Hiroto Ohguchi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 19, 2019 at 19:40
 
Avatar
Name
Hiroto Ohguchi

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nagai N, Ohguchi H, Nakaki R, Matsumura Y, Kanki Y, Sakai J, Aburatani H, Minami T
PLoS genetics   14(11) e1007826   Nov 2018   [Refereed]
Ohguchi H, Hideshima T, Anderson KC
Blood cancer journal   8(9) 83   Aug 2018   [Refereed]
Ohguchi H, Harada T, Sagawa M, Kikuchi S, Tai YT, Richardson PG, Hideshima T, Anderson KC
Leukemia   31(12) 2661-2669   Dec 2017   [Refereed]
Harada T, Ohguchi H, Grondin Y, Kikuchi S, Sagawa M, Tai YT, Mazitschek R, Hideshima T, Anderson KC
Leukemia   31(12) 2670-2677   Dec 2017   [Refereed]
Sagawa M, Ohguchi H, Harada T, Samur MK, Tai YT, Munshi NC, Kizaki M, Hideshima T, Anderson KC
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   23(17) 5225-5237   Sep 2017   [Refereed]

Misc

 
妊娠合併ITP症例の後方視的検討
沖津 庸子, 亀岡 淳一, 鎌田 真弓, 小林 匡洋, 大場 理恵, 福原 規子, 大口 裕人, 木幡 桂, 山本 譲司, 横山 寿行, 千坂 泰, 石澤 賢一, 鈴木 宗三, 八重樫 伸生, 張替 秀郎
日本血栓止血学会誌   21(2) 209-209   Apr 2010
後天性第X因子低下症の一例
沖津 庸子, 鈴木 宗三, 鎌田 真弓, 小林 匡洋, 福原 規子, 大口 裕人, 木幡 桂, 山本 譲司, 横山 寿行, 石澤 賢一, 亀岡 淳一, 張替 秀郎
東北止血・血栓研究会会誌   XXIII(1) 12-16   Mar 2010
59歳女性。患者は36歳時に子宮筋腫で子宮摘出術、42歳時にC型肝炎発症の既往があった。今回、歯科での抜歯後、止血困難で近医を受診、PT・APTT延長と第X因子活性低下を認め、ビタミンK補充するもPT・APTT延長は改善なく、止血も得られないため、著者らの施設へ紹介となった。受診時、口腔内には歯肉出血がみられ、検査で軽度貧血と血小板減少、更に肝機能障害、PT・APTTの延長、第X因子活性低下(14.1%)が認められた。一方、胸腹部CTでは肝腫大やアミロイド沈着を疑わせる所見は認められず、ミ...
合併症(高齢者、腎機能障害、骨症状)のある骨髄腫の治療について
黒川 峰夫, 末永 孝生, 川上 恵基, 尾崎 修治, 大口 裕人
血液フロンティア   19(11) 1731-1740   Oct 2009
Ph染色体異常を有するB細胞性白血病の病態解析
鈴木 真紀子, 市川 聡, 中嶌 真治, 大口 裕人, 沖津 庸子, 木幡 桂, 福原 規子, 大西 康, 山本 譲司, 横山 寿行, 石澤 賢一, 亀岡 淳一, 関 正則, 遠宮 靖雄, 張替 秀郎
臨床血液   50(9) 890-890   Sep 2009
宮城県における悪性リンパ腫の臨床および病理学的特徴
三浦 由希子, 鎌田 真弓, 小林 匡洋, 中嶌 真治, 市川 聡, 鈴木 真紀子, 井上 あい, 沖津 庸子, 大口 裕人, 福原 規子, 木幡 桂, 大西 康, 山本 譲司, 横山 寿行, 石澤 賢一, 亀岡 淳一, 一迫 玲, 張替 秀郎
臨床血液   50(9) 1026-1026   Sep 2009