大輔
特許6150193 : 生体用微小神経電極針及び生体用微小神経電極針体の製造方法
古澤義人 松坂義哉 中島敏 虫明元 小林弘 中台康紀 高橋善和